FC東京が前節のリベンジ達成!粘る上海申花を振り切り2位に浮上《ACL2020》

2020.11.28 00:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループF第4節で上海申花(中国)と対戦し、2-1で勝利した。24日の前回対戦(0-1で敗戦)から先発メンバーを2人変更した3位FC東京(勝ち点4)は、前節同様[4-3-3]の布陣を採用。最後尾を守る波多野の前に中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川を並べ、アンカーに森重を起用。インサイドハーフに東と安部を置き、3トップはディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを並べた。


累積警告によりエムビアを欠く2位上海申花(勝ち点6)に対し、FC東京は開始早々にチャンスを迎える。3分、左サイドを突破したディエゴ・オリベイラがボックス左深くから折り返しを供給。これをゴール右手前の永井が合わせたが、シュートはフォン・シャオティンのブロックに阻まれた。

その後は、ボールを持つ時間の長いFC東京ペースで試合が進むが、激しい守備で応戦する上海申花を前になかなか決定機まで持ち込むことができない。19分には、右サイド高い位置でボールをカットした中村拓のパスからチャンスを作るが、森重が落としを受けたレアンドロのミドルシュートは枠の左に外れた。

FC東京は26分にも、レアンドロの強烈なロングシュートで上海申花ゴールを脅かしたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

膠着状態が続く中、FC東京は41分に決定機。東のスルーパスでDFの裏に抜け出した永井がGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKリー・シュアイが左足に阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半、FC東京は永井を下げてアダイウトンを投入。さらに48分には、キン・シェンの悪質なタックルで右足を負傷したディエゴ・オリベイラが担架でピッチを後に。原大智が緊急投入された。

エースの負傷交代と嫌な流れが漂い始めたFC東京だが、交代選手が躍動する。58分、ボックス左角手前でパスを受けたアダイウトンがカットインからミドルシュートを狙うとこれがクロスバーを直撃。

すると61分、ロングボールを敵陣でアダイウトンが落とすと、東のラストパスをボックス左で受けたレアンドロがシュートをゴール右隅に流し込み、FC東京が待望の先制点を奪った。

モレーノやキム・シンウクら攻撃的な選手を立て続けに投入した上海申花に対し、FC東京は78分に東と中村拓海を下げて高萩洋次郎と中村帆高をピッチに送り出す。すると82分、ボックス手前でパスを受けたアダイウトンのシュートのこぼれ球に反応した原がボックス左から折り返すと、最後はゴール前に走り込んだ安部が冷静に流し込んだ。

その後、86分にモレーノのゴールで1点を返されたFC東京だが、相手の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リベンジに成功したFC東京は、上海申花をかわし2位に浮上している。

また同日に行われたグループFもう一試合の蔚山現代(韓国)vsパース・グローリー(オーストラリア)は、試合終盤にネグランとキム・インソンがゴールを奪ったグループ首位の蔚山現代が2-0で勝利した。
関連ニュース
thumb

ACLのマッチスケジュールが決定! 山東泰山の出場資格剥奪により川崎Fのグループの組み分けが変更《ACL2021》

2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージのマッチスケジュールが決定した。 2021シーズンのACLは出場クラブ数が8チーム増え、過去最多の40チームが参加。西地区と東地区はそれぞれ6グループになった。 そんな中、グループ分けが決定したのちに、中国の山東泰山が出場資格を剥奪。その結果、グループ分けに変更が生じた。 セレッソ大阪が勝ち上がった場合にグループJで同組だったが、グループJには広州FC(元広州恒大)が入ることに。一方で、川崎フロンターレのグループIには広州FCの代わりに北京FC(元北京国安)が入ることとなった。 また、マッチスケジュールも全て決定。集中開催となるグループステージは4月21日から5月7日にかけて6試合が行われる。 【グループG】 ①江蘇(中国)、②名古屋グランパス(日本)、③ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、④東地区プレーオフ勝者3[浦項スティーラーズ(韓国) vs ラチャブリFC(タイ)] ▽4月21日(水) ジョホール・ダルル・タクジム vs 名古屋グランパス ▽4月24日(土) 名古屋グランパス vs 江蘇 ▽4月27日(火) 東地区プレーオフ勝者3 vs 名古屋グランパス ▽4月30日(金) 名古屋グランパス vs 東地区プレーオフ勝者3 ▽5月3日(月) 名古屋グランパス vs ジョホール・ダルル・タクジム ▽5月6日(木) 江蘇 vs 名古屋グランパス 【グループH】 ①全北現代モータース(韓国)、②ガンバ大阪(日本)、③タンピネス・ローバーズFC(シンガポール)、④シドニーFC(オーストラリア) ▽4月22日(木) タンピネス・ローバーズFC vs ガンバ大阪 ▽4月25日(日) ガンバ大阪 vs 全北現代モータース ▽4月28日(水) シドニーFC vs ガンバ大阪 ▽5月1日(土) ガンバ大阪 vs シドニーFC ▽5月4日(火) ガンバ大阪 vs タンピネス・ローバーズFC ▽5月7日(金) 全北現代モータース vs ガンバ大阪 【グループI】 ①川崎フロンターレ(日本)、②北京FC(中国)、③ユナイテッド・シティFC(フィリピン)、④東地区プレーオフ勝者4※[大邱FC(韓国) vs チェンライ・ユナイテッド(タイ)] ▽4月21日(水) 川崎フロンターレ vs 東地区プレーオフ勝者4 ▽4月24日(土) 北京FC vs 川崎フロンターレ ▽4月27日(火) 川崎フロンターレ vs ユナイテッド・シティFC ▽4月30日(金) ユナイテッド・シティFC vs 川崎フロンターレ ▽5月3日(月) 東地区プレーオフ勝者4 vs 川崎フロンターレ ▽5月6日(木) 川崎フロンターレ vs 北京FC 【グループJ】 ①広州FC(中国)、②ポートFC(タイ)、③傑志(香港)、④東地区プレーオフ勝者2※セレッソ大阪(日本) vs [メルボルン・シティ(オーストラリア) vs シャン・ユナイテッド(ミャンマー)の勝者] ▽4月22日(木) 広州FC vs 東地区プレーオフ勝者2 ▽4月25日(日) 東地区プレーオフ勝者2 vs 傑志 ▽4月28日(水) 東地区プレーオフ勝者2 vs ポートFC ▽5月1日(土) ポートFC vs 東地区プレーオフ勝者2 ▽5月4日(火) 東地区プレーオフ勝者2 vs 広州FC ▽5月7日(金) 傑志 vs 東地区プレーオフ勝者2 2021.02.25 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア王者の蔚山現代がジョージア代表MFカザイシュヴィリを獲得

アジア王者であるKリーグ1の蔚山現代は16日、ジョージア代表MFヴァレリ・カザイシュヴィリ(28)の加入を発表した。 カザイシュヴィリは母国のサブルタロでキャリアをスタート。その後、メタルルギ・ルスタヴィでのプレーを経て、2011年8月にフィテッセへと完全移籍。ポーランドのレギア・ワルシャワでのプレーも経験した。 フィテッセでは公式戦121試合に出場し28ゴール13アシストを記録。エールディビジでも104試合に出場し25ゴール10アシストを記録していた。 2017年7月にはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスへと完全移籍。MLSでは90試合に出場し26ゴール12アシストを記録していた。 また、ジョージア代表としてもここまで52試合に出場し11ゴールを記録。ボールコントロールと判断のスピード、展開力を備えたアタッカーとして活躍した。 蔚山現代は王者として臨む2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、グループFに入り、タイのBGパトゥムユナイテッド、ベトナムのベトテルに加え、プレーオフ1の勝者と同居。プレーオフ1では、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、上海上港(中国)、カヤFC(フィリピン)が戦い、Jリーグ勢は同じ組には入っていない。 2021.02.17 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

山東泰山がAFCクラブライセンス規定違反でACL不参加が決定! PO勝ち抜いた場合、C大阪の同組

アジアサッカー連盟(AFC)は8日、AFCクラブライセンス規定違反を犯した山東泰山(中国)に対してライセンスを付与しない決定を下した。これにより、同クラブは2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場資格を失うことになった。 昨シーズンの国内カップを制して今シーズンのACL出場権を手にした山東泰山は、先日の組み合わせ抽選会でポートFC(タイ)、キッチー(香港)、プレーオフを制した場合、セレッソ大阪が入る可能性のあるグループJに組み込まれていた。 しかし、AFCの今回の発表によると、山東泰山はAFCクラブライセンス規則の給与支払い延期に関する必須基準を満たせすことができず、これによりライセンスを付与すべきではないとの判断に至ったという。 なお、山東泰山の不参加によって空いた出場枠に関してはAFCクラブ大会のエントリーマニュアルに基づき、再割り当てされることになる。 2021.02.08 23:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ACL2021の組み合わせ決定!今季は8チーム増加で40チームが参加

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会を実施した。 2020シーズンのACLは韓国の蔚山現代が優勝。日本勢はヴィッセル神戸がベスト4まで勝ち上がったが、蔚山現代に敗れていた。 2021シーズンは出場クラブ数が8チーム増え、過去最多の40チームが参加。西地区と東地区はそれぞれ6グループになった。 Jリーグからは王者の川崎フロンターレ、2位のガンバ大阪、3位は名古屋グランパスがグループステージから、4位のセレッソ大阪がプレーオフからの出場となる。 2019シーズン以来8度目の出場となる川崎Fは、グループIに入り、中国の広州恒大、フィリピンのユナイテッド・シティFC、プレーオフ4勝者(韓国/タイ)と同居した。ユナイテッド・シティFCは、かつてセレス・ネグロスという名前で活動していたが、2020年8月にオーナーが変わり名前が変更されていた。 2017シーズン以来の10度目の出場となるG大阪は、グループHに入り、韓国王者の全北現代モータース、シンガポールのタンピネス・ローバース、オーストラリアのシドニーFCと同居した。 2012シーズン以来の4度目の出場となる名古屋は、グループGに入り中国王者の江蘇蘇寧、マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと同居。また、プレーオフ3勝者(韓国/タイ)と同居する。 2018シーズン以来4度目の出場を目指すC大阪はプレーオフを勝ち抜く必要があるが、勝ち抜いた場合はグループJに入り、中国の山東魯能、タイのポートFC、香港のキッチーと同居する。 ◆ACL2021組み合わせ抽選結果 ・グループF BGパトゥムユナイテッド(タイ) 蔚山現代(韓国) ベトテル(ベトナム) PO1勝者(オーストラリア/フィリピン/中国) ・グループG 江蘇蘇寧(中国) 名古屋グランパス(日本) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) PO3勝者(韓国/タイ) ・グループH 全北現代モータース(韓国) ガンバ大阪(日本) タンピネス・ローバース(シンガポール) シドニーFC(オーストラリア) ・グループI 川崎フロンターレ(日本) 広州恒大(中国) ユナイテッド・シティFC(フィリピン) PO4勝者(韓国/タイ) ・グループJ 山東魯能(中国) ポートFC(タイ) キッチー(香港) PO2勝者(日本/オーストラリア/マレーシア) 2021.01.27 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今季のACLはグループステージが集中開催!4月から5月にかけて実施、C大阪が出場のPOは4月14日開催《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)について、開催日程を発表した。 2020シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大もあり大会方式が変更。グループステージ途中からカタールでの一斉開催となっていた。 2021シーズンはグループステージを集中開催に決定。東地区は4月から予選がスタート。グループステージは4月21日(水)から5月7日(金)にかけて集中開催で実施。開催地は未定となっている。 ラウンド16は9月14日(火)か15日(水)、準々決勝は9月28日(火)、29日(水)に行われ、一発勝負に。準決勝と決勝は2試合行われ、準決勝は10月20日(水)と27日(水)、決勝は11月21日(日)と27日(土)に行われる。 なお、西地区も同様にグループステージは集中開催となり、4月14日から30日で行われる。 Jリーグ勢は明治安田J1王者の川崎フロンターレ、2位のガンバ大阪、3位の名古屋グランパスがグループステージから出場。セレッソ大阪は4月14日(水)開催のプレーオフから登場する。 2021.01.26 11:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly