横浜FM、新シーズンに向けバイーア退団濃厚のFWエルベルを確保か

2020.11.06 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスが新シーズンに向けて新たな外国人選手の確保に動いているようだ。ブラジル『BN Esportes』が報じている。報道によれば、横浜FMはバイーアに所属するブラジル人FWエルベル(28)の獲得オファーを出しているようだ。なお、エルベルとバイーアの契約は今シーズン限りとなっており、クラブは延長交渉を行ったが選手側がこれを拒否したとのことだ。

また、エルベルの代理人を務めるニック・アークリ氏は『BN Esportes』のインタビューで、日本への移籍が近づいていることを明かした。

「エルベルが2021年以降にバイーアに残ることはない。彼は日本のクラブから非常に良いオファーを受けた。バイーアとの関係は12月31日に終了し、彼は海外でプレーすることになるだろう」

「日本からのオファーは3年間の長期契約だった。彼はバイーアに残留する可能性もあったが、日本のクラブの提案はとても魅力的で、彼や彼の家族にとって良い機会だったんだ」

2018年にクルゼイロからバイーアに加入したエルベルは、左ウィングを主戦場とする攻撃的なアタッカー。バイーアでは左ウィング以外にもセンターフォワードや右ウィング、セカンドストライカーなど様々なポジションでプレーしており、在籍3シーズンで公式戦92試合に出場し12ゴール10アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が韓国王者・全北現代撃破に自信「絶対に勝てる自信はある」

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔が記者会見に出席した。 カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。 現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、 試合に先立ち会見に出席した畠中は全北現代戦に向けて「全北現代とは今年の2月に試合をして、その時は自分たちのサッカーのスタイルでしっかり点を取って勝てたので、良いイメージはあります」とコメント。前回対戦のイメージがあるとした。 その全北現代は2020シーズンのKリーグ1でも優勝を果たしている。畠中は「あれから時間が経って、リーグを制覇したことで自信を持っていると思う」とし、「簡単な試合ではないですが、自分たちのサッカーをすれば絶対に勝てる自信はあります。それを明日みんなで披露するだけだと思うので、しっかり戦いたいと思います」と勝利への強い意欲を示した。 ACLは今シーズンが初挑戦となる畠中。世界との対戦については「ACLという舞台は違う国同士の試合がするということで、日頃対戦する機会のないチームとの試合になるので、それはすごく楽しみです」とコメント。「日本で通用していたものが世界相手に通用するかは、自分自身としてもチームとしても楽しみです」と語り、Jリーグで通用してきた部分の確認という意味でも楽しみとし、「まずは楽しみたいと思います」とコメントした。 これまで横浜FMは現地時間16時キックオフ(日本時間22時キックオフ)のゲームを2つ戦ったが、全北現代戦は13時キックオフ(日本時間19時キックオフ)となる。 カタールでは日中の気温が上昇することから、空調設備がついたスタジアムを建設。その中での試合を実施した畠中は「空調面で言えば、自分たちは4時キックオフという時間帯で比較的涼しくなってからの試合だったので試合前は肌寒さを感じましたが、1時の試合になると暑さも影響もあると思うので、空調があるスタジアムは便利だと思うし、選手たちも本来の力を出しやすいスタジアムだと思います」とコメント。まだその設備の良さを体感していないものの、プラスに働くと感じているようだ。 また、「環境が整ったスタジアムは世界的にも多くないと思うので、こういったピッチが世界中に広がれば、選手たちもやりやすい環境、お互いに実力を出し合って、見ているお客さんが楽しくなるような激しい試合がもっとできるようになると思うので、選手としてもっと増やして欲しいと思います」と語り、今後世界中で採用されて欲しいと語った。 2020.11.30 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てばGS突破の横浜FM、全北現代戦に向けポステコグルー監督「良いチャレンジになる試合」

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。 現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、 試合に先立ち会見に出席したポステコグルー監督は「自分たちの方が、良いチャレンジになる試合だと思う」とコメント。「全北現代も良いチームですし、良い監督がいる中で、国内のKリーグでも本当に良い成績を残しているチーム」とKリーグ1を優勝した全北現代を警戒した。 しかし、全北現代はケガ人を多く抱え、カタールでは1勝1分け1敗の成績。その点については「この大会でも結果という部分でもそうだが、ケガ人が多い中でしっかりやっているというイメージがある」とコメント。地力があると評価した。 一方で「自分たちにとってはアジアの強いチームとやれるということでも良いと思うし、自分たちのサッカーを見せていければと思う」とコメント。韓国王者との対戦でも、自分たちのスタイルを出すことが重要だと語った。 全北現代とは、今大会初戦の2月に対戦。アウェイ韓国の地で1-2と勝利している。 ポステコグルー監督は「この間の試合から大分時間が経ってしまったが、2月の初めに韓国の地に行き、自分たちは非常に良いサッカーができたと思う」とおよそ10カ月前の試合を回想。「その中で、その後難しい状況となり、自分たちだけでなく、世界中が大変な思いをしたシーズンとなった。その中でも違うシナリオだと思うし、彼らはKリーグで国内で良い成績を残して今大会に臨んだ」とコメント。難しシーズンでもしっかりと結果を残してきたと全北現代について語った。 2020.11.30 22:27 Mon
twitterfacebook
thumb

上海上港に敗戦も次戦に意気込む横浜FMの和田拓也「突破に向けて勝ち点を取らなくてはいけない」

横浜F・マリノスのDF和田拓也が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 前節に続いての連続先発出場となった和田は「この間と違って前半からやりたいサッカーができたというのは、中2日で改善できた点かなと思います」とチームとして2日で内容は改善できたとコメントした。 しかし、2度追いかける展開となったことについては「ビハインドの流れがずっと続いたので、そうなるとこういった展開になるかなと」と語り、常に追いかける試合は難しいと語った。 残り2試合でグループステージ突破を目指すことになるが「突破に向けて勝ち点を取らなくてはいけないので、中2日ですけどしっかり良い準備をしたいと思います」と語り、12月1日に控える全北現代モータース(韓国)戦に向けて意気込みを語った。 2020.11.29 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

2戦連続先発の横浜FM・前田大然、内容に手応え語るも「内容が良いだけではダメ」

横浜F・マリノスのFW前田大然が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 前節に続いての連続先発出場となった前田は試合を振り返り「内容的には前の試合より良くなっていますし、相手にもシュートを決められましたが、それ以外は自分たちのサッカーができていました」と失点シーン以外は手応えを口にした。 また、「失点のところは、僕を含めてもっと強く行かないとやられるなという印象です」と語り、アジアの舞台で戦う上での守備ポイントを語った。 次節は12月1日に全北現代モータース(韓国)と対戦する。試合に向けては「内容が良いだけではダメだと思うので、内容が良い上でしっかり試合に勝たないといけない」とコメント。「次はしっかり勝てるように準備したいと思います」語り、次節の勝利へ意気込んだ。 2020.11.29 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMの喜田拓也は上海上港戦の敗戦をポジティブに捉える「この負けで自信が失われることは全くない」

横浜F・マリノスのMF喜田拓也が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 この試合は先発出場した喜田は中2日での同じ相手との試合を振り返り「中2日で同じ相手でしたけど、自分たちにとっては相手は全然関係ないです」とコメント。「自分たちがやりたいサッカーを出しに行くというチャレンジには変わりなかったです」と、自分たちのサッカーを目指して戦ったとした。 結果は1-2で敗れたが「結果だけを見れば負けましたし、相手も喜んでいましたけど、自分たちは自分たちのやりたいサッカー、目指すべきサッカーを出しにいって結果負けたので、そこに後悔はないし、質を上げていくだけだと思います」とし、自分たちのサッカーの質を上げることが重要だと語った。 また、試合を通して押し込んでいた展開については「やっていることは絶対間違いじゃないし、この負けで自信が失われることは全くない」とコメント。「またすぐ次の試合がありますし、マリノスの試合で勝ちに行くことは勝っても負けても変わらないので、チームとしてもメンタル的にタフになれるチャレンジだと思うので、ポジティブにいきたいと思います」と、内容が良かったことをポジティブに捉えて行きたいとした。 後半は早々に失点し追いかける展開となった。その展開については「相手も繋ぐことを放棄している感じはあったので、自分たちのプレッシャーを回避するために長いボールを徹底して使ってきていました」と相手が安全策をとってきたとコメント。「自分たちがボールを握る時間は長かったし、相手は倒れて時間稼いでロングボール蹴ってという感じだったので、そこでどうしてもレフェリーも含めてリズムが生まれないことは、自分たちがコントロールできる範囲ではないです」と、なかなかペースを作りづらかったとした。 ただ、「その中で最大限を尽くしたつもりですし、こういった環境下でどうやって出していけるか経験値は積んだと思うので、それをチームの骨格に変えていって、繋げていければ意味のある時間だったんじゃないかと思います」と敗戦を悲観的に捉えず、次のステップへの糧にするとした。 2020.11.29 13:50 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly