3位ローマと2位インテルは痛み分け! これで直近の対戦6戦連続ドロー決着に《セリエA》

2021.01.10 22:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第17節、ローマvsインテルが10日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。
 
現在、3位のローマ(勝ち点33)は前節にクロトーネを相手にマジョラルのドッピエッタの活躍などで3-1の快勝を収めた。今季初の4連勝での2位浮上を目指すホームでのビッグマッチではクロトーネ戦で温存したジェコ、ペッレグリーニ、ヴェレトゥが先発に戻ったほか、負傷明けのスピナッツォーラが4戦ぶりの復帰を果たした。
 
一方、前節サンプドリアに1-2で競り負けてリーグ連勝が8試合でストップした2位のインテル(勝ち点36)は、前日に首位のミランが勝利したことで勝ち点差が「4」に開いており、悲願のスクデット獲得に向けて勝ち点3奪取が至上命令となった。前節からはガリアルディーニ、ヤング、サンチェスに代えてビダル、ダルミアン、ルカクを起用し、対戦相手同様にベスト布陣で臨んだ。
 
ボランチの一角のヴェレトゥをアンカーのブロゾビッチにマンマーク気味に付けるなど、ホームのローマが人を掴みに行く形の守備でインテルの後方からのボール回しに強く制限をかける攻撃的な入りを見せる。また、ビルドアップの局面ではボランチの一枚を3バックに落とす形で変化を付けた。9分には右サイドのスペースに飛び出したカルスドルプから際どいクロスが上がるも、ここはGKハンダノビッチの対応に遭う。
 
一方、様子見の入りとなったインテルだが、機動力のある2トップを背後に走らせる形の攻めで徐々に攻撃の形を作り出す。12分、ハキミからの縦パスに抜け出したラウタロ・マルティネスがボックス右で仕掛けてニア下を狙う右足のシュートを放つ。このプレーで得た右CKの二次攻撃からラウタロのクロスをゴール前でフリーのルカクがヘディングシュートも、ここはGKパウ・ロペスの圧巻のワンハンドセーブに阻まれる。さらに、相手GKのミスパスを奪ってのショートカウンターから再びルカクにシュートチャンスも、ここはDFスモーリングのブロックに阻まれた。
 
この連続での決定機をキッカケにインテルが一気にペースを掴みかけるが、直後にローマの見事なカウンターが発動する。17分、自陣左サイドでバレッラからボールを奪ったヴェレトゥがそのままドリブルで相手ボックス付近まで運ぶ。ここでムヒタリアンを経由した短いパスがペナルティアーク右のペッレグリーニに渡ると、ペッレグリーニの右足のシュートがDFバストーニの足にディフレクトしゴール左下隅の完璧なコースに決まった。
 
ホームチームの早い時間帯の先制点により、試合はここからよりオープンな展開に。先制して勢いに乗るローマは以降も得意のカウンターを繰り出すと、23分には波状攻撃からヴェレトゥが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKハンダノビッチがビッグセーブ。対するインテルは27分にハキミとのパス交換でボックス中央に侵入したビダルに絶好機も、ここは右足のシュートを枠の右に外してしまう。
 
その後、30分過ぎに足を痛めたダルミアンがプレー続行不可能となり、ヤングの緊急投入を余儀なくされたインテルは前半終盤にかけて押し込む展開に持ち込む。だが、最後の場面で精度や連携の問題を抱え、39分にルカクのヘディングパスに抜け出したラウタロのゴールもオフサイドによって認められず。前半のうちに追いつくことはできなかった。
 
それでも、インテルは後半の立ち上がりから攻勢を強めて完全にペースを握る。52分、左サイドを突破したルカクの絶妙なグラウンダークロスにゴール前のラウタロが飛び込んでスライディングシュートを枠に飛ばすが、ここはGKパウ・ロペスのビッグセーブに遭う。
 
後半最初のビッグチャンスをモノにできなかったが、56分には右CKの場面でキッカーのブロゾビッチが右足アウトスウィングで入れた絶妙なクロスをファーで競り勝ったシュクリニアルが頭で合わせ、ようやくローマのゴールをこじ開けた。
 
さらに、このゴールで勢いづくインテルは以降もルカクを筆頭に前半は五分五分だったデュエルで優位性を保って畳みかける攻撃を仕掛けていく。すると、63分には中央で完全に浮いたブロゾビッチから正確なパスをボックス手前右で受けたハキミがカットインから左足を一閃。このシュートがクロスバーの内側を掠めてゴール左隅の完璧なコースに決まった。
 
一方、運動量の低下によって前半機能していたプレスが嵌らず、全体が間延びしたところをインテルの個の力で打開される、先日のアタランタ戦の再現のような拙い試合運びとなったローマは、攻撃になかなかパワーを出せず。最前線のジェコの収まりも悪く、前半のように効果的な攻めを見せられない。
 
その後は逆転に力を使ったインテルの運動量も落ち始めたことで試合は拮抗した展開に。ようやく相手陣内深い位置まで攻め込めるようになったローマは、74分にムヒタリアン、78分にカルスドルプとボックス内で続けてシュートチャンスを得るが、インテルの集中した守備を崩し切れない。
 
試合終盤にかけて互いに交代カードを切っていく中、息を吹き返したローマが猛攻を見せると、土壇場でゴールをこじ開ける。86分、右CKの場面でショートコーナーからビジャールが左足インスウィングで入れたクロスをボックス中央で競り勝ったマンチーニが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。
 
後半アディショナルタイム5分を含めた試合最終盤は追いついたローマがやや押し込む形となったが、互いに3点目を奪うまでには至らず。この結果、首位ミランを追う上位対決は痛み分けに終わり、両者の対戦は直近6戦連続ドローとなった。
関連ニュース
thumb

ラウタロがバルサとの交渉を明かす!「インテルと延長するつもりで断った」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、昨夏にバルセロナと交渉していたことを明かした。 2018年夏に母国ラシン・クラブから加入したラウタロ。当時から多くのビッグクラブが関心を寄せる存在で、2シーズン目から頭角を現すと、今季はセリエAでここまで23試合13ゴール6アシストを記録。早くも昨季の14ゴール5アシストに並ぶ活躍を披露している。 そんなラウタロだが、昨夏にはバルセロナ移籍の噂が度々報じられていた。ロナルド・クーマン監督が戦力外としたFWルイス・スアレスの後釜としてラブコールしていたようで、一説では個人間合意したとも言われていた。 しかしながらラウタロは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、交渉は事実としながらも、移籍するつもりは全くなかったとコメント。さらに、契約延長の発表が近いことも明らかにした。 「本当だよ。僕はバルセロナと交渉していた。でも(アントニオ・)コンテには『インテルのことしか頭にない。この交渉で僕が心変わりすることはないよ』とはっきり言っていたんだ。だけど全て過去のことだ。僕はインテルと契約延長するつもりさ」 「いつ正式な発表があるかはわからない。その間僕はプレーするだけさ。僕の未来はここにある。ミラノに長くいることを見据えているよ。この街の全てが好きなんだ。食べ物もファンもチームもね。ポジティブな感情しかないよ」 また、現在セリエAで首位に立つインテルに関して優勝候補かどうかと尋ねられると、「そういう言葉は好きではないんだ。でも、僕たちはこの順位にいるのは偶然ではないよ」と、慢心することなく自信を覗かせている。 2021.02.27 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

驚愕のジャンピングハイキックボレー!ラウタロが見せた圧倒的な身体能力!【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ラウタロ・マルティネス(当時21歳) 国籍:アルゼンチン 所属:インテル ポジション:FW 身長:174cm 母国アルゼンチンでのデビューを経て、2018年夏にインテルに引き抜かれたラウタロ・マルティネス。徐々に頭角を現し、今ではチームの若きエースとして活躍している。 【試合詳細】 日程:2018年8月12日 大会:インターナショナル・チャンピオンズカップ 対戦相手:アトレティコ・マドリー 時間:前半31分(0-0) <div id="cws_ad">◆ラウタロが決めた見事なジャンピングボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1aldRWnJhYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた31分、自陣からドリブルで相手陣内中央左までボールを運んだMFクワドゥオ・アサモアが、ボックス内にクロスを上げる。このボールはやや流れたものの、ファーポストでラウタロ・マルティネスが合わせる。高い跳躍からの強烈なジャンピングボレーはGKのニアポストを抜き、見事なゴールが生まれた。 このゴールを守り切ったインテルが、1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="855" data-sg-movie-title="【驚愕のジャンピングハイキックボレー!】ラウタロが見せた圧倒的な身体能力!"></span> 2021.02.27 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

強面MFの強烈ミドルシュートがゴールネットに突き刺さる【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ラジャ・ナインゴラン(当時30歳) 国籍:ベルギー 所属:インテル ポジション:MF 身長:176cm カリアリで頭角を現したナインゴランは、ローマでの活躍を経て、2018年夏にインテルへ加入している。豊富な運動量を誇る中盤の汗かき役としてチームを支えながら、パンチのあるミドルシュートで攻守に存在感を発揮する。 【試合詳細】 日程:2018年10月3日 大会:チャンピオンズリーグ グループステージ 対戦相手:PSV 時間:前半44分(0-1) <div id="cws_ad">◆ナインゴランがCLで決めた強烈な一撃<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRcDRmdjNFWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ホームのPSVに先制を許し、0-1とインテルがビハインドで迎えた44分、インテルに決定機が訪れる。右サイドからのクロスのこぼれ球を拾ったDFクワドゥオ・アサモアが中央からロングシュートを放つと、これは相手GKに弾かれるも、FWマウロ・イカルディがこぼれ球を拾い、ボックス内左からシュート。このシュートも相手DFのブロックにあうも、今度はペナルティーアーク付近からナインゴランがこぼれ球をシュート。ボックスの手前から放たれた豪快なシュートはゴールネットに突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 前半で追いつくことに成功したインテルは、後半に勝ち越しゴールを決め、見事2-1で逆転勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="854" data-sg-movie-title="【パワフルな一撃!】ナインゴランがCLで見せた豪快なミドルシュート"></span> 2021.02.27 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、マロッタCEOらクラブ首脳陣がコロナ陽性…

インテルは25日、最新の新型コロナウイルス検査の結果、クラブ首脳陣含むスタッフ5名に陽性判定が出たことを明らかにした。 今回の発表によると、感染が発覚したのは、スポーツ部門で最高経営者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏、コーポレート部門でCEOを務めるアレッサンドロ・アントネッロ氏、スポーツ・ディレクターのピエロ・アウジリオ氏、クラブの法律顧問のアンジェロ・カペッリーニ氏とテクニカルスタッフ1名の5名だという。 現時点で症状の有無は明かされていないが、すでに前述の5名は健康プロトコルを遵守し、隔離措置を取っている。 2021.02.25 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ダービー制して首位固めのインテル、コンテは「並外れたパフォーマンス」と称賛

インテルのアントニオ・コンテ監督が首位攻防戦を制したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位インテルは21日に行われた第23節で2位ミランと対戦。首位攻防戦となったミラノ・ダービーで開始5分に先制すると、後半にも得点を重ねていき、3-0のスコアで完勝した。 ミランとの直接対決を制して勝ち点差を「4」に広げ、首位固めに成功したインテル。コンテ監督もこの状況を喜んでおり、大一番で力を発揮したチームを称えた。 「選手たちは並外れたパフォーマンスを見せてくれた。この試合のため良い準備ができていたが、それを完璧に実行してくれたと思う。チームの成長には大きな満足感があり、選手たちはこの結果に値すると思うから、私は満足だ」 「もっと良い勝利が続くことを願っている。今日は素晴らしい試合ができたし、久しぶりに上位に位置するライバル同士のダービーだったことも忘れてはならない。つまり、より多くのプレッシャーと責任があったんだ」 「選手たちは本当によくやってくれた。我々は自分たちの道を歩めていると思う。試合に向けしっかり準備を行い、それを最大限に生かすことに成功した。本当に強い相手に勝利を収めたが、ミランにも感謝する必要がある。この勝利はファンに捧げたい。スタジアム前での歓迎には鳥肌が立った」 また、コンテ監督は不遇の時期があったにもかかわらず、この試合で先発出場を飾ったMFクリスティアン・エリクセンとMFイバン・ペリシッチに言及。チームにフィットした2人の選手を称賛している。 「監督の仕事はチームのベストな要素をすべて見つけだし、プレースタイルを構築していくことだと思う。クリスティアン(・エリクセン)やイバン(・ペリシッチ)、そしてチーム全体の成長が見られて私は誇らしい」 「クリスティアンのときのように、我々はしばしば判断を急いでしまう。特に海外から選手が加入した際は忍耐が必要なときもある。ただ、クリスティアンはチームの重要なメンバーであり、排除しようと思ったことなどない。今年、大きな意欲を見せてくれたイバンにも同じことが言える。彼は全力を尽くし、今日も素晴らしいパフォーマンスだった」 2021.02.22 11:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly