PSGに大逆転勝利のモナコ、原動力となったセスクは「勝つ方法を知っていた」

2020.11.21 15:34 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)相手に大逆転勝利を収めたあと、モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが試合を振り返った。20日に行われたリーグ・アン第11節、モナコは8連勝中のPSGとホームで対戦した。2連勝中のモナコだったが、前半だけでFWキリアン・ムバッペに2点を奪われる苦しい展開に。

◆PSGがまさかの3敗目、モナコが逆転勝利

しかし、後半からセスクを含めた2枚の交代カードを切ると、52分にFWケビン・フォラントのゴールで1点差に。65分には味方のクロスに飛び込んだセスクのアシストをフォラントが押し込んで同点に追いついた。

そして84分、高い位置でディアロからボールを奪ったフォラントがそのディアロに倒されPKを獲得。これをセスクが決めて、2点差から大逆転勝利を収めた。

その原動力となったセスクは試合後、フランス『Telefoot』の取材で「勝つ方法を知っていた」とコメント。相手の過密日程が逆転の鍵になったと話している。

「(ハーフタイム中に)1点を返せばPSGにプレッシャーをかけられると期待していた。彼らに火曜日(24日)にライプツィヒ(チャンピオンズリーグ)とのタフな試合が控えていることはわかっていたからね。だから後半は彼らのプレスが弱まると予想していたんだ」

「そういう試合の進め方を僕は知っている。その経験もあるしクオリティもある。冷静に機会を伺っていたんだ。今日の僕のプレーは(勝利に)不可欠なものだった」

「ほとんどの選手が代表から帰ってきたばかりで、PSGにとってはかなり難しい試合だっただろうね。これで火曜日の試合も負けたらベスト16進出は厳しくなる。おそらく、多少なりとも彼らの頭の中は火曜日に向いていたのだろう。そういう隙を僕らは突けたんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

閃きとテクニック溢れるループシュート!仏代表アタッカー、レマルが決めた技ありゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアトレティコ・マドリーのフランス代表MFトマ・レマルがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レマルが厳しい角度から放った美しいループシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIS3RsdGZzRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カーンでプロデビューを飾ったレマルは、若くしてモナコに移籍。才能溢れるアタッカーとして頭角を現し、欧州トップクラブの注目を集める選手となると、2018年夏にアトレティコに引き抜かれた。 スピードとテクニックを兼ね備え、攻撃面で大きな存在感を発揮するレマルだが、2017年1月15日に行われたリーグ・アン第20節のマルセイユ戦では、技ありのゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、相手陣内左サイドでモナコがスローインを得る。ボールを受けたMFティエムエ・バカヨコは、アウトサイドを使ったダイレクトパスでレマルにパス。このパスをヘディングで受けたレマルは相手のマークを外してボックス左に侵入すると、GKの位置を見て、意表を突くループシュートを放った。 シュートはGKの頭上を越えて、美しい放物線を描きながらゴール右のサイドネットに決まった。 まさかの位置からの閃きと、思った通りにボールを蹴るレマルのテクニックが光るゴールとなっている。 <span data-sg-movie-id="682" data-sg-movie-title="【美しい放物線】閃きとテクニック溢れるループシュート!"></span> 2021.01.27 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコがセネガル代表ウインガーを獲得! 今季クラブ・ブルージュで19試合10ゴール

モナコは21日、クラブ・ブルージュからセネガル代表FWクルパン・ディアタ(21)を獲得したことを発表した。契約は2025年6月までとなる。 ディアタは母国でプロデビュー後、ノルウェー1部のサルプスボルグ08を経て、2018年1月にクラブ・ブルージュに加入。右ウイングを主戦場とする右利きのドリブラーで、在籍4年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで19試合10ゴール2アシストの成績を収めていた。 また、2019年5月にセネガル代表デビューを果たすと、同年のアフリカ・ネーションズカップでは準主力として準優勝に貢献。ここまで16試合に出場している。 フランス『RMC Sport』によれば移籍金1600万ユーロ(約20億円)となったディアタ。モナコ公式サイトでは「新しいチームメイトと協力して、クラブが僕に示してくれた信頼に応えていけることを楽しみにしているよ」とコメントしている。 今季のモナコは、昨年7月に就任したニコ・コバチ監督の下、王者パリ・サンジェルマンを破るなど好調で、第20節を終了した時点で11勝3分け6敗。首位パリ・サンジェルマンと勝ち点差6の好位置につけている。 2021.01.22 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ロシアの快速ウインガー、ゴロビンが長期離脱からの復帰明けファーストタッチで叩き込んだコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモナコのロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ゴロビンが復帰戦ファーストプレーで決めた見事なゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtdlY2UG1INCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 強豪CSKAモスクワで育ったゴロビンは、2018年のロシア・ワールドカップで母国をベスト8に導く活躍を見せ、2018年夏にモナコに移籍。ここまで公式戦69試合で8ゴール9アシストを記録している。 今シーズンは、ハムストリングのケガにより長期離脱を強いられていたゴロビンだが、復帰戦となった2021年1月6日に行われたリーグ・アン第18節のロリアン戦では、見事なゴールで復帰を飾っている。 1-1で迎えた64分、ゴロビンがFWジェウソン・マルティンスに代わってピッチに立つ。すると、そのまま左サイドのショートコーナーからゴロビンに渡り、ボックス左角の手前からシュートを放つ。鋭い弾道のシュートはゴール右に決まり、復帰後のファーストプレーでゴールを決めてみせた。 試合はその後も追加点を重ねたモナコが5-2で勝利している。 2021.01.19 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャで大ブレイクのウインガー、オカンポスがモナコで決めたリーグ・アン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのアルゼンチン代表FWルーカス・オカンポスがモナコで決めたリーグ・アン初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オカンポスのリーグ・アン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHS0w1M3FVYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでプロデビューを飾ったオカンポスは、2012年夏に当時フランス2部のモナコに加入。主力として活躍し、チームのリーグ・アン昇格に貢献した。 モナコでは公式戦96試合で15ゴールを記録したオカンポスだが、その記念すべきリーグ・アン初ゴールは、2013年10月5日に行われたリーグ・アン第9節のサンテチェンヌ戦で決めたゴールだった。 前半にMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで先制したモナコだが、後半早々に同点に追いつかれる。しかし、82分にカラスコに代わってオカンポスがピッチに立つと、直後の87分、ボックス手前右でボールを受けたMFハメス・ロドリゲスがクロスを上げる。GKとDFの間を通る絶妙なボールにファーポストに走り込んだオカンポスが合わせ、劇的な勝ち越しゴールを決めた。 このゴールで2-1としたモナコが、そのまま試合に勝利している。 2020.12.29 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスの点取り屋、ダビド・トレゼゲがブレイクのきっかけを掴んだモナコで決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWダビド・トレゼゲ氏がモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆稀代の点取り屋、トレゼゲのプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwbkVrNzZWUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代にストライカーとしてモナコやユベントス、フランス代表で活躍したトレゼゲ氏は、キャリア通算265ゴールをマーク。ユベントスでは10年間で171ゴールを挙げ、外国人選手における最多得点者となっている。また、フランス代表では自国開催の1998年ワールドカップと、ユーロ2000で優勝メンバーの一員となっていた。 ゴールへの嗅覚に優れた点取り屋として活躍したトレゼゲ氏だが、ブレイクのきっかけを掴んだモナコでは、公式戦123試合で62ゴールをマーク。その記念すべきモナコ初ゴールは、1997年9月5日に行われたリーグ・アン第6節のカンヌ戦で決めたゴールだった。 1-1の同点で迎えた83分、左サイドからパスを受けた味方がボックス左の角付近でボールを持つと、低い弾道のクロスを上げる。このクロスをゴール前に走り込んだトレゼゲが頭で合わせると、シュートは相手DFにディフレクトしつつもゴール右に決まり、待望の勝ち越しゴールが決まった。 トレゼゲのゴールで2-1としたモナコがそのまま逃げ切り、勝利を収めている。 2020.12.20 08:00 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly