元なでしこジャパンFW吉良知夏がメルボルン・シティ加入! 今年1月に浦和Lを退団

2020.12.23 00:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリアのメルボルン・シティは21日、元日本女子代表FW吉良知夏(29)の加入を発表した。2010年に神村学園高校から浦和レッドダイヤモンズ・レディースに加入した吉良は、加入2年目になでしこリーグ新人賞を獲得。以降レッズレディースの背番号10を背負い、2019シーズンまで活躍。2014年にはなでしこジャパンにも選出され、12試合5ゴールの数字を残していた。


今年1月には「今シーズンは海外へ、覚悟を持ってチャレンジすることに決めました」と、国外での新たなチャレンジを理由に10年間を過ごしたレッズレディースを退団。

コロナ禍によってこれまでフリーの状況が続いていたが、新シーズンからオーストラリアの地でプレーすることが決まった。

なお、吉良はクラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「オーストラリアは私が初めて訪れた国であり、今でもお気に入りの国だと思っています。そして、ここに来てプレーしたいとずっと思っていました」

「メルボルン・シティはここ数シーズン、素晴らしいストーリー、成功を収めているクラブであり、私自身心からその一員になりたいと思っていました」

「日本以外でプレーするのは今回が初めてですが、シティでのプレー、新しいチームメイトに会うのが待ち遠しい気持ちです」
関連ニュース
thumb

INAC神戸の監督に星川氏が復帰/六川亨の日本サッカーの歩み

ネットでサッカーの記事を検索していたら、スポーツ紙が9月に開幕するサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」への参入が決まっているINAC神戸がゲルト・エンゲルス監督の契約終了を発表。後任には元監督の星川敬監督(44歳)を招聘したことを報じていた。 WEリーグに関しては、なでしこリーグの女王である浦和が森栄次氏を監督から総監督にして、楠瀬直木監督との2頭体制になったり、雪辱を期す東京ヴェルディ日テレ・ベレーザは現監督の永田雅人氏(47歳)がS級ライセンスを持っていないため、GMの竹本一彦氏(65歳)を監督に迎え、永田氏はヘッドコーチとしてチームを指導するなどチーム作りに関する話題が豊富だ。 マイナビ仙台は日テレ・ベレーザやINAC神戸で指揮を執ったベテランの松田岳夫氏(59歳)を監督に招聘。ちふれASエルフェン埼玉は、現役時代は日本女子代表として活躍した半田悦子氏を、長らく指導してきた常葉大橘高から抜擢した。 FC十文字を母体とする大宮は、「なでしこジャパン」前監督で11年W杯ドイツ大会優勝の佐々木則夫氏(62歳)が総監督に就任。監督には大宮育成普及本部長の岡本武行氏(53歳)を迎え、コーチに元なでしこジャパンFWの大野忍氏が就任したと報じていた。 そこで星川監督である。同氏は日テレ・ベレーザの監督として09年になでしこリーグと皇后杯に優勝。翌10年はINAC神戸の監督に就任すると、ここでも皇后杯に優勝した。そして11年は澤穂希、大野忍、近賀ゆかりらの獲得に成功し、なでしこリーグと皇后杯の2冠を達成。さらに12年は両タイトルでの連覇に加え日韓女子チャンピオンシップも制して3冠を達成した。 ところが星川監督は数々のタイトルを獲得したにもかかわらず、12年12月にINAC神戸の監督を辞めヨーロッパに渡ってしまった。星川監督とは親しい間柄ではないが、何度か味の素フィールド西が丘で話を聞いたことがある。その時に印象に残っていた言葉が、「いくらリーグで結果を出しても、代表の監督にはなれません」という一言だった。 確かに彼が指摘した通り、歴代のなでしこジャパンの監督はリーグ戦の結果とは無関係だ。 1990年代以降でも、鈴木保氏(89~96年)は加茂周氏が日産(現横浜FM)の監督時代にコーチとして支え、その後は日産の監督も務めたが、日産FCレディースの監督としてはLリーグで6チーム中4位、10チームでも4位が最高の成績だった。 唯一の例外は宮内聡氏(97~99年)で、帝京高校時代に選手権で優勝を飾り、古河(現ジェフ千葉)でもリーグ優勝とアジアクラブ選手権優勝に貢献。日本代表としても守備的MFとして活躍した。93年から97年まで指導したプリマハムFCくノ一ではLリーグでチームを初優勝に導く。そして昨シーズンからはちふれASエルフェン埼玉の代表取締役会長に就任した。 宮内氏に続くのが上田栄治氏(02~04年)で、現役時代はフジタ工業(現湘南)のFWとして活躍し、リーグ優勝3回、天皇杯優勝2回を誇る。現役引退後はJFA(日本サッカー協会)のナショナルトレセンコーチや技術委員などを歴任し、06年には女子委員長も務めた。 異色なのが上田氏に代わって監督を務めた大橋浩司氏(04~07年)だろう。中学の教師をしながらJFAのS級ライセンスを取得し、01年からJFAの専属指導者になる。なでしこジャパンの監督として06年のアジア大会で準優勝して北京五輪の出場権を獲得すると、07年の女子W杯にも出場した。 大橋氏からバトンを受けた佐々木則夫氏(08~16年)については説明も不要だろう。帝京高校でインターハイ優勝、選手権3位となり、明大を経てNTT関東(現大宮)でプレー。33歳で現役引退後は大宮の監督や強化普及部長などを務め、06年からなでしこジャパンのコーチとU―20女子代表の監督を務め、ドイツW杯優勝とロンドン五輪で銀メダルの成果を残した。 そして現在の高倉麻子監督は、現役時代は読売ベレーザで数々のタイトルを獲得し、指導者としてS級ライセンスを取得後はU-17日本女子代表の監督としてW杯初優勝などの成績を収めてAFCの女子年間最優秀監督賞を7回も受賞した。 日本初の外国人監督となったハンス・オフト氏以降、日本人の代表監督は誰もがJクラブで実績を残した。加茂周氏は日産でリーグと天皇杯、横浜フリューゲルスで天皇杯に優勝、岡田武史氏はリーグ連覇、西野朗氏は柏でナビスコ杯、G大阪で3冠獲得、森保一氏はリーグ優勝3回といった具合だ。 ところがなでしこジャパンの監督は、監督になるための基準や目安がこれまでは曖昧だった印象が強い。リーグで結果を残すよりも、上田氏や大橋氏のようにJFAの仕事をした指導者が優先されると指摘されても仕方ないだろう。 しかしそれも、WEリーグの誕生で変わるかもしれない。資格の関係で女性監督はまだまだ少ないが、それが増えることで代表監督もリーグで結果を残した監督が就任するようになるかもしれない。あるいは男性監督かもしれないし、能力があれば外国人監督だっていい。いまはまだ先行き不透明なWEリーグだが、9月にはどんな成長を遂げているのか。プロになった選手たちの声を聞くのが楽しみでならない。 <hr><div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.02.24 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

岩渕真奈が衝撃のゴール! トッテナム相手に貴重な勝ち点3を獲得

INAC神戸レオネッサからアストン・ビラへと移籍したなでしこジャパンのFW岩渕真奈が、衝撃のゴールを決めた。 アストン・ビラは6日、FA女子スーパーリーグでトッテナムと対戦。岩渕は先発フル出場を果たした。 試合は12分、いきなり岩渕が見せ場を作る。 自陣からのロングボールを相手DFがクリア。これを岩渕が拾うと、ドリブルで持ち出しボックス手前で右足一閃。鋭いシュートが左サイドネットに突き刺さり、先制ゴールとなった。 このゴールは岩渕にとって移籍後2点目。このゴールで1-0と勝利したアストン・ビラは今季3勝目となり、貴重な勝ち点3に貢献した。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WOW <br><br>What a strike from <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@buchi_mana</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysFAWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysFAWSL</a> <a href="https://t.co/aino2C2Lyc">pic.twitter.com/aino2C2Lyc</a></p>&mdash; Barclays FA Women&#39;s Super League (@BarclaysFAWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysFAWSL/status/1358034259143892992?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.08 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンの「SheBelieves Cup」不参加が決定…東京五輪に向けた強化の場を失う

日本サッカー協会(JFA)は29日、なでしこジャパンが「2021 SheBelieves Cup(シービリーブスカップ)」の出場を取りやめたことを発表した。 今大会は、2月18日から24日にかけてアメリカのフロリダ州オーランドで行われる予定だった大会。なでしこジャパンも参加予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を鑑みて、不参加とすることが決まった、 シービリーブスカップは、2016年から毎年2月または3月にアメリカで開催されている大会で、当初はアメリカのほか、ドイツ、フランス、イングランドの4カ国で開催されていた。 なでしこジャパンは2019年に初参加となり、アメリカ、イングランド、ブラジルと戦い3位に。2020年はアメリカ、イングランド、スペインと戦い、4位に終わっていた。 なお、今大会の不参加により、直前の合宿もとり行わないことが決定。また、今夏開催予定の東京オリンピックに臨むなでしこジャパンとしてはワールドクラスのチームと戦う実戦の場を失うこととなった。 なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督は、JFAを通じてコメントしている。 「アメリカサッカー連盟が主催し2年前から招待頂いている SheBelieves Cup ですが、残念ながら今年は不参加という結論になりました。毎年素晴らしい舞台を準備、提供してくださっているアメリカサッカー連盟の方々にはあらためて感謝の気持ちと御礼を申し上げたいと思います」 「この遠征がなくなることで貴重な実戦の場はなくなりますが、難しい状況にあるのは全世界どのチームも同じです。どんなことが起きようと、私たちは今、与えられた環境でベストを尽くし、東京オリンピックに向けて万全の準備を進めていきます」 「昨年10月、11月に再開した国内キャンプでチームの成長に確かな手応えを感じることができたので、継続性を大切にし、前進することを止めず、チーム力を上積みしていきたいと思います」 2021.01.29 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

テニス界のスーパースターの大坂なおみが米女子サッカーNWSLクラブの共同オーナーに

女子プロテニス界のスーパースターの1人である大坂なおみ(23)が、アメリカの女子プロサッカーリーグであるNWSLのノースカロライナ・カレッジに投資し、共同オーナーとなった。 これまで全米オープンを2度、全豪オープンを1度制覇し、2019年には男女通じてアジア人初の世界ランキング1位に輝いた大坂。2020年にはアメリカ経済誌『フォーブス』が2019年に稼いだ年収が女子スポーツ史上最高額となる3740万ドル(当時のレートで約40億円)に到達したことも報じられていた。 そのテニス界のスーパースターである大坂は28日、自身の公式『ツイッター』を通じてカレッジに投資を行い、共同オーナーになったことを明かした。 「今回のノースカロライナ・カレッジへの投資は、チームオーナーという立場をはるかに超えたもので、それぞれの分野でロールモデルでありリーダーであり、すべての若い女性アスリートたちにインスピレーションを与えてくれる素晴らしい女性たちへの投資です」 「同時に、地域社会における多様性と平等のためにカレッジが行っているすべてのことに敬意を抱いています。これからのサポートとクラブの前進を心から楽しみにしています」 アメリカ南部ノースカロライナ州に本拠を置くカレッジは2018シーズンからNWSLでリーグ2連覇を達成し、NWSLシールズを3度、女子インターナショナルチャンピオンズカップを制した国内屈指の強豪だ。 2021.01.28 23:05 Thu
twitterfacebook
thumb

フィル・ネビルがイングランド女子代表監督を辞任、ベッカムの下へ?

イングランドサッカー協会(FA)は18日、イングランド女子代表のフィル・ネビル監督(43)の辞任を発表した。 ネビル氏は現役時代はマンチェスター・ユナイテッドやエバートンでプレー。イングランド代表も経験していた。 2018年1月にイングランド女子代表の監督に就任するも、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて代表戦のカレンダーが大幅に変更になった結果、2021年に開催予定のUEFA女子ユーロが2022年7月に延期となっていた。 2020年4月には今年9月限りで退任することを発表し、後任にはオランダ女子代表を務めるサリーナ・ヴィーフマン監督が就任することが決定していたが、予定よりも早く退任することとなった。 なお、ヴィーフマン新監督は今年開催予定の東京オリンピックにオランダ女子代表を率いて出場することとなり、イングランド女子代表は暫定監督を探す必要がある。 フィル・ネビル監督は、FAを通じてコメントしている。 「イングランド代表を指揮できて光栄だ。FAとライオネス(イングランド女子代表の愛称)でのキャリアの中で、最高の3年間を楽しんできた」 「イングランドのシャツを着ている選手は、私がこれまで一緒に仕事をする権利をを持っていた中で、最も才能があり献身的なアスリートだった。彼女らは私とともにチャレンジし、監督として成長させてくれた。共有できた素晴らしい思い出にとても感謝している」 「FAが私に多大なサポートをしてくれたことにも感謝したい。特にスー・キャンベルと、才能ある私のサポートスタッフは、成長をサポートするためのエネルギー、コミットメント、熱意に満ちていた。イングランドの女子チームが今後も成功することを願い、今後数年間の旅路を楽しみにしている」 なお、フィル・ネビル氏はユナイテッド時代の同僚であるデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの監督就任が噂されている。 2021.01.18 21:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly