琉球が大学生3選手の新加入を発表! DF上原牧人は2種登録で15試合に出場

2021.01.13 19:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
FC琉球は13日、城西国際大学のDF上原牧人(22)、大阪教育大学のDF村瀬悠介(22)、近畿大学のDF山下令雄(22)の新加入を発表した。沖縄県出身で那覇西高校から城西国際大に進学した上原は、昨季は特別指定選手として明治安田生命J2リーグ15試合に出場。第30節の大宮アルディージャ戦ではJリーグ初ゴールを記録していた。


村瀬は阪南大学高校から大阪教育大学に進学した身長186cm、体重78kgのDF。一方、山下はガンバ大阪下部組織出身で近畿大学に進学した身長171cm、体重68kgのDFだ。

琉球でプロキャリアをスタートする3選手はクラブ公式サイトを通じて、以下のように意気込んでいる。

◆上原牧人
「2021シーズンからFC琉球に新加入することになりました上原牧人です。2020シーズンはFC琉球の特別指定選手としてプレーし自分の通用するところ、課題など明確になったシーズンでした。改めて地元沖縄でプレーできることに感謝し、FC琉球と共に成長していきたいと思います。チームの即戦力となれるよう全力で戦います!よろしくお願いします!」

◆村瀬悠介
「この度、FC琉球に加入する事になりました大阪教育大学の村瀬悠介です。まず、これまで支えて下さった家族、監督、コーチ、仲間には物凄く感謝しています。そして、幼い頃からの目標であったプロサッカー選手というキャリアをFC琉球という素晴らしいクラブでスタート出来ることを嬉しく思います。これからは、プロサッカー選手としての自覚を持って、謙虚にひたむきに日々努力していきますので、応援よろしくお願いします」

◆山下令雄
「はじめまして!2021年シーズンからFC琉球に加入する山下令雄です。プロのキャリアをFC琉球でスタートさせていただけることを大変嬉しく思います。ここまで私を支えて下さった家族をはじめ、全ての方々にこの場を借りて、心より感謝申し上げます。プロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、1日でも早くチームに貢献出来るように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

湘南が法政大学DF蓑田広大の来季加入内定を発表「まだスタートラインに立てただけ」

湘南ベルマーレは24日、法政大学のDF蓑田広大(21)が2022シーズンより加入することが内定したと発表した。 蓑田は神奈川県出身で、青森山田高校から法政大学へと進学した。 湘南は簑田の特徴として「スピードがあり、対人能力に優れているDF。両足のロングフィードで攻撃の起点になれる選手」と紹介している。 簑田はクラブを通じてコメントしている。 「この度湘南ベルマーレに入団する事が決まりました、蓑田広大です。湘南ベルマーレという歴史のある素晴らしいクラブでプロキャリアをスタート出来る事大変嬉しく思います」 「今まで自分に携わっていただいた全ての人に感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。何より両親に感謝したいと思います。小さい頃からの夢が叶いました。今までたくさんの苦労を跳ね除け僕にたくさんの愛を与えてくれた両親、ありがとうございました。夢を持つことの大切さ、感謝の心を持つことの大切さ本当に多くを学びました。夢を追い続けさせてくれてありがとう。言葉で言い表せないほど感謝しています」 「夢は叶いましたが、まだスタートラインに立てただけです。今までの気持ちをプレーで日々恩返し出来るように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。最後に 湘南ベルマーレファンサポーターの皆様、蓑田広大をよろしくお願いします」 2021.02.24 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ケガに泣き千葉退団のMF本田功輝がラインメール青森に加入

ジェフユナイテッド千葉は23日、MF本田功輝(20)がラインメール青森へと完全移籍することを発表した。 徳島県出身の本田は、2018年に香川西高校から千葉へと入団。しかし、高校3年の時に重傷を負うと、プロ加入後のキャンプでも左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負っていた。 ケガに泣いた本田は3シーズン在籍も、公式戦の出場はないまま2020年12月17日に契約満了が発表されていた。 本田はラインメール青森を通じてコメントしている。 「この度ラインメール青森に加入することになりました!チームの目標でもあるJ3昇格に貢献できるように頑張っていきます!絶対昇格しましょう。宜しくお願い致します!」 2021.02.23 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

松本退団のMF中美慶哉がFCマルヤス岡崎に加入

松本山雅FCは23日、MF中美慶哉(29)がFCマルヤス岡崎へ完全移籍することを発表した。 中美は、栃木SCのジュニアユースから前橋育英高校へと進学。流通経済大学を経て、2014年に栃木へと入団した。 栃木ではプロ2年目の2015年にJ2で41試合に出場し10得点を記録。この活躍が認められサガン鳥栖へと完全移籍する。 しかし、鳥栖では出場機会が得られないと、シーズン途中にツエーゲン金沢へと移籍。2018年から松本でプレーしていた。 J1通算18試合出場、J2通算161試合に出場し26得点を記録。2020シーズンは明治安田J2で22試合に出場し1得点を記録していた。 2021.02.23 11:48 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和FWレオナルドの山東泰山への移籍が合意「『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」

浦和レッズは22日、FWレオナルド(23)が中国スーパーリーグの山東魯能泰山への完全移籍で合意したことを発表した。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入。明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王に輝いた。2019年にアルビレックス新潟へ移籍すると、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和へ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、一定の結果を残していた。 シーズン終了後に移籍の噂が浮上したが、ここまで決まらず。それでも、最終的には中国へ移籍することとなった。 レオナルドはクラブを通じてコメントしている。 「チームの目標を達成することができずに、浦和を去ることになったことを悲しく感じています。しかし同時に、みんなに歓迎され、愛され、サポートいただいたことを幸せに思っています。これまでの温かい応援ありがとうございました。いつかこのチームに戻ってきて、浦和での物語の続きを再開できればと思います。『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」 また、西野努テクニカルディレクターもコメントしている。 「クラブとしては目標達成する上で重要な戦力であり、監督を含め本人とも話し合いましたが、本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することとなりました。クラブのために全力で戦ってくれたレオナルド選手の新天地での活躍を応援しています」 「今後の戦力補強については、焦点を絞り、的確な戦力を迎え入れるために情報収集を行っております。チームの目標達成に向け、4月2日までの移籍ウインドーと夏の移籍ウインドーで色々な可能性を引き続き検証し、最善を尽くしていきます」 2021.02.22 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

町田が大成高校のGKバーンズ・アントンの来季加入内定を発表、同校から初の直接プロ入り

FC町田ゼルビアは22日、大成高校のGKバーンズ・アントン(17)の2022シーズン加入内定を発表した。 大成高校からそのままJリーグクラブに入団する初のケースとなる。 バーンズ・アントンは、187cmの長身GK。アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフだ。 1年生ながら全国高校サッカー選手権の東京都予選に出場。大きな期待が寄せられている。 バーンズ・アントンはクラブを通じてコメントしている。 「ファン・サポーターの皆様、はじめまして。大成高等学校より2022シーズン加入が内定しました、バーンズ・アントンです。第一の目標であったプロ入りを果たせて、非常に嬉しく思っています」 「学校で関わってくださった多くの方々や家族の支えがあったからプロ入りする事ができました。その方々への感謝の気持ちを忘れずに高みを目指して、自分のプレーを見せたいと思っています。応援よろしくお願い致します」 2021.02.22 16:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly