バジャドリー、スペイン人MFフェデと2023年まで契約延長

2020.11.24 07:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バジャドリーは23日、スペイン人MFフェデ(23)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。“フェデ”に愛称で知られるフェデリコ・サン・エメテリオ・ディアスは、10歳の頃にラシン・サンタンデールの下部組織に入団。2013-14シーズンにトップチームに登録されると、2014年1月に16歳でプロデビュー。その後、セビージャ傘下のセビージャ・アトレティコでのプレーを経て、2018年8月にバジャドリーに3年契約で加入。


加入初年度はグラナダへレンタル移籍に出されたが、昨夏に復帰すると2019年8月25日のレアル・マドリー戦で、念願のラ・リーガデビュー。今季はここまでラ・リーガ8試合に出場している。
関連ニュース
thumb

主力多数不在のマドリーがリーグ4連勝! 守護神クルトワの再三の好守にカゼミロがさすがの勝負強さ発揮!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第24節、バジャドリーvsレアル・マドリーが20日にホセ・ソリージャで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。   前節のバレンシア戦ではベンゼマとクロースのゴラッソで2-0の快勝を収め、前回対戦で惨敗したバレンシアにリベンジを達成した2位のマドリー(勝ち点49)。直近3連勝中と好調を維持するチームは、来週ミッドウィークにアタランタとのチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16初戦を控える中、降格圏の18位に沈むバジャドリー(勝ち点21)と対戦した。   そのアタランタ戦に向けて主力を温存したいジダン監督だったが、多くの離脱者によってバレンシア戦からのスタメンの変更は2人に留まる。さらに、スタメンを外れた2選手はいずれも負傷のカルバハルとベンゼマで、代役はルーカス・バスケスとマリアーノが務めることになった。   守備的に入ったホームチームを押し込む入りを見せたマドリーだったが、開始7分にいきなりピンチを迎える。右サイドを破ったバジャドリーにボックス内でオレジャナ、ヤンコに決定的なシュートを打たれたが、ここはGKクルトワが見事な連続セーブでチームを救った。   一方、マドリーは12分にアセンシオが右サイドから内へ切り込んで得意の左足を振り抜くが、このシュートは大きく精度を欠く。以降はメンディとヴィニシウスの左サイドでの仕掛け、モドリッチの相手守備のギャップを狙う際どいラストパスからゴールチャンスを窺う。   23分と30分にはモドリッチからのスルーパスに抜け出したマリアーノがゴールネットを揺らすが、いずれもわずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。その後、37分には相手GKマシプがボックスのギリギリ外の位置でボールを手で扱ったことで得たFKの場面でクロースの入れた正確なボールをカゼミロがダイビングヘッドで合わすが、これは枠を捉え切れなかった。   後半も試合展開に大きな変化はなし。そして、先に決定機を作ったのはまたしてもバジャドリー。55分、マドリーの自陣左サイド深くのスローインの流れでメンディが不用意に中へ折り返した浮き球のボールをオレジャナが渾身の右足ボレーで合わすが、このシュートはGKクルトワが見事な反応ではじき出した。   メンディの信じがたいイージーミスからのピンチを凌いだマドリーは、前半同様に深い位置までボールを運ぶものの、ベンゼマやアザール不在によるアイデア、クオリティー不足を露呈。そのため、ジダン監督は60分を過ぎてイスコ、ウーゴ・ドゥロ、アリーバスの3枚替えを準備する。だが、その交代策を行う直前に試合が動く。   65分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのクロースがファーサイドへ絶妙なクロスボールを送ると、大外から抜群のタイミングで内へ入ってきたカゼミロがこの試合3度目のフリーでのヘディングシュートを今度こそ枠に飛ばし、貴重な先制点を挙げた。   ベンゼマ、セルヒオ・ラモス不在の中で勝負強さ光るカゼミロの値千金の一撃でリードを手にしたマドリーは、当初のプラン通りにイスコ、ウーゴ・ドゥロ、アリーバスをピッチに送り込む。   以降はやや重心を後方に置いて逃げ切りを意識しつつ、移籍後初出場のウーゴ・ドゥロ、飛躍が期待されるアリーバスの若き力が追加点を狙う展開に。一度メンディの攻撃参加からゴール前に飛び込んだアリーバスに決定機が訪れるが、ここは相手DFの好守に阻まれた。   それでも、試合終盤にかけては次々にアタッカーを投入してきたホームチームの反撃を危なげなく撥ね返し続け、ウノセロで試合を締めくくった。そして、多数の主力を欠く中、守護神クルトワの好守とカゼミロの勝負強さで接戦をモノにしたマドリーがリーグ4連勝でCLアタランタ戦に弾みを付けた。 2021.02.21 06:57 Sun
twitterfacebook
thumb

残留を争うエイバルとバジャドリーの下位対決は痛み分け《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第23節のエイバルvsバジャドリーが13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は79分から出場した。 公式戦6試合勝利のない17位エイバル(勝ち点20)が、公式戦3連敗中の18位バジャドリー(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。リーグ戦6試合ぶりの白星を目指すエイバルは、乾が右サイドでスタメンを飾った一方、武藤は5試合ぶりのベンチスタートとなった。 残留を争う両チームの一戦は、開始早々にバジャドリーが先制する。6分、ボックス右から侵入したグアルディオラが縦への仕掛けでアルビージャのファウルを誘い、PKを獲得。このPKをロケ・メサがゴール右隅に沈めた。 先制を許したエイバルは19分、乾の左クロスを中央のキケ・ガルシアがワンタッチで落とすと走り込んだエスポジトがシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 同点のチャンスを逃したエイバルだったが、23分に左サイドから仕掛けたブライアン・ヒルのクロスをキケ・ガルシアが頭でゴール右に流し込み、試合を振り出しに戻した。 勢いづくエイバルは、29分にも乾の右クロスをファーサイドに走り込んだブライアン・ヒルが左足で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。 1-1で迎えた後半はエイバルがやや押し気味に試合を進めたが、再びゴールネットを揺らしたのはバジャドリーだった。60分、バイタルエリア右で獲得したFKからオラサがクロスを供給すると、ファーサイドに抜け出したM・アンヘルが流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。 勝ち越し点を狙うエイバルは、79分にキケ・ガルシアを下げて武藤を投入。すると90分、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けたブライアン・ヒルのサイドチェンジをボックス左で受けた乾にチャンスが訪れるもシュートはルイス・ペレスのブロックに阻まれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。残留を争う両者の一戦は痛み分けのドローとなった。 2021.02.14 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎先発のウエスカ、ラファ・ミルのハットで今季2勝目、パチェタ体制3戦目で初勝利《ラ・リーガ》

ウエスカは29日、ラ・リーガ第21節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。ウエスカのFW岡崎慎司は54分までプレーしている。 パチェタ体制2戦目となった最下位ウエスカ(勝ち点13)は前節、ビジャレアル相手にゴールレスドローとした。そのビジャレアル戦で先発したもののシュート0本に終わった岡崎が[3-5-2]の2トップの一角で2試合連続スタメンとなった。 16位バジャドリー(勝ち点20)に対し、開始2分にラファ・ミルが際どいコントロールシュートを浴びせたウエスカが良い入りを見せる。 自陣に引くバジャドリー相手にウエスカが押し込む展開とした中、22分には右CKからラファ・ミルがヘディングシュートを放つと、28分にもラファ・ミルが右クロスにヘッドで合わせたが、枠を捉えていたシュートはGKにセーブされた。 それでも37分、再三チャンスが来ていたラファ・ミルがゴールをこじ開ける。右サイドからのマフェオのクロスをファーサイドのラファ・ミルがヘッドで押し込んだ。 さらに45分にはルーズボールに反応した岡崎がボレーシュートで牽制したウエスカが前半を1点リードで終えた。 迎えた後半、開始5分にウエスカがリードを広げる。マフェオの浮き球パスに抜け出したラファ・ミルがボックス内に侵入し、DF2人をブロックしつつシュートを決めきった。 54分に岡崎がピッチを後にした中、3分後にラファ・ミルがハットトリックを達成する。ロングボールをラファ・ミルがヘッドで逸らし、これを受けたエスクリチェのリターンパスをボックス手前右で受け直したラファ・ミルが絶妙なコントロールシュートを蹴り込んだ。 ラファ・ミルの大活躍で試合の大勢を決めたウエスカは、終盤にかけても危なげなく試合を進める。追加タイムに失点したものの、3-1で快勝。パチェタ体制3戦目で初勝利とし、今季2勝目を挙げている。 2021.01.30 06:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ビルバオのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWがバジャドリーへレンタル

バジャドリーは28日、ビルバオからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWケナン・コドロ(27)を2021年6月30日までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表で9キャップを持つコドロだが、生まれはスペインで、ソシエダの下部組織からサッカーを始めた。だが、トップチームでは出場できず、オサスナやマインツ、グラスホッパー、コペンハーゲンを転々とし、ビルバオには2019年1月に加入した。 188センチのストライカーは初年度こそ、半年間でリーグ戦11試合に出場したが、2年目の昨季はラ・リーガ12試合、今季は3試合の出場にとどまっていた。 なお、かつてビルバオからバジャドリーにレンタル移籍したスペイン人FWアシエル・ビジャリブレは、昨季後半戦から少しずつ頭角を現し、今季はここまでラ・リーガ17試合に出場し2ゴール2アシストを記録。先日のバルセロナとのスーペルコパ決勝では、90分に同点ゴールを決め、延長戦での逆転勝利に貢献していた。 2021.01.28 19:39 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシがペレ超えのバルサ通算644ゴール! 新布陣も機能してバジャドリーに完勝《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第15節、バジャドリーvsバルセロナが22日にホセ・ソリージャで行われ、アウェイのバルセロナが0-3で勝利した。 前節、指揮官の古巣バレンシアとのシーソーゲームを2-2のドローで終えた5位のバルセロナ(勝ち点21)は連勝がストップ。降格圏に沈む18位のバジャドリー(勝ち点14)とのアウェイゲームでは、勝ち点3奪取が求められた。クーマン監督はこの一戦に向けて先発3人を変更。ブスケッツ、コウチーニョ、グリーズマンに代えてラングレ、デ・ヨング、ピャニッチを起用。また、今季初めてスタートから[3-5-2]の布陣を採用した。 立ち上がりはホームで勢いを持ったバジャドリーが続けてシュートを放つなど、相手に勝る入りを見せる。だが、時間の経過と共に新布陣になじみ始めたバルセロナは、デストとジョルディ・アルバの両ウイングバックが高い位置を取って良い形で攻撃へ絡んでいく。 そして、21分にはペナルティアーク付近の密集地帯をペドリとのパス交換で突破したメッシが左足のシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここは古巣対戦のGKマシプの好守に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの二次攻撃でメッシの丁寧な浮き球クロスに完璧なタイミングで飛び出したラングレのヘディングシュートが決まり、良い流れの中で先制点を奪い切った。 この先制ゴールで余裕を持った試合運びが可能となったバルセロナは35分に追加点を奪取。ボックス手前でメッシ、デ・ヨング、ピャニッチと細かく繋いでピャニッチの絶妙なスルーパスに抜け出したデストがボックス右から高速クロス。これをゴール前のブラースヴァイトがワンタッチで合わせた。 鮮やかな連携で課題の2点目を奪い切って試合を折り返したアウェイチームは、後半もストレスなくボールを動かして完全に試合の主導権を掌握。そして、後半もメッシが積極的にフィニッシュに絡んで元同僚の守るゴールを脅かす。 すると65分、ボックス手前でデ・ヨングから短いパスを受けたペドリが足裏を使った絶妙なショートスルーパスをゴール前にスペースに流すと、これに反応したメッシがすかさず左足を振り抜いてゴール右隅へ突き刺した。 そして、このゴールはメッシにとってバルセロナでの公式戦通算644ゴール目(749試合)となり、元ブラジル代表FWペレ氏(サントス)と並んでいた同一クラブでの最多得点記録を更新し、新記録を樹立した。 エースのメモリアルゴールで勝利を確実なモノとしたバルセロナはそれぞれカードをもらっていたアルバとデ・ヨングに代えてジュニオル・フィルポ、ブスケッツ、アラウホと殊勲のペドリに代えてユムティティ、コウチーニョと積極的に交代カードを切っていく。 その後、選手交代の影響か、オレジャナ、キケ・ペレスに続けて決定的なシュートを打たれる場面があったものの、ここはGKテア・シュテーゲンが見事な連続セーブで凌いで事なきを得る。これで気を引き締め直したチームはここから冷静にゲームをコントロールし、敵地で3-0の完勝。 新布陣の機能性、ピャニッチらの活躍が光る実りある内容で2戦ぶりの白星を手にした。 2020.12.23 07:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly