高校サッカー選手権組み合わせが決定! 初戦から広島皆実vs青森山田が実現《高校サッカー選手権》

2020.11.16 14:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
第99回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が16日に催され、対戦カードが決定した。

この日まで予選決勝が行われていない神奈川、熊本の2県の代表校を除く46校が出席した今回のオンライン抽選会。今大会は開会式と開幕戦を実施せず、来年1月11日に埼玉スタジアム2002で開催される決勝戦に向け、12月31日に1回戦が一斉に行われる。

昨年ファイナリストである24年連続26回目の出場となる青森山田高校は2年連続16回目出場の広島皆実高校と初戦から激突。2年ぶり21回目の出場となる東福岡高校は28日に神奈川県予選決勝を予定する桐光学園高校vs桐蔭学園高校の勝者と対峙する。

また、前回ベスト4の矢板中央高校は徳島市立高校と相対。Jリーグ内定者4選手を擁する昌平高校は高川学園高校と対戦するほか、学校法人石川高校と創成館高校という初出場校同士の対戦も実現した。初戦の対戦カードと日程は次のとおり。

◆第99回全国高校サッカー選手権大会
【1回戦】
▽12/31(木)
[A]
山梨学院(山梨県・3年ぶり7回目)vs米子北(鳥取県・11年連続16回目)
鹿島学園(茨城県・4年ぶり9度目)vs海星(三重県・4年ぶり2回目)
松本国際(長野県・2年連続4回目)vs京都橘(京都府・2年連続9回目)
昌平(埼玉県・2年連続4回目)vs高川学園(山口県・2年連続26回目)

[B]
市立船橋(千葉県・2年連続23回目)vs佐賀東(佐賀県・3年ぶり11回目)
明桜(秋田県・27年ぶり4回目)vs那覇西(沖縄県・2年ぶり17回目)
関東第一(東京都A・3年ぶり3回目)vs山辺(奈良県・初出場)
遠野(岩手県・2年ぶり29回目)vs神戸弘陵(兵庫県・2年連続11回目)

[C]
星稜(石川県・2年ぶり29回目)vs作陽(岡山県・3年ぶり24回目)
11月28日決定(神奈川県)vs東福岡(福岡県・2年ぶり21回目)
日本大学山形(山形県・5年ぶり14回目)vs近江(滋賀県・初出場)
前橋商業(群馬県・16年ぶり12回目)vs神村学園(鹿児島県・4年連続8回目)

[D]
丸岡(福井県・3年連続31回目)vs11月21日決定(熊本県)
札幌大谷(北海道・5年ぶり3回目)vs大手前高松(香川県・2年連続2回目)
帝京大可児(岐阜県・2年連続7回目)vs初芝橋本(和歌山県・3年ぶり16回目)
東海学園(愛知県・7年ぶり4回目)vs明徳義塾(高知県・4年ぶり8回目)

【2回戦】
▽1/2(土)
[A]
藤枝明誠(静岡県・4年ぶり3回目)vs新田(愛媛県・39年ぶり3回目)
学校法人石川(福島県・初出場)vs創成館(長崎県・初出場)

[B]
仙台育英(宮城県・4年連続35回目)vs宮崎日本大学(宮崎県・初出場)
履正社(大阪府・6年ぶり3回目)vs帝京長岡(新潟県・3年連続8回目)

[C]
矢板中央(栃木県・4年連続11回目)vs徳島市立(徳島県・3年連続18回目)
富山第一(富山県・6年連続31回目)vs日本文理大附(大分県・初出場)

[D]
堀越(東京都B・29年ぶり3回目)vs大社(島根県・5年ぶり10回目)
広島皆実(広島県・2年連続16回目)vs青森山田(青森県・24年連続26回目)

【3回戦】
▽1/3(日)

【準々決勝】
▽1/5(火)

【準決勝】
▽1/9(土)

【決勝】
▽1/11(月・祝)

関連ニュース
thumb

「NEXT GENERATION MATCH」に臨む高校選抜のメンバー発表!選手権優勝の山梨学院から最多5名選出

Jリーグは10日、FUJI XEROX SUPER CUP 2021 NEXT GENERATION MATCHの川崎フロンターレU-18戦に臨む日本高校サッカー選抜のメンバーを発表した。 今回のメンバーには高校サッカー選手権で優勝した山梨学院高校からGK熊倉匠ら5名が選出。また、準優勝の青森山田高校からは4名が選出された。 NEXT GENERATION MATCHは、2月20日(土)の10時20分キックオフとなっている。 今回招集されたメンバーは以下の通り。 GK 熊倉匠(山梨学院高校) 韮澤廉(青森山田高校) DF 長田京兵(市立船橋高校) 一瀬大寿(山梨学院高校) 井上太聖(堀越高校) 小澤亮太(昌平高校) 板倉健太(山梨学院高校) 飯田晃明(丸岡高校) 木内拓海(市立船橋高校) 内田陽介(青森山田高校) MF 小宅空大(帝京大可児高校) 新井爽太(山梨学院高校) 川上航立(帝京長岡高校) 安斎颯馬(青森山田高校) 荒井悠汰(昌平高校) 青木俊輔(東福岡高校) 廣井蘭人(帝京長岡高校) 吉田陣平(佐賀東高校) 宇野禅斗(青森山田高校) 永吉飛翔(神村学園高等部) FW 崎山友太(米子北高校) 野田武瑠(山梨学院高校) 福田師王(神村学園高等部) 監督 蒲原晶昭(佐賀東高校) 2021.02.10 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

高卒でポルトガルへ! ポルティモネンセが高校サッカー選手権優勝の山梨学院高校MF広澤灯喜を獲得

ポルティモネンセに今冬3人目の日本人選手が加入することとなった。 ポルトガル『レコルド』によると、高校サッカー選手権で優勝を果たした山梨学院高校のMF広澤灯喜が、ポルティモネンセに加入することとなった。 広澤は、湘南ベルマーレの下部組織出身で、山梨学院高校へと進学。決勝の青森山田高校戦では、鋭いゴールで先制点を記録していた。 契約期間などは明らかになっていないものの、ポルティモネンセのメインスポンサーである株式会社セレモニーの志賀司 代表取締役社長のインスタグラムにも登場している。 なお、ポルティモネンセは今冬には柏レイソルからGK中村航輔の獲得を発表。また、クラブからは何も公式発表がなされていないものの、自身で発表したボタフォゴを退団したMF本田圭佑に続いて、3人目の日本人選手獲得に。現在はDF安西幸輝と合わせて、4名が在籍することとなる。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CK9ZSs1rqFE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CK9ZSs1rqFE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CK9ZSs1rqFE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tsukasa Shiga(@shiga777)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.07 12:28 Sun
twitterfacebook
thumb

高校サッカー選手権アラカルト/六川亨の日本サッカーの歩み

第99回全国高校サッカー選手権大会は、山梨学院が2-2からのPK戦を4-2で制して11大会ぶり2度目の優勝を飾った。 山梨学院からすれば、狙い通りのPK戦だったかもしれない。総合力で上回る相手の猛攻に耐え、準決勝に続いてのPK戦での勝利。ただ、それを支えたのはGK熊倉のファインセーブがあったからでもある。 開始6分の松木の至近距離からのシュートや、後半15分にもニアサイドへの決定的なシュートを足でブロック。彼の存在が、青森山田の選手から余裕を奪い、それがシュートミスにもつながったのではないだろうか。 青森山田は2回戦から決勝までの4試合で15ゴールを奪った。準決勝では堅守を誇る矢板中央を5-0と粉砕したのだから、決勝戦でも優勢が予想された。しかし「好事魔多し」とはよく言ったもので、油断したわけではないだろうが、苦しみながら勝ち上がってきたチームに負けることは往々にしてある。 過去の選手権でも、戦後の最多得点記録を持つ鹿児島城西(08年の第87回大会)は、1回戦で青森山田に4-3と苦しみながらも競り勝つと、2回戦では大阪桐蔭に5-2、3回戦は宇都宮白楊に7-1、準々決勝は滝川第二に6-2と圧勝。準決勝も前橋育英を5-3と粉砕したが、決勝では広島皆実に2-3と競り負け初優勝を逃した。 鹿児島城西が6試合で奪ったゴールは実に29。1試合平均で約5ゴールと驚異的な得点力である。その鹿児島城西のエースストライカーで、10ゴールを決めて得点王となったのが大迫勇也(ブレーメン)だった。 10ゴールは1大会の最多得点記録であり(通算最多ゴールは国見の平山相太が3年間で記録した17ゴール)、全試合ゴールは第75回大会で優勝した市立船橋の北嶋秀朗(決勝では中村俊輔率いる桐光学園に2-1と勝利。北嶋は第73回大会でも優勝し、高校通算16ゴール。卒業後は柏に入団)以来の快挙でもあった。 準々決勝で敗れた滝川第二のキャプテンが「大迫半端ないって」と泣きながら絞り出した言葉はロシアW杯でも使われた。 この鹿児島城西に続く最多ゴール記録を持っているのが、最近は出場機会がめっきり減った帝京である。1981年の第60回記念大会では、3試合で24ゴールの荒稼ぎをした。 この第60回の記念大会は、いまでこそ当たり前だが、1県に1校の出場枠が与えられ、東京都は2校の出場が認められ、全48校が出場した。 それまでの高校選手権は、例えば東北なら青森と岩手(北奥羽代表)、秋田と山形(西奥羽代表)、宮城と福島(東北代表)で各1校の出場枠を争った。県によって実力差があったことは確かだが、滋賀は京都(京滋代表)に、奈良は和歌山(紀和代表)に阻まれてなかなか全国大会に出られないなど、その実力差はさらに広がるばかりだった。 しかし第60回大会の成功で、翌年こそ32校に戻されたものの、第62回大会から現行の全48校出場に変更されて現在まで続いている。 話を帝京に戻すと、1回戦で高松南に9-0、2回戦で仙台向山に8-1、3回戦で高崎に7-1と圧勝した。しかし準々決勝では韮崎に0-2と敗れ、ベスト8で姿を消した。 チームを率いる古沼貞雄監督は、「点が取れるからといって、たくさん取ろうとして、気付かないうちに疲れが溜まっていた」と反省の弁を述べた。そしてこの教訓を生かし、48校出場となった第62回大会では手堅いサッカーで勝ち上がり、準決勝では韮崎を1-0で破って2年前の雪辱を果たすと、決勝でも前年優勝校の清水東を破って4度目の全国制覇を成し遂げた。 今大会で優勝した山梨学院の総監督は、かつて韮崎を率いた横森巧元監督である。韮崎時代は天才的ドリブラー羽中田昌(高校卒業後に交通事故で脊椎を損傷し下半身不随になるが指導者として活躍)を擁しながら、第58回大会から5大会連続ベスト4で、3度の準優勝と全国制覇の悲願は達成できなかった。 しかし第88回大会では監督として、そして今大会は総監督として2度目の優勝を果たした。一方、準決勝で青森山田に敗れた矢板中央のアドバイザーは、かつて帝京を率いて6度(両校優勝を含む)の優勝を果たした古沼氏である。全国各地の名門校の監督は代替わりしているものの、お二人のように高校サッカーのベテラン指導者もまだまだ健在である。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.01.12 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

山梨学院が11年ぶり2度目の優勝! GK熊倉匠の活躍で3年連続ファイナリスト青森山田とのPK戦を制す! 《高校サッカー選手権》

第99回全国高校サッカー選手権大会決勝戦の山梨学院高校(山梨)vs青森山田高校(青森)が11日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-2で迎えたPK戦で4-2の勝利を収めた山梨学院が11年ぶり2度目の優勝を果たした。 今大会ここまでの5試合でわずか1失点の堅守を武器に、初出場で初優勝を果たした2010年以来の決勝進出を果たした山梨学院。対して、3年連続のファイナリストの青森山田は、4試合で15ゴールの圧倒的な攻撃力を武器に勝ち進んできた。 山梨学院と青森山田による決勝戦は2010年大会と同じ。そんな一戦で先にチャンスを作ったのは青森山田。6分、敵陣中央左サイドでボールを受けたMF安斎颯馬⑦がループパスを送る。これに抜け出したMF松木玖生⑩がボックス左からフリーでシュートを放つも、GK熊倉匠⑰の好セーブに遭い、先制点とはならない。 攻撃的な青森山田に対して、カウンターからチャンスを作る山梨学院が12分にスコアを動かす。右サイドを突破したMF新井爽太⑧がクロスを送ると、ボックス中央でボールを受けたMF広澤灯喜⑪がタイミングを外してから右足を一閃。低い弾道のシュートがゴール左に決まり、先手を取った。 その後は青森山田が攻勢を強める展開に。だが、両サイドを使って山梨学院ゴールに迫るものの、DFの体を張った守備に苦しみ決定機を作るに至らず。主導権を握りながらも、シュートシーンまで運べないまま、1点ビハインドで試合を折り返した。 2年ぶりの優勝を目指す青森山田は後半に入りギアを上げていく。そのなかで57分、敵陣右サイド深くからDF内田陽介②がロングスロー。このこぼれ球に反応したMF松木玖生⑩がボレーシュートを放つと、GK熊倉匠⑰に防がれるも、最後はDF藤原優大⑤が押し込んで振り出しに戻した。 このゴールを機に勢いに乗った青森山田がここから畳み掛ける。まずは59分、DF内田陽介②のパスを受けたMF安斎颯馬⑦がボックス右から右足シュートを放つも、GKの好セーブに遭う。その直後に得た左CKの場面では、MF松木玖生⑩のクロスにDFタビナス・ポール・ビスマルク③がヘディングで合わせるも、クロスバーに嫌われた。 2度の決定機を外してしまった青森山田だったが63分、DF内田陽介②のパスを受けた途中出場のMF藤森颯太⑪がボックス右手前からクロス。ゴール前に走り込んだMF安斎颯馬⑦が得点ランキングトップとなる今大会5ゴール目となるスライディングシュートを決めて、逆転に成功した。 ひっくり返されてしまった山梨学院は、66分にMF新井爽太⑧のロングスローからFW久保壮輝⑳に決定機が巡ってくるも、相手DFのシュートブロックに遭う。それでも78分、FW笹沼航紀⑦がボックス中央手前まで持ち運んでからスルーパスを送ると、青森山田の連携ミスを誘発。これをFW野田武瑠⑩がボックス左から左足シュートを流し込んで、試合は再び振り出しに戻された。 一瞬の隙を与えてしまった青森山田は82分、MF安斎颯馬⑦の左CKからボックス中央のDF藤原優大⑤がヘディングシュートを放つも、ポスト直撃。さらに試合終了間際の89分にはMF藤森颯太⑪の絶妙クロスからファーサイドのMF仙石大弥⑭に絶好機が巡ってきたが、シュートを枠に飛ばすことができず。2-2で後半終了の笛が鳴り、延長戦に突入した。 互いに死力を尽くすなか、山梨学院は97分に右サイドを打開したMF浦田拓実⑲がクロスを供給。ファーサイドに待ち構えていたFW茂木秀人イファイン⑨にフリーでボールが渡るも、トラップが足元に入りすぎてしまいシュートを放てなかった。 対する青森山田は延長後半に突入した102分にチャンスを作る。DFタビナス・ポール・ビスマルク③がスピードを生かして左サイドを突破。その折り返しをワンタッチで抜け出したMF松木玖生⑩がボックス左からシュートを放つも、GK熊倉匠⑰に防がれた。 結局、延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入。互いに1人目が成功すると、青森山田は2人目のMF安斎颯馬⑦が放ったシュートがGK熊倉匠⑰に止められてしまう。さらに、4人目のDF三輪椋平⑬のシュートも枠外で失敗。対して、山梨学院は4人全員が成功させて、4-2で勝利。11年ぶり2度目の優勝を果たした。 山梨学院(山梨) 2-2(4PK2) 青森山田(青森) 【山梨学院】 広澤灯喜(前12) 野田武瑠(後33) 【青森山田】 藤原優大(後12) 安斎颯馬(後18) <div style="text-align:center;">◆第99回全国高校サッカー選手権大会結果<img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/hss99_tm_final_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains,LTD<hr></div> 2021.01.11 17:04 Mon
twitterfacebook
thumb

高校サッカーのロングスローは歓迎/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグはオフシーズンに突入し、国内はもちろん海外への移籍も活発だ。こちらは落ち着いてから整理して、戦力分析をしようと思っている読者も多いだろう。 AFC(アジアサッカー連盟)からは8日の昼過ぎにメールが届き、次回のアジアカップが23年6月から7月にかけて中国で開催されること。本大会はこれまでの16カ国から24カ国に増えるものの、大会日数は前回UAE大会の28日から31日と3日間しか違わないことなどが報告されていた。 気になる開催都市だが、まだ2年以上先ということで詳しい情報はなかった。それよりも、まずは今夏の東京五輪、来年2月の北京冬期五輪、そして11月開幕のカタールW杯が無事に開催できるかどうか。 そのためにも、まずは2月開幕のJリーグと3月のW杯2次予選を無事に迎えることが最初の課題と言っていい。 さて、全国高校サッカー選手権も残すところ9日の準決勝と11日の決勝戦となった。4都県に緊急事態宣言が出されたことで、生徒と父兄ならびに学校関係者の観戦が取りやめとなったのは残念だが、感染が拡大している現状ではやむを得ないだろう。 そんな高校選手権を年末年始に取材して感じたことが2点ある。 まず1点は、かつては珍しかったロングスローを投げる選手が、いまはどのチームにもいたことだ。このためFK、CKと同様にロングスローからの空中戦も大きな武器になっていた。 もう1点は、交代枠が5人に増えたことで、Jリーグ同様選手交代を早めに行うチームが増えたということである。 まず交代枠だが、4人から5人に増加されたのは3年前の第96回大会からだった。それまでは、主力11人をスタメンで送り出し、(1)劣勢に立たされたチームが起死回生で温存したスーパーサブを投入する。(2)来年度のチーム作りに向けて期待の1年生に選手権を経験させるために送り出す。(3)勝負は半ば諦めて、3年間頑張った控えの選手に出場機会を与える――というパターンが多かったと記憶している。 ところが第96回大会では優勝した前橋育英(群馬)や準優勝の流通経済大柏(千葉)ら、選手層の厚いチームは5人の交代枠を有効に使って好成績を収めた。 大会は連戦もあるため交代選手を9人登録できる。交代枠が3や4だと、サブの選手は次に誰が出場機会をつかむのか推測しやすいだろう。しかし5に増えたことで、50パーセントの確率で出場できるため、選手のモチベーションも高まるはずだ。 監督にしても、交代選手の数が増えれば柔軟な対応ができる。例えば対戦相手をスカウティングしてスタメンを送り出しても、ゲームプランが狂えば前半の20分くらいで選手交代により修正できるメリットがある。 ただ、個人的には悩むところだ。1つは「たった20分で交代させるのは、選手を駒としか扱っていないのではないか」という思いだ。その一方で、「20分でもピッチに立て、さらに交代枠をすべて使えば16人の選手が選手権を経験できるメリットがある」という考え方だ。 これは、たぶん答えの出ない自分自身への問いかけでもある。 それに比べてロングスロー攻撃は歓迎だ。選手もロングスローを投げられるよう肉体改造に努力しているのだから、それは賞賛すべきだろう。そもそも堅守からCKやFKから長身選手のゴールで勝つのはいまに始まったことではない。 小嶺監督時代の国見(戦後最多の6回優勝)、そして市立船橋(優勝5回)が全国制覇した時は、いつもセットプレーが大きな武器で、ヘディングの強い長身選手を擁して空中戦を得意としていた。一発勝負のトーナメントを勝ち抜く、効率の良いサッカーである。 もちろん見ていて楽しいサッカーではないため否定する向きもある。しかし彼らの“アンチ"としてドリブルやパスサッカーを標榜する静岡学園や野洲があった。どちらが良い悪いではなく、いろいろな考え方とスタイルがあっていいと思う。 その上で、日本代表を始めJクラブも国際試合、EAFF E-1選手権とACLでは韓国代表と韓国のクラブ(と韓国人が監督を務める中国クラブ)には、ロングボールによる空中戦攻撃に苦しめられている。いまに始まったことではないが、空中戦に強い長身FWの育成と、しっかりヘッドで弾き返せるCB(闘莉王や中澤のような)の育成は急務なので、高校年代からヘディングの強化は歓迎したい。 なぜか日本では、ヘディングの技術が軽視されていると感じられてならないのは私だけだろうか。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.01.09 19:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly