本田圭佑がボタフォゴ退団? 加入後4人の監督が交代「信じられない」

2020.11.28 14:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)が、クラブからの退団を示唆した。ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。



11月8日に監督就任が発表されていたディアス監督だったが、就任翌日にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術。しかし、術後の回復が思わしくなく、12月7日まで入院が延長。そのためクラブは契約を解除することとなった。

本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。

この状況に本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。「信じられない」と投稿。そして「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れるツイートをしていた。

ブラジル『グローボ』によると、本田は2021年2月まで延長となったリーグ戦を考え、契約を短期更新。しかし、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで現在降格圏の19位に位置しており、今シーズン限りで去る可能性も低くはなさそうだ。

今シーズンの本田はセリエAで15試合に出場し2ゴールを記録。チームは残留することを望んでいるが、どういう決断を下すだろうか。

◆本田が退団を示唆?

コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑のポルティモネンセ入りが接近…メディカルチェック後に延長OP付きの半年契約にサイン

MF本田圭佑のポルトガル移籍が間近に迫っている。ポルトガル『A Bola』が報じた。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、クラブでは約1年間の在籍期間にアルベルト・バレンティン、パウロ・アウトゥオリ、ブルーノ・ラザロニと3人の指揮官が解任されると、直近ではラモン・ディアス前監督(61)も体調不良からの復帰が見込めずに解任。大きな混乱に見舞われていた。 <dv id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxd3F3eUs2MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> また、本田自身も今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで18試合に出場し2ゴールと、思うような活躍を見せられずにおり、12月31日には自身のツイッターで「ボタフォゴを離れます」と退団を明かしていた。 『A Bola』によると、本田はすでにポルトガルに到着しており、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査を受けたとのこと。その後、メディカルチェックを受け、6カ月の契約を結ぶとのことだ。 なお、契約には2021-22シーズンも更新するオプションがつくとのことだ。 2021.01.05 20:32 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がボタフォゴ退団へ…自身の公式SNSで「ボタフォゴを離れます」

元日本代表MF本田圭佑(34)が、自身の公式『ツイッター』を通じてボタフォゴ退団の意向を明かした。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、クラブでは約1年間の在籍期間にアルベルト・バレンティン、パウロ・アウトゥオリ、ブルーノ・ラザロニと3人の指揮官が解任されると、直近ではラモン・ディアス前監督(61)も体調不良からの復帰が見込めずに解任。大きな混乱に見舞われていた。 また、本田自身も今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで18試合に出場し2ゴールと、思うような活躍を見せられずにいた。 そういった中、クラブの今後の方向性次第で退団の可能性を示唆していた本田は30日、自身の『ツイッター』アカウントを通じてボタフォゴ退団の意向を明かした。 「皆さんに直接お伝えしたいことがあります。ボタフォゴを離れます」 「まず初めに、僕自身結果が出せなかったというあなた方の批判をすべて受け入れました。 その批判は当然であり、言い訳はありません。僕自身もがっかりしており、申し訳なく思います」 「ただ、今シーズンはとても楽しかったです。 また、チームメイト全員にも感謝しています。 ありがとう」 「最後に、これまでのすべてのことに感謝しています。そして、個人的にはアジアでのボタフォゴのアンバサダーとしてクラブをサポートし続ける機会を探しています」 なお、ボタフォゴ退団が決定的となった本田に関してポルトガル『レコルド』は、予てより移籍の可能性が報じられていたポルトガルのポルティモネンセ行きが濃厚と主張している。このままボタフォゴとの契約解除の運びとなった場合、来月にも自身初のポルトガルリーグ参戦が決定する模様だ。 2020.12.31 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がボタフォゴと契約解除へ、今週末にも決定か

MF本田圭佑(34)が、ボタフォゴを退団することになるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任として鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されると、ラモン・ディアス監督(61)も体調不良からの復帰が見込めずに解任されていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2T2xtZDl1UCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> その後、本田は「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。チームとの話し合いが必要だと語っていた。 その本田には、ポルトガルのポルティモネンセが興味を示しているなど、ヨーロッパからのオファーもあること、さらに、ケガの状態やクラブの問題などがあり、契約を解除する流れとなっている。『グローボ』によれば、本田とボタフォゴは今週末にも契約を解除するとのことだ。 本田は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで18試合に出場し2ゴールを記録していた。 選手としての契約は解除するものの、本田はボタフォゴとの関係を完全に経つつもりはないようだ。パートナーシップは解消せず、アジアでのボタフォゴのアンバサダーや、ブラジルでのプロジェクトを持ちたいと考えているようだ。 また、選手としては、ブラジルのサッカーや選手たちのやり方に馴染めなかったとも報じられ、ロッカールームでは摩擦が起きたとのこと。本田のプロフェッショナリズムがあまり受け入れられず、本田もチームメイトの習慣や態度に不満を持っていたと『グローボ』は報じている。 2020.12.29 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が左太もも前部に違和感で検査実施へ、ボタフォゴ11試合ぶり勝利も悪いニュース

ボタフォゴのMF本田圭佑が負傷したようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 20日にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)の第26節でコリチーバとアウェイで対戦した。 <div id="cws_ad">◆ボタフォゴ11試合ぶり勝利のコリチーバ戦ハイライト<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUU0RRaHRJMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 本田はこの試合に左インサイドハーフで先発出場。65分にシセロと途中交代していた。 『グローボ』によると、本田はこのコリチーバ戦で左太もも前部の筋肉を痛めたとのこと。クラブ関係者の話では、本田がその場で違和感を感じ、21日にもMRI検査を受けるとのことだ。 チームは7連敗から脱出する好ニュースを手にしたが、本田は負傷という悪いニュースに。今シーズンはセリエAで18試合に出場し2ゴールを記録。チームとしても痛いニュースとなった。 なお、本田が下がった後のボタフォゴは1-0で迎えた75分にペドロ・ラウールのゴールで追いつくと、82分にもペドロ・ラウールがPKを決めて逆転に成功。後半アディショナルタイムにPKを与え、再び勝利を逃すと思われたが、相手が枠を大きく外し試合終了。降格圏内同士の対戦で1-2と勝利を収めていた。なお、10月12日に以来、11試合ぶりの白星となった。 なお、次節は28日にコリンチャンスと対戦。新年最初の試合は、7日のアトレチコ・パラナエンセ戦となる。 2020.12.21 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「ブラジルで最も奇妙なゴール」お粗末失点で6連敗&最下位転落、本田圭佑フル出場のボタフォゴが喫した失点シーンが波紋

ボタフォゴは12日、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第25節でインテルナシオナウと対戦。2-1の逆転負けを喫した。 MF本田圭佑がフル出場したこの試合だが、インテルナシオナウの決勝点となる2点目のシーンが波紋を呼んでいる。 <div id="cws_ad">◆波紋を呼ぶボタフォゴの失点シーン<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhRncwWnVldiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 66分、インテルナシオナウがボタフォゴ陣内で攻撃のチャンスを迎えるも、ボックス手前での空中戦の競り合い時にファウルがあり、ボタフォゴにFKが与えられた。 一度ボールを手で拾ったボタフォゴDFケビンは、ボールを置いてGKか中央の味方に向けてゆるくボールを蹴り返した。しかし、インテルナシオナウのFWユーリ・アルベルトがこれを見逃さずにボールを奪い、そのままゴールネットを揺らした。 このシーンについて、当事者のケビンはパスではなく、ボールをセットするために戻したと主張。しかし、ピッチを走っていた主審が見ておらず、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。オン・フィールド・レビューの結果、ゴールは認められ、インテルナシオナウが逆転に成功することとなった。 映像を見る限り、意図してパスを出したというよりは、確かにボールを戻すために蹴ったようにも見えるが、一度拾ったボールを置いて蹴り直したことがよくなかったのだろう。そのまま手で転がしていれば良かったのだろうが、なんとも不運な失点となった。 このゴールには、ブラジル『Esporte Interativo』の公式ツイッター(@Esp_Interativo)でも「信じられない! これはブラジルで最も奇妙なゴール?ユーリ・アルベルトはケビンの愚かさを利用して、ゴールを奪った。アルビネグロ(ボタフォゴサポーター)からはゴールについて多くの不満が出ている。どう思いますか?」と疑問を呈している。 これで泥沼のリーグ6連敗となったボタフォゴは、リーグ最下位に転落。この試合ではインテルナシオナウ側のハンドが見逃される場面もあり、ボタフォゴとしては後味の悪い敗戦となった。 2020.12.14 16:35 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly