アトレティコ、シメオネ体制で初めてバルサをリーグ戦で撃破! 完敗バルサはピケ&S・ロベルトが負傷…《ラ・リーガ》

2020.11.22 07:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーvsバルセロナが21日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが1-0で勝利した。
 
開幕から5勝2分けで唯一の無敗を継続する3位のアトティコは目下4連勝と絶好調。シメオネ就任以降、リーガ17戦未勝利と大の苦手とするバルセロナ撃破に向けて大きなチャンスが訪れた。その重要な一戦では新型コロナウイルスの陽性判定が出た古巣初対戦のスアレスとトレイラに加え、エクトル・エレーラをケガで欠くことに。そういった中、シメオネ監督は[5-3-2]の守備的布陣を採用し、2トップはコレアと絶好調のフェリックスのコンビとなった。
 
一方、開幕から不振が続く10位のバルセロナは前節のベティス戦でメッシの流れの中での今季初ゴールを含むマニータの大勝で5戦ぶりの白星を奪取。ひとまず悪い流れを払しょくすることに成功した。ただ、そのベティス戦で絶好調のアンス・ファティ、代表戦でブスケッツがいずれも負傷。2人の主力を欠く中で今季スタメンのピャニッチと共に、前節ベンチスタートのメッシが先発復帰を果たした。
 
立ち上がりはお馴染みの[4-4-2]から並びを変えたホームのアトレティコが相手の混乱を突いて優位に試合を進めていく。
 
開始5分にはボックス手前左でカラスコからパスを受けたサウールが強烈な左足のミドルシュートを枠の左隅に飛ばすが、ここはGKテア・シュテーゲンの好守に遭う。続く11分にはライン間でボールを引き出したコレアのスルーパスに抜け出したマルコス・ジョレンテがボックス右からシュートを放つが、今度はクロスバーに阻まれた。
 
立ち上がりのピンチを凌いだバルセロナは、相手の立ち位置を観察していたメッシがうまくギャップでボールを引き出しながら攻撃の起点として機能し始める。さらに、右ウイングに入ったデンベレが積極的な縦への仕掛けで相手を押し返していく。
 
その後はいつも通り、バルセロナがボールを持つ時間が長くなるが、アトレティコも持ち味の堅守で簡単に決定機を許さない。そのため、互いになかなかフィニッシュの数が増えていかないが、40分過ぎにバルセロナに決定機。左サイドで高い位置を取ったジョルディ・アルバから斜めのパスを受けたメッシがボックス左からシュートに持ち込むが、ここはややボールタッチが定まらず、角度がなくなってしまいGKオブラクにキャッチされる。
 
すると、このまま0-0でハーフタイム突入と思われた前半ラストプレーでスコアが動く。前半アディショナルタイム3分、バルセロナが前からの守備でロングボールを蹴らせることに成功したが、DFピケのトラップが大きくなり、これを自陣中央のコレアが回収。背後の広大なスペースにスプリントしたカラスコへ絶妙な浮き球のパスを通す。このパスに対してGKテア・シュテーゲンが飛び出すも、カラスコが絶妙なタッチでかわして無人のゴールへロングシュートを流し込んだ。
 
コレアとカラスコの見事なコンビネーションで先制に成功して試合を折り返したアトレティコは、極端に受け身になることなく積極的に2点目を狙いにいく。
 
対するバルセロナは57分にペドリを下げてコウチーニョを投入すると、この直後に後半最初の決定機が訪れる。左CKの場面でショートコーナーからメッシが右足インスウィングで入れたクロスをゴール前で完全にフリーのラングレが頭で合わすが、これはGKオブラクの正面を突く。
 
ここから攻勢を強めたいバルセロナだったが直後にアクシデントが発生。59分、ジョルディ・アルバとの接触でバランスを崩したコレアがピケの右ヒザに圧し掛かる形となり、ヒザを強く捻ったピケがピッチに倒れ込む。そして、プレー続行不可能となったバルセロナのディフェンスリーダーはスタッフに両脇を支えられる形でピッチを去り、代わってデストが投入される。これに伴い、デストが右サイドバック、デ・ヨングがセンターバック、セルジ・ロベルトがピボーテにポジションを移した。
 
最低でも勝ち点1を持ち帰りたいバルセロナだが、攻撃に出ようにもなかなか良い形でボールを奪うことができず、攻撃のスタートが常に低い位置からと苦境が続く。80分にはボックス手前右の好位置で得たFKを名手メッシが直接狙うが、壁を掠めて枠の右に外れる。さらに82分にはメッシのクロスからゴール前のグリーズマンに決定機も、ヘディングシュートはGKオブラクのセーブに阻まれた。
 
試合終盤に入ってバルセロナはグリーズマンとピャニッチに代えてブラースヴァイト、トリンコンを最後の交代カードとしてピッチに送り込む。対してアトレティコはコレアとフェリックス、カラスコを下げてレマル、コンドグビア、フェリペの投入で逃げ切り態勢に入る。
 
その後、交代回数を使い切った中でピケに続きセルジ・ロベルトが筋肉系のトラブルで自らピッチを後にし、10人での戦いとなったバルセロナの反撃をきっちり凌ぎ切ったアトレティコが、シメオネ体制18戦目にして初めてバルセロナとのリーグ戦に勝利し、5連勝を達成した。
 
一方、スコア以上の内容で完敗となったバルセロナはピケ、セルジ・ロベルトの負傷も気がかりな厳しい一戦となった。
コメント
関連ニュース
thumb

37歳ガビが現役引退…古巣アトレティコも「我々の歴史的なキャプテンであり、伝説」と功績称える

スペイン人MFガビ(37)が現役引退を表明した。 スペイン代表歴こそないものの、下部組織時代から慣れ親しむアトレティコで公式戦通算413試合の出場数を誇り、長らくキャプテンとしてもチームを牽引したガビ。2011年12月からチームを率いるディエゴ・シメオネ監督の下でも戦術の体現者として絶対的な地位を築いたが、2018年夏に契約満了で退団となり、アル・サッドに移籍した。 そうしてカタールに活躍の場を移したが、今夏にアル・サッドとの契約も切れ、退団。この先も現役を続けるのか、退くのか不透明な状況が続き、古巣アトレティコにコーチとしての復帰も取り沙汰されるなか、29日に自身のインスタグラム(gabi14)を更新したガビがスパイクを脱ぐ意向を明らかにした。 ガビは「フットボールを始めたとき、まさか夢が叶うなんて思いもしなかった。今日、フットボーラーとしてのキャリアに終止符を打つときが来た」と現役を退く意向を示すと、「これまでの旅に関わった全ての人に感謝したい。また、ピッチ内外で求め、励ましてくれたファンにも感謝する」と感謝の言葉を送った。 なお、古巣アトレティコもガビの引退を発表。「我々の歴史的なキャプテンであり、伝説でもあるガビが引退する」と綴り、功績を称えている。 2020.11.30 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝点はOGもバレンシア圧倒のアトレティコが6連勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、バレンシアvsアトレティコ・マドリーが28日にメスタージャで行われ、アウェイのアトレティコが0-1で勝利した。 2試合消化が多い首位レアル・ソシエダを勝ち点3差で追う2位のアトレティコ。前節は、バルセロナ相手に攻守両面で圧倒する1-0の会心の勝利を収め、シメオネ体制でのリーグ戦における対バルセロナ初勝利を飾った。直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではロコモティフ・モスクワ相手に0-0のドローとやや勢いを削がれたが、パフォーマンス自体は安定している。 リーガ6連勝で暫定首位浮上を目指す9位のバレンシアとのアウェイゲームでは、バルセロナ戦から先発2人を変更。カラスコとフェリックスに代えてロージ、レマルと2人のレフティーを起用した。 バルセロナ戦に続き[5-3-2]の布陣で臨んだアトレティコは立ち上がりからホームチームを押し込んでいく。ポジション奪取に向けてアピールしたレマルが前線で積極的にボールを引き出しながら、13分には利き足とは逆の右足で際どいシュートを放つ。 一方、守備的な入りを見せながらも前半はカウンターからフィニッシュまで持ち込めていたバレンシアは22分、右サイドのユヌス・ムサの仕掛けで一度相手を押し込むと、中央のソレールからの浮き球パスに反応したラチッチがボックス左から左足のダイレクトシュート。これがニア下を捉えるもGKオブラクが見事な反応ではじき出した。 その後はアトレティコのペースが続き、38分にはライン間でボールを引き出したレマルが左足の強烈なミドルシュートを放つが、ここはGKドメネクのビッグセーブに遭う。さらに、前半終了間際にもマルコス・ジョレンテが強烈なミドルシュートを放つが、これもわずかに枠の左へ外れた。 結局、前半を0-0で折り返したアトレティコはロージを下げて切り札のフェリックスをハーフタイム明けに投入。さらに、相手を押し込んでいく中、54分にはボックス右を深くえぐったジョレンテの折り返しがDFに当たってこぼれたところをレマルがすかさず左足でシュートに行くが、ここはDFヴァスのブロックに遭う。 後半も攻め込むものの、最後の場面で粘る相手守備に手を焼く中、シメオネ監督はカラスコや古巣初対戦のコンドグビアなど、積極的に交代カードを切っていく。すると、79分には意外な形から待望の先制点が生まれる。ボックス左で仕掛けたカラスコの高速クロスがゴール前の密集を抜けると、ファーサイドにいたDFラトの足に当たったボールがゴールネットを揺らした。 幸運な形から貴重な先制点を挙げたアウェイチームは虎の子の1点を守り切る選択を行う。試合終盤にかけては相手がボールを握る時間が長くなるも、ここまでわずか2失点の守備陣がアタッキングサードでは全く仕事をさせず。 そして、難所メスタージャで競り勝ったアトレティコはリーグ6連勝を飾り、首位のソシエダに勝ち点で並んだ。 2020.11.29 02:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ、右足に血栓症見つかる

アトレティコ・マドリーは25日、元スペイン代表FWジエゴ・コスタの負傷を報告した。 今季のジエゴ・コスタは、筋肉系の問題でここまで公式戦7試合を欠場。21日のラ・リーガ第10節バルセロナ戦で途中投入され、リーグ戦では4試合ぶりの復帰を果たしていた。 しかしながら、25日に行われたチャンピオンズリーグのロコモティフ・モスクワ戦は再びチームから外れていた。 クラブは試合前に、同選手が右足に深部静脈血栓症を患っていることを報告。現在は精密な検査結果を待っている状態のようで、離脱期間などは明らかになっていないが、通常3カ月程度の治療期間を要するという。 なお、今回の問題は以前のケガとは無関係であるとクラブは伝えている。 2020.11.26 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ロコモティフと2戦連続ドローのシメオネ監督、決定力不足を嘆く「ゴールへの道を見つけられなかった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がロコモティフ・モスクワ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節でロコモティフ・モスクワと対戦。圧倒的に試合を試合すると、68分コケがゴールネットを揺らしたものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果取り消しに。その後もゴールを奪うことができず、0-0の引き分けに終わった。 1-1に終わった前回対戦に続いてドローに終わったシメオネ監督は、試合後のインタビューで序盤のチャンスを決めきれなかったことを嘆いた。 「力強さとフレッシュが欠けていたが、継続性やインテンシティ、うまくプレーしたいという気持ちがあって、ミドルシュートも打てていたから、20分までにゴールを決めることができたと思う。時間が経っても決めることはできなかった。我々はうまく試合をコントロールしていたが、前後半通じてゴールへの道を見つけることができなかった」 連続ドローとなったアトレティコだが、残り2試合での決勝トーナメント進出が可能な状況。シメオネ監督は、改めて意気込みを語った。 「チャンピオンズリーグは我々にとって少し難しい状況になっている。次の試合でうまくプレーして、決勝トーナメントに進出できることに期待したい」 2020.11.26 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

4連勝のバイエルンが決勝T進出! アトレティコは2戦連続ドローで足踏み《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第4節、バイエルンvsレッドブル・ザルツブルクが25日に行われ、3-1で勝利したバイエルンが決勝トーナメント進出を決めた。なお、ザルツブルクMF奥川雅也はケガのため招集外となった。 グループステージ3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた昨季王者のバイエルンは、1-1で引き分けた直近のブレーメン戦から先発4人を変更。クリス・リチャーズ、ロカがCL初出場を飾った。 試合はホームチームが押し込む展開が予想された中、以外にもアウェイチームが押し込む入りに。開始3分にはカマラがいきなり枠内シュートを放つが、これはGKノイアーにセーブされる。 その後はバイエルンもすぐさま盛り返した互いにフィニッシュまで持ち込むオープンな展開がしばらく続く。そういった流れの中で35分にはボックスないでショボスライにGKと一対一の絶好機が訪れるが、ここは世界屈指の守護神のプレッシャーかシュートを大きくふかしてしまった。 すると、前半終了間際の42分にバイエルンが先制点を奪う。ボックス手前でレヴァンドフスキのヒールパスに反応したミュラーが強烈なシュートを枠に飛ばす。これはGKの好守に阻まれるも、こぼれ球に詰めたレヴァンドフスキが冷静に流し込んだ。 レヴァンドフスキのラウール・ゴンサレスに並ぶCL歴代3位の通算71点目でリードを奪ったバイエルンは、後半も早い時間帯に追加点を挙げる。ボックス手前でコマンが放ったミドルシュートが相手DFのオウンゴールを誘った。 この2点目で余裕の展開となったホームチームだが、65分過ぎにアクシデントが発生。五分五分のボールに反応したロカがアフターの形で相手の足をスパイクしてしまい、この試合2枚目のイエローカードで退場に。 しかし、このアクシデントにも動じない王者は直後の69分にコマンの左クロスをゴール前のサネが頭で合わせ、試合を決定づける3点目とした。 その後、数的優位のザルツブルクの猛攻に晒されて73分にはベリシャに一矢報いるゴールを決められたものの、これ以上の失点は許さず。ホームで3-1の完勝を収めたバイエルンが4連勝で2節を残しての決勝トーナメント進出を決めた。 また、同日行われたアトレティコ・マドリーvsロコモティフ・モスクワは0-0のドローに終わった。 前回対戦を1-1のドローで終えた両チームによるリターンマッチは、その一戦を再現するかのような展開に。ホームのアトレティコが終始主導権を握って20本を超えるシュートを浴びせかけたものの、コケのゴールがVARによるオフサイド判定で取り消されるなど、決め手を欠いた。 そして、試合はこのまま0-0のドローに終わり、アトレティコは2位キープに成功したものの、もったいない勝ち点逸となった。 バイエルン 3-1 ザルツブルク 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前42) OG(後7) サネ(後23) 【ザルツブルク】 メルギム・ベリシャ(後38) アトレティコ・マドリー 0-0 ロコモティフ・モスクワ 2020.11.26 07:27 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly