韓国王者・全北現代がナ・ソンウンのゴールで今大会初勝利《ACL2020》

2020.11.26 13:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH第4節、全北現代モータース(韓国)vsシドニーFC(オーストラリア)が25日にカタールで開催され、1-0で全北現代が勝利した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となった。

横浜F・マリノスと同じグループHの2チーム。全北現代とシドニーFCはここまで1分け2敗で同じ成績となっており、共に初勝利を目指して臨んだ。

立ち上がりから互いが譲らない展開となり、決定機を迎えられない試合に。全北現代はナ・ソンウンがボックス内からシュートも相手にブロック。キム・ボギョンがこぼれ球を狙ったが、これも枠を外れた。

シドニーFCもなかなかチャンスを作れず。ミドルレンジからのシュートを何本か放つも、効果的とは言えなかった。

しかし、このままゴールレスかと思われた44分に全北現代が試合を動かす。バロウがドリブルでボックス内に持ち込むと、パスを受けたグスタボが右へと展開。これをボックス内右で受けたナ・ソンウンが右足一閃。DFの股間を抜いたシュートがゴール左に決まり、全北現代が先制した。

1点ビハインドのシドニーFCは68分に決定機。右サイドでのFKからバウムヨハンがゴール前にクロス。これを、ウィルキンソンがドンピシャヘッド。しかし、これはGKソン・ボムクンが横っ飛びで弾き出し、ゴールを許さない。

結局その後も決定的なシーンを作れないまま試合は終了。全北現代が1-0で勝利を収め、今大会初勝利を挙げた。

初勝利の全北現代は12月1日に横浜F・マリノスと対戦。シドニーFCは同日に上海上港と対戦する。

全北現代モータース 1-0 シドニーFC
【全北現代】
ナ・ソンウン(前44)

関連ニュース
thumb

そもそもACLで9月に負けるってそのあとリーグ戦に集中できるからいいんじゃね!? の巻/倉井史也のJリーグ

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)見てて思うのって、やっぱり開催国って強そうじゃないですか。だってベスト4に韓国のチームが3つ残ってるんだから。しかも準決勝までも韓国開催。ここは名古屋にぜひがんばってほしい!! 名古屋には取材対応すごく親切にしてもらった記憶もあるから、より一層がんばってほしい!! と思います!! で、ちょっと気になってるんですよ。ACLって日程的にすごく大変じゃないですか。もしかして負けたらリーグ戦に集中できて、優勝に近づくんじゃないの? ってことで、まずはACLの決勝トーナメントで敗退したチームといつ負けたかを調べてみたよ。ちなみに2008年までは出場チーム数が32チームより少なかったので、データは2009年からですよん。ちなみに2021年からグループリーグ出場チームは40チームなのでした。あ、あと2020年はご存じのとおり日程グチャグチャだったので除外してます。 すると、 【2019年決勝トーナメント進出】 広島(ベスト16・6/25) 鹿島(ベスト8・9/18) 浦和(優勝) 【2018年決勝トーナメント進出】 鹿島(優勝) 【2017年決勝トーナメント進出】 鹿島(ベスト16・5/30) 川崎(ベスト8・9/13) 浦和(優勝) 【2016年決勝トーナメント進出】 FC東京(ベスト16・5/24) 浦和(ベスト16・5/25) 【2015年決勝トーナメント進出】 柏(ベスト8・9/15) G大阪(ベスト4・10/21) 【2014年決勝トーナメント進出】 C大阪(ベスト16・5/13) 川崎(ベスト16・5/14) 広島(ベスト16・5/14) 【2013年決勝トーナメント進出】 柏(ベスト4・10/2) 【2012年決勝トーナメント進出】 名古屋(ベスト16・5/29) 柏(ベスト16・5/30) FC東京(ベスト16・5/30) 【2011年決勝トーナメント進出】 G大阪(ベスト16・5/24) 鹿島(ベスト16・5/25) 名古屋(ベスト16・5/25) C大阪(ベスト8・9/27) 【2010年決勝トーナメント進出】 G大阪(ベスト16・5/11) 鹿島(ベスト16・5/12) 【2009年決勝トーナメント進出】 G大阪(ベスト16・6/24) 鹿島(ベスト16・6/24) 川崎(ベスト8・9/30) 名古屋(ベスト4・10/28) ってことで、今年と同じ9月に敗退したチームはどうなったか見てみましょ。対象は 【2019年】 鹿島(ベスト8・9/18) 敗退(26節)まで勝点51・平均1.96 敗退後勝点12・平均1.5 【2017年】 川崎(ベスト8・9/13) 敗退(25節)まで勝点49・平均1.96 敗退後勝点23・平均2.56 【2015年】 柏(ベスト8・9/15) 敗退前(2ndステージ10節)まで勝点19・平均1.90 敗退後勝点8・平均1.14 【2011年】 C大阪(ベスト8・9/27) 敗退前(27節)まで勝点36・平均1.33 敗退後勝点7・平均0.88 【2009年】 川崎(ベスト8・9/30) 敗退前(27節)まで勝点43・平均1.59 敗退後勝点21・平均2.63 おっと、鹿島、柏、C大阪が敗退後に調子を崩したのに対し、過去の川崎は敗退後にやたらと上昇!! うーん、またも川崎有利っていう数字が出たか……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.09.18 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ACL準決勝の組み合わせ決定、名古屋はC大阪を下した浦項と対戦!《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会を実施。準々決勝以降の組み合わせが決定した。 すでにベスト8が出揃っているACL。Jリーグ勢では川崎フロンターレとセレッソ大阪がラウンド16で敗退となり、名古屋グランパスのみが勝ち残っている状況だ。 その名古屋は、準々決勝でC大阪を下した浦項スティーラーズ(韓国)と対戦。東地区のもう1カードは全北現代モータースvs蔚山現代の韓国勢の対戦となった。 また西地区は、UAEのアル・ワフダとサウジアラビアのアル・ナスル、イランのペルセポリスとサウジアラビアのアル・ヒラルが対戦する。 なお、東地区の準々決勝と準決勝は韓国で行われて準々決勝が10月17日、準決勝が10月20日に開催。西地区の準々決勝と準決勝はサウジアラビアで行われ、準々決勝は10月16日、準決勝は10月19日に行われる。 また、決勝は11月23日にサウジアラビアで行われる。 ◆ACL2021準々決勝 ▽10月16日 アル・ワフダ(UAE) vs アル・ナスル(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽10月17日 全北現代モータース(韓国) vs 蔚山現代(韓国) 浦項スティーラーズ(韓国) vs 名古屋グランパス(日本) 2021.09.17 17:21 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ勢は名古屋のみ勝ち上がり、韓国3クラブがベスト8に残る《ACL2021》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のベスト8チームが決定した。 東地区では14日に名古屋グランパスが大邱FC(韓国)を4-2で下してベスト8入りを果たした一方で、川崎フロンターレは蔚山現代(韓国)を相手にゴールレスで120分間を終了。PK戦の末に敗れていた。 また、15日にも2試合が行われ、セレッソ大阪は浦項スティーラーズ(韓国)と対戦し、0-1で敗れ敗退。もう1試合は、全北現代モータース(韓国)がパトゥム・ユナイテッド(タイ)と対戦し、1-1で120分間を終了。PK戦の末に下した。 この結果、東地区のベスト8は日本の1チームと韓国の3チームが勝ち上がることとなった。 また西地区では、エステグラル(イラン)を2-0で下したアル・ヒラル(サウジアラビア)、トラーク・トゥール(イラン)を1-0で下したアル・ナスル(サウジアラビア)、イスティクロル(タジキスタン)を1-0で下したペルセポリス(イラン)、シャールジャ(UAE)をPK戦で下したアル・ワフダ(UAE)が勝ち上がっている。 準々決勝の組み合わせは17日に抽選会が行われ決定する。 ◆東地区 名古屋グランパス(日本) 蔚山現代(韓国) 浦項スティーラーズ(韓国) 全北現代モータース(韓国) ◆西地区 アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ナスル(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) アル・ワフダ(UAE) 2021.09.15 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪、浦項の前に敗れベスト16敗退…日本勢は名古屋のみに《ACL2021》

15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のセレッソ大阪vs浦項スティーラーズが行われ、0-1で浦項が勝利を収めた。 レヴィ・クルピ監督の下、グループステージでは無敗で首位通過を果たしたC大阪。今夏10年ぶりに復帰したMF乾貴士が先発出場。11年ぶりのベスト8進出を懸けて臨んだ。 対する浦項は名古屋グランパスと同居。2位通過でベスト16に進出している。2014年のACLではグループステージした両者。当時は浦項の1勝1分けだったが、C大阪は初めて勝てるだろうか。 立ち上がりからアグレッシブに試合に入ったのは浦項。強度の強いプレスト切り替えの早いサッカーを見せる。 C大阪はビルドアップを試みるが、なかなか上手くボールを回せず。アダム・タガートにも良いボールがなかなか入らない。 そんな中徐々に浦項がペースを握り、C大阪が受けるような展開に。すると14分、左サイドを仕掛けると、クヴェシッチのパスを最後はシン・ジンホがボックス手前から強烈なシュート。しかし、これはなんとかブロックする。 すると25分、浦項はシン・ジンホが右CKを得るとクロスをニアサイドでチョン・ミングァンがフリック。丸橋祐介がクリアに行くも、イ・スンモが先に触り、浦項が先制する。 先制を許したC大阪だったが、28分に左サイドから展開すると、乾からのパスを受け右サイドがオーバーラップした松田がボックス内で受け、そのままシュート。しかし、GKがセーブ。これの流れから最後は松田がボックス手前からクロスを送ると、アダム・タガートがヘッド。しかし、右ポストに嫌われる。 浦項は1点をリードして迎えた後半。浦項は変わらずにプレスをかけていく。一方で、C大阪は後方ではボールを回せるものの、前線には良いボールを供給できず。攻撃がうまく完結しない。 それでも61分にはC大阪がビッグチャンス。ボックス内でこぼれ球を藤田が拾うと、フリーでシュート。しかし、タイミングが遅れたことでシュートはブロックされてしまい、決定機を生かせない。 そのC大阪だが、64分には大ピンチ。GKからのロングフィードが裏に抜けると、GKキム・ジンヒョンがボックスを飛び出しクリア。しかし、これが相手に渡ってしまうと、最後はイ・スンモがボックス手前から無人のゴールへシュート。ゴールかと思われたが、鳥海がなんとか身体を張ってブロックし、得点を許さない。 攻撃が上手くいかないC大阪は、アダム・タガート、奥埜博亮を下げて、西川潤と加藤陸次樹を投入。75分には、原川力を下げて大久保嘉人を入れる。 なかなか前線でアグレッシブなプレーが出なかったが、大久保の投入で活性化。78分にはボックス手前右から大久保がクロスを入れると、加藤がダイビングヘッド。しかし、これは枠を外れる。 89分にはビッグチャンス。右サイドを仕掛けると中島がボックス手前からクロスも相手がクリア。こぼれ球を拾って繋ぐと、右サイドから松田がクロス。これをボックス中央で相手がクリアするも、ボールはゴールへ。しかし、枠をわずかに外れる。 さらに、その流れからの左CKから乾がニアサイドへボールを送ると、相手のクリアミスを鳥海が詰めたが、これも枠には飛ばない。 終盤にかけてなんとか攻め手を見出すと、アディショナルタイム3分にはボックス内でキープした西川が反転して得意の左足でシュートも、枠を外しタイムアップ。最後までゴールは遠く、C大阪は0-1で敗れ、ベスト16で敗退した。 14日には名古屋グランパスが大邱FCを4-2で下したものの、川崎フロンターレは蔚山現代にPK戦で敗れ、日本勢は名古屋のみとなった。 セレッソ大阪 0-1 浦項スティーラーズ 【浦項】 イ・スンモ(前25) 2021.09.15 20:12 Wed
twitterfacebook
thumb

シュヴィルツォクが大邱FC相手にハットトリック! 名古屋が逆転勝利で準々決勝に進出《ACL2021》

名古屋グランパスは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021のラウンド16で大邱FC(韓国)と豊田スタジアムで対戦し、4-2で勝利を収めた。 グループGを首位で突破した名古屋は、グループIを2位通過した大邱FCをホームスタジアムに迎えた。システムは最前線にシュヴィルツォクを置いた[4-2-3-1]を採用。2列目は右からマテウス、前田、相馬、ボランチは米本と稲垣、最終ラインは右から宮原、中谷、キム・ミンテ、吉田、GKは守護神ランゲラックが起用された。 試合が始まってわずか4分、名古屋は先制を許してしまう。敵陣右サイドから相手のスローインでプレーが再開されると、そのままパスをつながれて前進される。そして、セシーニャにペナルティアークの10m手前からミドルシュートを放たれると、ボールはキム・ミンテの足に当たってゴールへと吸い込まれた。 やや不運な形での失点となった名古屋だが、すぐに反撃を見せる。12分、前田がボックス左で相手のセンターバックを引きつけながらボールを受けると、フリーになったシュヴィルツォクへワンタッチでパス。これを受けたシュヴィルツォクはボックス中央まで運び、冷静にゴール右隅に決めた。 その後は、[5-3-2]で守る相手2トップ脇のスペースから名古屋が攻め込んでいく。センターバックの間に稲垣が降りて数的優位を作りつつ、安全にボールを敵陣に運び、前線のシュヴィルツォクまでボールを届ける。 しかし、ボールを支配していた名古屋はワンチャンスを決められて再び失点。28分、自陣左サイドの浅い位置からアーリークロスを入れられると、中谷がエドガルのマークを外してしまい、ボックス中央からヘディングシュートを決められてしまった。 1点ビハインドで迎えた後半、名古屋は相馬に代えて森下を投入。吉田、森下、前田の3人が左サイドで流動的に絡みつつ、大邱FCの守備陣を翻弄していく。 すると名古屋は63分にゴールネットを揺らす。左サイドを森下と前田のコンビネーションで突破すると、森下がボックス左からクロス。ゴール前で待っていたシュヴィルツォクが頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。 勢いに乗る名古屋は、その2分後に逆転。吉田が自陣からロングボールを送ると、その処理に戸惑う相手DFからシュヴィルツォクがボールを奪い、そのままボックス左から右足を振り抜く。ボールはGKチェ・ヤングウンの左手をすり抜けてサイドネットに突き刺さった。 この試合で初めてリードを奪った名古屋。それでも勢いは衰えない。79分、マテウスが蹴った左CKにニアサイドに飛び込んだ中谷がヘディングを叩き込み、点差を広げた。 その後、名古屋は[4-4-2]のブロックで守勢に立つプランに変更。一度連携ミスから危険なシーンを招いたものの、ゴールラインを割らせることはなく、試合終了。4-2で逆転勝利を収めた。 名古屋グランパス 4-2 大邱FC 【名古屋】 シュヴィルツォク(前12) シュヴィルツォク(後18) シュヴィルツォク(後20) 中谷進之介(後34) 【大邱FC】 セシーニャ(前4) エドガル(前28) 2021.09.14 20:19 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly