「何してんだお前?」レゴを楽しむディバラを眺める秋田犬の表情がシュール過ぎる

2021.01.08 16:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの愛犬である、秋田犬のカイアくんの可愛さが反響を呼んでいる。

ディバラは7日、自身のインスタグラム(paulodybala)を更新。組み立てブロック玩具『LEGO』に興じている1枚の写真をアップした。

◆ユーベの“宝石” パウロ・ディバラのスーパープレー集(カイアくんは記事下部)

これまでにも、『LEGO』を楽しむ姿を見せてきたディバラだったが、今回はその隣に佇むカイアくんの表情がシュールだと話題になっている。

カイアくんは真剣な眼差しで説明書を見ながら『LEGO』を組み立てるディバラに対し、「いったい何してるんだ?」と言わんばかりの表情を見せていた。

2020年4月にディバラが新型コロナウイルスに感染し、自粛生活が続く中で飼い始めたカイアくん。当時からその可愛さでSNS上では人気を博していたが、その可愛さは今も変わらぬようだ。



コメント
関連ニュース
thumb

レジェンドFWトレゼゲがレアル相手に叩き込んだ豪快オーバーヘッド【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 ダビド・トレゼゲ(当時27歳) 国籍:フランス 所属:ユベントス ポジション:FW 身長:190cm アルゼンチンでプロキャリアをスタートさせたトレゼゲ氏は、モナコで頭角を現し、2000年夏にユベントスに加入。2010年に退団するまで、世界屈指のストライカーとして公式戦320試合で171ゴールを記録し、多くのタイトルをユベントスにもたらした。 【試合詳細】 日程:2005年3月9日 大会:チャンピオンズリーグ ラウンド16 対戦相手:レアル・マドリー 時間:後半30分(0-0) <div id="cws_ad">◆名ストライカーが決めた豪快オーバーヘッド<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvdk04V1JJWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アウェイの1stレグに0-1と敗れていたユベントスは、2点差以上での勝利が求められる状況の中試合が始まる。しかし、試合は0-0のまま推移していき、迎えた57分、ベンチスタートだったトレゼゲが交代でピッチに入る。 すると75分、右サイドからのクロスをファーポストでFWズラタン・イブラヒモビッチが頭で折り返す。ゴール前でボールが大きくバウンドすると、中央にポジションを取っていたトレゼゲが豪快なオーバーヘッド。これがゴール中央に決まり、チームを敗退から救う先制ゴールとなった。 2戦合計スコアで何とか追いついたユベントスは、延長戦まで持ち込むと延長後半に劇的な2点目を奪い、2-0で勝利。合計スコアを2-1として、準々決勝に駒を進めている。 2021.01.28 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア準決勝進出のユベントス、ピルロは若手の活躍称える「素晴らしい試合をしていた」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、チームのパフォーマンスを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは、27日に行われたコッパ・イタリア準々決勝で、セリエBに所属するSPALと対戦。格下相手との一戦、多くの若手を起用したユベントスは、前半で2点を奪い圧倒的優位に立つと、後半にも2点をマークし4-0で完勝した。 この結果、ユベントスはコッパ・イタリア準決勝進出が決定。数人の主力温存にも成功しており、完璧な試合となった。 試合後のインタビューに応じたピルロ監督も、正しい試合ができたとチームのパフォーマンスを称賛している。 「我々の目標はベスト4進出であり、非常に好調なチーム相手にそれを成し遂げることができた。細心の注意を払った正しいアプローチのおかげで、勝利をつかめたと思う。今後我々には重要な試合が待っているが、まずは次のサンプドリア戦に集中したい」 また、ピルロ監督はこの試合でMFニコロ・ファジオリを始め、数人の若手が出場機会を掴んだことに言及。当初は自身が監督を務める予定だった、クラブのセカンドチームであるユベントスU-23の存在が大きいと語った。 「ユベントスはセカンドチームを作ったイタリア唯一のクラブだ。これはとても良い選択だったと思う。他のクラブにとっても、重要な出来事になるはずだ」 「(ニコロ・)ファジョーリはとても興味深い選手だ。彼はテクニックと試合へのビジョンを備えている。あまり多くの責任は与え過ぎないようにしたいが、今夜は素晴らしい試合をしていた」 2021.01.28 12:44 Thu
twitterfacebook
thumb

これぞファンタジスタ!デル・ピエロが後ろからのボールに見事に合わせたアウトサイドボレー【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 アレッサンドロ・デル・ピエロ(当時20歳) 国籍:イタリア 所属:ユベントス ポジション:FW 身長:173cm 現役時代“ビアンコ・ネロ”の10番を背負い長らく活躍したデル・ピエロ氏。公式戦通算706試合で290ゴール69アシストを記録したが、この数字はユベントスの中でどちらも歴代最多であり、今もなお破られてはいない数字である。 【試合詳細】 日程:1994年12月4日 大会:セリエA第12節 対戦相手:フィオレンティーナ 時間:後半44分(2-2) <div id="cws_ad">◆デル・ピエロが決めた驚愕のアウトサイドボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMZ2U1azJqMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2-2のまま試合終盤に差し掛かり、誰もが2-2の引き分けで終了すると思っていた後半44分にデル・ピエロが試合を動かす。 ハーフライン付近からペナルティエリア内に送られたロングボールに反応したデル・ピエロ。マークについていたDFを振り切ると、後方から来たロングボールにダイレクトで合わせる。角度的には左足で合わせる所を難しい右足のアウトサイドで合わせると、ボールは美しい軌道を描きゴール左上に吸いこまれていった。 デル・ピエロが持ち合わせていた繊細なタッチ、イマジネーション、その全てが凝縮されたゴールと言っても差支えがないだろう。結局、このゴールが決勝点となり、ユベントスが2点差をひっくり返す劇的な勝利を手にした。 さらにユベントスは、このシーズンで9シーズンぶりにスクデットを獲得。デル・ピエロはリーグ戦29試合に出場し、8ゴールを記録して優勝に大きく貢献した。 2021.01.28 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

4発快勝のユベントスがSPAL撃破で準決勝進出!《コッパ・イタリア》

ユベントスは27日、コッパ・イタリア準々決勝でセリエBに所属するSPALと対戦し、4-0で快勝した。 5回戦でジェノアとの打ち合いを制した前回王者のユベントスは、直近のボローニャ戦からクルゼフスキとベルナルデスキ以外のスタメン9人を変更。モラタとクルゼフスキを2トップに据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。 立ち上がりから攻勢に出るユベントスは16分、ドリブルでボックス右まで切り込んだラビオがヴィカリに倒されると、VARの末にPKを獲得。このPKをモラタがゴール右隅に決めた。 先制したユベントスは、33分にもボックス右まで持ち上がったクルゼフスキがタメを作ってからマイナスへ折り返すと、ペナルティエリア左横まで駆け上がったフラボッタがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 後半も主導権を握るユベントスは53分、ボックス左手前でパスを受けたクルゼフスキが縦に切り込み左足を振り抜いたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 追加点を狙いに行くユベントスは、67分にモラタとフラボッタを下げてキエーザとアレックス・サンドロを投入。すると78分、敵陣でハイプレスをかけたキエーザが最終ラインのトモビッチからボールを奪うと、ボックス手前まで持ちあがりラストパス。これをクルゼフスキがゴール左隅にシュートを流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 さらに後半アディショナルタイムにはキエーザにもゴールが生まれ、4-0で快勝したユベントスがベスト4進出を決めている。 2021.01.28 06:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、マルセイユから若手FWアケ獲得決定的に! メディカル受診へ

ユベントスがマルセイユからフランス人FWマルレー・アケ(20)を獲得することが決定的となった。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。 『スカイ』が伝えるところによれば、ユベントスU-23に所属するU-19イタリア代表MFフランコ・トンギャ(18)とのトレードという形での加入となるアケは、27日にメディカルチェックを受診する予定だという。 契約期間などの詳細は不明だが、当面はユベントスU-23でのプレーとなる見込みだ。 マルセイユの下部組織出身のアケは左ウイング、センターフォワードを主戦場とする右利きのアタッカー。フィニッシュの質には多くの伸びしろを残すものの、優れたアジリティとドリブルテクニックを武器に、個で局面を打開できるチャンスメーカーだ。 2019年9月にトップチームデビューを飾ると、途中出場を中心にここまで通算26試合に出場。今季もリーグ・アン9試合、チャンピオンズリーグ4試合に出場している。 2021.01.27 23:18 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly