セネガルのエースFWマネが無人のゴール前でまさかの凡ミス…しかしその後は汚名を返上!

2020.11.17 17:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セネガル代表は15日、アフリカ・ネーションズカップ予選第4節でギニアビサウ代表と対戦。この試合で先発出場を果たしたマネだったが、まさかのミスを記録してしまった。
◆マネのリバプール初ゴール

0-0で迎えた16分、最終ラインからのロングボールに抜け出した味方がGKをかわし、決定機を作るも、近くにいたマネが味方からボールを奪う形でやや強引にシュート。しかし、無人のゴール放たれたシュートはサイドネットに逸れ、先制のチャンスを潰してしまった。

絶好機でらしからぬミスを犯してしまったマネ。引きずってしまいそうなところだが、やはりそこはエース。しっかりと気持ちを切り替えると、82分に左サイドからの突破でゴールを決め、汚名返上の決勝点を決めてみせた。

これで予選4戦4勝としたセネガルは、2022年に開催予定のアフリカ・ネーションズカップ本戦の出場権を、開催国であるカメルーン以外の参加国では最速で獲得した。

隔年で行われる同大会は2021年1月開幕予定だったが、コロナ禍により2022年に延期されている。

◆セネガルvsギニアビサウ ハイライト
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーGKメンディがセネガル代表を負傷離脱 クラブでさらなる検査へ

チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディがケガを負ってしまった。 メンディは今月の代表ウィークで2つの国際親善試合に臨むセネガル代表に選出。9日にモロッコ代表と戦い、続く13日にモーリタニア代表と相対する予定だが、セネガルサッカー連盟が8日にメンディの負傷離脱を発表した。 報告によると、メンディは7日のトレーニングセッション中に右大腿部を負傷。8日に代表を離れ、所属クラブでさらなる検査を受ける見通しだという。 メンディは今夏、スタッド・レンヌからチェルシーに加入。9月29日のトッテナムとのEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でデビューを飾り、代表合流直前の3日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦も先発出場した。 スペイン代表GKケパ・アリサバラガに代わる守護神として期待が集まるメンディが代表で負傷してしまったチェルシーは17日に行われるプレミアリーグ第5節が代表ウィーク明けの初戦。サウサンプトンをホームに迎え撃つ。 2020.10.09 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコFWケイタがセネガルに200万円を寄付「みんなで一緒に苦難に打ち勝とう」

モナコのセネガル代表FWケイタ・バルデが新型コロナウイルス(COVID-19)感染抑制のために母国セネガルに1万7000ユーロ(約200万円)の寄付をしたと、セネガルの国立委員会が発表した。 世界中で広がるコロナウイルスの感染。アフリカもその例外ではなく、特にセネガルでは2日以来感染者数が増加の一途をたどっている。25日には、それまでの1日あたり観測で最大となる13名の感染が新たに確認され、感染者数が90名に上っていた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJseVNsb2dJTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> セネガル代表の選手では、リバプールのFWサディオ・マネが先週4万1000ポンド(約530万円)の寄付を行っていた。 また、新たにセネガル国立委員会は「ケイタ・バルデが、テレソン(テレビ放映の募金イベント)とXex Coronavirus(チャリティ)を通して、1100万CFAフラン(約200万円)の寄付をすることでコロナウイルスに対する戦いに加わったと」とコメントを出した。 ケイタ・バルデは、スペイン系セネガル人で、バルセロナの下部組織にも在籍していたモナコの選手。更なる感染拡大が危惧される母国にサポートを送った。 本人は「世界中で起こされているコロナウイルスに対する戦いの連帯の波に加わった。私たちには連帯が必要。だからこそリーダーや、アスリート、アーティスト、ミュージシャンの皆さんに(この運動に)参加するようにお願いしています。今までのように、みんなで一緒に困難に打ち勝とう」とコメントしている。 2020.03.27 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アフリカ年間MVPはリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ!

アフリカサッカー連盟(CAF)は7日、2019年度のアフリカ年間最優秀選手賞にリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネを選出した。 今回初受賞となったマネは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールの制覇に貢献したほか、プレミアリーグでも初の得点王を獲得。さらに、アフリカ・ネーションズカップ2019でもエースとしてチームの準優勝に貢献していた。 なお、先月に発表された最終候補10名にはマネ以外に、3年連続受賞が懸かっていたリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、昨シーズンのプレミアリーグ得点王の1人となったアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン。 アフリカ・ネーションズカップ2019優勝チームのアルジェリア代表からマンチェスター・シティFWリヤド・マフレズと、ミランMFイスマエル・ベナセル、アル・アハリ・ジッダMFユセフ・ベライリの3選手。 アヤックスの国内2冠とCLベスト4進出の立役者となったカメルーン代表GKアンドレ・オナナ、モロッコ代表MFハキム・ジイェフの2選手。ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、上海申花の元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロが選出されていた。 また、その他の部門ではアフリカ年間最優秀若手選手賞をドルトムントのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが2年連続で受賞。男子最優秀監督にはアルジェリア代表をANC制覇に導いたジャメル・ベルマディ監督が選ばれた。 最後に2019年のアフリカ年間ベストイレブンにはリバプールのマネとサラー、元カメルーン代表DFジョエル・マティプの3選手などが選出されている。 ◆アフリカ年間ベストイレブン GK アンドレ・オナナ(アヤックス/カメルーン) DF セルジュ・オーリエ(トッテナム/コートジボワール) ジョエル・マティプ(リバプール/カメルーン) カリドゥ・クリバリ(ナポリ/セネガル) アクラフ・ハキミ(ドルトムント/モロッコ) MF イドリサ・グイエ(パリ・サンジェルマン/セネガル) リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア) ハキム・ジイェフ(アヤックス/モロッコ) FW モハメド・サラー(リバプール/エジプト) ピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル/ガボン) サディオ・マネ(リバプール/セネガル) 2020.01.08 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

なかなか“マネ”できません セネガル代表エースの初心忘れぬ行動に称賛!

リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネは初心を忘れぬ素晴らしいフットボーラーだ。イギリス『デイリー・メール』が同選手のセネガル代表でのある行動にスポットライトを当てた。 チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテなどと並んでフットボール界屈指のナイスガイとして知られるマネ。 そのマネのナイスガイぶりは今回の代表ウィークでも健在だった。ツイッターユーザーの『@ChrisvLFC』が投稿した短い動画には、代表の移動中のチームバスから降りてくる同選手の様子が映されていた。 チームバスの前でキットマネージャーと思われるスタッフが、練習時に使うミネラルウォーターを荷台から降ろしていると、何人かの選手たちが素通りした後に現れたマネは、その様子を見て「僕が持っていくよ」と、一声かけて両手にミネラルウォーターの箱を抱えてロッカールームへと運んで行った。 そのあまりに自然な動きを見ると、マネが普段からこういったスタッフへのサポートを行っていることがよくわかる。 代表に招集されたばかりの駆け出しや中小クラブの選手であれば、こういったサポートは当然の仕事とも言えるが、セネガル国内だけでなくフットボール界のスーパースターであるマネが、未だにこういった初心を忘れない行動を見せていることは多くの若手選手の良いお手本と言えるはずだ。 <div id="cws_ad">◆なかなか“マネ”できません<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sadio Mane helps offload items from team bus.<br><br>This guy is not fake. <a href="https://t.co/EREXKUv0Ug">pic.twitter.com/EREXKUv0Ug</a></p>&mdash; Saddick Adams (@SaddickAdams) <a href="https://twitter.com/SaddickAdams/status/1194981581485740033?ref_src=twsrc%5Etfw">November 14, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2019.11.17 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクでもメッシでもない…今年の大使を務めるドログバがバロンドールに推すのは?

12月2日に行われる2019年のバロンドール授賞式の大使を務める元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、バロンドールを受賞する選手について語った。フランス『パリ・マッチ』が伝えている。 今回のバロンドールの本命と目されるのは、リバプールに所属し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。また、ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得し、バルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。 しかし、ドログバ氏が受賞者に推したのは、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ。昨シーズンは、リバプールでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを獲得し、プレミアリーグでは2位に終わったものの22得点を挙げ得点王(モハメド・サラー、ピエール=エメリク・オーバメヤンと同数)に。また、セネガル代表でもアフリカ・ネーションズカップで母国を準優勝に導いていた。 ドログバ氏は『パリ・マッチ』のインタビューでマネとバロンドールについて言及している。 「マネは可能だと思う。以前からそうだった。サミュエル・エトーのようにアフリカ大陸を代表する選手は多くいる。残念なのは、アフリカの選手について話すとき、国という枠で話さないことだ。キリアン・ムバッペについて、決して”ヨーロッパの選手”とは言わない。存在するのは小さな差だ」 「バロンドールを勝ち取るために、マネやモハメド・サラー、ピエール=エメリク・オーバメヤンたちが、プレーレベルを上げ続けることは本当に素晴らしいことだ」 「アフリカ・ネーションズカップ、チャンピオンズリーグ、そしてリーグ戦。プレミアリーグで彼が行っていること。それをすることができる選手はとても少ないよ」 これまでの歴史の中で、アフリカ出身の選手がバロンドールを受賞したのは、1995年のジョージ・ウェア氏(リベリア)のみとなっており、ドログバ氏自身はチェルシーに在籍した2004年から2012年の間、8度バロンドール候補に選ばれており、2007年には自身最高位となる4位に入っていた。ウェア氏以外には、トップ3にも入ったことがないアフリカ人選手。ドログバ氏が推すマネの結果はどうなるだろうか。 <span data-gns-video="https://d00030400.gamecity.ne.jp/cws/lite/ad/201910gns/191029news.mp4" data-gns-video-caption="ファン・ダイクでもメッシでもない…今年の大使を務めるドログバがバロンドールに推すのは?"></span> 2019.10.29 13:55 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly