【CLグループ第5節プレビュー①】ボルシアMGとマドリーが死の組を抜け出すか!?

2020.12.01 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が1日と2日に開催される。ここではA~Dの第5節のマッチプレビューを紹介していく。

◆グループA: 足踏みのアトレティコが首位通過決めたバイエルンと対戦
Getty Images

■順位表
◎1. バイエルン(勝ち点12)
2.アトレティコ・マドリー(勝ち点5)
3.ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)
4.ザルツブルク(勝ち点1)
◎決勝トーナメント進出決定


《26:55》
ロコモティフ・モスクワvsザルツブルク
《29:00》
アトレティコ・マドリーvsバイエルン

前節はバイエルンが順当にザルツブルクを下して4連勝とし、2試合を残して首位でのグループステージ突破を決めた。一方でバイエルンと共に突破候補の本命であるアトレティコはロコモティフ・モスクワに2戦連続ドローに終わり、足踏みが続いている。第5節ではアトレティコが首位通過を決めたバイエルンをホームに迎える。

ロコモティフとの連戦では決め手を欠いて勝ち切れなかったアトレティコ。直近のバレンシア戦では3バックを採用して圧倒し、終盤のオウンゴールで勝ち切って見せた。ラ・リーガで好調を維持する中、モチベーションのない王者バイエルンにリベンジを果たし、決勝トーナメント進出を決められるか。

前節バイエルン戦ではFW奥川が負傷欠場となったザルツブルクは、ロコモティフに勝利することで最終節に決勝トーナメント進出の望みをつなぎたいところだが、奥川に出場のチャンスは訪れるか。

◆グループB:ボルシアMGとマドリーが死の組を抜け出すか
Getty Images

■順位表
1. ボルシアMG (勝ち点8)
2. レアル・マドリー(勝ち点7)
3. シャフタール(勝ち点4)
4. インテル(勝ち点2)

《26:55》
シャフタールvsレアル・マドリー
《29:00》
ボルシアMGvsインテル

前節はレアル・マドリーが後のないインテルを下して2位に浮上した。そしてボルシアMGはシャフタールを2戦連続で粉砕して首位をキープしている。迎える第5節はレアル・マドリーが初戦で敗れたシャフタールとアウェイで対戦する。

負傷者を多数抱えながらもインテルに連勝として決勝トーナメント進出が見えてきたレアル・マドリー。ラ・リーガではCLの負担の影響もあって取りこぼしが目立ち、直近のアラベス戦も落としてしまった。その試合でFWアザールがまたも負傷してしまったが、勝利すれば突破となる中、最終節のボルシアMG戦を前にグループステージ突破を決めることはできるか。

シャフタールに連勝として首位を守ったボルシアMG。難敵揃いのグループ突破が見えてきた中、レアル・マドリーに連敗して突破が絶望的なインテルを蹴落とし、最終節を前に突破を決めてしまうことができるか。

◆グループC: 中島ポルト突破なるか、首位通過狙うシティと対戦
Getty Images

■順位表
◎1. マンチェスター・シティ(勝ち点12)
2. ポルト(勝ち点9)
3. オリンピアコス(勝ち点3)
4. マルセイユ(勝ち点0)
◎決勝トーナメント進出決定

《29:00》
マルセイユvsオリンピアコス
ポルトvsマンチェスター・シティ

前節は本命のシティが4連勝とし2試合を残してグループステージ突破を決めた。そして日本人3選手が共演したマルセイユvsポルトはポルトに軍配が上がり、4連敗のマルセイユの敗退が決まっている。迎える第5節、決勝トーナメント進出に王手を懸けているMF中島のポルトが突破を決めたシティと対戦する。

敵地でのマルセイユ戦を10人同士の戦いとなった中、試合巧者ぶりを発揮して2-0と勝利したポルト。引き分け以上で自力突破が決まる状況だが、最終節オリンピアコス戦を前に突破を決められるか。途中出場が続く中島としてはチームの決勝トーナメント進出に貢献する働きを期待したい。

対するシティは前節、攻める姿勢を見せてこなかったオリンピアコスを相手に1-0と勝利。貫禄の4連勝でグループステージ突破を決めた。そして、直近のバーンリー戦では5ゴールを挙げ、公式戦4試合ぶりの複数得点で快勝とした。ケガ人が続々と戻って波に乗れそうな中、引き分けでも首位通過の決まるポルト戦をうまく消化することができるか。

DF酒井がフル出場し、DF長友が途中出場した前節ポルト戦。しかし、マルセイユは敗戦に終わり、4連敗でグループステージ敗退が決まった。チーム自体もCLワーストの13連敗を喫してしまったが、オリンピアコス戦で不名誉記録を止めることはできるか。

◆グループD: 三つ巴の様相、リバプールは一足早く抜け出せるか
Getty Images

■順位表
1. リバプール (勝ち点9)
2. アヤックス(勝ち点7)
3. アタランタ(勝ち点7)
4. ミッティラン(勝ち点0)

《29:00》
アタランタvsミッティラン
リバプールvsアヤックス

前節はリバプールがアタランタにアンフィールドで敗れるアップセットがあり、決勝トーナメント進出は今節以降にお預けとなった。三つ巴の様相になりつつある中、リバプールは引き続き勝利すれば最終節のミッティラン戦を前にグループステージ突破を決められる状況だ。

ケガ人続出のリバプールは、前節アタランタ戦では枠内シュートを1本も打てずに完敗する屈辱の内容となった。続くプレミアリーグのブライトン戦ではVARの判定に泣き、1-1の引き分けと公式戦2試合勝利がない状況だ。ブライトン戦で先発のチャンスを得たMF南野だったが、攻守ともにインパクトを残せなかった。アヤックス戦で出番をもらえるかは微妙だが、チャンスがあれば結果を残したい。

対するアヤックスは格下ミッティラン相手にしっかりと2連勝し、2位を死守。公式戦6連勝中と好調を維持する中、手負いのリバプール撃破となるか。

アヤックスを追走するアタランタは必勝のミッティラン戦に臨む。リバプール撃破で2季連続での決勝トーナメント進出に望みを繫いだ中、直近のヴェローナ戦では決定力を欠いて敗れてしまったが、切り替えて勝利をもぎ取れるか。最終節アヤックス戦を前に2位浮上としておきたい。


関連ニュース
thumb

アタランタ戦控えるジダン、勝利への強い意欲を見せる「いつも勝ちたいと思っている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、アタランタ戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは24日、アウェイで行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでアタランタと対戦。直近のラ・リーガでは今季2度目の4連勝を収め、一時の不況から脱却し、首位のアトレティコ・マドリーに手が届くところまできている。 ジダン監督はこの勢いをアタランタ戦にぶつけたいとし、決勝進出へ高い意欲を見せた。 「自分たちが次に戦う試合がどんなものなのか、自分たちがどこに来ているのかはわかっている。今は調子がいいし、この調子を維持してまた良いパフォーマンスをしたいと思っている」 「CLは他とは異なる類の試合となるが、我々の中で変わることは何もない。厳しい試合になることはわかっているが、我々は集中して取り組んでいる」 「我々はベストを尽くすし、決勝にたどり着くことを熱望している。レアル・マドリーがピッチに立っているときは、いつも勝ちたいと思っている」 「トニ(・クロース)の言うように、どの試合もカップ戦の決勝のように重要だし、ノックアウトステージならなおさらだ。アタランタとの試合は2ndレグもあるが、今はこの1試合に集中している」 また、対戦相手となるアタランタについても言及。その高い攻撃力を評価しつつも、両チームを比較する必要はないと語った。 「非常に攻撃的なチームだ。 彼らの良さ、そして非常に良い選手がいることも知っている。彼らはとてもチームにフィットしている」 「私はチームを比較するのが好きではない。アタランタはアタランタであり、それぞれの強みを持っている。私が言いたいのはレアル・マドリーもアタランタも、両チームとも良いサッカーをするということだ」 2021.02.24 18:06 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】プロビンチャの星がケガ人続出の白い巨人に挑戦《アタランタvsレアル・マドリー》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、アタランタvsレアル・マドリーが24日29:00にキックオフされる。2季連続ラウンド16進出を果たしたイタリアのプロビンチャ(小規模クラブ)であるアタランタと、白い巨人レアル・マドリーの初対戦だ。 リバプールが首位通過したグループをアヤックスと競り合った中、2位で通過したアタランタ。昨季CL初出場でベスト16入りしたアタランタとしては2季連続でのノックアウトラウンド進出となった。チームの中心だったMFパプ・ゴメスが監督との確執によりクラブを離れたのは痛手だが、それでもセリエAでは現在5位に付け、コッパ・イタリアでは決勝に進出と、名将ガスペリーニ監督の下、予算規模の小さなアタランタが今季も好結果を収めている。直近ではナポリとの上位争いを制し、良好なチーム状態で大一番を迎えた。 一方、レアル・マドリーはボルシアMG、シャフタール、インテルが同居した死の組を、最終節まで敗退の可能性があった中、辛くも首位通過を果たした。そのレアル・マドリーは現在リーグ戦4連勝中で首位アトレティコ・マドリーに3ポイント差と、ついに射程圏内に捉えている。ただ、尻上がりに調子を上げているもののケガ人が多数出ており、出ずっぱりの選手たちは疲労が溜まっていることが予想される。アタランタ戦後はレアル・ソシエダ戦を経てアトレティコとの頂上対決を控えており、日程面でも楽ではない状況だ。そんな中で運動量豊富なアタランタのマンツーマンディフェンスをかいくぐることができるかがポイントとなる。 <div style="text-align:center;">◆アタランタ◆ 【3-4-1-2】</div> ▽アタランタ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_21_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ゴッリーニ DF:トロイ、ロメロ、ディムスティ MF:メーレ、デ・ルーン、ペッシーナ、フロイラー、ゴセンズ FW:サパタ、ムリエル 負傷者:MFハテブール 出場停止者:なし 不動の右サイド、ハテブールを負傷で欠く以外に欠場者はいない。1トップ2シャドーを採用する場合はイリチッチ辺りがスタメンになる可能性がある。 <div style="text-align:center;">◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】</div> ▽レアル・マドリー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_22_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:L・バスケス、ヴァラン、ナチョ、F・メンディ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:アセンシオ、マリアーノ、ヴィニシウス 負傷者: DFセルヒオ・ラモス、カルバハル、マルセロ、ミリトン、オドリオソラ、MFアザール、バルベルデ、FWベンゼマ、ロドリゴ 出場停止者: なし 一方、レアル・マドリーは実に主力9選手を欠く。ジダン監督は選択肢が限られる中、ぎりぎりのメンバーで戦っている状況だ。1-0で辛勝した直近のバジャドリー戦のスタメンをそのまま起用するものと思われる。 ★注目選手 ◆アタランタ:MFマッテオ・ペッシーナ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> パプ・ゴメスに代わってトップ下のレギュラーに定着したペッシーナに注目したい。ミラン在籍歴のあるレフティーのセントラルMFは、パプのような派手さはないものの、ガスペリーニ監督が求める前線からのプレスを規律を持って行える勤勉なプレーヤーだ。コッパ・イタリア準決勝2ndレグのナポリ戦ではドッピエッタを決めてチームを決勝に導くなど、徐々にチーム内での存在感を増しているペッシーナがこの大一番でも力を出し切れるかに注目だ。 ◆レアル・マドリー:MFルカ・モドリッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するレアル・マドリーの注目選手にはモドリッチを挙げたい。ケガ人が続出しているチーム状況の中、モドリッチは今季ここまで公式戦欠場がわずかに2試合と、良好なコンディションを保ちつつ、相棒のMFクロースと共に満身創痍のチームを牽引している。アタランタがマンツーマンで来ることが想定される中、モドリッチに期待されるのはそのプレスを持ち前のテクニックで剥がす役割を担うことだ。アタランタのプレスを空転させることができればレアル・マドリーの勝機が増すはずだ。 2021.02.24 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

左ヒザ手術のセルヒオ・ラモス、復帰は予想よりも大幅に早い?

先日にヒザの手術を実施したレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだが、復帰が予定よりも大幅に早くなる可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 先月14日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝のアスレティック・ビルバオ戦を最後に戦線から離れているセルヒオ・ラモス。その回復が芳しくなく、今月6日に左ヒザ内側半月板の手術を受けたことが報告されていた。 当初、スペイン『マルカ』などは復帰まで6週間から8週間かかると推測していたが、手術から2週間を経過した現状から、想定よりも大幅に早い復帰が見込まれているようだ。 『アス』によると、現段階でセルヒオ・ラモスは3月13日のラ・リーガ第27節エルチェ戦か、同16日に予定されているチャンピオンズリーグ・ラウンド16のアタランタ戦のセカンドレグに向けてリハビリに励んでいるという。 元々、今夏のユーロ出場を目指すセルヒオ・ラモスは3月7日に行われるアトレティコ・マドリーとのマドリード・ダービーを復帰の目途にしていたようだ。 2021.02.23 19:13 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがアタランタ戦に向けた招集メンバー19名を発表! 足首負傷のベンゼマは招集外に

レアル・マドリーは22日、水曜日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアタランタ戦に向けた招集メンバー19人を発表した。 アウェイでの一戦に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、守護神クルトワやDFラファエル・バラン、MFトニ・クロース、MFカゼミロ、FWマルコ・アセンシオら主力を順当に選出した。 その一方でFWカリム・ベンゼマやMFエデン・アザール、DFセルヒオ・ラモス、DFマルセロら主力9名がケガのため招集外。これを受け、カスティージャからFWウーゴ・ドゥロやMFアントニオ・ブランコ、MFセルヒオ・アリーバス、DFミゲル・グティエレスら6選手がメンバー入りしている。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆レアル・マドリー招集メンバー GK ティボー・クルトワ アンドリー・ルニン ディエゴ・アルトゥーベ DF ラファエル・ヴァラン ナチョ・フェルナンデス フェルラン・メンディ チュスト・ガルシア ミゲル・グティエレス MF トニ・クロース ルカ・モドリッチ カゼミロ イスコ セルヒオ・アリーバス アントニオ・ブランコ FW マルコ・アセンシオ ルーカス・バスケス ヴィニシウス・ジュニオール マリアーノ・ディアス ウーゴ・ドゥロ</span> 2021.02.23 02:15 Tue
twitterfacebook
thumb

もはや芸術…!C・ロナウドが見せたアクロバティックなジャンピングバックヒール【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 クリスティアーノ・ロナウド(当時26歳) 国籍:ポルトガル 所属:レアル・マドリー ポジション:FW 身長:187cm 2003年に加入したマンチェスター・ユナイテッドで世界屈指のアタッカーとしてその名を全世界に知らしめたC・ロナウドは、2009年に夏にレアル・マドリーへ移籍。スター軍団が集まる同クラブの象徴的存在として活躍を続け、2018年に退団するまでの9年間で公式戦438試合450ゴールという圧巻の数字を残している。 【試合詳細】 日程:2011年10月22日 大会:ラ・リーガ第9節 対戦相手:マラガ 時間:前半38分(3-0) <div id="cws_ad">◆ロナウドの芸術的ゴラッソ!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwTUN0U1o1VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 前半からアウェイのマドリーが試合を支配する展開となったこの試合では、先制したマドリーが、C・ロナウドの2得点を含む3点のリードを奪う。 すると38分、ハットトリックがかかった大事な場面で、C・ロナウドが魅せる。コーナーキックのチャンスを得たマドリーは、キッカーのFWアンヘル・ディ・マリアがインスイングのボールを入れる。これをファーサイドのDFセルヒオ・ラモスが頭で折り返すと、中央でフリーになっていたC・ロナウドが、ジャンピングバックヒールシュート。アクロバティックな体勢から放たれたボールはゴールの左隅に吸い込まれ、スーパーゴールで自らのハットトリックを飾ってみせた。 このスーパーゴールなどで、前半だけで4-0としたマドリーは、後半も危なげなく試合を進め、そのまま勝利している。 2021.02.22 18:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly