1枚の写真で移籍の憶測が加速?ミランMFチャルハノール、今季終了後にユベントス行きか

2020.11.24 09:38 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(26)のユベントス移籍が急に騒がれ始めた。イタリア『カルチョメルカート』などが伝えている。チャルハノールは、2017年7月にレバークーゼンからミランへと加入。FKの名手と知られる中、ミランの中盤を支え、ここまで公式戦141試合に出場し27ゴール40アシストを記録している。

今シーズンもセリエA8試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも1試合に出場している状況だ。

そのチャルハノールだが、ミランとの契約は今シーズン限りで満了を迎える状況。年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の契約を結んでいるが、代理人が600万ユーロ(約7億4000万円)を要求していることもあり、契約延長交渉が進んでいない。

また、チャルハノールには、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、インテルなどのクラブが興味を示しており、このままでは来年1月から他クラブがフリーエージェントでの移籍に向けた契約が可能となる状況だ。

そんな中、1枚の写真により、ユベントスへの移籍が大きく噂されることになってしまう。

チャルハノールは、ユベントスのトルコ代表DFメリフ・デミラルとの2ショットを撮影。デミラルのインスタグラムのストーリーズにアップされていた。

ただ同胞と2ショットを撮っただけとも言えるが、現在の状況を鑑みて噂が拡大。デミラルが所属するユベントスへ移籍するのではないかとの憶測が高まってしまった。

何れにしても、今年中にミランと契約延長を行わなければ、他クラブが交渉可能となる状況。果たして、チャルハノールは来季どこでプレーするのだろうか。

◆憶測を加速させた2ショット
コメント
関連ニュース
thumb

マンジュキッチがミラノに到着! 18日にメディカルチェックを受診か

ミランへの加入が噂される元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)が、メディカルチェックを受診するためミラノに到着したようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 ミランはケガで先日まで離脱しており、39歳という年齢も気になる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに代わる選択肢をステファノ・ピオリ監督に与えることを検討しており、フリーのマンジュキッチと交渉していた。 今回の報道によれば、マンジュキッチは17日の夜にプライベートジェットでミラノ・リナーテ空港に到着。空港で待ち構えていた記者団の前に姿を現したという。その後、すぐにホテルへ向かった同選手は、月曜日にメディカルチェックを受けるとのことだ。 また、同メディアによればマンジュキッチは、1年間の延長オプションが付随した半年契約を結ぶとのこと。なお、ミランが来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合、延長オプションの行使が義務となるようだ。 2015年6月にユベントスに加入したマンジュキッチは、在籍4シーズンでセリエA118試合に出場し、31ゴール13アシストを記録。マウリツィオ・サッリ前監督の構想外となった2020年1月にユベントスを退団すると、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。アル・ドゥハイルでは7試合で1ゴールの成績を残していたが、7月に退団していた。 2021.01.18 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、チャルハノールとテオ・エルナンデスがコロナ感染…今年に入って4人に

ミランは17日、トルコ代表MFハカン・チャルハノールとフランス代表DFテオ・エルナンデスが新型コロナウイルス検査で陽性だったことを発表した。 2人はすでにチームから隔離されており、他の選手やスタッフは全員陰性だったとクラブは併せて伝えている。また、両選手とも無症状で、プロトコルに則って厳密な監視下に置かれていることも明かされている。 ミランでは先日6日に、クロアチア代表FWアンテ・レビッチとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチもコロナ感染が判明しており、18日のセリエA第18節のカリアリ戦をはじめ、第19節のアタランタ戦、その先にはインテルとのコッパ・イタリアも控える中で、大きな痛手となってしまった。 2021.01.17 18:43 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッドDFダロト獲得を検討か

イギリス『インデペンデント』によると、バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)の獲得を検討しているようだ。 ダロトは2018年夏にポルトからユナイテッドに加入。だが、ケガの影響もあり十分にアピールできず、昨季の公式戦出場はわずか11試合。今季はレンタルでミランに移籍している。 ミランでもここまで出場機会の確保に苦しんでいるが、そんなダロトをバルセロナが注目している模様。バルセロナではDFセルジ・ロベルトが11月下旬の試合で太ももを負傷し長期離脱中。その間、右サイドバックはアヤックスから新加入のDFセルジーニョ・デストが務めているが、パフォーマンスに満足していないという。 バルセロナは1000万ポンド(約14億円)で獲得できると見込んでいるようだが、果たして今冬の移籍を実現するのだろうか。 2021.01.17 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、トリノからフランス人MFメイトを買取OPで獲得!

ミランは15日、トリノから元U-20フランス代表MFスアリオ・メイテ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年6月30日までとなり、背番号は「18」を着用する。 オセールの下部組織で育ったメイテは、2011年7月にファーストチーム昇格を果たすと、リールやズルテ・ワレヘム、モナコ、ボルドーでプレーした後、2018年7月にトリノへ完全移籍で加わった。 加入初年度から屈強なフィジカルを活かしたボール奪取を武器に主力の座を射止め、在籍2年半で公式戦通算94試合に出場して3ゴール7アシストを記録。しかし、移籍の憶測が飛び交うようになり、今年に入ってからは欠場が続いていた。 なお、イタリア『スカイ』によれば、ミランが買い取りオプションを行使した場合は最大1000万ユーロ(約12億5000万円)の取引になると伝えている。 2021.01.16 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。 だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。 現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。 伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。 2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly