長女ダルマさん号泣…マラドーナ氏の古巣、ボカの選手たちが得点後にレジェンドへ向け追悼ジェスチャー

2020.12.01 18:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
偉大なレジェンドの後輩たちが、追悼ジェスチャーを送った。ボカ・ジュニアーズは29日、アルゼンチンリーグカップでニューウェルズ・オールドボーイズと対戦。先月25日に急逝した元アルゼンチン代表FWディエゴマラドーナ氏の古巣同士の対戦となったこの試合は、試合前に追悼セレモニーが行われた。


◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集

大会名も、コパ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナと改名されるなど、亡きレジェンドへのリスペクトに溢れた試合で、ボカの選手全員がマラドーナの名前をユニフォームの背に付けて出場した。

迎えた11分、コロンビア代表MFエドウィン・カルドナの直接FKでボカが先制すると、“マラドーナ・ボックス(ハーフウェイラインの隣に設けられている、ボカの大ファンだったマラドーナ氏専用のボックス席)”の方へボカ・ジュニアーズの選手たちが集まり、追悼と敬意を表して、拍手を送った。

マラドーナ氏と幼い頃から一緒にボカ・ジュニアーズの試合の応援に来ていた、同氏の長女であるダルマさんは、この日もマラドーナ・ボックスから観戦に訪れていたが、このジェスチャーを見て号泣する場面がカメラに映されていた。

試合は、2-0でボカ・ジュニアーズが勝利。試合後にも、勝利したボカ・ジュニアーズの選手たちが、ダルマさんのいるマラドーナ・ボックスに向けて拍手を送るなど、90分を通してレジェンドへの敬意あふれる試合となった。

◆ボカの選手たちの追悼ジェスチャーに長女ダルマさん号泣…

関連ニュース
thumb

テベスがももクロの楽曲でダンス!背景に『TikTok』での流行

ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、日本の4人組ガールズユニット・ももいろクローバーZの楽曲に合わせて踊る動画が話題になっている。 テベスは、妻と3人の娘とともに日頃から自身の『TikTok』などで簡単なダンスを披露しており、21日にも5人でのダンス動画を公開した。 しかし、その選曲がまさかの、ももいろクローバーZの『ニッポン笑顔百景』だった。 曲とともに家族1人1人が順番に踊っていくと、最後は大トリのテベスもお尻を左右に振ってダンス。ピッチでの闘志あふれる姿を目にするサッカーファンからは驚きの声が挙がった。 テベスが踊った『ニッポン笑顔百景』は2012年7月より放送されていたテレビアニメ『じょしらく』のエンディングテーマとして制作され、同年9月にリリースされたものだ。 『TikTok』によると、リズミカルでポップな曲調と、古典落語『寿限無』の一節が引用されたクセになる歌詞に合わせて、『じょしらく』エンディング映像内のキャラクターが踊るダンスを模した動画が海外ユーザーを中心に人気が急上昇しているという。 そのため、テベス一家もこの曲を知ったようだ。『じょしらく』のエンディングでは、キャラクターたちはお尻を左右に振っているだけだが、テベスは両手を上げてリズムを取っている。これはカルリートス(テベスの愛称)流のアレンジということだろうか。 なお『TikTok』は22日から、4人体制になって再レコーディングされた『ニッポン笑顔百景 -ZZ ver.-』を公式音源として配信し、「#JugemJugem」、「#nipponegaohyakkei」チャレンジを開催。より多くのユーザーが知ることとなり、新たにチャレンジする選手も出てくるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】テベスがももクロの楽曲でダンス!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nunca bailamos por nadie <a href="https://t.co/Jdx8KdMEBW">pic.twitter.com/Jdx8KdMEBW</a></p>&mdash; Carlitos Tevez (@__CarlitosTevez) <a href="https://twitter.com/__CarlitosTevez/status/1384669324552675329?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.22 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのボカDFロホ、去就揺らぐカバーニとは「よく話をする」

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに対して、ラブコールが送られている。 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)に別れを告げ、今季から赤い悪魔の仲間入りを果たしたカバーニ。ここまで公式戦28試合の出場で7得点のゴール数だけでなく、ポストワークや前線からのチェイシングといった献身的な働きで発展途上のチームを引っ張っている。 しかし、カバーニの契約は1年間の延長オプションを除くと、今季限り。オーレ・グンナー・スールシャール監督は契約延長に向けた会談を明らかにしたが、子供の頃からの夢だというボカ・ジュニアーズ行きの見方が強く、今季終了後の将来が不透明な状況が続いている。 そうしたなか、今年1月までユナイテッドに籍を置き、ボカ・ジュニアーズに活躍の場を移した元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホが『ESPN』で、カバーニとの定期的なやり取りを明らかにした。 「カバーニとはよく話をする。マンチェスターで一緒にいたのは4、5カ月ほどだったが、素晴らしい人間だし、良い関係を築いているよ。彼は僕がここに来てからも、ここで楽しめているのかやどう過ごしているのかを聞いてくるんだ」 「彼はウルグアイの歴史的な選手で、素晴らしいチームを渡り歩いてきた男。そんな選手がボカでプレーしたいと言ってくれるのは素晴らしいことさ。彼はこのクラブやアルゼンチンのフットボールについてよく話もしていると思う」 「僕にボカ行きの可能性があると伝えたとき、彼も(ファン・)ロマン(・リケルメ副会長)と話をしたことがあり、その選択肢に好意的で、将来的に興味があると言ってもいた。でも、彼は家族と一緒になり、その決断を下さないといけない」 そう語ったロホはカバーニが大の釣り好きであることも明らかに。ボカ・ジュニアーズにやって来るのなら、釣りに誘うと述べた。 「彼にもし来るんだったら、『釣りに連れて行くよ』と言ってある。彼は釣りが好きで、イングランドにいるときは日々、悩まされたよ。彼が『竿を持ってこい、竿だ!』ってね。彼は自宅の近くに湖があるが、僕は『アルゼンチンに来るのなら、釣りに招待できる』と言っているんだ」 2021.04.09 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズの来季ユニはマラドーナ氏在籍時の1980年代初頭から着想!エンブレム代わりに4つ星が復活か

ユニフォーム専門サイトの『footyheadlines』がリークされた来季のボカ・ジュニアーズのホームユニフォームのデザインを伝えている。 2020年からアディダスがデザインを手掛けているボカのホームユニフォームは、長年青の下地に黄色いチェストラインが入るデザインを踏襲しているが、来季もその部分については変わらない。 しかし、左胸に入るクラブのエンブレムが消え、その代わりに4つの黄色い星が描かれるようだ。これは2020年11月に惜しくも他界した元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏がボカに在籍していた1981年の頃のユニフォームにも採用されており、その時は4つの星の中に「C・A・B・J」とクラブを表す「Club Atletico Boca Juniors」の頭文字が青色で刻まれていた。 『footyheadlines』によると、来季のユニフォームに4つの星がデザインされる可能性は高いものの、中に文字が入るかは不明とのことだ。 また、ボカは1日、先んじて来季の3rdユニフォームのデザインを発表。上下に幾何学模様が黄色、青。水色で描かれており、シンプルなホームユニフォームと比べてカジュアルな印象だ。 この模様は、本拠地を構えるラ・ボカ地区をイメージするもので、クラブと地元とのつながりを反映しているという。 ※写真は今季のホームユニフォーム <span class="paragraph-title">【画像】リークされたボカ・ジュニアーズの来季ホームユニとテベスが着用する3rdユニ</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">According to <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines?ref_src=twsrc%5Etfw">@Footy_Headlines</a>, this will be Boca Juniors’ 21/22 home shirt:<br><br>The kit is inspired by the club&#39;s 1981 kit, worn by Diego Maradona. <a href="https://t.co/jvfiU3BG2S">pic.twitter.com/jvfiU3BG2S</a></p>&mdash; Fútbol Romantics (@FutbolRomantics) <a href="https://twitter.com/FutbolRomantics/status/1377711594902331395?ref_src=twsrc%5Etfw">April 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Carlos Tevez shows us the new Boca Juniors jersey <br><br> or <a href="https://t.co/yP8NvIP6Og">pic.twitter.com/yP8NvIP6Og</a></p>&mdash; International Champions Cup (@IntChampionsCup) <a href="https://twitter.com/IntChampionsCup/status/1377766203624656902?ref_src=twsrc%5Etfw">April 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.04 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「良い対話ができている」 スールシャールがカバーニとの交渉を認める

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督ががウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)と交渉中だと認めた。イギリス『メトロ』が報じている。 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)に別れを告げ、今季から赤い悪魔の仲間入りを果たしたカバーニ。ここまで公式戦25試合の出場で7得点と数字だけを見ると十分でないが、ポストワークや前線からのチェイシングといった献身的な働きで復権を期すチームを引っ張っている。 しかし、カバーニの契約は1年間の延長オプションを除くと、今季限り。スールシャール監督は先月下旬、契約延長に向けての会談予定を明らかにしたが、子供の頃からの夢だったというボカ・ジュニアーズに活躍の場を移す見方が強く、ユナイテッドでの将来が不透明な状況だ。 そんなカバーニを巡り、先日に父親のルイス・カバーニ氏からも「南米に戻る可能性は60%」とのコメントが発され、さらに去就の行く末が注目されるなか、スールシャール監督が前向きな交渉状況を明かした上で、結末がどうなろうと、実績のあるストライカーが必要だと主張した。 「エディとは話をしているところだ。エディンソンはトップストライカーであり、彼が下した決断が何であろうと、様子を見守る。彼とは良い対話ができている。我々は競争力のあるチームを求めており、我々のためにゴールを決めてくれる誰かが必要なのだ」 2021.03.21 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ボカ移籍が浮上のカバーニ、父親は「可能性は60%」と予想も本人は忠誠を誓う

ボカ・ジュニアーズへの移籍が取り沙汰されているマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)だが、イングランドでは幸せではないようだ。 昨シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したカバーニは、ユナイテッドに加入。ここまで公式戦24試合の出場で7ゴールを記録するだけでなく、ポストワークや前線からのチェイシングといった献身的な働きを見せている。 1年間の契約延長オプションがあるものの、行使されなければ今シーズン限りでの退団となるが、ボカ・ジュニアーズ移籍を望んでいるとされていた。 そんな中、カバーニの父親であるルイス・カバーニ氏がアルゼンチン『Tycスポーツ』でボカ・ジュニアーズ移籍についてコメント。母国に近いアルゼンチンへ行く可能性がやや高いだろうと語った。 「エディンソンが南米に戻る可能性は60%だろう。とても心配だ。我々はいつも彼を訪ねていたが、周りの人が彼を快く受け入れてくれる美しい場所にいた」 「彼は自分自身を愛し、多くの友人を作ってきたが、今は彼はどこにいても快適ではない」 「家族の近くにいたいと2年以上前から考えていて、それが理由で南米のクラブでプレーすることになるのではないかと考えている」 また、カバーニはボカ・ジュニアーズのフアン・ロマン・リケルメ副社長とも会話をしたとのこと。そのため、ボカ・ジュニアーズ行きを望んでいると考えているようだ。 「エディンソンと話をした。そして、彼はリケルメと多くの会話をしていたので、いつだってボカに向いている。我々が彼と近くなれるように、彼は自分の国の近いところでプレーしたいと考えていると理解している」 父親は息子が母国の近いところへと帰ることを望んでいると考えているようだが、当の本人はインスタグラムに「このシャツを着ていることを誇りに思います」と投稿。ユナイテッドへの愛を伝えている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CMNyEfRB-g2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CMNyEfRB-g2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CMNyEfRB-g2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Edinson Cavani(@cavaniofficial21)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.03.10 10:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly