衝撃のPK戦!GKが退場の大ピンチ、MLSカップで急造GKがスーパーセーブでチームを救う

2020.11.22 08:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカで史上稀に見る珍事が起こった。それは21日に行われたMLSカップのカンファレンス準々決勝でオーランド・シティvsニューヨーク・シティFCでの出来事。1人のディフェンダーが大活躍を見せたのだ。

MLSカップは年間王者を決めるMLSのプレーオフ。その初戦で両チームは激突した。

オーランド・シティは5分に元ポルトガル代表FWナニがPKを決めて先制。しかし、ニューヨーク・シティFCも8分にDFマクシム・シャノがゴールを奪い、1-1のタイスコアとなる。

その後はスコアが動かないものの、激しさを増す試合。オーランド・シティは87分にDFルアンが退場に。数的不利になりながらも延長戦でも粘り強く戦い、勝負はPK戦にもつれ込んだ。

そのPK戦では先行のニューヨーク・シティFCの1人目、モラレスがクロスバーに直撃させてしまい失敗。その後は互いに成功を重ね、ニューヨーク・シティFCの5人目のバレンティン・カステジャーノスがシュート。これを、GKペドロ・ガジェセが横っ飛びでセーブ。オーランド・シティの勝ち上がりが決定した。

監督はピッチサイドを駆け巡り、ベンチの選手も飛び出した中、主審が耳元に手を。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、ガジェセがシュートの前にラインを出ていたことが判明。このPKがやり直しとなった。

しかし、そこでこの話は終わらず、ガジェセにはイエローカードが提示されたが、遅延行為ですでに1枚もらっていたために退場に。控えGKであるブライアン・ロウを投入し、やり直しのPKの準備に入った。

救われたカステジャーノスだったが、なかなか蹴り出さない。すると主審が引き続きなにやら指示を受けている状況。なんとこの交代が認められず、途中出場していたDFロドリゴ・シュレーゲルがPK戦でGKを務めることになってしまったのだ。

当然急造GKであるシュレーゲルの動きはぎこちなく、カステジャーノスは難なくPKを成功。それでもオーランド・シティは最後にキッカーであるナニが決めれば勝利だったところ、なんとナニのシュートがセーブされてしまい失敗に。サドンデスに入り、オーランド・シティは万事休すの状態となった。

6人目はともに成功。失敗するのを待つしかないような状況となったなか、急造GKシュレーゲルが奇跡を起こす。7人目、グドムンドゥル・トラリンソンが右上を狙った強烈なシュートを見舞うが、完璧なコースへのシュートをまさかのシュレーゲルが完璧にセーブ。一気に盛り上がるオーランド・シティはすでに勝ったかのような喜びを見せた。

なお、オーランド・シティの7人目のベンジ・ミシェルがしっかりと決めてオーランド・シティは勝利。カンファレンス準決勝に駒を進めた。

◆急造GKが見せた完璧なセーブ!


◆優勝したかのような歓喜
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトやリヨンで名を馳せたFWリサンドロ・ロペスがMLSのアトランタ・ユナイテッドに加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは25日、元アルゼンチン代表FWリサンドロ・ロペス(37)がフリートランスファーで加入することを発表した。 リサンドロ・ロペスは、母国アルゼンチンのラシン・クラブでキャリアをスタート。2005年7月に海を渡りポルトへ加入すると、一躍名をあげる。 ポルトではプリメイラ・リーガで106試合に出場し49ゴール16アシストを記録。2009年7月にリヨンへと完全移籍すると、リーグ・アンでは119試合に出場し59ゴール17アシストを記録。2013年8月にカタールのアル・ガラファへと完全移籍した。 <div id="cws_ad">◆リヨン時代のスーパーゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBnV0s4NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カタールでは公式戦48試合で16ゴールを記録。2015年2月にブラジルのインテルナシオナルへと移籍すると、公式戦30試合で7ゴール4アシストを記録。2016年1月に古巣のラシン・クラブへと復帰していた。今シーズンはプリメーラ・ディビシオン(アルゼンチン1部)で20試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 リサンドロ・ロペスが加入するアトランタ・ユナイテッドは、アルゼンチン代表DFとしても活躍したガブリエル・エインセ監督が就任していた。 2021.01.26 16:38 Tue
twitterfacebook
thumb

クリンスマンの息子・ジョナサンがLAギャラクシーと契約延長

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは15日、アメリカ代表GKジョナサン・クリンスマン(23)との契約延長を発表した。 かつてドイツ代表のエースとして活躍し、ドイツ代表やアメリカ代表の監督も務めたユルゲン・クリンスマン氏を父に持つジョナサンは、2020年8月にスイスのザンクト・ガレンから加入した。 これまで、バイエルンやヘルタ・ベルリンに所属するもプレー機会はなく、ザンクト・ガレンでも思うような出場機会を得られずにMLSへと活躍の場を移した。 2020シーズンのMLSでは4試合に出場。クリーンシートも達成している。 チームのGM(ゼネラル・マネージャー)を務めるデニス・テ・クローゼ氏は「ジョナサンは昨シーズン我々のチームで貴重な経験を積んだ才能ある選手だ」とコメント。「我々はGKのポジションをさらに強化できることを嬉しく思っている。彼がLAギャラクシーの選手として成長し続けることを楽しみにしている」と期待を寄せている。 2021.01.16 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

バスケ界のレジェンド、ロッドマン氏の娘がプロサッカー選手に! NWSLドラフトで1巡目全体2位で指名

バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカ女子プロサッカーリーグのNWSLのワシントン・スピリットに加入することが決定した。 トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。 そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。 そして、トリニティーは13日に行われたNWSLドラフトで1巡目全体2位でワシントン・スピリットに指名され、父と同じプロスポーツの世界に足を踏み入れることになった。 なお、トリニティーは『ESPN』のインタビューを通じて、「父は素晴らしいプレーヤーだったし、その遺伝子を引き継いでいるけれど、彼の娘としてだけでなくトリニティーとして知ってもらいたいわ」と、偉大な父親を超えるようなアスリートとなることを誓っている。 2021.01.14 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

バスケ界のレジェンド、ロッドマン氏の娘がNWSLドラフト有力候補に

バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカの女子プロサッカーリーグのNWSLのドラフト候補に挙がっていることがわかった。『ESPN』が伝えている。 トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。 そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。 現在、アメリカでは新型コロナウイルスの影響でカレッジサッカーのリーグ戦が今春まで延期となったこともあり、トリニティーはアーリーエントリーでのNWSL入りをすでに決断している模様だ。 なお、現地の予想では現地時間13日に行われるドラフトでは1巡目での指名が有力視されているという。 2021.01.14 00:59 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表DFキム・ムンファンがロサンゼルスFCに加入!

ロサンゼルスFCは11日、釜山アイパークから韓国代表DFキム・ムンファン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 2017年に釜山でプロデビューを飾ったサイドバックを主戦場に右サイドの複数ポジションでプレー可能な多才なサイドプレーヤー。2019シーズンにはクラブの1部昇格に貢献し、個人としても2部リーグで2度のベストイレブンに選出された。 韓国代表では2018年9月にA代表デビューを飾ると、ここまで通算11試合に出場。なお、2018年アジア競技大会で優勝を経験しており、韓国の21カ月間の兵役義務免除を勝ち取っている。 2021.01.12 22:30 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly