CONCACAFチャンピオンズリーグは来月オーランドで集中開催! 昨季の欧州CL形式を採用

2020.11.11 14:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)は10日、新型コロナウイルスの影響で延期となっていたCONCACAFチャンピオンズリーグ2020を来月末に完了させる意向を表明した。北中米カリブ海王者を決める同大会はベスト8が出揃った今年3月にコロナウイルスの感染拡大の影響を鑑みて、延期の状態が続いている。

しかし、CONCACAFは10日、12月中旬以降にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティの本拠地であるエクスプロリア・スタジアムにて、残り試合を集中開催で完了させる決定を下した。

なお、開催形式に関しては現行のホーム&アウェイ方式から、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも採用されたシングルマッチ形式の短期トーナメントに変更されるという。

その中で、オリンピア(ホンジュラス)vsモントリオール・インパクト(アメリカ)、アトランタ・ユナイテッド(アメリカ)vsクラブ・アメリカ(メキシコ)、ティグレス(メキシコ)vsニューヨーク・シティ(アメリカ)の3カードに関してはすでに準々決勝1stレグを実施しており、2ndレグに関しては中立地オーランドでの開催を余儀なくされる。

一方、ロサンゼルスFC(アメリカ)vsクルス・アスル(メキシコ)は1stレグの時点で延期されていたため、シングルマッチでの決着となる。

なお、準々決勝は12月15日と16日に開催され、その勝者が19日に準決勝、22日に決勝が開催される予定だ。また、すべての試合は無観客開催となる。
コメント
関連ニュース
thumb

クリンスマンの息子・ジョナサンがLAギャラクシーと契約延長

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは15日、アメリカ代表GKジョナサン・クリンスマン(23)との契約延長を発表した。 かつてドイツ代表のエースとして活躍し、ドイツ代表やアメリカ代表の監督も務めたユルゲン・クリンスマン氏を父に持つジョナサンは、2020年8月にスイスのザンクト・ガレンから加入した。 これまで、バイエルンやヘルタ・ベルリンに所属するもプレー機会はなく、ザンクト・ガレンでも思うような出場機会を得られずにMLSへと活躍の場を移した。 2020シーズンのMLSでは4試合に出場。クリーンシートも達成している。 チームのGM(ゼネラル・マネージャー)を務めるデニス・テ・クローゼ氏は「ジョナサンは昨シーズン我々のチームで貴重な経験を積んだ才能ある選手だ」とコメント。「我々はGKのポジションをさらに強化できることを嬉しく思っている。彼がLAギャラクシーの選手として成長し続けることを楽しみにしている」と期待を寄せている。 2021.01.16 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

バスケ界のレジェンド、ロッドマン氏の娘がプロサッカー選手に! NWSLドラフトで1巡目全体2位で指名

バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカ女子プロサッカーリーグのNWSLのワシントン・スピリットに加入することが決定した。 トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。 そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。 そして、トリニティーは13日に行われたNWSLドラフトで1巡目全体2位でワシントン・スピリットに指名され、父と同じプロスポーツの世界に足を踏み入れることになった。 なお、トリニティーは『ESPN』のインタビューを通じて、「父は素晴らしいプレーヤーだったし、その遺伝子を引き継いでいるけれど、彼の娘としてだけでなくトリニティーとして知ってもらいたいわ」と、偉大な父親を超えるようなアスリートとなることを誓っている。 2021.01.14 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

バスケ界のレジェンド、ロッドマン氏の娘がNWSLドラフト有力候補に

バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカの女子プロサッカーリーグのNWSLのドラフト候補に挙がっていることがわかった。『ESPN』が伝えている。 トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。 そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。 現在、アメリカでは新型コロナウイルスの影響でカレッジサッカーのリーグ戦が今春まで延期となったこともあり、トリニティーはアーリーエントリーでのNWSL入りをすでに決断している模様だ。 なお、現地の予想では現地時間13日に行われるドラフトでは1巡目での指名が有力視されているという。 2021.01.14 00:59 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表DFキム・ムンファンがロサンゼルスFCに加入!

ロサンゼルスFCは11日、釜山アイパークから韓国代表DFキム・ムンファン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 2017年に釜山でプロデビューを飾ったサイドバックを主戦場に右サイドの複数ポジションでプレー可能な多才なサイドプレーヤー。2019シーズンにはクラブの1部昇格に貢献し、個人としても2部リーグで2度のベストイレブンに選出された。 韓国代表では2018年9月にA代表デビューを飾ると、ここまで通算11試合に出場。なお、2018年アジア競技大会で優勝を経験しており、韓国の21カ月間の兵役義務免除を勝ち取っている。 2021.01.12 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFエインセ氏がアトランタ・ユナイテッドの新監督に就任!

アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するアトランタ・ユナイテッドは18日、新監督にアルゼンチン指揮官のガブリエル・エインセ氏(42)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 アトランタは、7月に成績不振を理由に2018年12月から指揮を執ってきたフランク・デ・ブール監督を解任。シーズン終了までセカンドチームのスティーブン・グラス監督が暫定監督を務めたが、2020シーズンはイースタンカンファレンスで6勝4分け13敗の12位に終わっていた。 そして、後任に指名されたのは現役時代にレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、ローマなどビッグクラブでプレーしたエインセ氏。2014年に母国アルゼンチンのニューウェルズで引退を終えると、翌年から指導者の道を歩み、母国のCDゴドイ・クルス・アントニオ・トンバで監督業をスタート。 その後は、AAアルヘンティノス・ジュニアーズ、CAベレス・サルスフィエルドとアルゼンチン国内のクラブで指揮。AAアルヘンティノス・ジュニアーズ時代には、就任1年目でクラブをプリメーラB・ナシオナル(アルゼンチン2部)優勝に導いた。 2020.12.19 08:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly