リーグ・アン、解任レース最速は最下位ディジョンのジョバール監督に

2020.11.07 15:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ディジョンは5日、ステファーヌ・ジョバール監督を成績不振で解任したことを発表した。現役時代もディジョンで長らくプレーしたジョバール監督は、同クラブのリザーブチームの指揮やマルセイユのアシスタントを経て昨夏に就任。昨季は16位で1部残留を果たしたが、今季は9試合を終えて未だ勝利なしという状況だった。


ディジョンはジョバール監督解任の報せに合わせて、スポーツ・ディレクターのペギー・リュインドゥラ氏の解任も発表。『Get French Football News』によると、今夏の移籍マーケットの失敗が原因とされている。

新監督は決まり次第発表されるとのことで、8日に行われるリーグ・アン第8節のメス戦はデイビッド・リナレス氏が臨時監督を務めるようだ。
関連ニュース
thumb

ロリアンのクラスター発生受け、17日ロリアンvsディジョンが開催延期…

フランス・プロリーグ機構(LFP)は15日、ロリアンの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、17日開催予定だったリーグ・アン第20節、ロリアンvsディジョンの開催延期を決定した。 フランス『レキップ』によると、ロリアンではチーム内でコロナウイルス感染者が増えており、14日に行われた最新の検査でも新たな陽性者が確認され、直近では12人目の感染が確認されたという。 なお、現時点で同カードの代替日程に関しては未定となっている。 2021.01.15 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

レンヌ、メンディ後釜にディジョンの守護神ゴミスを獲得!

スタッド・レンヌは29日、ディジョンからセネガル代表GKアルフレッド・ゴミス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1600万ユーロ (約19億8000万円)となったという。 トリノのプリマヴェーラ出身のゴミスは、SPALを経て昨年夏にディジョンに加入。先日にアーセナルに移籍したアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)と正GK争いを繰り広げた中、ここまで公式戦26試合に出場していた。 また、2017年11月にデビューしたセネガル代表ではこれまで11試合に出場。7月に行われたアフリカ・ネーションズカップ2019では5試合に出場し、セネガルの準優勝に貢献していた。 レンヌでは先日にセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(28)がチェルシーに移籍しており、ゴミスは同胞の抜けた穴を埋めることになる。 2020.09.30 18:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、アイスランド代表GKルナルソンの獲得を正式発表!

アーセナルは21日、ディジョンに所属するアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 KRレイキャヴィクの下部組織出身のルナルソンは、17歳でプロデビュー。デンマークのノアシェランを経て、2018年夏にディジョンへ完全移籍。ここまでの在籍2シーズンでリーグ・アン36試合に出場し、6度のクリーンシートを記録している。 ロングパスの精度に優れる一方、肝心のセービングスキルに関しては粗が目立ち、昨季のディジョンでは、セネガル代表GKアルフレド・ゴミスに次ぐセカンドGKとしてプレーしていた。 なお、アーセナルでは昨シーズンのFAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が今夏にアストン・ビラに完全移籍。第3GKにはイングランド人GKマット・メイシー(26)が控えているが、実力不足は否めず。有事に備えてセカンドGKの確保が急務となっていた。 2020.09.22 02:05 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがアイスランド代表GKルナルソン獲得へ! 移籍金は200万ユーロ程度に

アーセナルがアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 アーセナルでは昨シーズンのFAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が16日にアストン・ビラに完全移籍。 第3GKにはイングランド人GKマット・メイシー(26)が控えているが、実力不足は否めず。有事に備えてセカンドGKの確保が急務となっている。 そういった中、クラブはディジョンのルナルソンの獲得に迫っており、両クラブは200万ユーロ(約2億4000万円)の条件で合意に至った模様。さらに、ディジョンとパリで行われるメディカルチェックを経て、2025年までの5年契約にサインする見込みだという。 KRレイキャヴィクの下部組織出身のルナルソンは、17歳でプロデビュー。デンマークのノアシェランを経て、2018年夏にディジョンへ完全移籍した。ここまでの在籍2シーズンでリーグ・アン36試合に出場し、60失点。クリーンシート6回を記録している。 ロングパスの精度に優れる一方、肝心のセービングスキルに関しては粗が目立ち、セネガル代表GKアルフレド・ゴミスに正GKの座を明け渡している。 それだけに、フランスメディアの間では今回のアーセナル移籍を疑問視する声も挙がっている。 2020.09.17 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

GKマルティネス退団決定のアーセナル、アイスランド代表GKルナルソン獲得でディジョンと協議

アーセナルがアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)の獲得に向けてディジョンと協議しているようだ。 アーセナルでは2019-20シーズン、FAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が守護神を確約してもらえなかったことからアストン・ビラ移籍が近づいていると報じられている。 そんな中、15日には自身のインスタグラム(emi_martinez26)で「アーセナルファンが応援してくれたので玄関から出て行くのを幸せに感じる」と語り退団することを報告。今週中にもアストン・ビラ加入が発表されるとみられている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、アーセナルはドイツ代表GKベルント・レノ(28)、第2GKにイングランド人GKマット・メイシー(26)が控える状況だが、この競争に入ることが可能なルナルソンをリストアップしたようだ。 レイキャヴィクの下部組織出身で、17歳でプロデビューを果たしたルナルソンは、ノアシェラン(ノルウェー)への移籍を経て、2018年夏からディジョンでプレー。反射神経に優れているGKで、2019-20シーズンはリーグ・アンで11試合に出場していた。 また、アイスランド代表としても5試合出場。ディジョンとの契約は2年残っている状態だが、将来が期待されている守護神だけに、獲得となれば大きな戦力になりそうだ。 2020.09.16 10:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly