岩手がFW大谷真史の契約満了を発表「この1年でより強く太くなれた」

2020.12.04 17:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
いわてグルージャ盛岡は4日、FW大谷真史(26)の契約満了を発表した。

サンフレッチェ広島ユース出身の大谷は、駒澤大学を経てモンテネグロのFKコムでプレー。その後、関東2部リーグに所属していたCriacao Shinjuku(クリアソン新宿)へ渡り、今シーズンに岩手へ加入したが、ここまで一度も出番は回ってきていない。

今シーズン限りで岩手を退団する大谷は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。

「いわてグルージャ盛岡を応援してくださっているみなさん、この一年温かい拍手とエールを送り続けていただきありがとうございました」

「ここでプレーした約一年間は、自分をより太く強いものに成長させてくれました。チームメイトやスタッフ、いつも応援してくださっている方々、そして家族や友人に、心から感謝しています。この一年間、本当にありがとうございました。残り4試合、自分の持てる全ての力を注いで、チームの勝利のために突っ走りたいと思います」




関連ニュース
thumb

愛媛の選手1名が15日に発熱…17日にPCR検査を実施し陽性判定

愛媛FCは17日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は15日に発熱の症状を訴えていたとのこと。17日にPCR検査を実施し、陽性判定を受けたとのことだ。 なお、当該選手は保健所指導のもと療養しているという。 また、チームは始動していなかったため、クラブ関係者に濃厚接触者はいないとのことだ。 さらに、残りのスタッフと選手に関しては、抗原検査を実施し、全員陰性だという。 2022.01.17 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

YS横浜が元香港代表MFアオ・チョンとの契約更新 「今シーズンもYSファミリーとして共に」

Y.S.C.C.横浜は16日、元香港代表MFアオ・チョン(32)との契約更新を発表した。 17キャップの香港代表歴を持つアオ・チョンは母国やポルトガル、中国でのプレーを経て、昨年4月にYS横浜入り。その昨季は出番なしに終わったが、今季もYS横浜でプレーすることが決まった。契約更新を受け、クラブを通じて、意気込みを語っている。 「2022年もY.S.C.C.と契約更新をいたしました。2021シーズンは途中加入でしたが温かく迎えていただきありがとうございました。今シーズンもYSファミリーとして共に闘い、日本のサッカー、言葉を学び、全身全霊でプレーをしてチームに貢献できるよう頑張りますので応援よろしくお願い致します。天道酬勤!」 2022.01.16 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団の岩崎知瑳、九州リーグのジェイリースFCに加入

鹿児島ユナイテッドFCは16日、GK岩崎知瑳(27)が九州サッカーリーグのジェイリースFCに加わると発表した。 岩崎は東福岡高校、福岡大学を経て、2017年に鹿児島入り。2019年から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に期限付き移籍して、2020年から鹿児島に復帰した。 だが、鹿児島では出番に恵まれず、昨季も出場なし。昨年12月に契約満了による退団が決定していた。 2022.01.16 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台MF中原彰吾が相模原に移籍 「また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います」

SC相模原は16日、ベガルタ仙台からMF中原彰吾(27)の完全移籍加入を発表した。背番号は「30」を着用する。 中原は北海道コンサドーレ札幌のアカデミー出身で、2013年にトップチームデビュー。以後、タイのコンケーンやガンバ大阪、V・ファーレン長崎へのレンタルを経験して、2019年に札幌復帰を果たした。 だが、札幌では出番が限られ、同年7月に完全移籍で仙台へ。昨季は明治安田生命J1リーグ19試合1得点という数字を収めたが、今季からJ3リーグの相模原に活躍の場を移すことが決まった。 長崎時代の恩師である高木琢也監督と再会を果たす中原は両クラブを通じて、それぞれのファンにコメントしている。 ◆SC相模原 「仙台から来ました中原彰吾です。また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います。絶対に1年で上がりましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆ベガルタ仙台 「このたび、SC相模原に移籍することとなりました。新しいチームで心機一転して、がんばりたいと思います。2年半たくさんの応援をありがとうございました」 2022.01.16 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

沼津が佐藤尚輝との契約を更新 「結果を出すことが使命」

アスルクラロ沼津は16日、MF佐藤尚輝(25)との契約更新を発表した。 佐藤は湘南ベルマーレの下部組織出身で、2019年に産業能率大学から沼津に入団。昨季は明治安田生命J3リーグ20試合に出場して1得点だった。契約更新を受け、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンもアスルクラロ沼津でプレーさせていただきます。日頃からアスルクラロ沼津を支え、応援してくださるすべての皆様に感謝申し上げます 「2021シーズンは本当に苦しい一年間でしたが、皆様の支えのおかげで最後まで戦うことができました」 「紛れもなく、このチームは皆様のチームです。選手、スタッフ、フロントが戦うことは当たり前ですが、応援してくださるすべての皆様の力あってこそのチームだと思います」 「決して大きい規模ではないこのチームを、沼津の誇りにしていくためには皆様の力が必要です。ライセンスの問題など様々なことがありますが、僕達は戦い続け、結果を出すことが使命です」 「最後まで一緒に戦い、力を貸してください。サッカーをできる喜びを噛み締めながら2022シーズンも戦いたいと思います。今後も熱いご支援、ご声援をよろしくお願いいたします」 2022.01.16 12:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly