トルコの点取り屋、トスンがシティ相手にもぎ取ったパレス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

2020.11.21 22:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回はエバートンのトルコ代表FWジェンク・トスンがクリスタル・パレスで決めた最初のゴールだ。

◆トスンがシティ戦で決めたパレス初ゴール


2018年1月にベシクタシュからエバートンに加入したトスンは、いきなりの活躍を見せたものの、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの台頭もあり、控えに甘んじている。

2019-20シーズンの後半戦は、レンタル移籍でクリスタル・パレスに加入していたトスンだが、その記念すべき初ゴールは、2020年1月18日に行われた、プレミアリーグ第23節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。

0-0で迎えた39分、右コーナーキックのチャンスをパレスが得ると、クロスがファーポストで待つDFギャリー・ケイヒルへ。ケイヒルがこのボールを頭で折り返すと、トスンがゴール右でさらに頭で合わせ、見事な先制点を挙げた。

試合は2-2で終了し、パレスが競合相手に貴重な勝ち点1を手にしている。
コメント
関連ニュース
thumb

VAR判定の末…!ビダルが蹴り込んだインテル移籍後初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが決めたインテル移籍後初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ビダルがVAR判定の末に勝ち取ったインテル初ゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzNE9SUFFySiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> レバークーゼンで頭角を現したビダルは、ユベントス、バイエルン、バルセロナとメガクラブを渡り歩き、2020年夏にインテルに加入。セリエA復帰を果たしている。 南米らしいファイタータイプのMFとして、攻守に存在感を発揮するビダルだが、2021年1月13日に行われたコッパ・イタリアのラウンド16、フィオレンティーナ戦では、記念すべきインテル移籍後初ゴールを決めている。 0-0で迎えた40分、相手陣内中央でボールを持ったMFクリスティアン・エリクセンが強烈なロングシュートを放つ。これはGKに弾かれるも、こぼれ球に詰めたFWアレクシス・サンチェスがGKと交錯しながらシュート。 このシュートはポストに跳ね返り、しばらくプレーが続行されたものの、審判がサンチェスとGKが交錯したシーンについて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定に入る。判定の結果、インテルにPKが与えられた。 この場面でキッカーを務めたビダルは、ゴールど真ん中にシュートを蹴り込み、インテル移籍後初ゴールを記録した。 試合はこの後。フィオレンティーナが追いつき、延長戦までもつれる展開に。しかし、終了間際の119分、インテルが勝ち越しに成功し、2-1でフィオレンティーナを破っている。 <span data-sg-movie-id="670" data-sg-movie-title="【復帰後初!】インテルのビダルが蹴り込んだイタリア復帰後初ゴール"></span> 2021.01.27 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルきっての“壊し屋”フェリペ・メロが豪快ヘディング弾で母国復帰後初ゴールをマーク【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はパルメイラスの元ブラジル代表MFフェリペ・メロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“壊し屋”の強烈な一撃<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJma0ZkcFlBOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国ブラジルでの活躍を経て、2005年にスペインに渡ったメロは、その後ユベントスやインテルなど、イタリアの名門でプレー。2017年にパルメイラスに移籍し、母国復帰を果たしている。 無尽蔵のスタミナとハードなタックルを武器に中盤の壊し屋として知られたメロだが、2017年3月23日に行われたカンペオナート・パウリスタのミラソウ戦では、記念すべきブラジル復帰後初ゴールを決めている。 1-0とパルメイラスリードで迎えた87分、パルメイラスがコーナーキックのチャンスを得る。右コーナーからクロスがゴール前に上がると、相手との競り合いを制し、誰よりも高く飛び上がったメロが、豪快なヘディングシュートを放つ。強烈なヘディングは、ゴール左上に決まり、試合を決定付ける2点目を挙げた。 このゴールがブラジル復帰後初ゴールとなったメロ。試合はそのままパルメイラスが2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="673" data-sg-movie-title="【強烈ヘディング】"壊し屋"フェリペ・メロの母国復帰後初ゴール"></span> 2021.01.26 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コートジボワール代表FWアラーが強烈なヘディングで、アヤックス初ゴールを記録【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーがアヤックスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アラーが決めたアヤックス初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5RDhaRE5WSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランスの名門オセールでキャリアをスタートさせたアラーは、2017年に加入したフランクフルトでブレイク。2019年夏にウェストハムにクラブ史上最高額となる移籍金で加入した後、2021年1月にアヤックスに移籍している。 190cmの長身を活かし、前線のターゲットマンとして高い能力を発揮するアラーだが、アヤックス加入後の2試合目である、2021年1月14日に行われたエールディビジ第16節のトゥベンテ戦では、早くもクラブ初ゴールを決めている。 開始早々の7分、ロングボールから右サイドでアヤックスがチャンスを作ると、FWアントニー・マテウスが左足でインスイングのボールをボックス内に入れる。ゴール前にポジションを取っていたアラーが、DFの間でこのクロスにヘディングで合わせると、ゴール右のコースに決まり、見事な先制点を挙げた。 あっさりと移籍後初ゴールを決めてみせたアラーは、その後アシストも記録。1ゴール1アシストと2得点に絡む活躍を見せ、チームの3-1の勝利に貢献している。 2021.01.25 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

プロ初シュートがプロ初ゴールに!モロッコ代表FWが決めた記念すべきゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はカーンのモロッコ代表FWヤシン・バムウがナントで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆プロ初シュートがそのままプロ初ゴールに!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpQmdsb3VOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 下部リーグでのプレーを経て、2013年夏にナントに加入したバムウは、2014年にプロデビュー。2018年にナントを退団し、現在はフランス2部のカーンでプレーしている。 ナントでは、公式戦130試合に出場し、17ゴールを記録したバムウだが、その記念すべきプロ初ゴールは、2014年8月9日に行われた、リーグ・アン第1節のRCランス戦で決めたゴールだった。 ファーストチームに昇格したばかりだったバムウは、0-0で迎えた64分、途中交代でピッチに立ち、プロデビューを飾る。すると直後の65分、左サイド深くまで侵入した味方がクロスを上げると、バムウが走り込んでこのクロスに合わせる。ショートバウンドになったところを上手く右足でミートしてシュートを決めると、プロの選手として初めて放ったシュートが、そのままプロ初ゴールとなった。 バムウのこのゴールはこの試合唯一の得点となり、初ゴールがそのまま決勝点に。デビュー戦でこれ以上ない活躍を見せている。 2021.01.24 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタの躍進を支えるエース、サパタがサンプドリア時代に決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアタランタのコロンビア代表FWドゥバン・サパタがサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サパタのサンプドリア初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUQnVzSWRHbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2013年夏にナポリに加入したサパタは、ウディネーゼでのプレーを経て、2017年夏にサンプドリアに加入。その後近年躍進を見せるアタランタに移籍し、得点源として活躍している。 サンプドリアでは公式戦32試合で11ゴールという数字を残しているが、その記念すべき初ゴールは、2017年9月17日に行われたセリエA第4節のトリノ戦で決めたゴールだった。 試合開始直後の1分、カウンターからサンプドリアがチャンスを作ると、左サイドのスペースに抜け出したMFガストン・ラミレスが中央に鋭いクロスを入れる。このパスをゴール前で収めたサパタは、コンパクトな振りから強烈なシュートをニアポストに沈め、いきなりの先制ゴールを挙げてみせた。 先手を取ることに成功したサンプドリアだったが、その後打ち合いとなり、試合は2-2のドローに終わっている。 2021.01.17 22:00 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly