元南アフリカ代表DFエンゴンカ氏が自動車事故で死去…享年33歳

2020.11.24 00:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元南アフリカ代表DFアネレ・エンゴンカ氏(33)が死去した。

母国のFCフォーチュン(現ウェスタン・プロヴィンス・ユナイテッド)でプロデビューしたエンゴンカ氏は、2007年にヘンクへ移籍。その後、トロワでのプレーを経て、FIFAクラブワールドカップにも出場した母国の強豪マメロディ・サンダウンズに加入。直近にはアマズルFCへのレンタル移籍が決まっていたが、クラブから正式発表はされていなかった。

2009年に初招集を受けた南アフリカ代表キャリアにおいては2010年に母国開催となった南アフリカ・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出。通算52キャップを記録していた。

9年間在籍した古巣のヘンクは23日にクラブ公式ツイッター(@KRCGenkofficial)で「アネレ・エンゴンカから悲しいニュースが届いた。彼は自動車事故で亡くなった。エンゴンカはヘンクで通算279試合に出場していた。彼の家族や友人の皆様、心よりお悔やみ申し上げます」とエンゴンカ氏の他界を報告するとともに、悼んだ。

なお、『ESPN』によればエンゴンカ氏は23日早朝、友人と南アフリカのムツンジニ近くの高速道路を走行中にコントロールを失い横転。この事故により、同氏は命を落とし、運転していた友人は重傷で病院へ緊急搬送されたという。

関連ニュース
thumb

伊東が決勝点をアシスト!後半AT弾でラピド・ウィーンを下したヘンクが白星発進《EL》

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節のラピド・ウィーンvsヘンクが16日に行われ、0-1でヘンクが勝利した。ラピド・ウィーンのFW北川航也はベンチ入りも出場せず、ヘンクのFW伊東純也はフル出場した。 ウクライナのゾリャを下してグループステージ進出を決めたラピド・ウィーンと、チャンピオンズリーグ(CL)予選で敗退したヘンクが激突したグループステージ初戦。ラピド・ウィーンの北川はベンチスタート、ヘンクの伊東は3トップの右で先発出場した。 一進一退の立ち上がりからとなった中、ヘンクは14分にチャンスを迎える。左サイドを突破したアルテアガのクロスをボックス中央で受けたオヌアチュがワントラップから左足で狙ったが、シュートはゴール右に外れた。 その後も互いに決定機がないまま時間が経過。そんな中、ヘンクは41分に伊東の縦パスをボックス右で受けたオヌアチュが縦に切り込みシュートを狙ったが、これも枠を捉えられない。 迎えた後半、先に決定機を作ったのはホームチームだった。62分、T・フォンタスのロングフィードに反応したカラがボックス右深くまで持ち上がりシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。 対するヘンクは、65分に伊東が積極的なミドルシュートでゴールを脅かすも、わずかに枠の上。それでも68分、左サイドからカットインしたトレゾールの横パスをペナルティアーク内のトールストヴェットがヒールで流すと、ボックス右に抜け出した伊東の折り返しからオヌアチュがゴールネットを揺らした。 ヘンクの先制かと思われたが、VARによる検証の結果、トールストヴェットのパスに抜け出した伊東がオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 0-0のまま試合は最終盤に突入。このままタイムアップかに思われたが、後半アディショナルにドラマが生まれる。92分、右サイド強引に突破した伊東がクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したオヌアチュが右足で流し込み、ゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。ヘンクが劇的勝利で白星スタートを切った。 2021.09.17 04:08 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也のスーパーゴールがベルギーリーグの月間最優秀ゴールに選出!

ヘンクに所属する日本代表MFの伊東純也のゴールがジュピラー・プロ・リーグの8月の最優秀ゴールに選出された。 伊東は8月14日にホームで行われた第4節のルーヴェン戦に右ウイングで先発出場。2-0で迎えた77分に、味方との連続したワンツーでバイタルエリア中央を崩しにかかり、右サイドから中に絞っていった伊東は、テオ・ボンゴンダがヒールで落としたボールに左足ダイレクト。これがゴール左に決まり、見事な連携からゴールを奪い、4-0の大勝に貢献した。 ベルギー『HLN』で本人も「恐らく僕にとってヘンクでのベストゴールです。いい攻撃でしたし、ゴールできてよかったです」と語っていたが、ジュピラー・プロ・リーグの公式ツイッターが「このチームゴールが今シーズン最初のbwin月間最優秀ゴールです」と8月の最優秀ゴールに選出した。 ベルギーでの4シーズン目を迎えている伊東は、今シーズンここまで公式戦9試合に出場して1ゴール1アシスト。リーグでは6試合で1ゴールの数字を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】月間最優秀ゴールに選ばれた伊東純也のゴールはこちら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This teamgoal is your first bwin &#39;Goal of the Month&#39;! <a href="https://twitter.com/hashtag/jupilerproleague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jupilerproleague</a> <a href="https://t.co/GsfX3FkwMM">pic.twitter.com/GsfX3FkwMM</a></p>&mdash; Pro League (@ProLeagueBE) <a href="https://twitter.com/ProLeagueBE/status/1437347823977119746?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘薫がベルギーデビューで伊東純也とのマッチアップも! 日本人対決は土壇場ゴールでサン=ジロワーズが追いつきドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

12日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節のヘンクvsユニオン・サン=ジロワーズが行われ、1-1の引き分けに終わった。 ヘンクの日本代表FW伊東純也は右ウイングで先発出場。後半アディショナルタイムに途中交代している。また、サン=ジロワーズのMF三笘薫は加入後初のベンチ入り。82分にダミアン・マルクと代わってデビューを果たし、10分程度の日本人対決が実現した。 試合は14分、サン=ジロワーズがカウンターからチャンス。スルーパスに抜け出たダンテ・バンゼイルがドリブルで持ち込むと、そのままボックス内でシュート。しかし、GKマールテン・ヴァンデヴォールトがセーブする。 ヘンクはその直後、右サイドでパスを受けた伊東がドリブルでカットイン。そのままボックス内に持ち込もうとすると浮き球のパス。これをポール・オヌアチュが上手くコントロールし、反転シュート。しかし、右ポストに嫌われてしまう。セカンドボールを繋ぎ、テオ・ボンゴンダがシュートも、これも入らない。 サン=ジロワーズは23分、左CKからのクロスがニアでフリック。ファーサイドでヨナス・バガーが合わせるが、枠に飛ばない。 ヘンクは30分、相手陣内でパスをカット。伊東のパスを受けたダニエル・ムニョスがボックス右からクロス。これをオヌアチュがボックス中央でヘディングも、わずかに枠を捉えられない。 36分には伊東に決定機。右サイドで受けるとカットインしながらパス。リターンをボックス内でフリーで受けシュートも、枠を超えていく。 最大のチャンスを逸した伊東。すると42分にはサン=ジロワーズがビッグチャンス。カウンターからのロングボールを敵陣で競り勝つと、バンゼイルがサイドを変えるパス。これをフリーで受けたデニス・ウンダブが、飛び出るGKを越すループシュート。しかし、シュートは枠を外れていく。 ゴールレスで終わった前半。後半もヘンクが攻め込むと70分に決定機。斜めのパスをオヌアチュがダイレクトヒールで叩くと、抜け出たボンゴンダがGKと一対一に。これに反応したヨナス・ベアが対応して事なきを得るが、VARが介入。オン・フィールド・レビューの結果、ファウルとみなされヘンクにPK。ベアは一発レッドカードで退場となった。ヘンクはこのPKをオヌアチュがしっかりと決め、苦しみながらも先制する。 決定機を生かせず、PKで失点し数的不利となったサン=ジロワーズ。それでも諦めず、80分にはボックス内でパスを受けたウンダブがトラップから反転ボレーもGKがセーブする。 点が欲しいサン=ジロワーズは82分に三笘を投入。その三笘は84分にFKからパスを受けると、得意のドリブルでボックス内に侵入。相手をかわして折り返し、最後はイスマエル・カンドゥスがボックス内からシュートも、枠を外れる。 86分には日本人マッチアップも。サン=ジロワーズがカウンターを仕掛けると、左サイドに回っていた伊東が守備対応。三笘がドリブルで抜きにかかるが、伊東がしっかりと防ぐ。 その後も攻め込むサン=ジロワーズだが、ゴールを奪えず。このまま1-0でヘンクが勝利すると思われた中、95分に左CKからのクロスをニアサイドでウンデブがヘッド。これがファーサイドのネットを揺らし、サン=ジロワーズが土壇場で同点に。歓喜の輪に三笘も加わり、1-1のドローに終わった。 ヘンク 1-1 サン=ジロワーズ 【ヘンク】 ポール・オヌアチュ(後28)[PK] 【サン=ジロワーズ】 デニス・ウンダブ(後50) 2021.09.13 10:56 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝点をアシストの伊東純也「最後のアイデアの部分はもう少し必要」、サウジ戦は出場停止も「チームのサポートをしたい」

日本代表のMF伊東純也(ヘンク)が、中国代表戦を振り返った。 7日、日本はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦で中国代表と対戦した。 初戦のオマーン代表戦をホームで0-1と落としている日本。必勝で臨んだ一戦は、序盤から日本が主導権を握り攻め込む展開となる。 [5-3]のブロックを作りなかなか崩させない中国だったが、40分に右サイドを伊東が突破。そこからクロスを上げると、FW大迫勇也が合わせてゴール。この1点を守り切り、0-1で勝利を収め、最終予選初白星を飾った。 試合後、メディアのオンライン取材に応じた伊東はアシストのシーンについて振り返り「あそこで受けたときにいつもカバーがいたんですが、シンプルに一対一だったので、縦に仕掛けてクロスを上げるというのがうまくいきました」とコメント。隙をしっかりと突いていけたと振り返った。 初戦で敗れて臨んだ一戦。非常に高いメンタリティを感じた試合だったが、「初戦で負けてしまって、今日は絶対勝たなければいけない中で、勝ち点3を取れたことはよかったです」とコメント。「攻撃の部分ではもっと質を高められたと思います」と反省の言葉を述べたが、「切り替え、守備の部分は良かったので、そこは継続して、次集まるときはもっとパフォーマンスが上がればと思います」と10月はより良い戦いを見せたいと語った。 相手が5バックで来たことは戦前の予想とは異なったはずだが「5バックというのは試合前にちょっとわかったので、試合始まるまでに少し守備のハメ方とかを話して臨みました」と試合直前にしっかりと対策できたと語った。 オマーン戦後にはもっと仕掛けたいと語っていた伊東。アシストシーンはしっかりと仕掛けた中でのプレーとなったが「サイドで受けられた時は何度か良い形を作れていましたし、裏に抜けたのも合えばというのが何回かあったので、合わせられればチャンスになったと思います」と語り、しっかりと仕掛けられたと語った。 この試合の課題については「チャンスは多く作れていたと思いますし、決定力の部分、最後のアイデアの部分はもう少し必要かなと思います」とコメントした。 その伊東は累積警告で次節のサウジアラビア代表戦で出場停止に。「しょうがないというか、イエローカードはもらうタイプではないですが、2試合でもらってしまいました」と語り、「総力戦だと思うので、誰が出ても勝たないといけないですし、そこはしっかりチームのサポートをしたいと思います」と、ピッチに立てずともチームの力になりたいと語った。 2021.09.08 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「もっと積極的に仕掛けても良かった」とオマーン戦を振り返るMF伊東純也、中国戦は「絶対にあのような思いはしたくない」

7日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦の中国代表戦を控えている日本代表。負けられない一戦に臨む気持ちは強い。 2日に行われたオマーン代表との初戦。W杯最終予選で初出場となったMF伊東純也(ヘンク)は、6日のオンライン取材に応じ、オマーン戦の戦い方を改めて振り返った。 「ハーフタイムにも酒井(宏樹)くんと話しましたが、サイドバックがもう少し高い位置をとった方が良いという話はしました」 また、森保一監督とも試合後に話したと言い「コンビネーションとかうまくサイドバック、トップ下の選手とできればと良かったです」とコメント。また「監督と個人的にも話しましたけど、自分たちの良さが出せなかったというのがありますし、個人としてもサイドに張るのかとか、中に入ってやるのかというのがハッキリしなかったので、そういった部分を話したりして、より自分の良さを出せるようにというのはあります」とコメント。「攻撃も守備もポジショニングについて話しました」と、自身を含め、サイドのポジショニングは改善ポイントがあるとした。 オマーン戦では積極的なプレーが見られず、カットインをして中に切れ込むシーンもほとんどなかった。「中を締められていたというのもありましたけど、もっと積極的に仕掛けても良かったと思います」とコメント。オマーン戦を受けて、中国戦で変えたい部分については「ちょっと仕掛ける場面も少なかったので、無理な体勢でも貪欲に仕掛けていこうかなという意識です」と、仕掛けを増やしたいと語った。 7日の中国戦に向けては、中国代表の映像を共有しているという日本。「映像は共有していますし、フォーメーションとかも日本戦に向けてどうやってくるかわからないですが、今までの傾向は見て、しっかりイメージは作っています」と情報入れている様子。その中国戦での狙うポイントについては「引いた相手にはサイドを攻略するのが一番だと思います」と語り、「この前のオマーン戦もそうですが、ボックスに入るシーンが少なかったので、そこに入るランニングやドリブルを増やしていきたいと思います」と、ゴールに近い位置でプレーする意識を高めたいとした。 コンディション面についてはオマーン戦よりも良いと語る伊東。「体は1戦目よりコンディションは良いと思います。心は、負けられないので、切り替えています」と語った。その切り替えについては「1つ1つがW杯につながって、相手もしっかり対策してやってくる中でも、自分たちが上回っていかないといけないという試合でした」と、相手に研究された上でも勝つ必要があったとし、「絶対にあのような思いはしたくないので、しっかり準備したいと思います」と、中国戦で同じ思いはしないと強く誓った。 オマーン戦では相手のラインの裏に飛び出すシーンも少なかった日本。伊東は吉田麻也(サンプドリア)からのロングフィードで抜け出し、唯一と言っていい決定機を作ったシーンがあった。 「背後へのランニングは絶対必要だと思いますし、この前のオマーン戦では麻也くんから1本ありましたが、もっと作れればと思います」 「(柴崎)岳にも言いましたが、前で動き出すようにするので、もっと見て欲しいと言いました」 その点ではオマーン戦以上に出してとのコミュニケーションをとっているという伊東。中国をイメージしたトレーニングもしているとし、「昨日相手の立ち位置を確認しながらやりましたが、トップ下とかサイドのところで上手くボールが入れば、サイドバックが上がって数的優位が作れると思うので、そこを多く作れればと思います」と、縦パスそしてサイドでの数的優位というところをポイントとしたようだ。 自身に求めるプレーとしては、やはりゴールに絡むという部分だとし「苦しい試合でも1本のチャンスを決められる選手になりたいです」とコメント。「前の選手がゴールに絡む活躍をしなければいけなくて、自分の責任というか、自分の仕事だと思っています。得点に絡んで後ろを助けて、チームを勝たせるということをしなければいけないと思います」と、ゴールやアシスト、チャンスメイクでしっかりと結果を出したいと語った。 オマーン戦で積極性を欠いたという伊東。その理由については「良い体制で受けられることが少なかったですが、相手が来ている場面でも、少しかわして仕掛ける場面が作れたなと映像を見て感じました」と語り、映像で振り返って感じたとのこと。「上手くサイドを揺さぶろうという話をしていて、逆サイドに持って行こうとしすぎた感じはあります」と、丁寧に組み立てようとし過ぎたことも影響したと語り、「自分のところに入ったり、バックパスや横パスがいつもより多かったなと思います」と、ボールを大事にするあまり積極性を欠いたようだ。 また「早くサイドを変えて行こうと話はしていましたが、オマーン戦はそんな素早くサイドチェンジはなかったです」と、効果的に相手を振ることはできなかったと語ったが、「それでもサイドで起点になった時に、もう少し自分でできたかなと思います」と、やはり、しっかりと自分で仕掛けていくことが大事だと語った。 2021.09.06 19:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly