エースの特権?CLでメッシが見せた “無気力”ディフェンスが注目を浴びる

2020.11.06 15:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのプレーに注目が集まっている。バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でディナモ・キエフとホームで対戦し、2-1で勝利。CLグループステージ3連勝を飾り、決勝トーナメント進出に王手をかけている。

◆メッシが見せた異次元のアシスト

この試合にフル出場を果たしたメッシは、先制点となるPKを決めるなど、勝利に貢献したが、この試合で見せたあるプレーがSNS上で話題になっている。

その場面というのは、試合終了間際の93分のシーンだ。自陣に引いて守るバルセロナに対して、ハーフウェイライン付近からディナモ・キエフのDFがボールをドリブルで運ぶ。すると、前線のメッシは、それをただ歩きながら傍観しており、自身の目の前をDFがドリブルで横切っても全くプレスをかける素振りを見せない姿が映像として捉えられていた。

もちろんこれは試合終了のホイッスルが吹かれる数十秒前であるということは加味されるべき事実ではあり、この映像だけを切り取りメッシを批判すべきではないが、そのあまりにやる気のない素振りに驚きの声が上がっている。

ツイッターでは、大半のファンが90分以上走り回った後、試合終了直前に一瞬歩いたことをそこまで責めるべきことではないと、同情的なコメントを寄せる一方で、「メッシは世界最高の選手だと思うが、だからといって彼がチームメイトやファンに敬意を欠くプレーをしていいわけではない」との声も挙がっている。

今夏、退団希望を発表したものの、クラブ側がその申し出を拒否したことで、不本意な形でバルセロナ残留を決めていたメッシ。今シーズンにかけるモチベーションを不安視する声が挙がっていただけに、それに拍車をかけるようなプレーにいつも以上に注目が集まってしまったのかも知れない。

◆メッシの“無気力”ディフェンスが凄い
コメント
関連ニュース
thumb

「直感だった」バルサがPKを2度セーブされるのは初、コルネジャGKにとっても初の快挙「僕の心が…」

セグンダB(スペイン3部)のコルネジャに所属するGKラモン・フアンが、偉業を達成していた。スペイン『アス』が報じた。 コルネジは21日、コパ・デル・レイ3回戦でバルセロナと対戦した。 圧倒的なバルセロナ有利との見方が強かったなか、コルネジャは試合中に2本のPKを与える状況。しかし、90分間はゴールレスで終え、延長戦の末に敗れていた。 2本のPK失敗には、バルセロナのロナルド・クーマン監督も「わけがわからない」と叱責していたが、ラモン・フアンの2つのセーブは偉業だった。 1本目は38分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがキッカーを務めるも、ラモン・フアンは完璧に読み切りセーブする。 そして2本目は79分、今度はフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがキッカーを務めたが、股下を狙ったシュートを再びセーブし、得点を許さなかった。 バルセロナが1試合で2つのPKをセーブされたのは、なんとこれが初の出来事。さらに、自身としても2つのPKを止めたのは初めてだったようだ。 ラモン・フアンは「僕は自分のキャリアで2つのPKを止めたことはない。PK戦でもセーブしたことはないと思う」とコメント。「GKコーチと少し話したが、直感だった。ユベントス時代のピャニッチのPKを見たことはあるけど、よく右にシュートをしていた。デンベレは直感だった。僕の心が「真ん中にいろ」と言っていたし、運が良かったね」と語り、自分でも驚きのセーブだったようだ。 2021.01.22 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「わけがわからない」PKの名手・クーマン監督が2本のPK失敗に怒り「バルサではあり得ない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督がおかんむりだ。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは21日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するコルネジャと対戦。延長戦まで縺れた試合は、0-2でバルセロナが勝利を収めた。 コパ・デル・レイでは、レアル・マドリーが前日に3部相手に敗れ敗退となるなど番狂わせが起きている中、バルセロナも苦戦を強いられた。 スーペル・コパ決勝でアスレティック・ビルバオに敗れてから中3日での試合。9人のメンバーを変更して臨んだ中、試合を支配するものの精度を欠いてしまう。 この試合では90分でゴールを挙げることができなかったバルセロナだが、クーマン監督が怒りをあらわにした理由は2つのPKだった。 バルセロナは38分と79分に2つのPKを獲得。しかし、MFミラレム・ピャニッチ、FWウスマーヌ・デンベレがキッカーを務めたが、どちらもGKラモン・フアンにセーブされ失敗。その結果、延長戦にまでもつれ込んでしまった。 現役時代はPKの名キッカーとしても知られたクーマン監督は、2本ともPKを失敗したことに怒りを露わに。「わけがわからない」と非難した。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkV2VYdjJSNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 「2つのPKを失敗したが、多くのチャンスがあった。バルセロナのようなチームでそれが起こることはあり得ない。もっと早く、試合に勝つべきだった」 「わけがわからない。なぜなら、通常はPKで得点できる選手が多くいるからだ。恐怖からなのかもしれないが、私には理解できない」 「複数の選手がミスをしている。何よりも2つのPKのどちらかを決めれば、落ち着いたはずだ」 「繰り返しになるが、バルサの選手として2つのPKを失敗することはできない。ただ、深刻な話ではない」 2021.01.22 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

3部相手に苦戦もバルセロナが延長戦の2ゴールでベスト16進出!《コパ・デル・レイ》

バルセロナは21日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するコルネジャと対戦し、延長戦の末に2-0で勝利した。 17日に行われたスーペル・コパ決勝のビルバオ戦を延長戦の末に敗れたバルセロナは、その試合からグリーズマン、アラウホ、ラングレ以外の先発9人を変更。3トップに右からトリンコン、ブラースヴァイト、グリーズマンと並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 積極的な入りを見せたコルネジャと互角の攻防で立ち上がった中、徐々にボールを持てる展開としたバルセロナだったが、アタッキングサードでの精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 それでも攻め続けるバルセロナは、38分に決定機。ショートコーナーの流れからバイタルエリア右手前でパスを受けたミンゲサがゴール前にロングパスを供給すると、ゴール左手前から走り込んだアラウホがエステジェスに倒されPKを獲得。しかし、ピャニッチのPKはGKラモン・フアンの完璧なシュートストップに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、バルセロナはリキ・プッチを下げてデンベレを投入。すると開始早々の47分、ボックス左に抜け出したジュニオル・フィルポの折り返しをグリーズマンが右足でフリックしたボールをゴール前のブラースヴァイトが合わせたが、これは相手GKの正面を突いた。 さらに58分には、ボックス手前で獲得したFKからトリックプレーで決定機。相手陣内で得たFKの場面でピャニッチが意表を突くリスタート。これに反応したグリーズマンが決定機を迎えたが、ボレーシュートは枠の上に外れた。 先制点の遠いバルセロナは、74分にトリンコンとモリバを下げてペドリとブスケッツを投入。すると79分、相手DFの不十分なクリアをボックス内のアラウホが頭で弾き返すと、これに反応したラングレがポル・モレノの足を高く上げた危険なプレーで倒され、バルセロナがこの試合2度目のPKを獲得。しかし、GKの股下を狙ったデンベレのPKはGKラモン・フアンが冷静に弾かれた。 先制のチャンスを逃したバルセロナは、88分にもピャニッチがミドルシュートでコルネジャゴールを脅かしたが、これもGKラモン・フアンの好セーブに阻まれた。結局、90分では決着がつかず試合は延長戦に突入した。 迎えた延長戦は、開始早々にスコアが動く。92分、ドリブルでボックス右手前まで侵攻したデンベレが強烈なミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたボールがクロスバーに当たり、そのままゴールに突き刺さった。 先制したバルセロナは、後半終了間際の118分にエステジェスが2枚目のイエローカードを受けたことで数的有利となると、延長後半アディショナルタイムにブラースヴァイトが試合を決定づける2点目を奪い、2-0で勝利。3部相手に苦しみながらもベスト16進出を決めた。 また。同日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のUDイビサ(3部)vsアスレティック・ビルバオは、1-2でビルバオが勝利している。 ◆コパ・デル・レイ3回戦 ▽1/21(木) UDイビサ(3部) 1-2 アスレティック・ビルバオ コルネジャ(3部) 0-2 バルセロナ ▽1/16(土) ペーニャ・デポルティバ(3部) 1-4 バジャドリー アルメリア(2部) 5-0 アラベス ジローナ(2部) 2-0 カディス フエンラブラダ(2部) 1-1(PK:2-4) レバンテ レガネス(2部) 0-1 セビージャ ラージョ(2部) 2-0 エルチェ ▽1/17(日) マラガ(2部) 1-2 グラナダ エスパニョール(2部) 0-2 オサスナ ナバルカルメロ(3部) 3-1 エイバル スポルティング・ヒホン(2部) 0-2 ベティス ADアルコルコン(3部) 0-2 バレンシア テネリフェ(2部) 0-1 ビジャレアル ▽1/20(水) コルドバFC(3部) 0-2 レアル・ソシエダ アルコヤーノ(3部) 2-1 レアル・マドリー 2021.01.22 07:32 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ初めての退場は出場たった40秒での報復行為…バルサでは753試合目で初退場

17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレチック・ビルバオ戦でクラブキャリア初の一発退場処分を受けたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。 メッシがバルセロナの選手として一発退場処分を受けたのはバルセロナB時代に1度だけあるが、通算753試合に出場しているトップチームでのキャリアにおいて初だったことで注目を集めたが、アルゼンチン代表ではどうなのだろうか。 これまでアルゼンチン代表として142試合でプレーしてきたメッシが一発退場処分を受けたのは、2度ある。 直近では、2019年7月6日に行われたコパ・アメリカ3位決定戦のチリ戦で、相手MFガリー・メデルと小競り合いになり、37分に一発退場となった。 では1回目はというと、なんと2005年8月17日まで遡らなければならない。これはメッシにとってのアルゼンチン代表デビュー戦となった国際親善試合のハンガリー戦のことだ。 65分にFWリサンドロ・ロペスとの交代で途中出場を果たしたメッシだったが、その30秒後に相手陣内中央でボールを受けて前を向くと、相手選手にユニフォームを引っ張られファウルを受ける。メッシが右手で振り払おうとすると、それが相手選手の顔を叩いたとみなされ、まさかの一発退場となっていた。 今や世界的スターであるメッシだが、その代表デビュー戦はやや意外なものだった。 <div id="cws_ad">◆メッシ初めての退場<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Barcelona host 31-time Nemzeti Bajnokság champions Ferencváros tonight.<br><br>Messi hasn&#39;t faced Hungarian opposition since his Argentina debut in 2005. Things didn&#39;t quite go as you&#39;d expect.<a href="https://t.co/yDIOIIirQ7">pic.twitter.com/yDIOIIirQ7</a></p>&mdash; The Blizzard (@blzzrd) <a href="https://twitter.com/blzzrd/status/1318605147245785089?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

スーペル・コパで一発退場のメッシに2試合の出場停止…コルネジャ&エルチェ戦欠場に

スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は19日、スーペル・コパで一発退場となったバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに2試合の出場停止処分を科した。 これにより、メッシは21日に開催されるコパ・デル・レイ3回戦のコルネジャ戦、24日開催のラ・リーガ第20節のエルチェ戦の2試合の欠場が確定した。 メッシは延長戦の末に2-3で敗れた17日のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレティック・ビルバオで先発出場。だが、試合終了間際の120分にFWアシエル・ビジャリブレを右手でなぎ倒すように叩き、VARを経て、一発退場を命じられた。 バルセロナのトップチームで初の退場となったメッシのこのプレーに関しては明らかな暴力行為と判断された場合、最大4試合の出場停止が科される可能性があったが、最終的には2試合の出場停止が妥当と判断された。 2021.01.19 23:15 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly