鳥栖、MF小屋松知哉と契約更新 今季はリーグ戦33試合出場で2ゴール

2020.12.27 16:48 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は27日、MF小屋松知哉(25)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。

2014年に名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた小屋松は、京都サンガF.C.を経て2020年に鳥栖へ加入。今季は明治安田生命J1リーグ33試合に出場して2ゴールを挙げた。

来季も鳥栖で戦うことが決まった小屋松は、クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「来年も鳥栖でプレーできることに感謝して結果で恩返しできるように頑張ります!共に闘いましょう!」


関連ニュース
thumb

FC東京、急きょ指揮の森下申一監督が退任 「みなさまのチカラが必要」と呼びかけ

FC東京は5日、森下申一監督(60)の退任を発表した。 GKコーチだった森下監督だが、先月11月に長谷川健太監督の辞任を受け、指揮官に昇格。明治安田生命J1リーグ第36節からの3試合でチームの指揮を執り、1勝1分け1敗だった。 このままクラブを離れるという森下監督はクラブを通じて、別れの挨拶とともに、ファンにチームのさらなるサポートを呼びかけた。 「今シーズン、ご支援ご声援いただきましたクラブスポンサーのみなさま、SOCIOのみなさま、そして、ファン・サポーターのみなさま、本当に1年間ありがとうございました。感謝申し上げます」 「選手はコロナ禍のなか1年間よく頑張ってくれました。感染者を出さず、夏場のアウェイの連戦もあり、怪我人も多いなか、最後まで必死に戦ってくれました」 「来シーズン、東京は大きく変わろうとしています。これからも、みなさまのチカラが必要です。2022シーズンもご支援ご声援をよろしくお願いします。最後までご声援ありがとうございました」 2021.12.05 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、ジョアン・オマリと契約満了…「成功を願ってます」

FC東京は5日、レバノン代表DFジョアン・オマリ(33)との契約満了を発表した。 ジョアン・オマリは出生地のドイツでプロキャリアをスタートさせると、トルコやUAEを渡り歩き、2018年8月のサガン鳥栖入りで初来日。その後、アル・ナスルSCに一旦戻るが、2019年7月にヴィッセル神戸入りした。 そして、2020年からFC東京でプレー。明治安田生命J1リーグで加入初年度に12試合1得点の数字を収めると、今季も20試合1得点を記録したが、退団が決定した。クラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「これまでどんな時も多くのサポートありがとうございました。自分はチームを離れますが、東京のこれからの成功を願ってます。1月にルヴァンカップを掲げた事は忘れません。2年間ありがとうございました。また会いましょう」 2021.12.05 10:14 Sun
twitterfacebook
thumb

京都が森脇良太の退団を発表 「サンガで過ごした2年間は素晴らしくビューティフルな時間でした!」

京都サンガF.C.は4日、元日本代表DF森脇良太(35)の契約満了による今季終了後の退団を発表した。 サンフレッチェ広島のユース出身の森脇は、トップチームではJ1やJ2優勝に貢献。2012年から2019年まで在籍した浦和レッズではAFCチャンピオンズリーグ優勝など、個人として数多くのタイトルを獲得した。 京都には2020シーズンから加入し、活躍の舞台をJ2に移したが、初年度はリーグ戦17試合の出場に。今季も6試合の出場にとどまっており、主力としてプレーすることはできなかった。 それでも京都で過ごした2年間を森脇は「ビューティフルだった」と回想。明るい人柄を前面に押し出して別れの挨拶を残している。 「京都サンガF.C.を愛するみなさんへ」 「昨日、クラブから契約満了を告げられ京都サンガF.C.を離れる事になりました。寂しさ、悔しさ、情けなさ、色々な感情が森脇の心の中でグッチャグチャになってますが、サンガで過ごした2年間は素晴らしくビューティフルな時間でした! あまりピッチの上で貢献が出来なくて悔しさの方が強いですが、サンガで色々な事を学んだ日々は森脇にとって大きな大きな財産です。コロナ禍じゃなければ、もっともっとサポーターのみなさんと直接コミュニケーションを取りたかったです! 笑」 「でも、幸せな事に明日はサンガスタジアムでホームゲームが残ってます! 明日は、2021最後の試合!サンガファミリーのパワーを結集させて、必ず勝利し、試合後はみんなで喜びを共有しましょうね(^^)」 「さあ行こうぜ♪ 胸をはって♪ 紫の勇者たち♪」 「京都サンガF.C.は素晴らしいクラブです! 素晴らしいクラブで2年間一緒に戦わせてもらって、感謝の想いでいっぱいです!」 「サンガを愛するみなさん! ありったけのパワーで今まで以上にサンガのサポートをよろしくお願いします。スタジアムでのみなさんの情熱が間違いなく選手にとってのパワーの源です!」 「サンガを離れますが、京都サンガF.C.は森脇の心の中にこれからもずっとあり続けます! 2年間ワッチャワッチャしてた森脇を優しくサポート・応援していただき、本当にありがとうございました! これからの京都サンガF.C.の成功も心から願ってます」 「PS:明日スタジアムに来られる方でお家にサンガのタオルマフラーがある方は、ぜひスタジアムに持ってきておいてください(^^)」 2021.12.04 19:31 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州、佐藤颯汰&斧澤隼輝の今季退団を発表

ギラヴァンツ北九州は4日、FW佐藤颯汰(22)とMF斧澤隼輝(23)の今季契約満了を発表した。 佐藤は2018年に日章学園高校からプロ入りし、今季は明治安田生命J2リーグ7試合に出場。斧澤は下部組織から過ごすセレッソ大阪でプロ入り後、2020年から加わり、今季は16試合でプレーしている。両選手はクラブを通じて、それぞれコメントした。 ◆佐藤颯汰 「ギラヴァンツ北九州のファン、サポーターの皆さん、今年も熱い応援ありがとうございました。そしてギラヴァンツ北九州に関わる全ての皆さん、4年間お世話になりました」 「契約満了の通告を受けた時、沢山の事を思いました。正直、とても悔しくこんなにも辛いものだとは思ってもなかったです。それは、北九州のサポーターの皆さんや、北九州で出会ったみんなと来年から共に闘い、笑ったり泣いたり出来なくなるということです。この4年間本当に多くの事を経験し、学ばせてもらいました。J3優勝時、ファンサポーターのみんなと喜び合えた時は本当に幸せでした」 「また、今年中々結果がでないなかでも決して諦めず応援してくれたサポーターのみんなの表情を見ると本当に俺も頑張ろうって言う気持ちになれました。僕は胸張ってギラに貢献できたとは言えません。どうにかチームに貢献したいと考え悩む日々でした。その中でサポートしてくれたスタッフ陣、仲間には感謝しかないです。ファンのみんなの期待に応えられなくて本当にすいません」 「ですが、絶対にまた這い上がってきます! そしてまたギラヴァンツ北九州でプレーしたいです! いや、します!笑 それほど思い入れが強い4年間でした。ミクスタでみんなの笑顔が見られた景色、絶対に忘れません。また成長した形でミクスタに戻ってきて皆さんに会いたいです。北九州が大好きです。4年間、ありがとうございました」 ◆斧澤隼輝 「ギラヴァンツ北九州の一員としてプレーする機会を与えて頂いた事に感謝をしています。自分の持てる力を発揮してチームに貢献できなかった事が残念で本当に申し訳なく思っています。しかし、最高のチームメイト、スタッフ、そしてなによりも最高のファンサポーターの皆様と共に戦えたことを心から誇りに思っています」 「北九州を離れることになりますが、来シーズン以降は残る仲間たちが昇格を必ず勝ち取ってくれることを心より願っていますし、どこにいても応援しています。私の挑戦はどの様になるかはまだ判りませんが、またどこかで皆さまとお会いできる様にがんばり続けます。2年間温かく応援して頂きありがとうございました」 2021.12.04 18:51 Sat
twitterfacebook
thumb

富山が佐々木一輝と田中佑昌の今季退団を発表

カターレ富山は4日、MF佐々木一輝(30)とMF田中佑昌(35)の契約満了による今季の退団を発表した。 2013年に京都産業大学から徳島ヴォルティスに入団してプロキャリアをスタートさせた佐々木は、2017年から富山でプレー。ここまで明治安田J3リーグで通算50試合に出場して9ゴール1アシストを記録していたが、在籍5年目の今季は6試合の出場に留まっている。 田中はアビスパ福岡、ジェフユナイテッド千葉、ヴァンフォーレ甲府を経て2020年に富山に移籍。加入初年度となった昨季はリーグ戦16試合に出場して3ゴール2アシスト、今季は11試合で1ゴールを記録している。 両選手はクラブを通じて別れの言葉を残した。 ◆MF佐々木一輝 「今季限りでチームを退団することになりました。まずは、5年間応援していただきありがとうございました。ここでは語れないほど、色々な事がありました」 「昨年のコロナ禍で厳しい状況の中、胸スポンサーに名乗りを上げてくれた株式会社IACの茶山社長をはじめ、数々の企業の皆様。無観客の試合が続く中、画面を通して声援を送ってくれ、有観客の試合には足場の悪い日にもスタジアムに足を運んでくれたファン・サポーターの皆様。ホームの試合の前日には夜遅くまでスタジアムの設営をしてくれたフロント、ボランティアスタッフの皆様」 「名前をあげればキリが無いほどの人たちに支えられ、プレーすることができました。本当にありがとうございました!」 「そして1年目以降、怪我の多かった僕を5年間もチームに居させてくれたチームには本当に感謝しています。だからこそ、在籍している間にJ2に戻りたかった。慣れ親しんだ富山の人たちと、これ以上ない喜びを分かち合いたかった。悔しいの一言です。力になれず申し訳ありませんでした」 「今季は色々思うところはありましたが、それでもやっぱりここが好きだなぁ。と今、改めて感じています」 「目標達成できるよう今後のカターレ富山の躍進を願っております。日曜日のホーム最終戦絶対に勝ちましょう!最後に皆さんに会えるのを楽しみにしています。5年間本当にありがとうございました!」 ◆MF田中佑昌 「今シーズン限りでカターレ富山を退団する事になりました。2年間という短い期間でしたがカターレ富山の一員としてみなさんと共に闘えて幸せでした」 「唯一の心残りはカターレ富山をJ2復帰させる事ができなかったのがとても悔しいです。試合にもあまり出れずチームに貢献できなくて申し訳ないです。もっと他に自分がチームの為にできる事があったんじゃないか、若い選手達にもっと色んな事を伝えられたんじゃないかと思ってしまいます」 「家族みんなで応援してくれる方々や選手にいつも美味しいご飯を食べさせてくれるお店の方々など富山に来て素晴らしい人達と出会えてとてもいい経験もさせて頂きました。ありがとうございました」 「来年こそはカターレ富山が必ずJ2復帰できるように応援しています。そしてその為には皆さんのサポートが必要です。来シーズンもカターレ富山で戦う選手達を宜しくお願いします!」 「2年間沢山の熱い声援、応援本当にありがとうございました!」 2021.12.04 18:43 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly