広島がMFハイネルの期限付き移籍期間延長を発表、昨季は18試合に出場

2021.01.05 14:41 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は5日、ブラジルのトンベンセから期限付き移籍で加入していたMFハイネル(30)の期限付き移籍期間延長を発表した。

ハイネルは2021年2月1日から2022年1月1日まで期限付き移籍でプレーする。

ハイネルは川崎フロンターレでもプレー経験があり、2019シーズンに広島に加入。2020シーズンは明治安田J1で18試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

G大阪が連敗ストップ! 黒川&坂本弾で好調広島を撃破!【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節の延期分、ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が29日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、2-0でG大阪が勝利した。 この一戦は元々5月25日に予定されていたが、広島側で複数の新型コロナウイルス感染が確認されたため延期となっていた。この間の両者の明暗ははっきりと分かれており、G大阪はリーグ戦では現在4連敗中。かたや広島は4連勝と好調だ。 負ければ24年ぶりの5連敗となるG大阪は、1-0で敗れた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを6人変更。黒川や坂本、福岡らは久々のリーグ戦出場となった。 一方、広島のスタメン変更は、1-3で勝利したアビスパ福岡戦から2人のみ。累積警告で出場停止の野津田やベン・カリファに代わって、野上とジュニオール・サントスが起用された。 試合はボールを保持する広島と、前線からプレスをかけるG大阪という構図に。G大阪は何度かボールを奪ってカウンターのチャンスを掴みかけるが、広島の守備への切り替えの早さに対応しきれない。 ファーストシュートは広島。4分、速攻でゴール前まで運び、最後は塩谷がミドルシュート。アウト回転をかけたシュートだったが、枠に収まらなかった。 互いに走力を生かした攻守を見せる中、攻勢を続ける広島は、20分にカウンターから森島が右サイドを持ち上がり、ゴール前に走る満田へスルーパス。合えばゴールかというシーンだったが、寸前のところでGK東口にせき止められた。 だが、少しずつホームチームがゴールに迫る回数を増やしていくと迎えた36分、齊藤が右サイドからクロスを入れると、GK大迫に弾かれたボールはボックス左の黒川の下に。すぐに藤井に詰められるが、何とか入れ替わり、すぐさま左足を一閃。低く抑えたシュートが突き刺さり、先制点を奪った。 さらにその3分後にもゴールに迫ったG大阪。ボックス左の齊藤のシュートは左ポストに嫌われてしまうものの、セカンドボールをボックス右で拾った小野瀬からボールを繋ぎ、石毛がボックス手前からシュート。今度は相手DFにブロックされたが、こぼれ球を坂本が冷静に流し込み追加点。坂本はこれがJ1初ゴールとなった。 2点ビハインドで後半へ折り返した広島は、野上とジュニオール・サントスを下げてベン・カリファとドウグラス・ヴィエイラを投入。しかし、勢いに乗ったG大阪からなかなか流れを引き寄せることはできない。佐々木から満田に決定的なクロスが入るも、わずかに合わず1点が遠い。 一方、前半から堅守速攻を一貫するG大阪は、51分に山見が何らかのアクシデントで倉田と交代。57分にその倉田のFKから石毛がヘディングシュートを放つが、ここはGKの正面に飛んだ。 早く1点が欲しいアウェイチームは、ベン・カリファのポストプレーから満田にビッグチャンス。右サイドに抜け出しシュートまで運んだが、DFスライディングブロックが勝った。その直後の66分に満田と東を下げて柴崎と柏を投入し、4枚の交代カードを切る。 72分にはその柏にチャンス到来。左サイドからドリブルで切り込み、ドウグラス・ヴィエイラとのワンツーからシュートへ。ボックス左まで侵入したが、惜しくも枠の左に外れた。直後にも塩谷がミドルシュートを狙うが、これも左へ逸れる。 後半は明らかに攻勢の広島だが、肝心の1点が奪えず。そんな中G大阪は80分、小野瀬が決定的なシュートを放つが、ここはGK大迫がビッグセーブを見せる。 なんとか致命傷を避けられた広島だったが、守備時のセットプレーでドウグラス・ヴィエイラがヒザを負傷。相手の体重がかかる形で捻ってしまい、担架で運び出された。 好調だっただけに広島にとっては敗戦よりもダメージの残る事態に。結局、最後までG大阪の守備を攻略できず敗戦。ホームで勝利を収めたG大阪は連敗脱出となった。 ガンバ大阪 2-0 サンフレッチェ広島 【G大阪】 黒川圭介(前36) 坂本一彩(前39) 2022.06.29 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージの組み合わせが決定! 王者名古屋は浦和と対戦

29日、YBCルヴァンカップ・プライムステージの組み合わせ抽選会が行われた。 今月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 前回王者の名古屋は浦和と対戦。昨シーズンのカップ戦王者同士の対決となる。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 抽選会当日にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の解任が発表された神戸は福岡と対決。J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 浦和レッズ vs 名古屋グランパス 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:G大阪vs広島】4連敗と4連勝、対照的な両者が激突

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年6月29日(水) 19:00キックオフ ガンバ大阪(16位/17pt) vs サンフレッチェ広島(4位/30pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆4連敗を止められるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦。ともに3連敗という苦しい状況で迎えた試合だったが、結果は1-0で敗れ4連敗となった。 G大阪にとってはこれが後半戦スタートの試合。昨年に続いて残留争いに巻き込まれ続けるシーズンとなるのか、ここからリスタートを切れるのか、重要な一戦となる。 ただ、札幌戦では良いところなし。攻撃陣はゴールを奪えない一方で、守備陣もポジショニングの悪さから札幌に圧倒され、スコア以上に大きな問題を抱えている感が否めない。 特に中盤での守備が効いておらず、ダワンが1人で全てを負っている状況に。攻守のバランスを含め、試合を落ち着かせるゲームメーカー不在が一番の問題とも言える。 相手は好調の広島だけに、叩ければ地震になるが、強度が出なければ一方的にやられてしまう可能性もあるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、倉田秋、ダワン、山見大登 FW:石毛秀樹、レアンドロ・ペレイラ 監督:片野坂知宏 ◆4連勝の勢いで上位食い込みへ【サンフレッチェ広島】 試合が1カ月後ろ倒しになってしまった要因はクラブ内での新型コロナウイルス(COVID-19)の養成者が複数出たこと。試合当日の突如の中止となったが、広島の調子は落ちなかった。 現在は4連勝中。昨季は苦しんだチームだったが、ミヒャエル・スキッベ監督の下でチームの完成度は上がり、現在は4位に位置している。 その広島だが、好調なチームを支えていた野津田岳人が今節は出場停止。ただ、1人欠けたところで崩れるチーム作りはしていない。 チーム力が上がっている上に結果もしっかりと出ている広島。対照的な相手との試合となるが、気を緩めずに5連勝なるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、青山敏弘、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ 出場停止:野津田岳人 2022.06.29 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

広島ドウグラス・ヴィエイラが2発! 最少失点の福岡から3点奪い4連勝!【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島が25日にベスト電器スタジアムで行われ、1-3で広島が勝利した。 ミッドウィークに行われた天皇杯では、それぞれグルージャ盛岡と横浜FCを下してベスト16入りを決めた両チーム。ただ、リーグ戦に目を向けてみると、福岡はここ6試合でわずか1勝、広島は直近5試合で4勝1分けと、調子の差は如実に表れている。 しかし、天皇杯でターンオーバーした福岡に対し、広島はジュニオール・サントスを除く10名が同じメンバー。疲労が懸念されるなか、11人全員入れ替えた福岡の勝機はそこにあるか。 リーグ最少の13失点と14失点の堅守を誇るチーム同士による一戦。立ち上がりから互いに素早い攻守の切り替えで強度の高い試合を見せる中、3分に福岡の山岸がファーストシュート。山岸はその直後にも、味方のパスからゴール前に侵入するが、ここはシュートを許してもらえず。 対する広島は11分、満田とのコンビネーションで左サイドのスペースを突いた森島がニアにグラウンダーのクロスを供給。東がダイレクトで合わせたが、ミートしきれず右に逸れた。 見応えのある中盤の攻防が続く中、ホームの福岡は16分、中村が右足で上げた右CKをニアに飛び込んだ山岸がヘディングシュート。マークを外して上手く合わせたが、惜しくも枠の左に外れた。 互いにポストを掠める際どいシュートを放ったが、先にネットを揺らしたのはアウェイチームだった。28分、敵陣中央で野津田がボールを奪い、ショートカウンターを発動。ベン・カリファが持ち運びボックス右にパスを出すと、走り込んだ満田が右足ダイレクトで鋭いシュートをゴール左下に突き刺し、先制点を挙げた。 最少失点の相手から先手を取った広島。その後もボールを握りながら試合を進めていくが、福岡もコンスタントにゴールに迫っていく。すると37分、左サイドから志知が右足でクロスを入れると、今季リーグ戦初出場の渡が頭で合わせ、古巣から点を奪った。 同点で迎えた後半、広島はイエローカードを貰っていたベン・カリファをドウグラス・ヴィエイラに変更。ポストプレーやセットプレーで見せ場を作る。対する福岡は57分、今季のリーグ戦初出場で初ゴールを挙げ、さらには今日が29歳の誕生日だった渡を下げて、クルークスを投入した。 前半に引き続いてタイトな試合が展開されている後半は、中盤での潰し合いが目立ち、両チームともになかなかシュートシーンまで運べない時間が続く。 そんな中、ドウグラス・グローリが満田に与えたファウルを巡って野津田が主審に異議。グローリは満田に躱されたところでユニフォームを引っ張り、バランスが崩れたところに身体をぶつけるプレーに及んだ。故意ではないにせよ危険な行為だったと、怒りを露わにした野津田はここでグローリを押し倒してしまっていた。 結果として2人にイエローカードが提示され、両者ともに累積により次節出場停止となった。 だが、その直後に野津田は次節出場停止となってしまった責任を果たす。77分、相手が押し込んできたところを野津田が味方とのパス交換でひっくり返すと、すかさず前線へ浮き球のスルーパスを供給。これに抜け出したドウグラス・ヴィエイラがGKの頭上を狙ったループシュートを流し込んだ。 今季のリーグ戦初出場となった前節のセレッソ大阪戦から、天皇杯の横浜FC戦を含めてドウグラス・ヴィエイラは3試合連続得点に。復活の兆しを見せるエースの活躍で勝ち越した広島は、直後にフアンマに脅かされるも、ここはGK大迫がしっかりセーブ。 守護神も光る広島は86分、機を見てボックス左に侵入した佐々木がクルークスに倒されPKを獲得。横浜FC戦で失敗しているドウグラス・ヴィエイラがキッカーを務めたが、今回はきっちり決めて追加点。これで1-3とした。 その後、広島は野上を投入。福岡は一挙3人替えで一矢報いに掛かるが、試合はこのままタイムアップ。苦しみながらも勝利した広島が今季初の4連勝を収めた。 アビスパ福岡 1-3 サンフレッチェ広島 【福岡】 渡大生(前37) 【広島】 満田誠(前28) ドウグラス・ヴィエイラ(後32) ドウグラス・ヴィエイラ(後41) 2022.06.25 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

29日にプライムステージ抽選会のルヴァンカップ、出席選手が決定!

Jリーグは23日、JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ組み合わせ抽選会に出席する選手8名決定を発表した。 今季のルヴァンカップはプレーオフステージまでの戦いが終わり、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、セレッソ大阪、名古屋グランパスが勝ち残り。そこに川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ組をプラスした計8チームでプライムステージの戦いが始まる。 プライムステージに向けては29日15時30分からオープンドローを予定。川崎FのMF橘田健人、横浜FMのFW宮市亮、神戸のFW小田裕太郎、浦和のGK鈴木彩艶がチームの代表選手として出席が決定済みだったが、残る4チームは未定だった。 そして、新たに広島のFW鮎川峻、福岡のFW金森健志、C大阪のDF山中亮輔、名古屋のMF甲田英將が参加決定。その模様はJリーグの公式Youtubeチャンネルでライブ配信される。 2022.06.23 16:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly