冨安フル出場のボローニャ、延長戦の末スペツィアに敗れて敗退《コッパ・イタリア》

2020.11.26 04:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは25日、コッパ・イタリア4回戦でスペツィアとホームで対戦し、延長戦の末2-4で敗れた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。4回戦から登場となるボローニャは主力を起用し、冨安が[4-1-4-1]の左センターバックで先発となった。


セリエA同士の対戦となった中、ボローニャは開始5分に失点する。ピッコリにボックス内に侵入され冨安が対応したが、寄せる前にシュートを決められた。

先制されたボローニャだったが、13分にすかさず追いつく。スルーパスでボックス左に侵入したバロウがGKとの一対一を決めきった。

その後は一進一退の攻防となった中、ボローニャは28分に決定機。スルーパスに抜け出したスベンベリがGKと一対一となったが、シュートはGKにセーブされる。さらにその流れからオルソリーニが右ポスト直撃のシュートを浴びせたボローニャは、イタリア代表コンビの関係から追加タイム1分に逆転する。

ボックス右に抜け出したロベルト・ソリアーノがマイナスにクロスを折り返し、オルソリーニが蹴り込んだ。

後半もボローニャが主導権を握っていたが、ワンチャンスで64分に失点してしまう。追いつかれたボローニャは後半終盤の88分、スルーパスに抜け出したパラシオがボックス内でGKに倒され、PKを獲得。しかし、キッカーのバロウが枠の左を狙ったシュートはGKにセーブされた。

すると迎えた延長戦で2失点を喫したボローニャは初戦敗退。冨安はフル出場したが、4失点目に絡むなど、勝利に貢献することはできなかった。
関連ニュース
thumb

10人のボローニャがサッスオーロにドロー、冨安は両SBでフル出場《セリエA》

ボローニャは20日、セリエA第23節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節ベネヴェント戦では開始早々のゴールで先制したものの、引き分けに持ち込まれた12位ボローニャ(勝ち点24)は、冨安が引き続き右サイドバックでスタメンとなった。 8位サッスオーロ(勝ち点34)に対し、 前からプレスに行く入りとしたボローニャ。すると17分、ボローニャが先制する。バロウがボックス左でボールをカットすると、その折り返しをソリアーノが蹴り込んだ。 先制後、重心を下げたボローニャは守勢となる中、冨安は相手の左サイドバックであるロジェリオとのマッチアップが増えていった。 そんな中30分、ムルドゥルへ足の裏を見せるスライディングタックルに行ったヒッキーが一発退場となり、ボローニャは10人となってしまう。左サイドバックには冨安が回り、右サイドバックにはスベンベリに代えて投入されたデ・シルベストリが入った。 冨安がベラルディとのマッチアップとなった中、ボローニャは前半終了間際にはベラルディの折り返しからロカテッリに決定的なシュートを許すも、GKスコルプスキがセーブし、1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、マニャネッリに代えてトラオレを投入してきたサッスオーロに対し、引き続き守勢のボローニャは52分に同点とされる。ジュリチッチのシュートのルーズボールに反応したボックス左のカプートにシュートを蹴り込まれた。 劣勢のボローニャは前線の3枚を変更。パラシオやオルセンらを投入した。75分にはFKからマルロンに決定的なヘディングシュートを許すも、GKスコルプスキがセーブ。 終盤にかけても集中した守備を見せたボローニャはサッスオーロの攻勢を凌いで引き分けに持ち込み、勝ち点1を持ち帰っている。 2021.02.21 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安が右SBでフル出場のボローニャ、ベネヴェントに追いつかれドロー《セリエA》

ボローニャは12日、セリエA第22節でベネヴェントをホームに迎え、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節パルマに快勝とした13位ボローニャ(勝ち点23)は、冨安が3試合連続右サイドバックでスタメンとなった。 5戦勝利のない不調の14位ベネヴェント(勝ち点23)に対し、ボローニャは開始1分に先制する。ボックス右でバロウがうまく反転してDFを外してシュートに持ち込むと、ルーズボールをサンソーネが詰めた。 先制後は慎重な戦いに徹して守勢に回ったボローニャは16分にピンチ。しかし、カプラーリのカットインシュートは左ポストに直撃して助かった。 さらに34分にもカプラーリに枠内シュートを打たれたが、GKスコルプスキの守備範囲で助かると、43分には冨安が際どいミドルシュートをボックス手前右から浴びせた。 ボローニャが1点をリードして迎えた後半、立ち上がりにサンソーネとバロウがゴールに迫ったものの、60分に失点する。 分厚い攻めを受けた流れからクロスボールをGKスコルプスキがファンブル。ルーズボールをヴィオラに蹴り込まれた。 同点とされたボローニャは72分にサンソーネとオルセンに代えてオルソリーニとヴィニャートを投入。 さらにMFのスハウテンを削ってパラシオを投入し前がかったボローニャは、84分に勝ち越しのチャンス。だが、ゴール前に飛び込んだポーリのシュートは相手GKのセーブに阻まれてしまう。 終盤にかけてはボローニャが押し込む展開が続いたものの勝ち越しゴールは生まれず1-1のドローに終わった。 2021.02.13 06:41 Sat
twitterfacebook
thumb

冨安が右SBでフル出場のボローニャ、残留争うパルマに快勝《セリエA》

ボローニャは7日、セリエA第21節でパルマとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節ミラン戦を1-2で落とした15位ボローニャ(勝ち点20)は右サイドバックでフル出場し、好プレーを見せた冨安が右サイドバックでスタートとなった。 19位パルマ(勝ち点13)に対し、慎重な入りとなった両チームの一戦は15分に動く。左サイドからのサンソーネのFKにファーサイドのバロウが頭で押し込んだ。 失点を受けて前がかるパルマに29分、ブルグマンのミドルシュートでゴールを脅かされるも、守護神のスコルプスキが好守で凌いだ。 すると33分、ボローニャに追加点が生まれる。サンソーネのパスを受けたバロウがボックス左に侵入して左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。 ボローニャの2点リードで迎えた後半、DFのバニを削って新戦力のアタッカーであるマンを投入してきたパルマに対し、ボローニャは自陣に引いて対応する。 さらに55分、バイエルンから加入のザークツィーを投入してきたパルマに59分、ガリオーロのボレーシュートでゴールに迫られるも枠を外れて助かった。 64分にサンソーネが決定的なシュートを放って牽制したボローニャは、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 そして追加タイムにはオルソリーニにもゴールが生まれて3-0としたボローニャが快勝とし、降格圏の18位カリアリに暫定8ポイント差としている。 2021.02.08 03:54 Mon
twitterfacebook
thumb

PK2つのミランが逃げ切り勝利で後半戦初戦を白星で飾る、冨安はSBでフル出場《セリエA》

セリエA第20節、ボローニャvsミランが30日に行われ、1-2でミランが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節ユベントス戦を惜敗した13位ボローニャ(勝ち点20)は、センターバックとサイドバックで好プレーを見せた冨安が右サイドバックでスタメンとなった。 対する首位ミラン(勝ち点43)は前節、難敵アタランタの前に完敗に終わったものの、2位インテルがウディネーゼに引き分けたため、2ポイント差に迫られるに留まった。前半戦を10季ぶりの首位で終えた中、4日前に行われたコッパ・イタリアのインテルとのダービーでは、イブラヒモビッチの退場が響いて1-2と惜敗。公式戦連敗となった中、インテル戦のスタメンから5選手を変更し、カラブリアやレビッチ、出場停止で欠場していたGKドンナルンマらがスタメンに戻った。 最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、レビッチ、レオンと並べたミランは、序盤の主導権争いを経て12分にチャンス。右サイド低い位置で得たFKをテオ・エルナンデスが直接狙うと、バーに直撃した。 徐々にミランが押し込む時間を増やす中、23分に決定機。CKの流れからイブラヒモビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKスコルプスキにセーブされ、ルーズボールをイブラヒモビッチが押し込むも、ここもスコルプスキのファインセーブに阻まれた。それでも二次攻撃に転じた直後、レオンがボックス内でダイクスに倒されてPKを獲得。 キッカーを務めたイブラヒモビッチはシュートをスコルプスキに止められるも、レビッチがルーズボールに詰めてミランが先制した。 追う展開となったボローニャは32分、オルソリーニがカットインシュートでゴールに迫ると、39分には決定機。ソリアーノのスルーパスをボックス右で受けたサンソーネがシュートに持ち込んだが、GKドンナルンマの好セーブに阻止された。 守護神がピンチを救ったミランは41分、イブラヒモビッチのヘッドでの落としを、前線に上がっていたカラブリアがダイビングヘッドで狙うも、GKスコルプスキの好守に阻まれる。 それでも迎えた後半、開始4分にレオンがGK強襲のシュートを浴びせたミランは55分、ハンドで得たPKをケシエが決めてリードを広げた。 2点をリードしたミランは負傷明けのベナセルを投入。ポゼッションして試合をコントロールしていく。 そんな中、終盤の81分にボローニャが意地を見せて1点差に詰め寄った。スコフ・オルセンがボックス右深くまでえぐって折り返したクロスをポーリが押し込んだ。 さらに84分、ソリアーノがダイビングヘッドで同点ゴールに迫ったが、GKドンナルンマが好守で凌ぎ、ミランが2-1で逃げ切り。後半戦初戦を勝利で飾り、首位を堅守している。 2021.01.31 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリアで活躍を続ける冨安が見せた、パーフェクトなヘディング弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボローニャの日本代表DF冨安健洋が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆冨安のボローニャ3ゴール目<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtb0pnT3FicSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アビスパ福岡でプロデビューした冨安は、2018年1月にシント=トロイデンに移籍し、若くして渡欧。ここでも存在感を示した冨安は、2019年夏にボローニャへ移籍し、セリエAに挑戦している。 ボローニャでは既に公式戦3得点をマークしている冨安。2021年1月6日に行われたセリエA第16節のウディネーゼ戦では、素晴らしいヘディングを決めている。 0-0で迎えた19分、相手陣内右サイドでボローニャがFKを得ると、ボックス内に左足から放たれたインスイングのボールが入る。カーブしてくるボールのコースを上手く読み、ゴール前に入った冨安はフリーでヘディングシュート。叩きつけるようなシュートをゴール右下の完璧なコースに沈め、見事な先制ゴールを奪ってみせた。 試合はその後、両チームにゴールが生まれる展開となり、2-2のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="695" data-sg-movie-title=" 【冨安のイタリア3点目】冨安が決めたパーフェクトなヘディング弾"></span> 2021.01.30 16:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly