ケインがスパーズ通算300戦目でメモリアルの200ゴール! ブルガリア王者に快勝!《EL》

2020.11.06 05:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第3節、ルドゴレツvsトッテナムが5日に行われ、アウェイのトッテナムが1-3で快勝した。トッテナムは前節、MF三好康児を擁するアントワープに金星を献上し、公式戦11戦ぶりの敗戦を喫する屈辱を味わった。直近のブライトン戦ではベイルの復帰弾で2-1と競り勝っており、今回のルドゴレツでELでも白星を取り戻したいところ。

モウリーニョ監督はブルガリアでのアウェイゲームに向けて守護神ロリス、ホイビュルク、ラメラ、ソン・フンミンら一部主力を温存も、[4-2-3-1]のアタッキングユニットにベイル、ロ・チェルソ、ルーカス・モウラ、ケインを起用し、勝ち点3奪取を狙った。

試合は立ち上がりから地力で勝るアウェイチームのペースに。開始6分にケインが右ポスト直撃のシュートを放てば、9分にはベイルが得意の左足の直接FKで相手GKにセーブを強いる。

すると、トッテナムは13分、左CKの場面でキッカーのルーカス・モウラが入れたクロスボールをケインが頭で合わせ、GKの手を弾いたボールがゴールネットを揺らす。なお、この試合がトッテナムでの通算300試合目となった27歳のエースストライカーは、その偉業をクラブ通算200点目のゴールで自ら祝った。

幸先良く先制に成功したトッテナムは、その後もルーカスが積極果敢な仕掛けで自らシュートまで持ち込むなど、畳みかける攻撃で追加点を狙う。

すると、33分には相手陣内右のハーフスペースでボールを引き出したベイルの正確なパスに抜け出したケインがボックス右から丁寧な斜めのグラウンダーパスをゴール前に供給。これを走り込んだルーカスがワンタッチで流し込み、鮮やかな前線のコンビネーションから2点目を奪い切った。その後もケインらに再三のチャンスが訪れたものの、前半のうちに3点目を奪うことはできなかった。

迎えた後半、殊勲のケイン、ムサ・シソコを下げてホイビュルク、カルロス・ヴィニシウスをハーフタイム明けに投入したトッテナムだが、立ち上がりの50分にはテクペテイがボックス手前で放ったシュートのディフレクトに対して、ギリギリでオフサイドラインをかいくぐったケセルにシュートを決められ、いきなり1点を返される。

失点直後の53分にはボックス左でロ・チェルソが入れた丁寧な折り返しを、フリーのヴィニシウスがダイレクトで合わせるが、このシュートを枠に飛ばせない。

流れ自体は悪くないものの、勝利に向けて万全を期すモウリーニョ監督は61分、ルーカスに代えて切り札のソン・フンミンを投入すると、頼れる韓国代表FWが早速仕事を果たす。

62分、相手陣内中央で見事なインターセプトを見せたホイビュルクがヴィニシウスとのワンツーでそのままボックス付近まで運んで左のソン・フンミンの足元に繋ぐ。ここで一瞬タメを作ったソン・フンミンが短い横パスを入れると、ゴール前に飛び込んできたロ・チェルソが冷静にワンタッチで流し込んだ。

この3点目で勝利を大きく引き寄せたアウェイチームはベイル、ロ・チェルソを下げてベルフワイン、エンドンベレと選手層の厚さを示す交代カードを切っていき、ここから試合を締めにかかる。

リスクを冒して攻勢に出るブルガリア王者に対して、幾度かボックス内での際どいフィニッシュを許したが、GKハートが的確なポジショニングでシュートをセーブするなど、2点目は許さない。そして、4点目こそ奪えなかったものの、危なげなく試合を締めくくったトッテナムがアントワープ戦での敗戦を払しょくする3-1の快勝でグループステージ2勝目を手にしている。

ルドゴレツ 1-3 トッテナム
【トッテナム】
ケイン(前13)
ルーカス・モウラ(前32)
ロ・チェルソ(後17)
【ルドゴレツ】
ケセル(後5)
コメント
関連ニュース
thumb

得点王の座は譲らない!ケインがリーグ最終節に見せた連続得点王を決定づけるハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ケインが決めた連続得点王を決定づけるハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzSjdRMDNtUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナム下部組織出身のケインは、複数のレンタル移籍を経て2015年にトップチームに定着すると、ストライカーとして大ブレイク。2015-16シーズンにはリーグ得点王に輝く活躍を見せた。 続く2016-17シーズンも得点を量産したケイン。得点ランキング単独首位の状態で迎えた2017年5月21日のプレミアリーグ最終節、ハル・シティ戦では連続得点王を決める見事なハットトリックを記録している。 まずは0-0で迎えた11分、MFクリスティアン・エリクセンからのパスをペナルティーアークの手前で受けると、素早いシュートモーションから鋭いシュート。左足のシュートはゴール右下に突き刺さり、先制ゴールとなった。 さらに直後の13分、浮き球のパスで右サイドを抜け出したDFキーラン・トリッピアーのクロスをゴール前で合わせ、あっさり2点目を決める。 最後は4-1とトッテナムの大量リードで迎えた72分、カウンターからMFデレ・アリのスルーパスに抜け出し、GKとの1対1の場面を作ったケインは、冷静にゴール左下にシュートを流し込み、ハットトリックを決めてみせた。 このゴールで得点ランキング2位に付けていた当時マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカクを突き放し、見事2シーズン連続でのリーグ得点王に輝いている。 2020.11.27 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ルドゴレツ戦1ゴールのウィンクス、チームのパフォーマンスを誇る! 「支配的だった」

トッテナムのイングランド代表MFハリー・ウィンクスがブルガリア王者相手のパフォーマンスを誇った。『UEFA.com』が伝えている。 トッテナムは26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節でルドゴレツと対戦。前半のうちにFWカルロス・ヴィニシウスが2ゴールを決めると、後半にもウィンクスや、FWルーカス・モウラが追加点を挙げて、4-0の快勝を収めた。 公式戦3試合ぶりの先発出場を飾り、1ゴールの活躍を披露したウィンクスは試合後、「僕らは彼らに息つく間を与えず、総じてパフォーマンスが支配的だった。それこそ、僕らが試合前から期待した戦いだった」とチームの戦いぶりに満足感を示した。 前回対戦に続いてルドゴレツを破り、グループ首位のアントワープと同勝ち点の9ポイントを積み重ねたトッテナム。ウィンクスは首位突破を争うアントワープの力を認めつつ、ルドゴレツ戦でのパフォーマンスを継続したいと意気込んだ。 「この大会が始まったとき、グループステージ後に(優勝の)チャンスが増えると思っていたからグループステージを勝ち上がりたいと話していた。彼ら(アントワープ)がどれだけ優れているかを示しているから、難しい試合になるだろう。簡単ではないが、今日の試合のように自分たちの力を発揮しなければならない」 2020.11.27 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが偲ぶ 「マラドーナともっと一緒に過ごせなかったのが悔やまれる」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がアルゼンチンの英雄であるディエゴ・マラドーナ氏の死を偲んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 マラドーナ氏は25日、母国の首都ブエノスアイレス郊外にある自宅で心臓発作により、他界。世界中の様々な方面から惜しむ声が挙がっている。 モウリーニョ監督も26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節のルドゴレツ戦後、後世に語り継がれ続ける存在だと表した。 「世界は誰もが知るマラドーナを忘れやしない。私の息子は彼が現役生活を終えたあとに生まれたが、それでも彼のことを知っている。私の息子も親になれば、自身の子供に忘れさせないよう語り継いでいくだろう。私はアルフレッド・ディ・ステファノと同じように、彼のプレーを目にしたことがないが、父から彼のことをたくさん教えてくれた」 また、そんなマラドーナ氏とは定期的に連絡を取り合う交友関係だったというモウリーニョ氏。2人の逸話を明らかにしながら別れを惜しんだ。 「寂しい。もっと多くの時間を過ごせなかったのは悔やまれるところだ。もっと一緒にいたかった。彼の家族や友人、同僚は彼のことを深く知れ、同じ時間を過ごせて、非常に恵まれていたと思う」 「私も彼のことをよく知り、大敗したらいつも電話をくれた。逆に、大勝したときは電話をくれなかったんだ。そんなディエゴが恋しく、非常に悲しいが、私が笑顔なのは彼と一緒にいた毎分で笑いあったからだ」 2020.11.27 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

EL連勝のスパーズ、モウリーニョは殊勲のヴィニシウスに注文「もっと野心を持って良い」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が多くの選手を入れ替えたにもかかわらず、ヨーロッパリーグ(EL)で完勝したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは26日に行われたELグループJ第4節でブルガリアのルドゴレツと対戦。週末のプレミアリーグでチェルシーとの大一番が控えており、この試合ではFWハリー・ケインやFWソン・フンミン、GKウーゴ・ロリスらをベンチに置くターンオーバーを敢行した。 試合ではケインに代わり、1トップを務めたFWカルロス・ヴィニシウスが前半だけで2ゴールを決めると、後半にもMFハリー・ウィンクス、FWルーカス・モウラが順調に追加点を決めていき、4-0のスコアで危なげなく勝利している。 この結果、トッテナムはグループ2位の座を維持。ただ、グループ3位のLASKリンツとの勝ち点差は「3」となっており、まだ油断できない状況となっている。試合後、インタビューに応じたモウリーニョ監督はこの調子を続けていきたいと語った。 「(今日の)仕事は完了したが、グループステージはまだ終わっていない。突破のため、9ポイントという勝ち点は十分ではなく、我々はより多くのポイントを獲得する必要がある。残り2試合でそれをやり遂げないとね」 また、モウリーニョ監督は2ゴール1アシストの活躍を見せたヴィニシウスを筆頭に、今日チャンスを掴んだ選手たちを称えている。 「(ヴィニシウスの活躍は)大事なことだ。2点目は押し込むだけのものだったけどね。1点目はまさにストライカーのゴールで、GKと向き合い冷静にゴールを決めた。ルーカス(・モウラ)へのアシストも良かったよ」 「ヴィニシウスにはもっと野心を持って欲しい。前半に2ゴールを決めた以上、(ハットトリックで)マッチボールを持ち帰ろうという野心を持つべきだ。ただ、彼は少しずつ順応しているし、もちろん私は満足している」 「我々はチーム全員を必要としており、ジャフェット(・タンガンガ)とダビンソン(・サンチェス)は私が指示した通りの動きをしてくれた。彼らは2人とも非常にスピードがあり、支配的だったよ」 この試合では、GKアルフィー・ホワイトマン、MFハーヴェイ・ホワイト、FWデーン・スカーレットら、若手選手が数多く出場。モウリーニョ監督はインタビューでこの点についても触れている。 「彼らの出場はアカデミーやその責任者、コーチにとって良いことだし、チームにとっても良いことだ。若い彼らにとって今日は良い贈り物になったと思うけど、クラブ全体にとっても相応しい贈り物になった。私はとても満足しているよ」 2020.11.27 11:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス2G1Aのスパーズが4発圧勝! 三好先発のアントワープが快勝で首位浮上《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第4節、トッテナムvsルドゴレツが26日に行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。 ここまで2勝1敗でグループ首位に立つトッテナムはグループ最下位のルドゴレツを相手に連勝を狙った。 今週末にチェルシーとの重要なダービーを控える中、モウリーニョ監督は2-0で勝利したマンチェスター・シティ戦からエンドンベレを除く先発10人を変更。タンガンガが今季初先発を飾り、前線はカルロス・ヴィニシウスの下にベイル、デレ・アリ、ルーカス・モウラが並んだ。 試合は立ち上がりから一方的な展開となる。格下相手に前から激しい圧力をかけて主導権を握ったトッテナムは、序盤から積極的にシュートを放っていく。 すると、16分には相手陣内中央でボールを持ったデレ・アリの縦パスが相手に引っかかったところを奪ったヴィニシウスがGKとの一対一を冷静に制して、待望の移籍後初ゴールを挙げた。 さらに、畳みかける攻めを見せるホームチームはウィンクスの強烈な左足のシュートや、ベン・デイビスの左ポスト直撃のシュートと積極的に追加点を狙う。 そして、34分にはボックス手前で仕掛けたエンドンベレの強烈なシュートのこぼれ球に反応したデレ・アリからのプレゼントパスをゴール前でドフリーのヴィニシウスが再び流し込んだ。 相手にほぼ何もさせない圧倒した戦いぶりを見せるトッテナムは後半も相手を自陣深くに押し込んでいく。 早い時間帯に3点目を奪うことはできなかったものの、意外な形から3点目が生まれる。63分、左サイドのハーフウェイラインを越えたあたりでスローインを受けたウィンクスが相手GKの前目の位置取りを見て右足のロングシュートを狙う。これがゴール右上隅の絶妙なコースに向かい、クロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 さらに、73分には右サイドに流れたデレ・アリのクロスをボックス中央のヴィニシウスが見事なファーストタッチで足元に収め左でドフリーのルーカス・モウラに繫ぐと、ルーカスの豪快な4点目が決まった。 その後、モウリーニョ監督は82分にハート、ルーカス、デレ・アリを下げてクラブ史上最年少デビュー(16歳8ケ月と2日)となるFWスカーレットやGKホワイトマン、ホワイトとアカデミーの3選手をデビューさせる。 その注目のスカーレットが幾度か見せ場を作った一方、守備陣は最後まで冷静なプレーを見せてクリーンシートで試合を締めくくった。 また、同日行われたもう1試合、LASKリンツvsアントワープはアウェイのアントワープが0-2で勝利した。なお、アントワープMF三好康児は先発出場し80分までプレーした。 この結果、グループJはトッテナムとアントワープが勝ち点9で並ぶも、現時点での当該成績でアントワープが首位に立っている。 トッテナム 4-0 ルドゴレツ 【#スパーズ】 ヴィニシウス(前16) ヴィニシウス(前34) ウィンクス(後18) ルーカス・モウラ(後28) LASKリンツ 0-2 アントワープ 【アントワープ】 レファエロフ(後8) ゲルケンス(後38) 2020.11.27 06:59 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly