【プレミア注目プレビュー】3連勝のチェルシーと4連勝のスパーズによる白熱の首位攻防戦!

2020.11.29 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第10節、チェルシーとトッテナムによるロンドン・ダービーが日本時間29日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。ランパード、モウリーニョの師弟対決にも注目が集まる首位攻防戦だ。

前節終了時点で3位のチェルシー(勝ち点18)は、バーンリー、シェフィールド・ユナイテッド、ニューカッスルと格下相手の3連戦を危なげなく勝ち切って今季初のリーグ3連勝中だ。また、チャンピオンズリーグ(CL)では接戦となったスタッド・レンヌ戦をFWジルーの劇的な後半アディショナルタイムのゴールで勝ち切り、2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

目下、公式戦10試合負けなしと攻守に安定感を増すチームは、前日の試合で2位のリバプール(勝ち点21)が引き分けたことで、今節勝利できれば、今季初めて首位に立つことが可能となった。

一方、モウリーニョ体制で丸1年が経ったトッテナムは前節、マンチェスター・シティを相手に枠内シュート2本で2点を奪う、したたかな戦いぶりで2-0の勝利。現体制で初となるリーグ4連勝で首位に浮上した。直近のヨーロッパリーグ(EL)では格下ルドゴレツを相手にMFエンドンベレを除く先発10人を入れ替えた中、FWカルロス・ヴィニシウスの加入後初ゴールを含む2ゴール1アシストの活躍で4-0の快勝を飾っている。

就任2年目に圧倒的な強さを誇るポルトガル人指揮官の下、絶好調のチームはシティに続き、チェルシー、アーセナルとの連戦をモノにできれば、2007-08シーズンのEFLカップ以来、遠ざかる悲願のトロフィー獲得も夢物語ではなくなるはずだ。

なお、ランパード監督とモウリーニョ監督の師弟対決は昨シーズンのリーグ戦でシーズンダブルを達成するなど、ランパード監督が3勝1敗の好成績を残している。ただ、今年9月に行われたEFLカップでの直近の対戦では超過密日程の中、大幅にメンバーを落としたトッテナムがPK戦の末に勝利し、モウリーニョ監督が愛弟子に対して初勝利を飾っている。チェルシーはその敗戦以降、無敗を継続しており、ランパード監督がリベンジを果たすか、はたまたモウリーニョ監督が再び土を付けるか。

◆チェルシー◆
【4-3-3】
▽チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:メンディ
DF:リース・ジェームズ、ズマ、チアゴ・シウバ、チルウェル
MF:コバチッチ、カンテ、マウント
FW:ツィエク、エイブラハム、ヴェルナー

負傷者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはマッチフィットネスに問題を抱えるプリシッチを除く全選手がスタートから起用可能な状況だ。

スタメンに関してはコロナウイルスから回復したハヴァーツやジョルジーニョらに先発復帰の可能性があるものの、好調なチームをけん引する前述のメンバーが起用される見込みだ。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ロリス
DF:オーリエ、ダビンソン・サンチェス、ダイアー、レギロン
MF:ムサ・シソコ、ホイビュルク
MF:ベルフワイン、エンドンベレ、ソン・フンミン
FW:ケイン

負傷者:DFアルデルヴァイレルト、MFラメラ、ロ・チェルソ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては直近数試合の欠場が続くラメラに加え、前節のシティ戦で内転筋を痛めたアルデルヴァイレルトの欠場が確定。その一方、打撲を負っているロ・チェルソに関しては起用可能な模様だ。

スタメンに関してはシティ戦のメンバーがベースとなり、アルデルヴァイレルトの代役と右ウイングの人選に注目が集まる。ダイアーの相棒に関しては加入後初先発となるロドン、直近のルドゴレツ戦でプレーしたダビンソン・サンチェスの2択となるが、ヴェルナーのスピードに対応可能な後者の起用を予想。また、シティ戦ではソン・フンミンを右で起用していたが、今回の試合では本来の左に戻してベルフワイン、ベイル、ルーカス・モウラのいずれかが右ウイングを務めることになりそうだ。

★注目選手
◆チェルシー:MFハキム・ツィエク
Getty Images

チェルシーの注目プレーヤーは個人としてリベンジを期すツィエクだ。昨季までアヤックスの主力として活躍したモロッコの魔術師にとって今回の対戦相手のトッテナムはまさに因縁の相手だ。2018-19シーズンのCL準決勝で対峙した両者は2戦合計3-3と非常に拮抗した勝負を演じたが、2ndレグのラストプレーでFWルーカス・モウラが決めた劇的過ぎるゴールによって、アウェイゴール数で上回ったトッテナムが勝ち抜けを決めた。

ツィエクはそのトッテナムとの2試合で1ゴール1アシストの活躍を見せたが、2ndレグでは幾つかのビッグチャンスを逃がしており、それが最終的に敗退の一因となった。そういった事情もあり、先日のインタビューでは「(CL決勝の舞台は)子供の頃からの夢だった。すべてを(トッテナムに)盗まれてしまった」と、当時を回想。今回のダービーに並々ならぬ気持ちで臨むはずだ。

チェルシー加入後はケガの影響で出遅れたものの、第5節サウサンプトン戦でデビューを飾ると、以降は公式戦9試合に出場するなど右ウイングの主力に定着。視野の広さと魔法の左足を生かしたチャンスメークは1ゴール3アシストの数字以上に破壊力を誇る。流れの中では“右で作って左で仕留める”ヴェルナー、チルウェルの逆サイドとのホットライン、セットプレーの場面ではズマやチアゴ・シウバへピンポイントクロスを届け、因縁の相手を撃破したい。

◆トッテナム:FWソン・フンミン
Getty Images

トッテナムの注目プレーヤーは絶好調の韓国代表FWだ。今シーズンここまで公式戦14試合9ゴール4アシストと、エースFWケインと共に絶好調のチームをけん引するソン・フンミン。モウリーニョ監督の下でケインを司令塔としてプレーさせる中、卓越したスプリント能力と質の高いラインブレイク、フィニッシュを武器にフィニッシャーとして覚醒中だ。

今季ここまではマンチェスター勢相手にいずれもゴールを挙げるなど、ビッグマッチでの勝負強さが光る28歳だが、チェルシーとのリーグ戦9試合では通算2ゴールと相性は今一つだ。とりわけ、自身の直近の対戦となった昨年12月の一戦ではDFリュディガーに対する腹部へのスパイクで退場処分を科されている。そのため、ツィエク同様に因縁深い対戦相手と言えるはずだ。

今回の一戦では冷静さを保ちつつ、2018年の対戦でジョルジーニョ、ダビド・ルイスをぶち抜き“スーパー・ソニック”と語り草となった伝説のゴール以来のダービーでのゴールを決めたい。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 天才デレ・アリ、空中での反転トラップからそのままボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月23日にご紹介するのは、今から5年前にトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 浮き球のパスをトラップすると、2トラップ目で相手選手をかわしつつ反転、そしてそのままボレーシュートでゴール左隅に決める。デレ・アリの創造性溢れるワンダーゴールです。 ◆2015-16シーズンベストゴール 今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず、やや干されているデレ・アリですが、イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えてきました。 デレ・アリがブレイクを果たした2015-16シーズンの2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めています。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とします。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放ちます。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まりました。 このゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されています。 2021.01.23 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズで苦しむベイルにセバージョスが同情「かつてベイルがいたプレミアじゃない」

アーセナルのスペイン代表MFダニ・セバージョスが、トッテナムで苦しむウェールズ代表FWガレス・ベイルの現状を心配している。イギリス『ミラー』が伝えた。 ベイルはレアル・マドリーを構想外となった後、昨夏に古巣のトッテナムへレンタルで加入。しかし、負傷の影響もありジョゼ・モウリーニョ監督から信頼を得ることはできず、ここまでリーグ戦はわずか4試合の出場にとどまっている。 こうした状況に対して、マドリー時代にチームメイトだったセバージョスは、スペイン『EFE』のインタビューに応じた際、現在のベイルが抱える問題について語った。 「ベイルがプレミアにいた7年前と比べて、リーグは変わったと思う。たとえば、トーマス・パルティや(リバプールの)ファビーニョは、プレミアが非常にフィジカルなリーグだと知っていたと思う。それでも、実際にプレーすると、想像の2倍の激しさを実感するんだ」 「プレミアリーグは、すぐに適応するのが難しいリーグさ。それが今、ベイルに起きていることなのかもしれないね」 また、2シーズン続けてアーセナルにレンタル移籍をしているセバージョスは、自身の去就についても言及。今後もマドリーからレンタルで移籍する可能性を、口にしている。 「マドリーにいたときの自分は、平等にチャンスがあるということを知る必要があった。再びプレーしたいと、夢中になっていたんだ。ただ、ある時この状況を変えようと思った。マドリー以外のクラブで、重要な存在になることがベストだと気づいたんだ」 「もし再びレンタル移籍となれば、またプレーする機会を得られるだろうね。それ以外、今言えることはないよ」 2021.01.21 18:02 Thu
twitterfacebook
thumb

アジアの星、ソン・フンミンがハッシュタグ絵文字に!? トッテナムが韓国版ツイッターアカウント開設

トッテナムがクラブの公式ツイッターの韓国語版アカウントを開設したことを発表した。 トッテナムでは韓国代表FWソン・フンミンがエース級の活躍を見せているが、その効果は絶大で、トッテナムは今韓国で最も注目され、応援されているクラブだという。また、その活躍を一目見ようと、近年は数千人規模の韓国人サポーターがロンドンを訪れているようだ。 ソン・フンミンも2020年の韓国で最もツイートされたアスリートであり、そのファン層をさらに拡大させることが目的とのことだ。 韓国語版アカウント(@Spurs_KR)の立ち上げを記念して、今ならツイッターで指定のハッシュタグをつけて投稿すると、ソン・フンミンの顔がデザインされた特殊な絵文字が出てくるようだ。 気になった方は一度、自身でもツイートしてみてはいかがだろうか。 ◆ソン・フンミンの絵文字が出てくるハッシュタグ •#Sonny •#NiceOneSonny •#HeungMinSon •#토트넘(トッテナム) •#손흥민(ソン・フンミン) <div id="cws_ad">◆似てる?ソン・フンミンの特殊絵文字(ツイッターのアプリもしくはWEBでご覧いただくと絵文字が現れます)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ko" dir="ltr">2020-2021 프리미어리그, 각각 12골을 기록하며 득점 순위 공동 2위를 달리고 있는 쏘니 - 케인 듀오! <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%86%90%ED%9D%A5%EB%AF%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#손흥민</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%BC%80%EC%9D%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#케인</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%ED%86%A0%ED%8A%B8%EB%84%98?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#토트넘</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/OlcyjVgYWW">pic.twitter.com/OlcyjVgYWW</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur(@Spurs_KR) <a href="https://twitter.com/Spurs_KR/status/1351363751891460100?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムの19歳MFホワイトが英3部ポーツマスへレンタル

リーグ1(イングランド3部相当)のポーツマスは18日、トッテナムからイングランド人MFハーヴェイ・ホワイト(19)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 U-18イングランド代表歴を持ち、トッテナムアカデミー出身のハーヴェイは昨年11月26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節のルドゴレツ戦でトップチームデビュー。10日に行われたFAカップ3回戦のマリン戦では自身初のフル出場も果たしており、将来が期待される選手の一人だ。 この移籍を受け、ハーヴェイは公式サイトを通じてコメントした。 「僕にとっては初めてのローンで、すごく挑戦的なものになるだろうね。これまで8カ月ほどプロの環境にいたけど、ここからは違ったものになるだろう。僕はセットプレーが大好きで、ボールを動かし続けようとしている。多くのアシストを記録しているし、自分が効果的だと思いたいよ」 「明日は試合があるし、毎週土曜日と火曜日にもある。多くの試合があるんだ。願わくはピッチに立って、このチームがチャンピオンシップに復帰するための手助けをしたい」 「僕はここにいる間に進歩していきたいと思っているし、どこまでいけるかを見てみたいんだ。最高のレベルでプレーしたいからね」 2021.01.19 09:46 Tue
twitterfacebook
thumb

賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。 だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。 2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly