アーセナル指揮官アルテタからウィロックら若手へ 「与えたチャンスに応えないと」

2020.11.06 15:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督が若手にさらなる奮起を求めた。クラブ公式サイトが伝えている。

5日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第3節でモルデと対戦したアーセナルは22分に失点。しかし、オウンゴールによる2点で逆転すると、FWニコラ・ぺぺとMFジョー・ウィロックもゴールを決めて、4-1の快勝を収めた。


試合後のインタビューに応じたアルテタ監督は活躍したウィロックら若手について、「ジョーや他の若手はシニアプレーヤーがいて、プレミアリーグで多くの機会を得られていない」と述べると、チーム内に化学反応を起こす存在になるよう求めた。

「多くの新顔でチームを変化させて、化学変化と結束を生み出すのは簡単じゃない。今夜の彼らはどれだけプレーがしたいのかを示した。我々にとって、可能性を秘めた選手たちであるのを示してくれた」

「我々はこの大会で優勝したく、最高の選手を起用したいと思っている。若いから起用するんじゃなく、このクラブでプレーするに値する選手を使いたい。彼らがプレーするためのクオリティを持っていると信じているからだ」

「彼らは我々の将来のために本当に重要な選手になってくれる選手たち。クラブにはいくつかのケースがあるが、彼らとは我慢して付き合っていかないといけない。チャンスを与えて、彼らもそれに応えないとね」

関連ニュース
thumb

ウィリアン、アーセナル移籍劇を振り返る…「チェルシーに残りたかった」

アーセナルのブラジル代表MFウィリアンが昨夏の移籍劇に言及した。 昨夏にチェルシーからアーセナルに活躍の場を移したウィリアン。2013年からプレーしたチェルシーで公式戦通算339試合63得点62アシストの数字を誇り、2度のプレミアリーグ制覇にも寄与した功労者だが、昨季限りで満了する契約の延長交渉が破談となり、同じくロンドンを拠点とするアーセナル移籍を決断した。 母国ブラジルメディア『UOL』のインタビューに応じたウィリアンはその当時、チェルシー残留を望む自身がいたと明らかにした。 「難しい決断だった。簡単じゃなかったよ。言われるとおり、クラブ間にすごく大きなライバル関係もあるしね。アーセナルのためにチェルシーを去るのは簡単な決断じゃない。よく考え抜いて、熟慮した決断で、妻や代理人と何度も話し合ったぐらいだ」 「アーセナルに行くと決めたのはミケル・アルテタやエドゥとの会話がきっかけだった。僕がアーセナルに加われば、チームにとって本当にクールなプロジェクトになり、僕にとっても良いものになるだろうと説得してくれたんだ」 「僕がチームの重要な選手になれるとね。彼らはアーセナルが再びプレミアリーグで優勝争いを演じられたり、再びチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に立てるようになるためにクラブの哲学を変えていきたいと考えていたんだ」 「だから、何度か話し合った。いくつかの会話は僕を喜ばせるものだったから、この決断を下した理由さ。でも、この決断に至るまで本当に楽じゃなかったよ。しっかりと考える必要があった」 「ファンのなかに疑問を持つ人もいたと思うが、大多数は理解してくれた。クラブと喧嘩別れしたわけじゃなく、ドアがオープンな状況だったからだ。誰もがそういう状況を知ってもいた。僕自身も残りたいと思っていたんだ」 「でも、結局は合意に至らなかった。僕が3年契約を求めた一方で、チェルシーが2年契約を提示するにとどまったというのは誰もが知っている話。そういうわけで、退団することになったのさ」 なお、ブラジル凱旋の可能性についても問われると、「今のところ、そういう考えはない。ブラジルでプレーしたいという願望もね。とにかく、ヨーロッパに残るつもりだ」と話している。 2021.02.27 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ラカゼットが新作スパイクをお披露目!足元に描かれた“黄色い”キャラクターとは?

アーセナルに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが新しいスパイクを披露した。自身のインスタグラムで公開している。 今回、ラカゼットが履いたスパイクは、アーセナルの3rdユニフォームをモチーフとしたダークネイビーを基調としたカラーに、なんと怪盗グルーシリーズに登場する人気キャラクター「ミニオンズ」が描かれている。 イギリス『サン』によると、両足のミニオンはラカゼットのゴールパフォーマンスのモーションで描かれており、右足内側にはNBAのフィラデルフィア・セブンティシクサーズのスローガンである「Trust the Process(プロセスを信じろ)」と入っている。 セブンティシクサーズのスター選手であるジョエル・エンビードはアーセナルの大ファンだそうで、2018年にはラカゼットとフランス代表の同僚アントワーヌ・グリーズマンがセブンティシクサーズの試合を観戦に訪れるなど、親交が深いという。 直近ではやや出場機会を失っているラカゼットだが、心機一転して活躍したいところだ。 <div id="cws_ad">◆「ミニオンズ」仕様のスパイクがキュート!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLr5lrBnua2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLr5lrBnua2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLr5lrBnua2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SWithADot(@swithadot)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.27 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16の組み合わせが決定!ユナイテッドvsミランのビッグマッチが実現!アーセナルは昨季因縁のオリンピアコスと対戦

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が、26日にスイスのニヨンで行われた。 ラウンド32では、強豪揃うイングランド勢とイタリア勢は大方順当に駒を進めたが、それぞれレスター・シティとナポリが、スラビア・プラハとグラナダに敗れ無念の敗退。そのグラナダを含むスペイン勢では、ビジャレアルもザルツブルクを下しベスト16に進んでいる。 その他では、チャンピオンズリーグ(CL)の常連であるシャフタール、アヤックス、オリンピアコスらも突破を決めたが、昨季8強のレバークーゼンとホッフェンハイムのドイツ勢2チームが敗退している。 また、今ラウンドに日本人選手として唯一参戦したアントワープのMF三好康児は、レンジャーズに合計スコア5-9で敗れて、ラウンド32で散った。 そして、ラウンド16では、マンチェスター・ユナイテッドvsミランのビッグマッチが実現。最後に対戦したのは2009-10シーズンのCLラウンド16で、当時はユナイテッドが合計スコア7-2でミランを粉砕している。 上記2チームと同じく優勝候補に挙げられるローマはシャフタール・ドネツクと対戦。両者は過去にCLで6度の対戦歴があり、最近では17-18シーズンのラウンド16で激突し、2戦合計2-2でアウェイゴールの差でローマが勝ち上がっていた。 アーセナルは昨季のELラウンド32で苦杯を舐めさせられたオリンピアコスが相手。その時は180分で決着がつかず、延長戦の末に逆転負けを喫した。 トッテナムはディナモ・ザグレブと対戦。08-09シーズンにELの前身であるUEFAカップのグループステージで同居しており、前スタジアムのホワイト・ハート・レーンではFWダレン・ベントのハットトリックで快勝を収めている。 なお、ラウンド16は3月11日と同18日に予定されており、準々決勝と準決勝の抽選会は翌19日に行われる。 ◆ELラウンド16組み合わせ アヤックス vs ヤング・ボーイズ ディナモ・キエフ vs ビジャレアル ローマ vs シャフタール・ドネツク オリンピアコス vs アーセナル ディナモ・ザグレブ vs トッテナム マンチェスター・ユナイテッド vs ミラン スラビア・プラハ vs レンジャーズ グラナダ vs モルデ 2021.02.26 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

殊勲2発のオーバメヤン「今夜は誰もがハッピー。日々のパワーになる」

アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがヨーロッパリーグ(EL)ベスト16進出に喜びの心境を語った。 ベスト32でポルトガルの強豪ベンフィカと激突したアーセナル。先の1stレグを1-1のドローで終え、25日にホームでの2ndレグに臨んだ。 そんなアーセナルは幸先よく先制したが、後半の半ばに逆転を許して劣勢に。しかし、そこからの反撃が実り、3-2の勝利を収めた。 21分の先制弾、そして87分の勝ち越しゴールでチームを敗退の淵から救ったオーバメヤンは試合後、イギリス『BT Sport』で喜びを露わにした。 「今夜は誰もがハッピーさ。この結果は僕に日々のパワーになる。過去のエラーを取り払い、力に変えてくれるんだ」 「今日のチームは多くのキャラクターを示した。勝利に相応しい。難しい試合だったけどね。今夜は今後の手本になる」 2021.02.26 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

劇的ゴールでELベスト16進出のアーセナル、アルテタ監督は「希望を与えてくれた」と感謝

アーセナルのミケル・アルテタ監督はチームのヨーロッパリーグ(EL)ベスト16進出を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは25日に行われたELラウンド32・2ndレグでベンフィカと対戦。1stレグを1-1で終えての2ndレグは幸先よく先制したものの、後半に逆転を許す展開を強いられたが、87分にエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが劇的ゴールを決め、3-2のスコアで勝利した。 この結果、アーセナルはELベスト16進出が決定。ラウンド32で敗退した昨シーズンの同大会成績を上回れたことにアルテタ監督も喜びを露わにしている。 「我々が敗退に値するとは思っていなかった。だが、2本の枠内シュートで2点を許したのも事実だ。ベンフィカのような質の高い相手だけでなく、どんな相手にもそれをやってしまえば困難に陥る。それがわかっていても(1stレグでは)PKを与えてしまい、今日は自分たちのCK後にゴールを与えてしまった」 「その後、チームが見せた反応や信念は彼らがどれだけ勝利を欲しがっていたかわかるものであり、希望を与えてくれた。特に、(失点に繋がるミスがあった)ダニ(・セバージョス)を思うと良かったね。彼は人生をフットボールに捧げているような選手だから」 「こうしたときこそ、オーバ(ピエール=エメリク・オーバメヤン)やブカヨ(・サカ)のような選手が必要になる。そして、KT(キーラン・ティアニー)もゴールを決めてダニを救ってくれた。困難な状況から抜け出し、本当にいい瞬間を作ってくれたと思う」 「他の選手にも良い場面があり、全員が自分たちのやりたいプレーをする勇気を持っていた。これだけの試合数をこなしてきたにもかかわらず、彼らがどれだけの強度でプレーしているか、どれだけ努力をしているか考えると、本当に感謝している。困難を乗り越える方法を学び、自分たちの望みを達成するための重要な瞬間になった」 「昨シーズンのオリンピアコス戦で起きたことを受け入れるのは難しかった。我々は今シーズン、非常に奇妙で難しい課題に直面しており、チームとして一緒に祝うための良い瞬間、美しい瞬間を持つことが本当に重要なんだ」 「この大会では困難が待ち受けており、退場になることも、審判の判断に左右されることも、ミスで先制点を取られることもあるだろう。我々にはそれに対応できる能力があると、知っていなければならない」 2021.02.26 10:41 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly