今夏レアルからインテル移籍のハキミ、代理人が裏側を明かす「ナポリは契約を望んでいた」

2020.11.24 20:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)の代理人が移籍秘話を明かしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。

レアル・マドリーの下部組織出身のハキミは、2018年夏にドルトムントへ2年間のレンタル移籍を経験。昨シーズンは公式戦45試合に出場して9ゴール10アシストの数字を収め、2年間の武者修行を終えていた。

今夏マドリーへ復帰したものの、ジネディーヌ・ジダン監督の構想には含まれず。その結果、4000万ユーロ(約49億5000万円)の移籍金でインテルへと完全移籍し、活躍の場をイタリアへ移した。

ハキミの代理人であるアレハンドロ・カマーニョ氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』の取材に応じ、ハキミの新天地での現状を説明するとともに今夏ナポリからも関心があったことを明かしている。

「ハキミがベストパフォーマンスを見せるには、もう少し時間が必要だろう。彼は冷静だ。イタリアのサッカーは複雑だが、彼はすでにクオリティを発揮している。彼はリズムと確かな技術を持っている」

「ナポリは彼との契約を望んでいた。だが、今ではトップチームであるインテルの選手だ」

ハキミはインテル加入後、ここまで公式戦10試合出場して1ゴール3アシストを記録している。


コメント
関連ニュース
thumb

VAR判定の末…!ビダルが蹴り込んだインテル移籍後初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが決めたインテル移籍後初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ビダルがVAR判定の末に勝ち取ったインテル初ゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzNE9SUFFySiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> レバークーゼンで頭角を現したビダルは、ユベントス、バイエルン、バルセロナとメガクラブを渡り歩き、2020年夏にインテルに加入。セリエA復帰を果たしている。 南米らしいファイタータイプのMFとして、攻守に存在感を発揮するビダルだが、2021年1月13日に行われたコッパ・イタリアのラウンド16、フィオレンティーナ戦では、記念すべきインテル移籍後初ゴールを決めている。 0-0で迎えた40分、相手陣内中央でボールを持ったMFクリスティアン・エリクセンが強烈なロングシュートを放つ。これはGKに弾かれるも、こぼれ球に詰めたFWアレクシス・サンチェスがGKと交錯しながらシュート。 このシュートはポストに跳ね返り、しばらくプレーが続行されたものの、審判がサンチェスとGKが交錯したシーンについて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定に入る。判定の結果、インテルにPKが与えられた。 この場面でキッカーを務めたビダルは、ゴールど真ん中にシュートを蹴り込み、インテル移籍後初ゴールを記録した。 試合はこの後。フィオレンティーナが追いつき、延長戦までもつれる展開に。しかし、終了間際の119分、インテルが勝ち越しに成功し、2-1でフィオレンティーナを破っている。 <span data-sg-movie-id="670" data-sg-movie-title="【復帰後初!】インテルのビダルが蹴り込んだイタリア復帰後初ゴール"></span> 2021.01.27 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルにとって約3年ぶり、ダービーで劇的FK弾を決めたエリクセン「僕にとって完璧なゴールになった」

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、今シーズン公式戦初ゴールを喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 エリクセンは2020年1月にインテルに加入したものの、アントニオ・コンテ監督の戦術にフィットせず、出場機会が減少。今シーズン先発出場はわずか4試合しかなく、リーグ戦直近3試合は出番すらなかった。 こうした状況を受け、移籍の噂が数多く浮上していたエリクセンだったが、26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のミラン戦も終盤の88分から出場。すると、同点の状況で迎えた後半アディショナルタイム7分に得意のFKから劇的逆転弾を決め、チームを勝利に導いた。 今シーズンの初ゴールがミラノ・ダービーでの貴重な決勝弾となったエリクセンは、試合後のインタビューで喜びを露わにしている。 「本当に嬉しいよ。僕はいつも与えられた時間を最大限に活用したいと思っていた。しっかりとした準備をしていたんだ。僕にとってこのFKからの得点は、完璧なものになったね」 「ミランとの一戦が難しい試合になることは、試合前から分かっていた。タフな試合だったが、次のラウンドに進むことができて満足している」 「この勝利を、生まれたばかりの娘と家族に捧げたい。それから、応援してくれるすべてのファンにもね」 なお、インテルにとってFKによる得点は、2018年4月に挙げたDFジョアン・カンセロのゴール以来となる。その間に訪れた55回のチャンスは決めることができず、約3年ぶりの得点となった。 2021.01.27 13:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービーマッチでバチバチのズラタン&ルカク きっかけはイブラの挑発か「お前の母親とブードゥーでもやってろ」

26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝、インテルvsミランのミラノ・ダービー。劇的な展開でインテルが2-1で逆転勝利を収めたが、前半には両チームのエースがやりあう場面もあった。 43分、右サイドでボールを持ったインテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが、ミランのイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリのチャージで倒されると、ルカクがロマニョーリに詰め寄る。 すると、そこにミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチも近寄りルカクに対して言葉を発すると、これにルカクは激高。イブラヒモビッチも引き下がらず、190cmを超える両者が頭を突き合わせながら睨みあった。 イタリア『フットボール・イタリア』によれば、イブラヒモビッチは「お前の母親とブードゥーの儀式でもやってろ」と挑発。 ブードゥーとは呪術的宗教の1つであり、ルカクがエバートンを退団した際には、エバートンの筆頭株主であるファルハド・モシリ氏が「ルカクはブードゥーの導きで退団した」と話し、話題になっていた。(後にルカクはこの話を否定) それに怒ったルカクは、「来いよ!」と応戦。さらにイブラヒモビッチが挑発を続けると、「お前の母親と嫁はクソだな」と反撃したという。 マンチェスター・ユナイテッド時代には同僚であった2人には、ともにイエローカードが提示されている。なお、イブラヒモビッチは後半に犯したファウルで2枚目のイエローを貰い、退場処分となっている。 <div id="cws_ad">◆迫力が凄い…190cmを超える2人のもみ合い<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Zlatan and Lukaku are going at it <a href="https://t.co/yMLFI72tiz">pic.twitter.com/yMLFI72tiz</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1354166676128997383?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.27 12:31 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラノ・ダービーで劇的勝利のインテル、コンテ監督が喜びの声「我々にとって幸せなこと」

インテルのアントニオ・コンテ監督がミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは26日、コッパ・イタリア準々決勝でミランと対戦。前半は相手FWズラタン・イブラヒモビッチに先制ゴールを許すも、58分にそのイブラヒモビッチが2枚のイエローカードを受けて退場。ここからインテルが息を吹き返す。 71分にFWロメル・ルカクのPKで同点に追いつくと、後半終了間際にボックス手前左のFKのチャンスを得る。これを、途中出場したMFクリスティアン・エリクセンがゴール左に決め、2-1としたインテルが劇的な展開で準決勝進出を決めた。 試合後、コンテ監督は、ミラノダービーでの勝利、そしてコッパ・イタリア準決勝進出の喜びを噛み締めた。 「我々は2年連続でコッパ・イタリア準決勝に進出することができた。選手たちは試合開始から正しいプレーをしていたし、ミランのような強豪チームに勝てたことは、我々にとって幸せなことだ」 また、コンテ監督は見事な決勝弾を決めたエリクセンの去就についても言及。チームに残留するということを強調し、素晴らしい選手だと称賛した。 「1カ月前から言っているように、これが我々のチームだ。クリスティアン(・エリクセン)については、ブロゾビッチに代わる戦術的な選手、プレイメーカーになるために努力している。彼はクオリティがあるし、サッカーの観点から見ても非常に知的だ」 「彼はプロジェクトの一部であり、ゴールを決めたことを喜ばしい。彼は少しシャイだが、このゴールが彼の助けになることを願っている。彼は良い青年だから、我々は皆、彼に頑張ってもらいたいと思っている」 「彼はチームの一員なので、我々は彼から目を離さないようにしている。最後の最後までハードワークを続け、ここへ共に来られたことに満足している」 チームを率いて1年半が経過したコンテ監督は、最後にここまでのチームを振り返り、決意を新たにした。 「私は偏見を持っているので、評価は他の人にやってもらったほうがいい。自分を取り巻く期待が大きいことは理解しているが、チャレンジする必要もあることを忘れがちだ。統計的な観点から見ると、インテルは大きな数字を残している」 「他のクラブと違って、インテルに関しては、グラスの半分が満たされているというより半分が空だと見る傾向があると私は感じる。我々はただハードワークをして、改善し続ける必要がある。もう少し時間が必要だがね」 「この奇妙な1年は困難が多かったにもかかわらず、我々は正しい方法で対応していた。インテルのシャツのためにすべてを捧げているこのチームを率いることができて、誇りに思うよ」 2021.01.27 12:03 Wed
twitterfacebook
thumb

不遇のエリクセンが劇的FK弾でインテルがベスト4、ミランはイブラの退場が響く《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、インテルvsミランのミラノ・ダービーが26日に行われ、2-1でインテルが逆転勝利してベスト4入りした。 初戦のフィオレンティーナ戦を延長戦の末に勝ち上がったインテルと、トリノ戦をPK戦の末に勝ち上がったミランのダービー。 リーグ戦で2位に付けるインテルはラウタロやハキミ、バストーニらがベンチスタートとなったもののほぼベストメンバーで臨み、ルカクとサンチェスの2トップで挑んだ。 対するリーグ戦首位のミランもカラブリアや出場停止のドンナルンマらを除いてほぼベストメンバーで臨み、イブラヒモビッチを最前線に、2列目には右からサーレマーケルズ、ディアス、レオンと並べた。 オープンな入りとなった中、ミランは20分にアクシデント。ケアーが負傷し、新戦力のトモリが投入された。 徐々に押し込む展開としていったインテルは24分に決定機。ボックス右でパスを受けたルカクがDFを背負いながらオンターゲットのシュートを記録したが、GKタタルサヌの好守に阻まれた。 しかし32分、ミランが先制する。メイテのヘディングでのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがコラロフの寄せの甘さを突いて右足を振ると、左ポスト内側に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 先制されたインテルは37分、サンチェスのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前にいたテオ・エルナンデスの好ブロックに阻まれた。さらに追加タイム1分にはブロゾビッチが際どいボレーシュートを浴びせたが、1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半開始5分、サンチェスのボレーシュートでGKタタルサヌを強襲したインテルは、58分に数的優位となる。 前半にルカクとやり合ってイエローカードを受けていたイブラヒモビッチがコラロフを後方から倒して2枚目のイエローカードを受けて退場となった。 攻勢を強めるインテルはラウタロを投入すると、69分にバレッラがPKを獲得する。ボックス右で深く切り返すとレオンに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをルカクが決め、試合は振り出しに。 この後、主審が肉離れを起こすハプニングで中断するアクシデントがあった中、後半終盤にかけてもインテルが猛攻を仕掛ける。83分にハキミが、89分にラウタロがGK強襲のシュートを放つと、90分にはラウタロの左クロスに合わせたルカクのワンタッチシュートが枠を捉えたが、タタルサヌのビッグセーブに阻まれた。 このまま延長戦に突入するかに思われたが、追加タイム7分にインテルに劇的逆転ゴールが生まれる。ボックス手前左で得たFKを途中出場のエリクセンが直接狙うと、完璧なFKがゴール左に決まった。不遇のエリクセンの劇的弾で逆転としたインテルがダービーを制し、ベスト4入りを決めている。 2021.01.27 06:51 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly