スカッとゴール! GKを寄せ付けないカゼミロのロケットシュート

2021.01.11 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2021年1月11日にご紹介するのは、今から約2年前にレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが決めたゴールです。

◆レアル・マドリーに不可欠な存在!カゼミロがミサイルシュートでベルナベウを沸かせる

◆ここがスカッと!
GKの横っ飛びセーブにあいながらも、それを寄せ付けない威力でそのままゴールネットを揺らす強烈なミドルシュート。男のロマンを感じる見事な一発です。

◆ゴール裏のサポーターものけぞる
チームのバランサーとして中盤の底で不動の地位を確立するカゼミロ。普段は相手の攻撃の刈り取り役として、主に守備面での活躍が目立ちます。また、大事な場面で見事なゴールを決めることも多く、2019年1月19日に行われたラ・リーガ第20節のセビージャ戦では、ストライカー顔負けのスーパーゴールを決めました。

両チームともにゴールが奪えない中時間が過ぎ、スコアレスドロー決着も見えてきた78分、DFセルヒオ・レギロンからのパスを敵陣中央で受けたカゼミロは、ゴールまで距離があったものの、右足を振り抜き抑えの利いた素晴らしいミドルシュートを放ちます。

見事な軌道を描いたシュートはゴール右上へと一直線。相手GKトマシュ・バシリクも触るのが精一杯のボールはゴールネットを揺らし、ゴール裏のサポーターを一気に歓喜の渦へと巻きこみました。

あまりの威力に、思わずゴール裏のサポーターも少し後ろにのけぞってしまうほど。チームを勝利に導くスーパーゴールでした。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! ディ・マリアのセンスとテクニックが詰まったランニングボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月17日にご紹介するのは、今から約5年前にパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆そんなのあり? ディ・マリアが苦し紛れのパスをランニングボレー!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUbnV0YWs4ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手DFからのプレッシャーにあった味方がやや苦し紛れに出したパスに対し、それを一発で仕留め、ゴールまで決めてしまうディ・マリアのイマジネーションが圧巻です。 ◆その発想はなかった PSGに限らず、多くの舞台で数々のスーパーゴールを決めているディ・マリアですが、今回は彼がマンチェスター・ユナイテッドから移籍してきた2015-16シーズンのリーグ・アンで決めたボレーシュートをご紹介します。 2016年1月23日のリーグ・アン第22節のアンジェ戦。ズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)とルーカス・モウラ(現トッテナム)とディ・マリアの3トップで臨んだPSGは、前半からゴールを重ねます。 そして衝撃のゴールが生まれたのは、3-1で迎えた後半18分。味方からのロングボールに、前線で体を張ったルーカス・モウラが何とかボールを収め、倒れながらも苦し紛れに浮き球のパスを中央に送ります。すると、ここに走りこんだディ・マリアが走りながらダイレクトボレー。やや前に出ていた相手GKアレクサンドル・ルトゥリエの頭上を越えたシュートは、ゴールネットに吸い込まれました。 ディ・マリアの創造性とアイデア、そして左足の精度が詰まったゴールでした。 2021.01.17 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ゾラの魔法のようなバックヒール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月16日にご紹介するのは、今から19年前に元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ゾラが魔法をかける! 低弾道のCKを走りこみながらヒールで合わせる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTZ0g5Y1FibSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 低弾道のコーナーキックに対し、ニアサイドに走り込みながらバックヒールでゴールネットを揺らす。角度的にバックヒールでしかゴールを狙えない位置から本当に決めてしまうゾラ氏の魔法のようなゴールでした。 ◆100回やっても1回しかできない ゾラ氏はチェルシーで7年間にわたりプレー。通算で80ゴールを記録し、4つの主要タイトル獲得に貢献しています。 魔術師の異名を取ったゾラ氏はいくつか記憶に残るスーパーゴールを決めていますが、中でも、2002年1月16日に行われたFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦では素晴らしいゴールを決めています。 2-0とチェルシー2点リードの展開で迎えた63分、チェルシーは右CKを獲得。キッカーのDFグレアム・ル・ソーが左足でニアサイドに低い弾道のボールを供給すると、走りこんだゾラがバックヒールで合わせます。シュートは相手GKとポストの間ギリギリを通過し、ゴールネットを揺らしました。 本人も100回やっても1回しかできないと語るスーパーゴールです。 2021.01.16 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ジダンの華麗なフェイントでDF3人を綺麗に騙す

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月15日にご紹介するのは、今から約21年前に元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆まるで優雅なダンス! フェイント1つで3人を抜くジダンのエレガントゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBSGhBZnliViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ジダン氏のフェイント一つでボールを奪いに来たDF3人を騙してしますエレガントな姿に脱帽です。 ◆マエストロ ユベントスで世界屈指の司令塔としての地位を築いたジダン氏は在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録しました。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏ですが、2000年の1月23日に行われたセリエA第18節のレッジーナ戦でのゴールも圧巻でした。 1-0とユベントス1点リードの64分、ユベントスは敵陣左サイドでスローインを得ます。スローインを受けたジダンは、ダイレクトでFWアレッサンドロ・デル・ピエロに渡し、そのままワンツーで抜け出します。 ペナルティアーク付近まで侵入したジダンは、シュートフェイントで3人のDFを一気にかわすと、左足に持ち替え、ボックス内へと侵入。最後は左足でゴール左上に強烈なシュートを叩き込みました。 3人を騙したシュートフェイントはもちろん、その後の持ち替えやフィニッシュもすべてがワールドクラスで、これぞジダンというエレガントなゴールでした。 2021.01.15 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ロブパスの応酬から生まれたチームゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月14日にご紹介するのは、今から約5年前に元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆スター選手が揃い踏み!PSGのオールスターたちによる流れるようなパスワークから生まれた美しいゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuSzVJMDRGOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ダイレクトパスの応酬で相手ディフェンスを翻弄しながら最後はボレーシュートで押し込む。1本の強烈なシュートで決まるゴールとはまた別の気持ち良さがあるゴールです。 ◆スター選手が揃い踏み 2011年以降の大型補強で一躍欧州屈指の強豪へと成長を遂げたパリ・サンジェルマン(PSG)。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチらもその過程でチームに大きく貢献しました。 2016年1月23日に行われたリーグ・アン第22節アンジェ戦では、PSGのスター選手たちが素晴らしいパス回しから美しいゴールを決めています。 前半からPSGが2点を先制し、優勢を保ったまま迎えた54分、最終ラインのDFダビド・ルイスが正確なフィードを前線に送ります。これはアンジェDFにクリアされるものの、MFチアゴ・モッタがヘディングに競り勝ち、ボールは相手陣内中央にいたFWズラタン・イブラヒモビッチのもとに収まります。 するとイブラヒモビッチがここでFWアンヘル・ディ・マリアと浮き球で華麗なパス交換。続いてディ・マリアが裏へ動き出していたMFブレーズ・マテュイディへダイレクトで浮き球のパスで続けます。 これにボックス内で追いついたマテュイディが、またもダイレクトでクロスを上げると、左右に振られた相手DFから完全にフリーになっていたファン・デル・ヴィールがファーポストで合わせてゴール。役者揃い踏みの完璧な崩しからゴールを奪いました。 2021.01.14 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ミスキックから生まれた意表を突くループシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月13日にご紹介するのは、今から約11年前に元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ズラタンへのパスがそのままゴールへ!D・アウベスが決めた予想外のループシュート<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWaFA0RWV0SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! トップレベルの実戦においても、時にミスからスーパーなゴールが生まれることがあります。今回のD・アウベスのゴールはまさに偶然の産物でした。 ◆イブラヒモヴィッチへのクロスが… バルセロナで不動の右サイドバックとして、在籍8年で公式戦391試合出場、21ゴール100アシスト、さらには獲得タイトル23という数字を残したD・アウベス。DFらしからぬ攻撃力を武器としていましたが、2010年1月23日に行われたラ・リーガ第19節のバジャドリー戦では、思わぬ形で自らゴールを決めています。 22分、ハーフウェイライン付近でFWリオネル・メッシとのワンツーから右サイドを突破したD・アウベスは、敵陣深くまで侵入。中央で待つFWズラタン・イブラヒモビッチへクロスを上げます。 しかし、これがミスキックになりゴール方向へ。するとこれが見事なループシュートとなり、前に出ていた相手GKの頭上を見事に越えてゴールネットに吸い込まれました。 ミスキックとはいえ、そのゴールはあまりに完璧なものでした。 2021.01.13 07:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly