どこにいたって伝染る時は伝染る…/原ゆみこのマドリッド

2020.11.20 19:00 Fri
©Atlético de Madrid
「先に罹った者勝ちなのかしら」そんな風に私が首を振っていたのは木曜日、アトレティコのトレイラがバラハス空港での入国時検査で陽性を出したと聞いた時のことでした。いやあ、前日の夕方にはコロナ禍発生以来、初めてマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でのセッションを見学することができて、大いに喜んでいた私だったんですけどね。久々に会った顔馴染みのクアトロ(スペインの民放)のレポーターによると、火曜のW杯予選2試合目前にコロナ陽性が発覚し、即モンテビデオで隔離となっていたルイス・スアレスとは別に、ウルグアイ代表の同僚であるトレイラ、ヒメネス、そして彼らとの対戦に0-2で勝ったブラジル代表のフェリペ、ロディの4人はクラブの用意したプライベートジェットで一緒に帰って来たのだとか。

うーん、どうやらクラスター発生の原因はウルグアイ代表合宿中にやったバーベキューのせいじゃないかと言われているんですが、その全員マスクなしの写真を見ると、確かにトレイラは先に陽性となったスアレルとロドリゴ・ムニョス(クラブ・リベルタ)の間に座っていて、さもありなんという印象。でもスアレルの反対側の隣にはマドリッドの弟分、ヘタフェのアランバリがいて、そしたら彼も怪しくない?といっても代表合宿に集合した直後にも検査はあり、その時は皆、白だったとなれば、むしろバーベキューの用意をした現地スタッフとかから、ウィルスをもらった可能性の方が強いかと。
何せ、今やどこで感染するか、わかったもんじゃないコロナですからね。少なくともロディは昨季の中断後、6月に練習開始となった時点で、ヒメネスも10月の代表戦期間中にマドリッドで感染しているため、再陽性になることはなさそうですが、さて。今はフェリペも難を逃れていることを祈るばかりなんですが、その間、お隣さんではインターナショナルマッチウィーク前に自宅隔離となったカセミロに続き、アザール、ミリトンも木曜にPCR検査で陰性をゲット。つまり、代表戦とその移動で体力を消耗することもなく、この先、感染の心配なしで、レアル・マドリーの試合に出られるのは羨ましい限りですが、そのうち、シーズン序盤に陽性者多発で苦しんだアスレティックなどが、逆に免疫獲得選手多数となって、有利になったりするのでしょうか。

ま、そんなことはともかく、今はスペイン代表が2020年の最後を文句のつけようのないgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)で締めくくった試合の話をしないといけません。ええ、火曜には第2回ネーションズリーグのファイナルフォー進出を懸けて、セビージャ(スペイン南部)のカルトゥハでドイツ戦に挑んだ彼らなんですが、この必勝だった試合にルイス・エンリケ監督はモラタ(ユベントス)、フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)、ダニ・オルモ(ライプツィヒ)の3人を前線に配置。ただ、ここ最近のゴール不足を解消することができたのは、皮肉にも前半9分、カナレス(ベティス)が左太ももを痛め、早い段階でファビアン・ルイス(ナポリ)が入ったおかげと言えなくもなかったかと。

そう、22分に彼が蹴ったCKをモラタが見事に頭で捉え、先制ゴールを入れてくれたからですが、その5分後にもファビアンからのラストパスでモラタは再び、GKノイアー(バイエルン)を破ることに。こちらは線審がオフサイドの旗を上げたため、得点にはなりませんでしたが、いやあ、実はネーションズリーグにはVAR(ビデオ審判)が導入されてないんですよ。リプレーではオフサイドでなかったというのもしょっちゅう、ユベントスの試合で後からノーゴールにされている当人にとっては皮肉ではありますが、嘆く必要は全然ありません。というのもこの日のスペインは、「全てが最初からひどかった。ボール争いに1回も勝てず、組織的なプレーもできなかった」(レーブ監督)というドイツを圧倒的に押しまくり。
32分にはコケ(アトレティコ)の上げたクロスから、オルモのヘッドはゴールバーに弾かれたものの、こぼれ球をフェランが撃ち込んで2点目が入ったかと思いきや、37分にも再び、ファビアンからのCKを今度は、「Trabajamos mucho la estrategia/トラバハモス・ムーチョ・ラ・エストラテヒア(セットプレーは沢山、練習した)」というロドリ(マンチェスター・シティ)が頭で流し込んでいるって、え、前半だけで3-0とは、一体、何の冗談?それだけ点差がつけば、前節のスイス戦で2度のPKに失敗。その日は直接FKでリベンジを図ったものの、惜しくもノイアーに弾かれてしまったセルヒオ・ラモス(マドリー)がハーフタイム入りの3分前、右太ももの肉離れで19才のエリック・ガルシア(マンチェスター・シティ)に代わってしまったとて、それ程、心配するには及びません。

ええ、実際、「ウチのゲームプランは95分間、同じままだった。No especulamos ni defendemos resultados/ノー・エスペクラモス・ニー・デフェンデモス・レスルタードス(様子見をしたり、結果を守ったりはしなかった)」とルイス・エンリケ監督が後で言っていた通り、後半も攻め続けたスペインは9分、ファビアン、ガヤ(バレンシア)と繋いで、またしてもフェランがゴール。更に16分、再びファビアンのアシストでフェランが自身3点目、ハットトリックを達成って、ちょっとお、先日、ヒザの半月板損傷で4カ月の離脱になったアンス・ファティ(バルサ)よりは2つ上ですが、この選手もまだ、U21代表でプレーできる20才なんですよ。末恐ろしいというか、将来が楽しみというか、ホント、こういう若い選手たちが出て来ると、2012年のユーロ優勝以来、ずっと停滞していたスペイン代表にも期待が持てるようになる?

そして5点入ったところでようやく、ルイス・エンリケ監督は前線をアセンシオ(マドリー)、ジェラール・モレノ(ビジャレアル)、オジャルサバル(レアル・ソシエダ)に代えたんですが、43分には、オランダ戦で額を縫ったガヤの復活証明アシストでオジャルサバルもゴール祭りに加わり、最後は6-0の大勝に。最終節で首位を奪還して、試合後のロッカールームも大騒ぎだったんですが、いやあ。だってえ、「Muy ilusionados con la Final Four con el equipo que temenos/ムイ・イルシオナードス・コン・ラ・ファイナル・フォー・コン・エル・エキポ・ケ・テネモス(今のチームでファイナルフォーを迎えるのが凄く楽しみだ)」とフェランなどは言っていましたけど、それ、開催は来年10月なんですよ。

翌水曜にはイタリアとベルギーの参戦も決まり、すでに前節には勝ち抜けが決まっていたフランスと共に12月3日の組み合わせ抽選を待つことになるんですが、その4日後には2022年W杯予選の抽選会も開催。このファイナルフォー出場で5チーム編成のグループに入ることが決まっているスペインはまず、3月にW杯予選3試合、9月に3試合、11月に2試合を消化する中、6月11日から1カ月間は延期されていたユーロ2020本大会、そして10月にイタリアでネーションズリーグ・ファイナルフォーと、もう訳わからない状態に。その上、U21ユーロ予選を勝ち抜いた後輩たちも3月に本大会グループステージ、6月11日から7月11日までは決勝トーナメント、そしてもし、本当に開催できなるなら、オリンピックもあるって、いやもう、私が今回、追加招集でU21合宿から呼ばれたククレジャ(ヘタフェ)だったら、正直、何をどう、目標にしたらいいか、さっぱりわからなくなっているかと。

おまけに今シーズンはリーガやヨーロッパのクラブ大会も凝縮日程ですから、「No me esperaba jugar los tres partidos/ノー・メ・エスペラバ・フガール・ロス・トレス・パルティードス(3試合、プレーするとは予想してなかった)」という、デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、ケパ(チェルシー)を抑えて、一気に代表正GK最有力候補となったウナイ・シモン(アスレティック)を始め、この日は中盤で2年前のアトレティコでは成し得なかった、前向きのコンビネーションを披露。「2年間、代表に呼ばれなかったコケの復活ぶりは素晴らしい。No solo se ha limitado a dar pases de seguridad/ノー・ソロ・セ・ア・リミタードー・ア・ダール・パセス・デ・セグリダッド(安全なパスを送るだけに留まらなかった)。オランダとの親善試合で一番、良かった時間もこの2人がピッチにいた」と代表スタッフから、お褒めの言葉をもらっていたコケとロドリにしても、この11月の代表戦で活躍した選手たちが3月にも元気でいられるかはそれこそ、神のみぞ知るところですからね。

まあ、その辺も踏まえてルイス・エンリケ監督は、「No tenemos un equipo fijo, puede jugar cualquiera y eso no va a cambiar/ノー・テネモス・ウン・エキポ・フィホ、プエデ・フガール・クアルキエラ・イ・エソー・ノー・バ・カンビアル(ウチには決まったチームがなくて、どの選手でもプレーできる。それは変わらないだろう)」と言っていたのかもしれませんが、さて。とりあえず、水曜から選手たちが戻り始めたリーガのチームもこの週末は、代表被害がより少なくて済んだのは誰か、競うことになるんですが…。

え、どこより甚大なのはキャプテン、ラモスを2週間、欠くことになったマドリーじゃないのかって?そうですね、実はCBコンビを組むバランもフランス代表の最後の試合となったスウェーデン戦で肩を痛め、途中交代。土曜午後4時15分(日本時間翌午前0時45分)からのビジャレアル戦への出場は金曜の練習を見て決めるのだとか。とはいえ、丁度、ナチョがケガを治して復帰していますし、ミリトンもコロナ陰性になりましたからね。他にもカルバハル、アザール、カセミロ、そしてバレンシア戦で筋肉痛を患ったベンゼマも出られるため、たとえ、相手が現在2位の好調チームとはいえ、ラ・セラミカで引けは取らないと思いますが、やはり怖いのは来週水曜のCLインテル戦。

そう、ラモス抜きのマドリーがCLで苦戦するのは周知の事実とあって、とにかくジダン監督は5節のシャフタール戦までには回復してもらいたいところでしょうが、こればっかりはねえ。ビジャレアルも久保建英選手を始め、ジュラール・モレノ、パウ・トーレスら、代表帰りの選手が結構いるため、3度もペナルティを取られた前節バレンシア戦のような不運に見舞われなければ、いい勝負になると思いますよ。

一方、ウルグアイ・サッカー協会にセレソ会長が苦情を申し立てているアトレティコは土曜午後9時(日本時間翌午前5時)から、ワンダ・メトロポリターノでバルサ戦なんですが、最初に言った通り、スアレス、トレイラ、2人のコロナ感染者以外にもエレーラがメキシコ代表合宿中に負傷。結局、韓国、日本、どちらの親善試合にも出場していないため、むしろ連戦のツケがこの時期に出たということでしょうが、私が覗いた水曜のセッション、マスコミ公開15分間ではジエゴ・コスタ、カラスコ、ビトロら、paron(パロン/リーガの中断期間)前からのリハビリ組、そしてモンテネグロ代表を早退してきたサビッチも全体練習に合流していたのは朗報だったかと。

その日をジムで過ごしたコケやジョアン・フェリックス、水曜のギリシャ戦でもクリーンシートを維持して、スロベニアがネーションズリーグのCグループからBグループに昇格するのを助けたGKオブラクも木曜の練習には参加していましたしね。確かにスアレス不在は攻撃面で痛いとはいえ、2節前のオサスナ戦では彼抜きで3点取っていたり、ジョアンもポルトガル代表で2ゴールと調子に乗っていますしね。シメオネ監督もあまり心配していないかも。ただ、彼らも来週水曜にはCLロコモティブ・モスクワ戦がありますし、その後もバレンシア戦、CLバイエルン戦と難しい試合が続くため、スアレスには早く陰性結果を出して、せめてマドリッドには戻って来てもらいたいですよね。

一方、バルサではスペイン2戦目のスイス戦でヒザを捻ったブスケツが2週間の離脱。あとは特に代表戦での負傷、感染等は聞いていませんが、コウチーニョのケガが治って復帰というのはクーマン監督にとって、大きいかと。今はアトレティコが3位で、8位のバルサとは勝ち点差6と、ここで負けても順位が引っくり返ったりはしないんですけどね。せっかく今季はここまで7試合で無敗と、リーガで唯一の黒星なしチームになっているんですから、その記録をできるだけ長く続けて欲しいところかと。

そしてククレジャがスペインA代表デビューを果たせなかったとはいえ、U21の消化試合で体力を使うこともなかったヘタフェは日曜午後2時(日本時間午後10時)から、アウェイでのエイバル戦に臨むんですが、何せこちらは前節、ビジャレアルに1-3と負けてしまいましたからね。バルサと勝ち点が同じの10位とはいえ、16位のエイバルとの差も2ポイントだけなので、気を緩める訳にはいきません。この先、3、4週間、再びヨーロッパの大会のないチームにとっては、体力的に有利な日程になりますが、10月の代表戦からの3週間でヘタフェはバルサ戦勝利以外、白星がなし。ここからはギアを上げて、再びEL回帰の夢が見られる彼らに戻ってくれたらいいんですが…。

【マドリッド通信員】 原ゆみこ
南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。

アトレティコ・マドリーの人気記事ランキング

1

「僕は必要ないんだろう」アトレティコ愛失ったモラタがミラン移籍へ…繰り返された容赦ない発言「誰もが僕を追い出そうと」

スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)はアトレティコ・マドリーへの愛着を失った上でのミラン移籍に。スペイン『Relevo』が伝える。 長らく報じられてきた今夏のミラン移籍が、ユーロ2024終了により、いよいよ決着する模様のモラタ。欧州王者のキャプテンは、ユベントス時代以来となるセリエA復帰が目前だ。 そんなモラタはここ数カ月、世代交代を図る現所属アトレティコに対する容赦ない発言が目立っており、ユーロ2024開幕を控えた先月上旬には突き放すようなコメントも。 「アトレティコの誰とも話していない。だけど、このクラブが8人ものストライカーを獲得したがっていることは僕も把握している。僕は今後のアトレティコに必要ないんだろう?」 「僕はいま31歳。10月で32歳だ。プレーできないようならアトレティコを去る。僕に関する報道は知っているよ。クラブの考えも把握しているし、だからこそ僕もハッキリものを言う」 そこから約1カ月、モラタはXで「ミラン行きはいいことだ」と大人気なく皮肉ってきたアトレティコファンに、こうリポスト。 「(CL準々決勝で)ドルトムントに敗れた直後から、誰もが僕を追い出そうとしていたじゃないか」 一方で、アトレティコのエンリケ・セレソ会長はモラタについて「意向を尊重する」としつつも、「当初は残留すると聞いていたが、のちに心変わりしたようだ。このクラブは去る者を追わない」とコメント。互いに対する愛着が消え失せた両者のコメントだ。 ともあれ、モラタはイタリア人の妻とともにミラノへ。メディカルチェックはもうすぐと伝えられている。 2024.07.16 16:50 Tue
2

夢の補強実現へ…フリアン・アルバレス狙うアトレティコが交渉開始か

アトレティコ・マドリーがマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(24)の獲得に動き出したようだ。 オランダ代表FWメンフィス・デパイ(30)が退団し、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)もミラン移籍へ向かっているアトレティコ。さまざまなセンターフォワードが新戦力候補に挙がるなか、獲得困難と予想されるフリアン・アルバレスが夢の補強と位置づけられていた。 シティに売却の意思はなく、コパ・アメリカ2024終了後には改めてフリアン・アルバレス陣営と話し合いの場を設けるという報道も。しかし、選手自身がより多くのプレー機会を望み、主役級の立ち位置を求めているとされる。 そんななか、アルゼンチン『TyC Sports』によると、アトレティコが夢の補強実現に向けて始動。個人間やクラブ間の交渉を開始したという。 フリアン・アルバレスは2022年夏にリーベル・プレートからシティへ移り、この2年で通算103試合出場、36ゴール18アシストを記録。2022-23シーズンの3冠達成や2023-24シーズンのプレミアリーグ4連覇に尽力したが、メインポジションの1つである最前線には、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの存在がある。 2024.07.16 16:15 Tue
3

ユーロ制覇貢献のスペイン代表DFル・ノルマン、アトレティコ移籍完了へ…ソシエダが意思確認

レアル・ソシエダのスペイン代表DFロビン・ル・ノルマン(27)は、いよいよアトレティコ・マドリー移籍が決まるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ソシエダのBチームを経て、ファーストチームの最終ラインを支える存在となったル・ノルマン。スペイン代表にも定着し、今夏のユーロ2024ではレギュラーセンターバックとして大会制覇に貢献した。 その裏では、元スペイン代表DFマリオ・エルモソ(29)が退団し、モンテネグロ代表DFステファン・サビッチ(33)も移籍へ向かうアトレティコからオファーを受け、早々に個人合意。クラブ間でも話はまとまり、移籍は決定的と見られていた。 しかし、ラ・レアルは選手の意向を直接確認してからの決着を望み、ユーロを戦い終えたル・ノルマンと会談を実施。残留を望めばクラブ間合意もなかったことになったが、ステップアップの意思は確固たるもので、このまま移籍完了へと向かうようだ。 ソシエダが受け入れた条件は、移籍金3000万ユーロ(約51億2000万円)+ボーナス500万ユーロ(約8億5000万円)。サプライズがなければまもなく正式発表となる見込みだ。 2024.07.22 21:25 Mon
4

ミランがユーロ制したスペイン代表FWモラタを確保! 4年契約+1年OPの契約、22.3億円の契約解除金を支払ったか

ミランは19日、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)をアトレティコ・マドリーから完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となり、1年間の延長オプションもついているという。また、背番号は「7」に決定した。 モラタは、ヘタフェ、レアル・マドリーの下部組織出身。2013年7月にファーストチームに昇格するが、2014年7月にユベントスへと完全移籍する。 2016年7月にマドリーに復帰するも、定着できずにチェルシーへ1年で完全移籍。チェルシーでは結果を残すも、2020年7月にアトレティコ・マドリーへ完全移籍すると、再びユベントスへとレンタル移籍を経験した。 ラ・リーガで180試合71ゴール、セリエAで130試合35ゴールを記録しているモラタは、スペイン代表としても80試合で36ゴールを記録。キャプテンとして臨んだユーロ2024では見事に優勝を果たしていた。 今夏は去就が騒がしく、ミランへの移籍の可能性もある一方で、アトレティコ残留という可能性もあった中、再びセリエAに挑戦することが決定した。 なお、スペイン『アス』によればミランは約1300万ユーロ(約22億3000万円)の契約解除金を支払っての獲得に。年俸は450万ユーロ(約7億7000万円)になるという。 2024.07.19 20:27 Fri
5

モラタがミラン行きを認める「メディカルチェックをパスしないとだけどね」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)がミラン行きを認めた。スペイン『アス』、『カデナ・コープ』のインタビューで答えた。 1300万ユーロ(約22億4000万円)の契約解除金、1年延長オプション付きの4年契約を結ぶと見られるモラタはアトレティコの練習場を車で去る際、『アス』のミラン行きに関する質問を受け、「まだメディカルチェックをパスしないとだけどね、そうだ」と移籍を認めた。 また、『カデナ・コープ』の取材に対してはサポーターやフロントとの軋轢がありつつも2シーズンを過ごしたアトレティコへの想いを語った。 「チームメートに別れを告げたよ。監督を始め、いつも助けてくれた彼らに感謝することが僕にとって重要だった。楽しくない時もたくさんあったし、色々な理由で100%の力を発揮できない状況があった。この選択が皆にとって良いんだ。嘘はつきたくないよ」 「アトレティコのユニフォームを着てタイトルを獲得することは、ユーロの優勝カップを掲げることと同じくらい価値があると思っていた。ユーロでは大会中、すね当てにアトレティコのエンブレムが入ったものをずっと付けていたんだ」 ユーロ2024では主将としてスペインを優勝に導いたモラタ。新シーズンはユベントスに在籍した2021-22シーズン以来、3季ぶりにセリエAを戦うことになる。 2024.07.17 08:00 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly