リバプール戦に自信を見せるライプツィヒSD「大きな相手に勝てることは示している」

2020.12.15 17:33 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏が、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で行われるリバプール戦に向け、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

ライプツィヒはパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドと同居した厳しいグループステージだったにもかかわらず、8日に行われたCL最終節でユナイテッドに勝利し、2位で決勝トーナメント進出を決めた。

そして、14日に開催されたCLラウンド16の組み合わせ抽選会の結果、ライプツィヒの相手ははイングランド王者であるリバプールに決定した。

2018-19シーズンにはCL優勝を果たしているリバプール相手に、ライプツィヒは劣勢が予想されているが、抽選会後のインタビューに応じたクレシェ氏は勝ち進む自信を見せた。

「もちろん、非常に難しい組分けになったと思う。リバプールは強いチームであり、特にCLでは多くの経験を積んでいるチームだ」

「ビッククラブと対戦するのは明らかだったし、リバプール相手でも準々決勝に進出するため、自分たちのサッカーをピッチ上で展開できるよう全力を尽くしたい。大きな相手に勝てることは示しているしね。特に今季のグループステージでは、見事にやってのけた」

また、クレシェ氏はインタビューのなかで、ライプツィヒが欧州で着実に結果を残していることに言及。チームの成長が順調であると、喜びを示している。

「CLでは特別なシーズンを過ごせていると思う。昨季はトッテナムやアトレティコのようなクラブを非常に若いチームで倒し、準決勝に進出できた。そして今シーズン、我々は困難なグループで順調に進歩してきたね。素晴らしいことだと思う。おかげで昨季のパフォーマンスが偶然ではなかったと確認できたよ。我々にとって、非常に大きな成功だ」

コメント
関連ニュース
thumb

「忍耐強く、成熟し、クレバーだった」上位対決を制したライプツィヒ、指揮官はチーム称賛

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、チームのパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは20日に行われたブンデスリーガ第17節で、ウニオン・ベルリンと対戦。6戦負けなしのウニオンに対して、2試合勝ちがないライプツィヒは序盤押され気味だったものの、徐々に挽回。MFエミル・フォルスベリが後半に挙げた決勝弾を守り切り、1-0で勝利した。この結果、ライプツィヒは首位バイエルンと勝ち点差4の2位につけ、リーグ前半戦を終えている。 試合後のインタビューでナーゲルスマン監督は、対戦相手のウニオンを称えつつ、チームのパフォーマンスを誇った。 「ウニオンを相手にする以上、チャンスがあまり作れないことは明確だった。それでも、300%はボールを持っていて、訪れたチャンスの1つを決められた。事前の予想通り、ボール保持率は高く、多くのシュートを放った。前半にクリストファー・エンクンクが決めていれば、もう少し楽な試合になったと思う」 「後半はしっかりとしたプレーができたし、カウンターにも対処できた。我々の支配率は非常に高く、特にアレクサンデル・セルロートのプレーは非常に良かった。最終的には、我々が勝利に値した」 「試合では、創造性より規律がより求められる。ウニオンのような堅守の相手と対戦するときは、集中し続けることが大切なんだ。今日、私の選手たちは我慢強く、成熟していて、クレバーだったよ」 また、ナーゲルスマン監督はインタビューのなかで今シーズンのリーグ前半戦を振り返り、厳しい日程のなかでも着実に勝ち点を獲得してきたチームを称えている。 「シーズン前半戦、チームは非常によくやってくれたと思うよ。今の勝ち点にも満足している。我々はリスボンで行われた昨季のチャンピオンズリーグ(CL)を含め、多くの試合を戦ってきた。後半戦は今以上になるかはともかく、できるだけ多くの勝ち点を獲得したい」 2021.01.21 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

競り勝った2位ライプツィヒが3戦ぶりの白星! 遠藤渓太が4戦ぶり出場のウニオンは7戦ぶりの敗戦に…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、RBライプツィヒvsウニオン・ベルリンが20日に行われ、ホームのライプツィヒが1-0で勝利した。なお、ウニオンのMF遠藤渓太は81分からプレーした。 2位ライプツィヒ(勝ち点32)と5位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)による上位対決。6戦負けなしと好調を維持するウニオンでは遠藤が4戦連続でベンチスタートとなった。 試合の入りはアウェイのウニオンが鋭いカウンターでより相手ゴールに迫る。ライプツィヒのハイラインに対してアウォニーとトイヒャートの2トップが積極的に裏へ飛び出し、幾度かオフサイドをかいくぐって決定機を創出。14分にはイングヴァルトセンが惜しいミドルシュートも放った。 一方、ライプツィヒも前半半ばを過ぎて良い形で相手を押し込み始めると、31分にダニ・オルモの強烈なミドルシュートで相手GKのファインセーブを強いる。さらに、37分にはセルロートからの絶妙なスルーパスに抜け出したエンクンクがボックス右で絶好のシュートチャンスも、ここは大きくふかしてしまった。 0-0で折り返した試合は後半も拮抗した状況が続く。その流れの中でライプツィヒは60分にカンプルを下げてフォルスベリをピッチに送り込むと、この交代がスコアを動かす。 70分、相手を押し込んだ展開からフォルスベリがうまく相手のボールを突っつくと、これを回収したダニ・オルモからリターンパスが繋がる。ここでスウェーデン代表MFが振り抜いた右足のシュートがゴール左隅に決まった。 ここまで善戦を見せながらも先行を許したウニオンは積極的に交代カードを切っていく。そして、81分には4試合ぶりの出場となる遠藤が左ウイングのポジションで送り出された。 試合終盤にかけてリスクを冒した攻めを見せたウニオンは試合終了間際の92分にバルターが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKグラーチの好守に遭う。さらに、こぼれ球を回収して波状攻撃に転じるが、これもライプツィヒの守備に撥ね返された。 そして、白熱の上位対決はこのままタイムアップを迎え、好調ウニオンに7戦ぶりの黒星を与えたライプツィヒが3戦ぶりの白星を挙げて前半戦を終えることになった。 2021.01.21 06:52 Thu
twitterfacebook
thumb

苦悩するヴェルナーに恩師ハッセンヒュッテルがエール「私にとって最高のストライカー」

チェルシーで苦悩するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーだが、元上司であるサウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督は欧州最高のストライカーであることを強調している。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えた。 ハッセンヒュッテル監督は過去にライプツィヒでヴェルナーを指導した恩師。指揮官に就任した2016年夏に、同じタイミングでヴェルナーもシュツットガルトからライプツィヒに移籍し、同監督がサウサンプトンに異動する2018年夏までの2シーズンで公式戦77試合で42ゴールを記録した。 その後もライプツィヒでゴールを量産し続けたヴェルナーは、昨夏に4750万ポンド(約64億円)の移籍金でチェルシーに鳴り物入りで加入した。しかし、新天地ではその得点力が影を潜め、初挑戦のプレミアリーグでは、ここまで18試合で4ゴールにとどまっている。 多くのメディアや有識者から心配の声が挙がる中、ハッセンヒュッテル監督はヴェルナーがヨーロッパ最高のストライカーの一人であることを強調。かつての姿を取り戻すためには時間が必要だと話した。 「私はティモのことをよく知っている。私が見たのは良い状態にない彼の姿だった」 「これまで見てきた中では、ほとんどの場合、試合環境が彼に合っていないことが原因だと思う。チームは彼がピッチでベストを出せるようなプレーをしていなかったのだろう」 「彼は間違いなく環境に適応させなければならない選手だ。そうすれば、ストライカーとして彼に望むものを全て与えてくれるだろう」 「だがそのためには、彼には本気で向き合わなければいけないクオリティがいくつかある。私がライプツィヒの監督を務めていた頃の彼の良さは、自分のクオリティに完全に集中していたことだ」 「ボールを奪った後の素早いトランジションは完璧なゲーム展開だった。ユリアン(・ナーゲルスマン)の下でも、彼は多くのゴールを決めていた」 「彼がピッチ上で力を発揮できるように、彼をベストポジションに置く必要があるのだ。私にとって彼はヨーロッパで最高のストライカーの一人だ」 2021.01.19 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒとヴォルフスブルクの上位対決は痛み分け《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第16節、ヴォルフスブルクvsライプツィヒが16日に行われ、2-2で引き分けた。 前節ウニオン・ベルリン戦では10人となりながらも2-2で引き分けた6位ヴォルフスブルク(勝ち点25)は、アーノルドが出場停止となった以外はベストメンバーで臨んだ。 一方、勝利すれば首位浮上だった前節ドルトムント戦を後半の3失点で完敗となった2位ライプツィヒ(勝ち点31)は、前線にフォルスベリ、ダニ・オルモ、ハイダラと構える[3-4-3]で臨んだ。 試合は開始4分に動く。ハイダラのスルーパスをボックス左で受けたフォルスベリが丁寧にクロスを送り、ファーサイドに走り込んでいたムキエレが押し込んだ。 先制したライプツィヒが攻勢をかける立ち上がりとなったものの、ヴォルフスブルクが22分に最初のチャンスを生かして同点に持ち込む。左サイドからのゲルハルトのクロスをヴェグホルストがヘディングシュートで流し込んだ。 同点後は一進一退の攻防が続いた中、35分にヴォルフスブルクが逆転に成功する。ボックス手前左からのシュテフェンのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴール右に決まった。 逆転されたライプツィヒは38分、CKからウパメカノのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKカスティールスのファインセーブに阻まれ、前半を1-2で終えた。 それでも迎えた後半、54分にライプツィヒが追いつく。左サイドからのFKが混戦を生んで最後はオルバンが詰めた。 追い付かれたヴォルフスブルクは62分、左CKからブルックスのヘディングシュートが左ポストに直撃。 対するライプツィヒは69分、左CKからダニ・オルモのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のギラヴォギにクリアされる。 終盤にかけてはライプツィヒが攻勢に出たが、2-2のままタイムアップ。痛み分けに終わり、暫定首位に浮上することはできなかった。 2021.01.17 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。 だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。 現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。 伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。 2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebook