ネグランのPK弾で逆転勝利の蔚山現代が8年ぶり2度目のアジア王者に輝く!《ACL2020》

2020.12.19 23:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020決勝のペルセポリス(イラン)vs蔚山現代(韓国)が19日に行われ、1-2で蔚山現代が勝利した。準決勝でアル・ナスル(サウジアラビア)を下し2年ぶりの決勝へ駒を進めたペルセポリスと、準決勝で横浜F・マリノスを下し8年ぶりの決勝へ駒を進めた蔚山現代の一戦。

試合は蔚山現代がペースを握る展開で推移する中、先手を取ったのはペルセポリス。45分、パク・チュホのバックパスミスを敵陣でメフディ・アブディがカットすると、ボックス内まで持ち上がりシュートをゴール左隅に流し込んだ。

先制を許した蔚山現代だったが、すぐに試合を振り出しに戻す。前半アディショナルタイム1分、最終ラインからのロングフィード前線で受けたユン・ビッカラムがネグランとのワンツーでボックス内に侵入すると、ボックス内での混戦でノールッラヒーに倒された。主審は一度プレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、ノールッラヒーのファウルが認められ蔚山現代がPKを獲得。

ネグランのPKはGKラクが弾いたが、こぼれ球に反応したネグランが押し込み、ゴールネットを揺らした。

1-1で迎えた後半、先に追加点を奪ったのは蔚山現代。53分、ボックス右手前でパスを受けたイ・チョンヨンのクロスをクリアにいったメフディ・シリの腕に当たりに当たる。主審は一度プレーを流したが、VARでの検証の結果、メフディ・シリのハンドが認められ蔚山現代がこの試合2度目のPKを獲得。このPKはネグランがゴール右に沈めた。

逆転を許したペルセポリスは、66分にノールッラヒーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これは相手GKがセーブ。さらに83分には、左サイド深くまで侵入したアガエイの折り返しをニアで反応したノールッラヒーがキム・ギヒに倒されたが、VARでの検証の結果、ファウルは認められなかった。

結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。ネグランのPK2本で逆転勝利を飾った蔚山現代が8年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。

ペルセポリス(イラン) 1-2 蔚山現代(韓国)
【ペルセポリス】
メフディ・アブディ(前45)
【蔚山現代】
ネグラン(前49[PK])
ネグラン(後10[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

川崎F、G大阪が天皇杯決勝進出で、名古屋のACL本大会出場が決定! C大阪が繰り上げでプレーオフに《ACL2021》

27日、第100回天皇杯の準決勝2試合が行われた。 今シーズンのJ1王者である川崎フロンターレとJ3王者であるブラウブリッツ秋田の一戦は、2-0で川崎Fが勝利した。 序盤からアグレッシブに戦う秋田に対し、川崎Fはしっかりとポゼッションを高めていなしていく。 すると前半にルーキーながらJリーグベストイレブンにも選出されたMF三笘薫が先制ゴールを記録。さらに秋田にシュートを打たせない展開が続くと、後半にはボックス手前で得たFKからMF田中碧が直接沈めて2-0と勝利を収めた。 もう1試合、J1を2位で終えたガンバ大阪とJ2王者の徳島ヴォルティスの一戦は、2-0でG大阪が勝利した。 前半はゴールレスで終わり、互いに攻めあぐねる展開となったが、後半に一瞬の隙を見逃さずにFWパトリックが強引に押し込んでG大阪が先制。さらに、途中出場のMF福田湧矢が相手の一瞬の隙をついて抜け出し冷静にゴール。2-0で勝利を収めた。 この結果、天皇杯の優勝チームが明治安田J1の上位2クラブとなったため、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場チームが確定した。 J1で3位に終わり、ACLでプレーオフからの出場となってた名古屋グランパスが本大会から出場することに。また、J1で4位に終わったセレッソ大阪が名古屋に代わってプレーオフから出場することが決定した。 なお、天皇杯決勝は、2021年1月1日に国立競技場で川崎フロンターレvsガンバ大阪のカードで行われる。 2020.12.27 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ACL蔚山戦VARの疑惑/六川亨の日本サッカーの歩み

先週末はJ1リーグのFC東京対広島、J2リーグの大宮対山口を取材した。NACK5での取材を終えて帰宅してからは、テレビでACL準決勝の神戸対蔚山を観戦したが、なんとも後味の悪い試合だった。 1-1で迎えた延長後半も13分を過ぎ、PK戦突入が濃厚と思ったところ、それまで神がかり的なセーブを見せていたGK前川がFWネグランを倒してPKを与えてしまった。キャッチングが難しいならパンチングで逃げるという選択肢もあったが、それは結果論というものだろう。 前川はジャグリングしたボールをキャッチしようとしたまでは問題なかった。しかし伸ばした右足がネグランの腰に巻き付くような格好で一緒に倒れたため、押し倒したと判断されても仕方ない。 それでもGK前川のファインプレーがなければ延長前半で2点は食らっていただけに、激闘の立役者であることに間違いはない。蔚山との準決勝だけでなく、今大会の前川は「守護神」と呼ぶにふさわしいプレーを連発した。年内にも噂される日本代表のミニキャンプに招集してみてはいかがだろう。 そして蔚山戦は、VARについて考えさせられた。 蔚山の同点ゴール、左サイドを抜け出たキム・インソンか、それともユン・ビッカラムのシュートをゴール前でコースを変えて押し込んだヨハンセンか、どちらがオフサイドでアシスタントレフェリーは旗を上げたのかVTRを見る限りはわからなかった。 しかしリプレーを見る限り、キム・インソンはオンサイドに見えたし、ヨハンセンもマーカーと並んでいるように見えた。というより、VTRのカメラの位置から判断するのは難しく、タッチラインから撮影された映像でないと正確なジャッジは下せない。 このためオフサイド(ゴール)かどうかの判断に関してVARがレビューを求めたのは適切なジャッジだったし、映像による検証の結果、主審がゴールと認めたのだから従うしかない。 問題は神戸の2点目、佐々木のゴールだ。 ご存じのようにVARは次の4つのケースで適用される。 ゴールかどうか(ゴールに結びつくプレーも含む) PKかどうか 一発レッドかどうか 間違った選手への退場処分と警告処分 ハーフライン付近でボールを奪った安井が攻撃の起点となり、ドウグラスのドリブルによるカウンターから最後は佐々木が押し込んだ、鮮やかなゴールだった。一連のプレーで主審は笛を吹くことなく、一度は佐々木のゴールを認めた。 ところがVARは1)の事象から主審にレビューを求めた。最初は正直、どのプレーが問題になったのかわからなかった。そして問題があるとすれば安井のプレーで、そこまで遡るのかと思ったが、それはそれで仕方がない。ところが繰り返されたリプレーを観ても、どれが反則なのか理解に苦しんだ。 安井のプレーが反則なら、韓国人選手のボディーコンタクトはほとんど反則と言っていいくらいだ。結果として神戸の2点目は取り消され、その後の失点により試合は延長戦に突入した。 VARがレビューを求めても、最終決定は主審である。そしてVARはその頭文字が示す通りあくまで「アシスタントレフェリー」だ。その目的は「最小限の干渉で最大の利益を得ること」にある。 しかしながら蔚山戦は、主審とVARの立場が逆転したような印象を受けた。VARは上記4プレーしか介入できないため、佐々木のゴールに「余計な干渉」をしてきた。にもかかわらず主審はVARの干渉を受け入れてジャッジを覆した(と感じられてならない)。 これは昨年1月のアジアカップでも思ったことだが、今大会の中東の審判団はどこまでVARに精通しているのかということ。グループステージではディエゴ・オリベイラ(FC東京)が悪質なタックルによってプレーが続行できなくなったが、主審のジャッジは甘いものだった。 他国のチームを色眼鏡で見る必要はないが、中国選手は足裏を見せたり、足を高く上げたりするタックルが多いこと。韓国勢はボディーアタックの際にエルボーから入ることなどの事前情報をしっかりと把握してジャッジに生かして欲しい。 神戸はもちろんJFA(日本サッカー協会)もAFC(アジアサッカー連盟)に抗議文を出すそうだ。もちろんジャッジが覆るわけでも、ミスジャッジだったかどうかの判定が発表されるわけでもない。抗議文がどう扱われるかも不明であるが、AFCに影響力があると思われるJFA審判委員会と田嶋JFA会長兼FIFA理事の政治力に、ちょっと期待したい。 そして神戸についてはGK前川に加え、どの試合でも魂のこもったプレーと気迫あふれる空中戦で対戦相手のエースFWと火花を散らしたCB菊池も、ポスト吉田として日本代表 でのプレーを見てみたい選手だ。ドーハでのACLには日本勢3チームが参戦したが、“アジアの戦い”で最も経験値を高めたのが菊池ではないだろうか。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.12.15 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸、初挑戦のACLはベスト4で終戦…蔚山現代と120分死闘もVAR判定に2度泣く《ACL2020》

ヴィッセル神戸は13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020準決勝で蔚山現代(韓国)と対戦し、延長戦の末に1-2で敗れた。 準々決勝の水原三星(韓国)戦を激闘の末、PK戦を制して準決勝に駒を進めた神戸。ラウンド16・上海上港(中国)戦で右足を痛めたアンドレス・イニエスタがメンバー外となるなか、水原三星戦と同じ先発を送り出した。 北京国安(中国)を2-0で下してきた蔚山現代にファーストシュートを許す。4分、左から入ってくるCKのこぼれ球にボックス手前のイ・チョンヨンに合わせられたが、枠を外れた。攻めあぐねる神戸だが、14分にチャンスを迎える。前線からの守備でボール奪取したドウグラスがボックス右からシュート。しかし、少し時間がかかり、ディフェンスのブロックに遭ってしまう。 神戸は23分にフィールド中央でサイドチェンジのパスを奪われてカウンターを受ける。素早い運びで自陣にボールを持ち込まれ、ボックス右からキム・インソンにシュートを打たれたが、GK前川の好守で切り抜ける。29分にはキム・ギヒのロングフィードから大ピンチに。そのボールがディフェンスラインを抜けてGK前川がキム・インソンと一対一となる。しかし、ボックス中央から放ったキム・インソンのシュートはゴール左へ逸れて難を逃れた。 それでも、後半開始から積極的にハイプレスを掛ける神戸が52分に手にしたCKのチャンスから先制。右CKのキッカーを務めた安井がマイナス方向にグラウンダーのクロスを送る。キャプテンマークを巻く山口がショートバウンドのボールに右足でうまく合わせてゴール左へ流し込んだ。 68分までに交代カード5枚を使い切った蔚山現代に対して、西に代えて佐々木のみの投入にとどまる神戸はリードするなかで守勢に。70分と74分にボックス内でネグランにシュートを枠に飛ばされたが、GK前川の正面を突く。 その神戸は75分にカウンター。フィールド中央でボールを奪い切った安井がドウグラスとのパス交換からシュートを放つと、一度はGKチョ・ソヒュクに阻まれるも佐々木が押し込む。しかし、VARの結果、安井のファウルがとられ、追加点を取り消されてしまう。 すると、今度は81分、左サイドからキム・インソンに抜け出され、ボックス手前からユン・ビッカラムのシュートをヨハンセンにコースを変えられて、ゴールネットを揺らされる。一時はオフサイドの判定が下ったが、VARによって覆されて1-1に。その後、スコアは動かず、神戸は2試合連続の延長戦に臨むこととなった。 延長に入ると、神戸の足が止まり始め、蔚山現代に攻め入られるが、GK前川が奮闘。103分にも右サイドからのクロスをヨハンセンに頭で合わせられたが、これもGK前川がビッグセーブで凌ぎ、士気を高める。 迎えた延長後半も一進一退の攻防が続くなか、117分にGK前川がボックス内でネグランを倒してPKを献上。これをネグランにゴール左隅に決められて逆転を許す。神戸は死力を尽くして戦ったが、及ばず1-2で敗戦。初のACLはベスト4という結果に終わり、これで日本勢すべてが姿を消した。 蔚山現代 2-1 ヴィッセル神戸 【蔚山現代】 ヨハンセン(後38) ネグラン(延後14)【PK】 【神戸】 山口蛍(後7) 2020.12.13 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸ベスト4進出も問題多いACL/六川亨の日本サッカー見聞録

10日に行われたACL準々決勝は、日本勢で唯一勝ち残った神戸がPK戦の末に水原(韓国)を下し、ベスト4へと勝ち進んだ。神戸は13日にペルセポリス(イラン)の待つ決勝戦(19日)への出場権を賭けて、蔚山(韓国)と対戦する。 勝つには勝った神戸だが、中2日で準決勝を戦わなければならないことを考えると、延長戦の30分は余分だったというのが正直な感想だ。後半のビッグチャンスをドウグラスが確実に決めていれば――ピッチはデコボコのフカフカだったため、彼を責めることはできないとしても――90分で決着をつけるべきだった。 そしてまた、圧倒的に押していてもワンチャンスを決められたり(延長後半の決定機は山口が阻止)、PK戦で敗れたりするのもサッカーであり、韓国勢との戦いでもあった。日本勢への対抗心と、ACLがもたらす賞金からくる図式であり、これはいまも昔も変わらない。 神戸に話を戻すと、PK戦こそ第1キッカーでシュートを成功させたイニエスタだが、右足太股のケガはかなり深刻そうだ。残り2試合(勝ち進めば)、彼の不在を前提に戦わなければならないだろう。それでも総力戦でJリーグの底力を発揮して欲しい。 このACLだが、現状では来シーズンの日程が決まらないことで様々な障害になっている。 現状で決まっているのは、来年2月に延期された“クラブW杯”がカタールで開催されること。本来は24チームに改編され、中国での開催が決まっていた“新クラブW杯”がコロナの影響で、現行の7チームによる大会として12月に日本で開催されること。そして2年に1回開催される“EAFF E- 1選手権”が中国で12月に開催されることだ。 これらの大会はセントラル開催で、開催期間も限られている。一方のACLはホーム・アンド・アウェーが基本で、開催時期も長く、地域も広大だ。このためACLの開催時期が決まらないと、Jリーグも開幕と閉幕の日時を決められないだけでなく、上記の国際大会も日程を決められない。 しかしながら、12月の中旬を迎えようとしている現在もACLの日程は未定のまま。そこでJリーグは、開幕の日程が決まらないと各クラブも1月のオフの期間をいつまでにするか、チームの始動日と新入団選手の会見、キャンプの日程が決められないとして「12月8日がリミット」と決断。J1の開幕は2月27日、J2とJ3は3月13日と決めた。 そしてJリーグの最終節は、日本開催のクラブW杯とEAFF E- 1選手権の最終日と重ならないようにしなければならない。これら2大会についてJリーグの関係者は「JFA(日本サッカー協会)マター」としながらも、村井チェアマンは「現行スタイルのクラブW杯の最後の大会が日本で開催されるのは大変光栄なこと。その前にリーグの全日程を終えなければならない」として、12月4、5日を最終節に決めた。 ただし、リーグ王者の川崎Fと天皇杯覇者の対戦するゼロックス杯とルヴァン杯の日程はACLが未定のため、こちらも未定のままだ。 ちなみに田嶋JFA会長はリモートによるFIFA(国際サッカー連盟)のコングレス(総会)に参加後、「クラブW杯の日本開催はAFC(アジアサッカー連盟)も全会一致で決まった。日程は決まっていないが、ヨーロッパのカレンダーは12月のクリスマス前に中断する。来年はE-1があるがヨーロッパを考えると決勝は19日しかないかな」と私案を語り、須原専務理事も「(E-1連盟と)連絡はとっています」とのことだ。 このコングレスでは、英国そのものがEU(欧州連合)から脱退したことを受け、英国4協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)もEUから外れたことが報告された。ただし英国4協会はいままで通りそれぞれが独立したFA(協会)で、それは香港と中国、グアムとアメリカ(いずれも別協会とする)などと同じ扱いであることも確認された。 こうして日程の決まらないACLを尻目に、できる範囲で日本も大会の枠組みを決めている。それでも懸念されるのは、五輪やW杯予選も開催された上で、チーム数の増えたJ1リーグが無事に日程を消化できるかどうかということである。 今年はコロナの影響でリーグ戦の再開が遅れたため、リーグ戦とルヴァン杯とACLを並行して戦った神戸、横浜FM、FC東京は連戦を強いられた。リーグ戦で失速した一因と言えるだろう。さすがに来シーズンは日程的に今年より緩やかになるだろうが、五輪が開催されれば横浜FMとFC東京はホーム・スタジアムを使えないため、夏場にアウェーの連戦が予想される。 両チームに救いがあるとすればACLがないことで、つくづくACLは日本のサッカーカレンダーにとってネックになっている。さりとてFIFA主催のクラブW杯につながるだけに、無視するわけにはいかない。なんとも悩ましい大会でもある。何かいい解決法はないだろうか。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.12.12 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸が苦しみながらも10人の水原三星をPK戦の末に撃破しベスト4進出!《ACL》

ヴィッセル神戸は10日、AFCチャンピオンズリーグ準々決勝で水原三星と対戦し、1-1で120分間を終了。PK戦の末7-6で神戸がベスト4進出を果たした。 3日前に行われた上海上港とのラウンド16を2-0と快勝した神戸は、上海上港戦のスタメンから右足を痛めたイニエスタに代えて安井のみを変更した。 4日に行われたグループステージ最終節でも対戦し、0-2と敗れていた水原三星との再戦。ラウンド16で横浜F・マリノスを逆転で下した水原三星に対し、上海上港戦同様に[4-3-3]で臨んだ神戸は5分にピンチ。ボックス右に侵入されたイム・サンヒョブにシュートを打たれ、GK前川が強襲される。 そして7分、勢いそのまま先制された。コ・スンボムの右クロスをニアサイドに走り込んだパク・サンヒョクにヘッドで決められた。続く10分にもCKからヤン・サンミンに決定的なヘディングシュートを許した神戸は、徐々にポゼッションを高めていく展開としたものの、自陣に引いて守備を固める水原三星を崩せない状況を強いられる。 そんな中35分、神戸が数的優位となる。西が浮き球パスに抜け出してボックス内へ侵入。キム・テファンに後方から倒されると、主審はPK判定を下すもVARの末にFK判定に変わり、キム・テファンにはレッドカードが提示された。 そしてボックス手前ぎりぎりで得たFKを古橋が意表を突くグラウンダーのシュートで決めて神戸が同点とした。 1-1で迎えた後半、西に代えて小田を投入した神戸が10人の水原三星を押し込む流れとする中、57分に決定機。右サイドからのFKをフリーのドウグラスがヘッドで合わせるもシュートは枠を捉えきれなかった。 その後も押し込む神戸は73分に山口のミドルシュートでオンターゲットを記録すると、1分後にはドウグラスが決定的なヘディングシュートを浴びせた。 さらに85分にはドウグラスが再び決定的なヘディングシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれてしまう。 すると追加タイム1分には大ピンチ。スルーパスを通され、キム・ガンヒに決定的なシュートを許すも、GK前川が凌いで1-1で90分を終了した。 迎えた延長戦、前半5分に神戸に決定機。左サイドからの初瀬のクロスを古橋がバックヘッドで合わせると、シュートは右ポストに直撃した。 さらに1分後にもビッグチャンス。しかし、相手のボールをかっさらってボックス右に抜け出した古橋の折り返しをドウグラスはミートしきれず、シュートはゴールライン前で相手DFにクリアされてしまった。 延長後半8分にはイニエスタを投入した神戸だったが、同11分に大ピンチ。しかし、ゴールカバーに入った山口が決定的なシュートを止め、さらにルーズボールを押し込まれるも、シュートはポストに直撃して助かった。 そして迎えたPK戦では神戸のキッカー7人全員が成功したのに対し、水原三星の7番手のキッカーがシュートを外して劇的勝利。ベスト4に進出した神戸は13日に蔚山現代と準決勝を戦う。 ヴィッセル神戸 1-1(PK7-6) 水原三星 【ヴィッセル神戸】 古橋亨梧(前40) 【水原三星】 パク・サンヒョク(前7) 2020.12.11 01:51 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly