ナポリ本拠地のサン・パオロが“ディエゴ・アルマンド・マラドーナ”に改名!

2020.12.05 02:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリ市は4日、ナポリの本拠地であるサン・パオロの名称を“ディエゴ・アルマンド・マラドーナ”に改名したことを発表した。1984年から1991年までナポリでプレーし、2度のスクデット獲得に貢献したマラドーナ氏。そのマラドーナ氏が11月25日に60歳で急逝したことを受け、レジェンドへの敬意を込めて同氏の名前をスタジアム名とすることに至った。

ナポリの会長であるアウレリオ・デ・ラウレンティス氏と、ナポリ市長であるルイジ・デ・マジストリス氏らが中心となって決議が提案され、この度迅速な名称変更が実現した格好だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリがヴィオラに決定力の差を見せつける6発圧勝! インシーニェのドッピエッタ含め5選手がゴール《セリエA》

セリエA第18節、ナポリvsフィオレンティーナが17日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、ホームのナポリが6-0で圧勝した。   バカヨコの移籍後初弾でウディネーゼに辛勝とした6位のナポリは、12位フィオレンティーナ(勝ち点18)とのホームゲームで連勝を狙った。そのウディネーゼ戦からは先発4人を変更。出場停止のディ・ロレンツォ、新型コロナウイルスの陽性判定が出たファビアン・ルイス、GKメレト、ラフマニに代わってマリオ・ルイ、クリバリ、GKオスピナ、デンメが起用された。なお、対戦相手のフィオレンティーナでは古巣初対戦のカジェホンがスタメンを飾った。   試合は開始早々にナポリが動かす。5分、右サイド深くでボールを受けたロサーノからの折り返しをゴール前で収めたペターニャが丁寧にマイナスへ落とすと、待ち構えていたインシーニェが右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。   幸先よく先制に成功したホームチームは以降も積極的に背後を取る右サイドのロサーノを起点に良い形の攻撃を続ける。   だが、15分を過ぎた辺りからリベリを起点としたフィオレンティーナの攻撃が機能し始める。23分にはボックス左でビラギが放ったシュートが相手にディフレクトしてクロスバーを叩くと、27分には前線でのボール奪取からゴール前のリベリがGKオスピナにファインセーブを強いる。さらに、32分にもリベリの絶妙なタメからのスルーパスに反応したビラギがボックス左から左足を振り抜くが、これはわずかに枠の右に外れた。   いつ同点ゴールを奪われてもおかしくない劣勢が続いたナポリだが、これを何とかしのぐと、ハーフタイムにかけて圧巻のゴールショーの幕開けとなる。まずは36分、ジエリンスキが中央を持ち上がって左のスペースに走り込むペターニャに繋ぐと、ペターニャのシュートフェイントからの絶妙な折り返しに反応したデンメがゴール前に飛び込んでスライディングシュートを決め切った。   続く38分には左サイドでDF3枚を見事なドリブルで翻弄したインシーニェからの斜めのスルーパスに抜け出したロサーノが飛び出したGKと交錯しながらも先にボールを触ってゴールネットへ流し込む。さらに、前半終了間際の45分には相手陣内中央でマリオ・ルイからパスを受けたジエリンスキが対面したDFをうまくかわしてボックス手前から見事な右足のミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースへ流し込み、10分間の猛攻で一気に3点を追加した。   迎えた後半、4点のビハインドを追うアウェイチームはリベリを下げてクアメをハーフタイム明けに投入。立ち上がりから押し込む展開を作る中、55分にはゴール左に抜け出したヴラホビッチが飛び出したGKの脇を抜くシュートを放つが、これはDFクリバリの見事なゴールカバーにかき出された。   後半は省エネモードの戦いを見せたナポリだが、後半も先にゴールをこじ開ける。72分、バカヨコがボックス内で倒されて得たPKをインシーニェがきっちり決めてドッピエッタを達成した。   その後、ペターニャやジエリンスキ、インシーニェら主力を続けてベンチに下げて足首のケガが癒えたメルテンス、セリエAデビューの18歳FWチオフィをピッチに送り出す余裕の采配を見せると、試合終了間際の89分には途中出場のポリターノが見事な個人技からトドメの6点目を奪って試合を締めくくった。   そして、ヴィオラの決定力の差を見せつける6-0の圧勝を飾ったナポリが2連勝でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内浮上を果たした。 2021.01.17 22:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ痛恨、ファビアン・ルイスが新型コロナ感染でスーペル・コッパ欠場決定

ナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスが、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。自身のインスタグラムでメッセージを投稿した。 ナポリは16日、ファビアン・ルイスが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を示したことを発表。17日のセリエA第18節のフィオレンティーナ戦と、20日に予定されているユベントスとのスーペル・コッパに出場できないこととなった。 重要な一戦を前に感染が発覚したファビアン・ルイスは、すでに自宅で隔離中とのことだ。 そのファビアン・ルイスは、自身のインスタグラム(fabianruiz52)のストーリーズで、ファン・サポーターへ向けてメッセージを発信。症状はないとし、感染予防に努めてほしいと訴えた。 「残念ながら、僕はCOVID-19の検査で陽性であったことを報告するためにこれを書いています」 「自宅で隔離され、ナポリとセリエAによって設定されたプロトコルに全て従っています。僕が受け取ったサポートする全てのメッセージに心から感謝します。僕と家族は元気です」 「完全に回復したら、チームとともに仕事を再開します。その間、自宅からチームをサポートし続けます」 「僕は自分自身とみんなのために、みんなが注意してくれることを願います。このウイルスのま年を防ぐために必要な感染予防対策に従ってください」 2021.01.17 09:32 Sun
twitterfacebook
thumb

マケドニアの新星エルマスが決めたナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は北マケドニア代表MFエリフ・エルマスがナポリで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エルマスのナポリ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlT3pUUnNwNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国マケドニアのラボトニツキで弱冠15歳の若さでプロデビューしたエルマスは、その後フェネルバフチェに渡るとすぐに頭角を現し、2019年夏にナポリに加入した。 抜群のボールスキルとビジョンで攻守に存在感を発揮するエルマスだが、2020年2月3日に行われたセリエA第22節のサンプドリア戦では、記念すべきナポリでの初ゴールを記録している。 1-0とナポリリードの16分、右からのコーナーキックを得たナポリがボックス内にクロスを上げる。このボールをDFジオバニ・ディ・ロレンツォがニアポストでフリックすると、ファーポストで待っていたエルマスが合わせる。鋭いシュートは、GKの股を抜き、ナポリ初ゴールが決まった。 このゴールで2-0としたナポリは、その後追いつかれつつも、勝ち越しに成功。4-2で勝利している。 2021.01.16 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、エンポリに2度追いつかれながらも辛勝で勝ち上がり《コッパ・イタリア》

ナポリは13日、コッパ・イタリア5回戦でエンポリをホームに迎え、3-2で競り勝った。 3日前に行われたセリエAのウディネーゼ戦を2-1と劇的勝利としたナポリは、5選手を変更。インシーニェやファビアン・ルイス、ジエリンスキらがベンチスタートとなった。 セリエBのエンポリに対して、最前線にペターニャ、2列目に右からポリターノ、エルマス、ロサーノと並べたナポリが立ち上がりから攻め立てると、7分にロサーノがGK強襲のシュートを浴びせた。 そして18分、ナポリが順当に押し切る。左サイドでロサーノが仕掛けてクロスを送り、ディ・ロレンツォがダイビングヘッドで押し込んだ。 しかし33分、ボックス左角からバイラミの放った見事なカットインシュートが決まり同点とされてしまう。 それでも38分、ナポリがすかさず勝ち越す。ロサーノが相手DFからボールを奪ってボックス手前中央から右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴールに突き刺さった。 後半もナポリがペースを握っていた中、61分にポリターノに代えてインシーニェを投入。しかし68分、ボックス手前左からバイラミの放ったミドルシュートが右ポスト内側に当たって吸い込まれ、同点とされてしまう。 再び追いつかれたナポリはファビアン・ルイスとジエリンスキを投入。すると77分、右CKからラフマニのヘディングシュートが枠を捉えると、ルーズボールをペターニャが押し込んだ。これが決勝点となってナポリが勝利。苦しみながらもベスト8に進出している。 2021.01.14 03:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリの超攻撃的SBマリオ・ルイが叩き込んだ劇的決勝ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポルトガル代表DFマリオ・ルイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マリオ・ルイが土壇場で決めた決勝ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnWGdZM1F1cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2017年夏にローマからナポリにレンタル移籍で加入したマリオ・ルイは、能力を認められ、2018年1月に完全移籍。主力として活躍している。 攻撃的なSBとして守備だけでなく攻撃面でもチームに貢献しているマリオ・ルイだが、2019年5月12日に行われたセリエA第36節のSPAL戦では、見事なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた88分、ナポリが最後の攻勢をかける。相手の右サイドに侵入したナポリは、中央にボールを送ると、後方から攻撃参加して来たマリオ・ルイがペナルティーアークの手前でパスを受ける。ボックス内に人数をかけて守るSPALに対し、FWホセ・カジェホンとの華麗なワンツーでマリオ・ルイがボックス内に抜け出すと、ゴール左の角度の厳しい位置から豪快なシュート。ニアポスト上部を抜くシュートを沈め、最後の最後で勝ち越しに成功した。 試合はそのままナポリが2-1でSPALに競り勝っている。 2021.01.13 10:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly