立ち上がりに畳み掛けた清水が横浜FCの追い上げをしのいで大敗を払拭《J1》

2020.11.25 20:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
25日、明治安田生命J1リーグ第29節の横浜FCvs清水エスパルスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-3で清水が勝利した。前節から中10日での試合となった横浜FC。アウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-1のドローとなっており、そこからスタメンを4名変更。袴田裕太郎、マギーニョ、手塚康平、斉藤光毅が外れ、武田英二郎、中山克広、松浦拓弥、安永玲央が起用された。

対する清水は平岡宏章監督就任後に連勝を記録していたが、前節は北海道コンサドーレ札幌を相手に5-0と完敗。その試合から7名と大幅に選手を変更。1トップにジュニオール・ドゥトラを5試合ぶりに起用した。

試合は開始早々からアウェイの清水が攻勢に出る。5分、左サイドをドリブルで仕掛けた鈴木がボックス内に侵入し深い位置からマイナスのクロス。これをニアサイドに入った金子が右足の面で合わせてネットを揺らし、清水が先制する。

先制した清水は勢いのままに追加点を奪う。6分、横浜FCがGKからビルドアップをすると、安永に入ったボールをジュニオール・ドゥトラがプレスをかけてボール奪取。そのままボックス手前で左足を振り抜くと、ゴール左に綺麗に決まり、清水が追加点を奪う。

ミスから連続失点となった横浜FCは9分、左CKを獲得するとクロスをニアサイドで一美がヘッド。しかし、GK大久保が鋭い反応でセーブする。

清水は35分にもビッグチャンス。ジュニオール・ドゥトラがドリブルで独走。ボックス内から左足でシュートを狙うが、GK南が左足でなんとかセーブし得点を許さない。

攻勢が止まらない清水は38分にも追加点。右サイドを金子が持ち上がるとオーバーラップした奥井へパス。奥井がマイナスのクロスを送ると、ボックス手前に走り込んだ竹内がフリーでシュート。これが決まり、リードが3点となる

前半だけで3点のリードを奪った清水。ハーフタイムに横浜FCは武田、志知、松浦に代えて、マギーニョ、袴田、斉藤光毅を投入。反撃に出る。

すると56分、ボックス手前で相手のクリアボールを拾った瀬古がシュートフェイントで相手をかわすと、そのまま右足一閃。ミドルシュートを突き刺し1点を返す。

徐々にペースを握り、清水陣内でのプレーが続く横浜FC。しかし、アタッキングサードでの決定力を欠いて得点を奪えない。

清水も押し込まれる時間が増える中で、カウンターから横浜FCゴールに迫るが、こちらも追加点を奪えない展開が続く。それでも横浜FCのプレスを掻い潜り、マイボールの時間を増やすことに成功し時計を進める。

横浜FCは何度となく清水ゴールに迫るが決定力を欠いて最後までゴールが遠く、反撃は瀬古のミドルのみで試合終了。1-3で清水が勝利を収めた。

横浜FC 1-3 清水エスパルス
【横浜FC】
瀬古樹(後11)
【清水】
金子翔太(前5)
ジュニオール・ドゥトラ(前6)
竹内涼(前38)
コメント
関連ニュース
thumb

元ブラジル代表ストライカーがJリーグへ? 今季はケガでプレーなし

元ブラジル代表のFWジエゴ・タルデッリ(35)がJリーグでプレーするかもしれない。ブラジル『Jornal Hoje em Dia』が報じた。 現在はアトレチコ・ミネイロに所属しているジエゴ・タルデッリ。しかし、トレーニング中に負傷すると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦が中断。その際に手術を受けていたジエゴ・タルデッリは、12月18日からグラウンドに戻り、チームトレーニングに参加している。 ジエゴ・タルデッリは、アトレチコ・ミネイロと2月末までの契約を結んでいるものの、現在のチームではプレーしていない。 ホルヘ・サンパオリ監督は、ジエゴ・タルデッリが最終戦に出場するようになるには、1月が重要であるとコメントしていた。 リーグ戦が延期されたことで契約が延長されていたが、そのまま退団の可能性が高いとのこと。日本からのオファーがあるとされているが、果たして日本にやってくるだろうか。 ジエゴ・タルデッリは、サンパウロやレアル・ベティス、PSV、アンジ、アル・ガラファ、山東魯能などでプレー。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは177試合で52ゴール15アシスト、中国スーパーリーグで73試合に出場し41ゴール19アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では17試合に出場し6ゴール3アシストを記録していた。 また、ブラジル代表としても14試合に出場し3ゴールを記録している。 2021.01.26 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「凄く悩んだ」中でのFC東京移籍、初のJ1挑戦となるMF渡邊凌磨は高みを目指す「どれだけ結果で示せるかにワクワク」

25日、FC東京が2021シーズンに向けた新体制発表会を実施した。 ユニフォームサプライヤーがニューバランスになり初めてのシーズンを迎えるFC東京。新体制発表会はファッションショーのスタイルでランウェイが用意されるスタートとなった。 2020シーズンはYBCルヴァンカップを制し、長谷川健太体制で初タイトルを獲得。初のJ1制覇を目指すチームにモンテディオ山形から加入したのがMF渡邊凌磨だ。 浦和レッズから加入したMF青木拓矢と同じ前橋育英高校出身の渡邊は、早稲田大学に進学。しかし、すぐさま日本人初となるナイキアカデミーの参加となると、ドイツのインゴルシュタットU-23に入団が決定した。 翌年にはファーストチームに合流。しかし、ブンデスリーガ2部での出場機会はなくアルビレックス新潟へ完全移籍。2020シーズンは山形でプレーした。 25日はFC東京の初練習だったが、印象については「みんなが仲良いなという印象もありましたが、一番はここで戦っていくんだという自分自身の新鮮さだったりを感じられた良いトレーニングだったなと思います」とコメント。新天地での初日に気を引き締めたようだ。 また、長谷川監督の印象については「厳しいというのは色々な方から聞いていたので、その厳しさに負けないように頑張っていければと思います」と語り、強い意気込みを示した。 自身としてはキャリア初のJ1の舞台に挑戦することになるが「自信があるので、どれだけ結果で示せるかにワクワクしています」と答え、プレーで見せることを誓った。 山形ではレギュラーとしてプレー。重要なピースとなっていた中での移籍となった。 移籍の理由については「石丸監督に変わって最初は苦労しましたが、最後の方は良いサッカーができているとチームも思っていたと思います。来年こそはJ1上がりたいねというのが現実的になってきたところでの移籍となったので、凄く悩んだ部分が多かったです」と語り、山形でJ1昇格を目指すか悩んだという。 それでも「J1でチャレンジしたいという思いが強かったので、石丸監督を含めてちゃんと話しに行って、僕の気持ちを伝えられたので、今は気持ちよく送り出してくれていると思います」とコメント。強い意気込みでFC東京へ移籍したことを明かした。 また、ポジションについては「[4-3-3]であればワイドかインサイドハーフでプレーしたいとは思います」と自身が得意とするポジションでのプレーを希望。それでも「与えられたポジションで全力でやりたいと思います」と語り、どのポジションでもやると意気込みを見せた。 2021.01.26 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“居心地の良かった”浦和から加入のMF青木拓矢は変化を求めて移籍「攻守に関与できることが強み」

25日、FC東京が2021シーズンに向けた新体制発表会を実施した。 ユニフォームサプライヤーがニューバランスになり初めてのシーズンを迎えるFC東京。新体制発表会はファッションショーのスタイルでランウェイが用意されるスタートとなった。 2020シーズンはYBCルヴァンカップを制し、長谷川健太体制で初タイトルを獲得。初のJ1制覇を目指すチームに浦和レッズから加入したのがMF青木拓矢だ。 大宮アルディージャでキャリアをスタートさせた青木は、浦和で7シーズンを過ごし、新天地へとやってきた。大宮時代のチームメイトでもあるMF東慶悟もチームにいる中で、移籍の経緯を語った。 「7年浦和にいたので、個人的に一番長くいたクラブですし、良い意味でも悪い意味でも慣れたなという感じです。居やすい、居心地の良いクラブだったなと思います」 「自分の年齢を考えて、ここから移籍と考えたら、また1つ何かを自分の中で変えることがあるのかなと思ったので、そこが大きく決断した部分です」 前橋育英高校から大宮に入り、高卒のルーキー時代からキャリアを積む青木。31歳になった今、新たな挑戦に向けて一歩を踏み出した。 FC東京とは何度も対戦しているが、印象については「個人的なイメージは梶山さんが印象に残っていて、上手いな、強いなと。自分の中では天才的な部分があったので、凄いなと思っていて、その印象が強いです」とコメント。2018年に現役を引退したFC東京のレジェンド・梶山陽平のイメージが強いという。 そのFC東京のサポーターに見てもらいたいポイントについては「バランスを取ってというのが第一で、他に付加価値として縦パスやロングフィードというのができると思います。そこをプラスアルファで見てもらえたらと思います」とコメント。中盤でバランスをとりながら、攻守に絡むプレーを見せたいと語った。 青木は中盤でのボール奪取能力に優れ、気の利いたポジショニングで攻撃の芽と摘み取る一方、正確なパスやフィードで攻撃の起点にもなる。 [4-3-3]のシステムではアンカーに入る可能性もあるが、そのポジションについては「去年はやっていないんですが、その前2年ぐらいはアンカーをやっていました」とコメント。「その時は僕自身も手応えがあったので、守備の部分でも攻撃の部分でも良い立ち位置を取って、どっちにも関与できることが強みだと思うので、そこを出していきたいと思います」と語り、FC東京でも強みを出したいと語った。 2021.01.26 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

目指すはリーグ制覇、FC東京の長谷川健太監督は攻撃陣について「いかにハーモニーを奏でるか」

25日、FC東京が2021シーズンに向けた新体制発表会を実施した。 ユニフォームサプライヤーがニューバランスになり初めてのシーズンを迎えるFC東京。新体制発表会はファッションショーのスタイルでランウェイが用意されるスタートとなった。 2020シーズンはYBCルヴァンカップを制し、長谷川健太体制で初タイトルを獲得。初のJ1制覇を目指すチームは、要所で実力ある選手を補強。MF青木拓矢(←浦和レッズ)、MF渡邊凌磨(←モンテディオ山形)、GK阿部伸行(←AC長野パルセイロ)を獲得した。 新シーズンに向けて始動したFC東京。長谷川健太監督が、新体制発表会後に取材に応じ、新シーズンに向けてコメントした。 まずは目標に掲げたリーグ制覇について。最も大事なものは「チーム力というところが一番大事だと思います」とコメントした。 新人以外では3選手の補強に終わっているが「今シーズンは大きな補強という部分はなかったですが、足りないポイントで非常に良い補強ができていると思いますし、若手も非常に良い選手が入ってくれたと思っています」とコメント。チーム力の向上はできていると考えているようだ。 また。「少数精鋭でチーム力を高めていくというところが一番のポイントになるのではないかと思います」とし、昨シーズンからの継続路線で、チームの精度を上げていく考えを明かした。 一方で、昨シーズンはFWディエゴ・オリヴェイラに加えて、MFレアンドロ、MFアダイウトンとブラジル人トリオの躍動が期待されたが、大きな得点力像には至らなかった。 今シーズンについては「チーム力とコンビネーションをいかに上げていくかが大事じゃないかなと思っています」とコメント。「メンバーが大きく変わらない。特に攻撃陣に関しては変わらないので、誰が出てもチームとしてしっかりとコンビネーションできるというところが得点を取るところで非常に大事だと思っています」と語り、チームとしての攻撃の形を作っていくことが大事だと語った。 また、「もちろん個の能力も非常に点を取る上では大事ですが、個の能力を持っている選手は揃っていると思っているので、そういった選手がいかにハーモニーを奏でることができるか。そこがポイントになると思っています」とし、個の能力とチーム力の融合が大事だと見解を語った。 25日に始動し、26日からはキャンプへと入る。初日に選手たちにかけた言葉としては「スタートが大事だと思いますので、今日は選手にリーグのスタートが大事だ。そのために、あと5週間しかないので今日の練習から100%でやろうと話をしました」とコメント。「選手たちも非常に反応良く、良いトレーニングができたと思います」と語り、良いスタートを切るための準備をしっかりと進めて行くと誓った。 2020シーズンはYBCルヴァンカップを制したが「1つタイトルを獲るということは、チームに自信を与えると思います」とコメント。一方で、「それが過信に繋がり、油断になってしまったら何にもならないと思うので、掴みかけた自信を確信に今シーズンは変えないといけない」とし、過信せずにしっかりと今シーズン戦う必要があるとコメント。「そのためにはリーグチャンピオンというタイトルが必要だと思っています」とし、タイトルを獲ることでチームが向上していくと語った。 2020シーズンは[4-3-3]や[4-4-2]、[4-2-3-1]と相手に合わせてシステムを変更。試合中でも多く変更する場面が見られた。 今シーズンについては「昨シーズン終盤を見ていただければというところだと思っています。ディエゴ(・オリヴェイラ)がケガでACL途中から出られませんでしたが、ディエゴ、レアンドロ、アダイウトンに永井と田川、そして今シーズンは紺野あたりがしっかり絡めるかどうかだと思っています」とし、攻撃陣の軸は昨シーズンと変わらないとした。 また「それぞれの特徴があると思います。昨シーズンはブラジル人3人が絡めばというところでした」と、ブラジル人選手の出来に左右されていたとコメント。「永井とブラジル人の関係も良かったと思いますが、プラスアルファで田川や紺野が出た時に、チームとして攻撃の形を1つ作っていけるかどうかが大事になると思っています」とし、今シーズンは新たな形も作る必要があるとした。 加えて、「今シーズンも5人交代、連戦が多いということで、同じメンバーで試合を行うことは非常に難しくなります。そういう1人、2人変わったとしても攻撃のクオリティが落ちないというところが、勝ち点を取っていく上では大事だと思っています」とし、選手が入れ替わってパフォーマンスが落ちないことが大事とし「プラスアルファのコンビネーションをしっかり構築できるかどうかが非常に大事になると思っています」と、バリエーションが増えることがリーグ制覇に必要だとした。 2021.01.26 07:45 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京が背番号発表! アルトゥール・シルバと品田愛斗がそれぞれ「2」と「18」を継承

FC東京は25日、2021シーズンにおける各選手の背番号が決定したことを発表した。 昨季は6位と目標には届かなかったFC東京。長谷川健太監督体制4年目を迎える中、浦和レッズのMF青木拓矢やモンテディオ山形のMF渡邊凌磨を補強。また、昨シーズンに期限付き移籍で加入し、明治安田生命J1リーグで26試合9ゴールの成績を残したMFレアンドロを鹿島アントラーズから完全移籍で獲得した。 新シーズンの背番号としては、昨年8月にハノーファーへ移籍したDF室屋成の2番をMFアルトゥール・シルバが継承。また、同年7月にロシアのロストフへ移籍したMF橋本拳人の18番は、生え抜きのMF品田愛斗が着用することになった。 その他、退団したDF丹羽大輝が着けていた5番は空き番となっている。 ◆FC東京登録選手一覧 GK 1.児玉剛 13.波多野豪 16.阿部伸行←AC長野パルセイロ/完全 33.林彰洋 41.野澤大志ブランドン DF 3.森重真人 4.渡辺剛 6.小川諒也 22.中村拓海 25.蓮川壮大←明治大学 29.岡崎慎 34.大森理生←FC東京U-18/昇格 37.中村帆高 49.バングーナガンデ佳史扶(カシーフ) MF 2.アルトゥール・シルバ※背番号変更「45」 7.三田啓貴 8.高萩洋次郎 10.東慶悟 14.内田宅哉※背番号変更「28」 15.アダイウトン 18.品田愛斗※背番号変更「44」 20.レアンドロ 21.青木拓矢←浦和レッズ/完全 23.渡邉凌磨←モンテディオ山形/完全 31.安部柊斗 38.紺野和也 FW 9.ディエゴ・オリヴェイラ 11.永井謙佑 27.田川亨介 2021.01.25 20:40 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly