バルサ、デンベレの移籍金増加中…最大で180億円超に?!

2020.11.23 17:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントからバルセロナに移籍したフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの移籍金が膨れ上がっているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

2017年夏に1億500万ユーロ(現レート約130億円)の移籍金で加入したデンベレだが、契約内容の中にいくつか追加支払いが発生する条項が含まれていたようだ。


『キッカー』によれば、そのひとつが出場数に応じてボーナスが増えていくもの。「25」、「50」、「75」、「100」と、25試合ごとに500万ユーロずつ加算され、現段階で1億3000万ユーロ(約160億円)まで上昇している。

さらに、あと17試合の出場で100試合に到達するため、今季の内にさらなる上乗せが見込まれている。

また、『キッカー』はその他諸々のボーナスを含めると、最大で1億4800万ユーロ(約182億円)になると予想しており、ここまで度重なるケガで離脱の多いデンベレは、少々高額過ぎる買い物だったと言えるかもしれない。


コメント
関連ニュース
thumb

エリック・ガルシア、今冬バルサ復帰の場合は半年無給受け入れ? 新会長候補が言及

マンチェスター・シティに所属するスペイン代表DFエリック・ガルシア(20)は、今冬にバルセロナ復帰が実現した場合、今シーズン終了まで無給でプレーする意思を持っているようだ。『ESPN』が伝えている。 2021年夏にシティとの契約が終了するガルシアは、すでにクラブからの再三に渡る延長オファーを固辞。ジョゼップ・グアルディオラ監督も同胞DFの来季以降の残留に白旗をあげており、今夏のバルセロナへのフリートランスファーが既定路線と見られている。 ただ、最終ラインを統率する元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によって元々手薄なセンターバックのやり繰りに苦戦するバルセロナは、加入時期を前倒しして今冬の獲得を望んでいるとも伝えられている。 そういった中、バルセロナの新会長候補3人の内の1人であるビクトル・フォント氏は、2月1日に閉幕する今冬の移籍市場終了までに交渉を進められる場合、300万ユーロ(約3億7000万円)の移籍金でガルシアの獲得が可能であると主張。さらに、同選手サイドは前倒しでの古巣復帰に向けて今シーズン終了までのサラリーを放棄することも辞さない覚悟を持っているという。 なお、コロナ禍で新会長選の投票が延期となっているバルセロナでは、会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏に選手獲得の際に契約を結ぶ権限がなく、仮に選手を獲得する場合には代行理事会の許可が必要となる。 そして、フォント氏は現在、クラブに対してガルシアの獲得許可を求めていることを公式会見の場で明かした。 「我々は代行理事会にエリック・ガルシアとの契約を求めている」 「クーマンは彼を求めているし、我々のグループは自分たちが選出された場合、獲得を支持している。今夏にはユーロがあり、プレーヤー自身も来たいと思っている」 「彼は今シーズンの3つのトロフィー獲得に向けての戦いに欠かせない存在になるはずだ。シティが300万ユーロを受け入れてくれることはわかっているし、それは来シーズンまで支払う必要もない」 「また、プレーヤーはシーズン終了までサラリーを受け取らなくてもいいという大きな努力をする覚悟を持っている」 今回の発言はあくまで単なる新会長候補の発言であり、信ぴょう性は微妙なところだが、移籍市場閉幕までギリギリの状況の中で前倒し移籍は実現するのか…。 2021.01.27 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【2020-21ラ・リーガ前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はマルコス・ジョレンテ

◆圧巻アトレティコが首位独走! 昨季後半戦で圧巻のパフォーマンスを見せたレアル・マドリーの2連覇を推す声も多かった今季のラ・リーガだが、前半戦の主役はアトレティコ・マドリーだった。   シメオネ監督率いるチームは消化17試合で14勝1敗2分けの勝ち点44という見事な数字を叩き出し、消化試合数が1試合多い2位のレアル・マドリー(勝ち点37)、3位のバルセロナ(勝ち点34)の2強に7ポイント差以上を付ける独走を見せている。   昨夏の移籍市場においてはFWモラタ、MFトーマスの主力2選手が流出した中、後釜にFWルイス・スアレス、MFトレイラ、MFコンドグビアを補強。ただ、それ以外は比較的静かな市場を過ごすことになり、副官ブルゴスの退団を含めて厳しいシーズンが予想された。しかし、新たな前線の核として加入したスアレス、加入2年目で真価を発揮するFWフェリックス、DFエルモソの覚醒、新システムの採用によって大きくスケールアップしたチームは、リーグ最少失点(7点)の堅守に加え、バルセロナに次ぐリーグ2位の得点数(33点)と盤石の戦いぶりを見せている。   その盤石のアトレティコに今季唯一勝利した昨季王者のマドリーは、補強がMFウーデゴールのレンタルバックに留まるなど、コロナ禍における緊縮財政の影響で昨季のチームをベースとする継続路線を採用。前述のアトレティコ、エル・クラシコと上位対決で強さを見せた一方、カディス、バレンシア、アラベス相手の敗戦やオサスナ、エルチェとのドローと下位相手の取りこぼしが目立つ。また、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでの苦戦、3部相手のコパ・デル・レイ敗退と多くの失態を犯しており、ジダン監督の進退問題も騒がしい状況だ。それでも、MFクロース、MFモドリッチ、FWベンゼマと百戦錬磨のベテランの奮闘により、何とか優勝争いに踏みとどまっている。   マドリード勢の後塵を拝す昨季2位のバルセロナは昨季の無冠、クーマン新監督の下での大刷新、バルトメウ前会長の辞任、FWメッシの退団騒動など、ピッチ内外での多くの混乱の中で苦闘する前半戦となった。[4-2-3-1]、[3-5-2]の新布陣、DFデストやMFペドリら若手の抜擢など試行錯誤を続ける中、前半戦を通して安定した戦いぶりを見せられず。ライバルとの直接対決での惨敗含め、相手を圧倒するような本来のパフォーマンスは鳴りを潜め、財政難の中で負傷者の多さも気がかりだ。それでも、悩めるエースの復調気配、新星ペドリの躍動など、決してすべてが悪かったわけではない。   オトラ・リーガの争いは4位のセビージャ(勝ち点33)、5位のビジャレアル(勝ち点33)、6位のレアル・ソシエダ(勝ち点30)と例年に近い顔ぶれとなっている。   昨季、ロペテギ監督の下でヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたセビージャは、市場の人気株だったDFジエゴ・カルロス、DFクンデの2センターバックの残留を含め大きな流出はなく、主力クラスの入れ替えはMFバネガ、DFレギロンに代わって、MFラキティッチ、DFアクーニャの2選手ぐらいと継続路線を歩む。昨季同様に堅守は機能も、エースFWオカンポスの金属疲労によるパフォーマンスの低下など、FWエン=ネシリ頼みの攻撃面の改善は必須だ。   エメリ監督を新指揮官に据えたビジャレアルは首位のアトレティコに次ぐ2敗と堅実な指揮官らしく手堅い好チームに仕上がっている。だが、FWジェラール・モレノへの依存が顕著な攻撃面の停滞、多くの負傷者の影響などもあり、リーグ最多タイの9引き分けと勝ち切れない試合が目立つ。   ソシエダは試合数の影響もあり、序盤戦から首位を維持してきたが、FWオヤルサバル、MFダビド・シルバの長期離脱によって第11節から6戦未勝利と急失速。主力が揃えば、昨季同様の魅力的なアタッキングフットボールが展開される一方、前線の主力が1人、2人と欠けると、パンチ力不足の印象は否めず。   7位のグラナダ(勝ち点28)以下は前半戦を通して安定感を欠くチームが多く混戦模様だ。10位のヘタフェ(勝ち点20)、14位のバレンシア(勝ち点20)が足踏みする一方、昇格組で9位に位置するカディス(勝ち点24)の奮闘が印象的だ。   残留争いでは昨季セグンダ覇者のウエスカが最下位(勝ち点12)、昇格プレーオフを制したエルチェが18位(勝ち点17)と昇格組が苦戦。ここに19位のオサスナ、17位のアラベスといった辺りが残留争いのメインキャストとなっている。   最後に日本人選手4人の前半戦ではエイバルのMF乾貴士とFW武藤嘉紀の2選手が定期的に出場機会を得て、主力として活躍。シーズン中盤を迎えてゴールやアシスト、PK奪取など目に見える結果を残している。   プリメーラ初参戦のFW岡崎慎司もチームが最下位に低迷する中、ケガによる約1カ月の離脱期間を除けば、前線の主軸として起用されている。ミチェル監督からパチェタ新監督への指揮官交代の影響が懸念されるところが、就任2試合目でスタメン起用されており、構想に含まれているようだ。   最後に日本では今季のラ・リーガで最も注目を集める存在となっていたMF久保建英は、レンタル先をマジョルカからビジャレアルに変更しステップアップを図ったが、上位に付けるチームにおいてポジション争いに敗れ、今冬の移籍市場でヘタフェに電撃移籍。新天地デビューではいきなり2点に絡む鮮烈な活躍を見せており、後半戦での巻き返しに期待したいところだ。   【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆MFマルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210126_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 新生アトレティコをけん引する万能型MF。今季前半戦で首位を快走するアトレティコでは守護神オブラク、スアレス、フェリックスの2トップが主役を担い、控え選手を含めほとんどの選手のパフォーマンスが総じて高いレベルにある。その中でMVPを挙げるとすれば、マルコス・ジョレンテだ。   昨季後半戦にシメオネ監督の下、かつてのMFラウール・ガルシアのようにセカンドトップにコンバートされ、CLリバプール戦での大活躍も記憶に新しい25歳MF。しかし、今季は序盤戦こそセカンドトップや右サイドハーフで起用されたが、可変式の[3-5-2]の導入によって現在は右のインテリオールが主戦場に。ここまでアトレティコが戦ったリーグ戦全17試合に出場し、いずれもキャリアハイとなる6ゴール4アシストを記録。リーグ屈指のアスリート能力を生かした抜群の対人対応に加え、守備では驚異的な守備範囲の広さ、攻撃ではまさに“スペースをアタック”するという絶妙なスプリント、飛び出しで決定機に関与している。その攻守両面での貢献度の高さ、替えの利かない稀有なプレースタイルを評価してMVPに選出した。   ★最優秀監督 ◆ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210126_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 就任9年目を迎えた不動の指揮官が進化。2011年12月の就任以降、幾度か布陣変更を図ったものの、シメオネのアトレティコの代名詞は中盤フラットの[4-4-2]。ボールポゼッションに関心を示さず、自身の志向する守備戦術を最も機能させる上で最適な布陣を重用し、それに合わせた用兵を一貫して行ってきたが、今季途中から更なるチームの進化に向けて[3-5-2]、[3-4-2-1]とも形容できる可変式の布陣を採用。これにより、もうひとつの代名詞である世界屈指の堅守を維持しつつ、攻撃では明らかにポゼッションの質、崩しのアイデアが改善され、長年課題とされてきた得点力が大幅に向上。また、放出候補にも挙がっていたMFレマルのインテリオール起用、DFエルモソの覚醒と新たなオプションの構築に成功。まさに、プランが完璧に嵌った満点の前半戦となった。   【期待以上】 ★チーム ◆カディス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210126_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季セグンダ2位チームが15年ぶりに復帰したプリメーラで躍動。今季のラ・リーガ前半戦では上位陣に好不調の波があったものの、概ね予想通りのリーグテーブルとなっている。その中で唯一のサプライズチームがアンダルシアの伏兵だ。久々のプリメーラ参戦に向けて百戦錬磨のベテランFWネグレドら実力者数名をスカッドに迎え入れたものの、その戦力を考えれば、有力な降格候補と目されていた。しかし、かつてのアトレティコ、ヘタフェを彷彿とさせる[4-4-2]の堅守速攻スタイルを武器に、ここまで降格圏と7ポイント差の9位に付けている。シーズン中盤を迎えて3連敗を含む5戦未勝利と苦戦もあったが、シーズン序盤にはレアル・マドリー、バルセロナを破る大金星を挙げている。   ★選手 ◆MFペドリ(バルセロナ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210126_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クレに“イニエスタ”を思い起こさせる驚異の18歳。昨夏、ラス・パルマスから17歳で世界屈指の名門にやってきた攻撃的MFは、当初他クラブへの武者修行に出される可能性が濃厚だった。だが、クーマン新監督の主導のチーム刷新、財政難による新戦力補強の停滞もあって短いプレシーズンにチャンスを与えられると、まるでマシア出身者と見まごうばかりの戦術理解ですぐさまトップチームのスタイルに順応した。   シーズン序盤は[4-2-3-1]の左右のウイングを主戦場としたが、MFコウチーニョの離脱や原点回帰の[4-3-3]への布陣変更などをキッカケに、自身が得意とする中央でのプレーが主戦場となると、卓越したポジショニング、判断力、テクニックを武器に、自身が憧れと語るイニエスタのようなプレーでバルセロナの攻撃をけん引。18試合2ゴール2アシストと目に見える貢献は限定的も、立ち位置と技術で局面を変える運び、崩しの部分での存在感は絶大。イニエスタらの退団以降、中盤の相棒不在だった大エースもペドリの台頭により、久々に連携を楽しんでいる印象だ。   【期待外れ】 ★チーム ◆バレンシア <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210126_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季の9位を下回る14位と名門の苦闘は続く。今シーズン、ハビ・グラシア監督の下で巻き返しのシーズンに臨んだバレンシアだが、深刻な財政難やクラブ首脳と選手の確執の影響によって主将MFパレホ、FWロドリゴ、MFコクラン、MFコンドグビア、FWフェラン・トーレスと多数の主力が流出。その穴を埋める補強もできず、開幕前の時点から今季の苦戦は目に見えていた。レアル・マドリーに大勝し、バルセロナと引き分けに持ち込むなど、見せ場は作ったものの、ここまで4勝7敗8分けの戦績で14位に低迷。FWユヌス・ムサやDFギジャモンなど若手の台頭は朗報も、攻守両面で停滞感が漂っており、今冬の移籍市場で目立った補強がなければ、昨季を下回る順位でシーズンを終える可能性は高い。   ★選手 ◆MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210126_100_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 原点回帰でやや復調も厳しい序盤戦に。昨夏各クラブが大型補強を行わなかったため、既存戦力からの選出に。マドリーのFWアザールやDFマルセロ、アトレティコのMFサウールらも厳しい前半戦となったが、バルセロナの絶対的なオーガナイザーを選出した。   昨シーズン辺りからチーム内での序列に変化が生まれ始めた中、今季はクーマン新監督の下でここまで17試合に起用されている。ただ、シーズン序盤は本職のアンカーからドブレピボーテの一角での起用となり、立ち位置や景色の変化の影響もあり、持ち味の配球の部分で苦戦。また、よりアグレッシブにボールを奪いに行くスタイルの中で機動力、守備範囲の問題も重なって自身の長所よりも短所が目立つ試合が多かった印象だ。それでも、[4-3-3]への原点回帰によって本来のポジションに戻った直近の数試合ではセンターバックの球出しの質の改善、相棒メッシの復調などもあり、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻している。そのため、後半戦では頼れるオーガナイザーの本領発揮に期待したい。   【後半戦展望】 ◆アトレティコ独走か、2強の巻き返しか   現時点ではアトレティコの2013-14シーズン以来のリーグ制覇が有力と見えるが、マドリーとバルセロナに劇的な改善が起こり、首位チームに勝ち切れない試合が増えた場合、数字上は十分に巻き返しが可能なはずだ。   アトレティコはFWジエゴ・コスタの契約解消によって一時スアレスのバックアップ不在の状況となったが、リヨンからFWムサ・デンベレを獲得したことで、今後のフィットの有無は別としてきっちり穴埋めに成功。また、控え選手がまずまずの働きを見せていることで、主力の大量離脱さえ起きなければ、ここから大崩れする可能性はなさそうだ。直近のバレンシア戦では賭博問題で10週間の出場停止を科されたトリッピアーの再離脱という懸念材料が生まれたが、MFカラスコの右サイドでの起用など新たなオプションがまずまず機能している。そのため、前述の2強が大幅な連勝など、大変貌を遂げない限り、引き分けの数が増えたとしても十分に逃げ切りは可能と思われる。   連覇に向けて厳しい状況のマドリーではアザール、アセンシオの完全復活やバルベルデ、ヴィニシウス、ミリトンといった若手の台頭が巻き返しの鍵を握る。現在、チームはフル稼働のベテランのハイパフォーマンスによって何とか2位を維持している状況であり、彼らに不測の事態が起きた場合、巻き返しはおろか、トップ4陥落の可能性もぬぐい切れない。財政難によって今冬の補強が難しい中、ここまで1年半に渡って期待外れの烙印を押されてきたベルギー代表の意地に期待したい。   マドリー以上に好不調の波が激しいバルセロナだが、伸びしろという部分では2位チームに勝る。ペドリやDFアラウホと心境著しい若手の台頭に加え、シーズン終盤に向けてはDFピケ、MFコウチーニョ、DFセルジ・ロベルトら負傷者の復帰も見込まれている。また、復調傾向のFWデンベレ、FWグリーズマンがこのまま離脱することなく調子を上げていけば、大型連勝の可能性は十分にあるはずだ。ただ、前半戦を通じて課題となる勝負強さ、上位陣との対戦成績の改善は必須だ。   トップ4争いではセビージャが有力と見る。持ち味の堅守に加え、今冬の移籍市場ではアタランタの主将MFパプ・ゴメスの獲得が決定的となっており、前線に決定力とアイデアをもたらす百戦錬磨のアルゼンチン人MFの加入はスマッシュヒットの予感だ。   EL出場権争いではビジャレアルとソシエダが有力も、13位のアスレティック・ビルバオに注目したい。両者との勝ち点差は9ポイント以上(1試合未消化)と開きがあるが、マルセリーノ新監督の下でスーペル・コパを制したチームは攻守の改善が顕著であり、ここからの巻き返しは十分可能なはずだ。   残留争いに関しては14位のバレンシア(勝ち点20)から最下位のウエスカ(勝ち点12)の7チームの争いが予想される。その中で日本人選手在籍のエイバルと、ウエスカでは共にリーグ下位の得点力向上が残留の鍵を握る。そして、エイバルでは絶好調のMFブライアン・ヒルを軸に、乾と武藤の連携向上、ウエスカでは岡崎とFWエスクリチェという動き出しに特長を持つストライカーたちの活躍に期待したい。 2021.01.27 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

これぞバルセロナ!相手に全くボールを渡さず、一方的に攻めて決めた美しいパスワーク【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バルセロナのターンが長すぎて早回し!?見事なチームゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwSkFlaFlRcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国のエスビャウでのデビューを経て、トゥールーズで頭角を現したブラースヴァイトは、フランス、イングランド、スペインのクラブを渡り歩いた後、2020年2月にバルセロナに加入した。 ポストプレーやゴール前での勝負強さを武器とするブラースヴァイトだが、2020年12月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのフェレンツヴァーロシュ戦では、味方の見事なパス回しからゴールを決めている。 1-0とバルセロナリードの21分、完全に試合を支配するバルセロナは、最終ラインからショートパスを繋ぎ、丁寧なビルドアップでボールを前線に運んでいく。ファイナルサードに入ってからは左右に相手を揺さぶり、隙を作りだすと、FWウスマーヌ・デンベレが左サイドのスペースに抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロス。このボールにブラースヴァイトが滑り込みながら合わせ、ゴール右にシュートを流し込んだ。 相手に全くボールを触れさせないまま、一方的に攻め続けたバルセロナ。その後も1点を加え、3-0の完勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="669" data-sg-movie-title=" 【一方的な攻勢】バルサが相手に全くボールを渡さずに決めた美しいパスワーク"></span> 2021.01.27 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

あのチームでCLを共に闘った監督が3名! 選手としてもCLで活躍した名将たち!

世界最高峰のサッカーが楽しめるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)。ラウンド16は2月に再開する。 グループステージを勝ち抜いた16チームは、対戦カードも決定。昨年王者のバイエルンやファイナリストであるパリ・サンジェルマン(PSG)もしっかりと勝ち残っている。 一方で、1999-2000シーズン以来のラツィオや1977-78シーズン以来のボルシアMGなど久々に決勝トーナメントに進出したクラブもある。 そんな中、16チーム中3チームの監督がグループステージ終了後からラウンド16までの間に解任。れは、ドルトムントのルシアン・ファブレ監督、PSGのトーマス・トゥヘル監督、そしてチェルシーのフランク・ランパード監督だ。 リーグ戦での結果がついてこなかったチームの指揮官が解任されているが、今回は監督にフォーカス。選手としてもCLで活躍した監督を紹介したい。 <span class="paragraph-title">◆シモーネ・インザーギ監督/ラツィオ</span> CL通算:31試合15ゴール1アシスト 選手時代最高成績:ベスト8 現役時代はセリエAのクラブでプレーを続けたインザーギ監督。兄のフィリッポ・インザーギはよく知られているが、弟のシモーネも選手時代にCLを戦っている。 ラツィオは1999-2000シーズン以来の決勝トーナメント進出となったが、そのシーズンは主軸としてプレー。11試合に出場し9ゴールを記録していた。 CL通算31試合に出場し15ゴール1アシスト。指揮を執るラツィオで全ての試合に出場した。 <span class="paragraph-title">◆セルジオ・コンセイソン監督/ポルト</span> CL通算:37試合2ゴール4アシスト 選手時代最高成績:ベスト4 ポルトガルやイタリアのクラブを中心に現役時代を過ごしたセルジオ・コンセイソン監督は、3つのクラブでCLに出場経験がある。 右サイドを主戦場としたセルジオ・コンセイソン監督は、2002-03シーズンはベスト4に進出。このシーズンは12試合に出場し2アシストを記録。ミランとの準決勝で2試合とも引き分けたが、アウェイゴール差で敗退となった。 また、前述のインザーギ監督と同じ1999-2000シーズンはラツィオの一員として9試合プレーしている。 <span class="paragraph-title">◆ジョゼップ・グアルディオラ監督/マンチェスター・シティ</span> CL通算:46試合1ゴール5アシスト 選手時代最高成績:優勝(チャンピオンズカップ時代) 言わずと知れたバルセロナの名手。その他、ブレシア、ローマとセリエAでもプレーした。 CLではバルセロナ時代に6度、ローマ時代に1度出場しているが、優勝の経験はない。しかし、1991-92シーズンのチャンピオンズカップ時代には主軸としてプレーし優勝を経験している。 1993-94シーズンはCLになってから初の決勝進出。しかし、ミラン相手に4-0で完敗を喫し優勝を逃していた。 監督としては2度のCL制覇を果たしているが、シティで初の戴冠なるか。 <span class="paragraph-title">◆ディエゴ・シメオネ監督/アトレティコ・マドリー</span> CL通算:37試合6ゴール3アシスト 選手時代最高成績:ベスト8 シメオネ監督は、アトレティコ・マドリー、インテル、そしてラツィオで合計5度のCL出場を果たしている。 アトレティコのイメージが非常に強くなっているが、最もCLに出場したのはラツィオ時代だった。 インザーギ監督、セルジオ・コンセイソン監督と同様に、1999-2000シーズンのラツィオのベスト8に貢献していた。 その他、1996-97シーズンはアトレティコ・マドリーでベスト8、1998-99シーズンはインテルでベスト8を経験。選手としては3度のベスト8を経験している。 なお、監督としては2013-14シーズン、2015-16シーズンとアトレティコを2度決勝に導いているが、どちらもレアル・マドリー相手に敗れて優勝を逃している。 <span class="paragraph-title">◆アンドレア・ピルロ監督/ユベントス</span> CL通算:108試合8ゴール16アシスト 選手時代最高成績:優勝(2回) ピルロ監督は、インテル、ミラン、ユベントスの3クラブでCLに出場。通算で100試合以上に出場している。 ミラン時代には2002-03シーズン、2006-07シーズンの2度優勝を経験。2004-05シーズンは決勝まで進出も、リバプール相手に敗れて準優勝。イスタンブールの奇跡として知られる名勝負の敗者となった。 ユベントス時代には2014-15シーズンに決勝へ進出するも、バルセロナ相手に敗戦。4度の決勝を経験しているが、監督としての1年目でどこまで勝ち進めるだろうか。 <span class="paragraph-title">◆ロナルド・クーマン監督/バルセロナ</span> CL通算:52試合13ゴール3アシスト 選手時代最高成績:優勝(2回)※チャンピオンズカップ時代を含む クーマン監督は、フローニンヘン、アヤックス、PSV、バルセロナ、フェイエノールトで現役時代を過ごした。 チャンピオンズカップとチャンピオンズリーグのどちらにも出場した経験があるクーマン監督。チャンピオンズカップ時代の1987-88シーズンにPSVで、1991-92シーズンにバルセロナで優勝を果たしており、バルセロナではグアルディオラ監督と共に優勝していた。 チャンピオンズリーグでは1993-94シーズンは決勝まで勝ち進むも、ミランを相手に4-0で完敗を喫し優勝をならず。しかし、このシーズンはCLで8ゴールを記録する活躍を見せていた。 古巣の監督に就任し初のシーズン。2014-15シーズン以来のCL制覇に導けるだろうか。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3WUVXTGNKVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">◆ジネディーヌ・ジダン監督/レアル・マドリー</span> CL通算:80試合14ゴール32アシスト 選手時代最高成績:優勝(1回) ラストはジネディーヌ・ジダン監督だ。選手としてはカーン、ボルドー、ユベントス、レアル・マドリーでプレー。意外にもCLは1度しか優勝していない。 唯一の優勝は2001-02シーズン。かの有名なボレーが生まれたレバークーゼンとの決勝で、ジダンのゴールで優勝を成し遂げていた。 ユベントス時代にも2度決勝に出場しているが、ドルトムント、レアル・マドリーの前に敗れている。 そして、何よりも特筆すべきは監督としてのキャリアだ。 ご存知の通り、第一次政権時の2015-16シーズンから2017-18シーズンまでの3連覇を達成。監督として4度目のCL制覇なるだろうか。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2WEZ4ZHBqcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.01.26 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

“神様”マラドーナの最も有名なゴールの1つ!クラシコで決めた、相手をあざ笑う超絶ドリブル弾【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 ディエゴ・マラドーナ(当時22歳) 国籍:アルゼンチン 所属:バルセロナ ポジション:FW 身長:167cm 神業とも言える左足のテクニック、創造力溢れるプレー、誰にも止める事の出来ない突破力、抜群の決定力、その存在感は計り知れないものがあり今後も永遠にサッカー界に語り継がれるスーパースターであるマラドーナ氏。クラブではナポリでの活躍が目立つが、1982年から2年間バルセロナでもプレーした。 【試合詳細】 日程:1983年6月26日 大会:コパ・デル・ラ・リーガ決勝1stレグ 対戦相手:レアル・マドリー 時間:後半12分(1-0) <div id="cws_ad">◆マラドーナが決めた最も有名なゴールの1つ<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKdzdIT01lWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 自陣からのカウンターに抜け出したマラドーナは相手GKアグスティン・ロドリゲスとの1対1を迎える。これを冷静にかわすと、後は無人のゴールに流し込むだけだったが、敢えてシュートを打たず。相手DFフアン・ホセが全速力で戻ってくるのを見ると、フアン・ホセのスライディングを切り返しでかわし、ゴールに流し込んだ。 レアル・マドリー相手にこのプレーを選択するマラドーナ氏の大胆さとそれを裏打ちするだけのスキルが証明された歴史的なゴールだった。 2021.01.26 18:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly