元チェルシーFWデンバ・バがユナイテッドから7年ぶりにゴール!ニューカッスルを含めて3クラブで4得点

2020.11.05 19:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節で、マンチェスター・ユナイテッドから金星を奪ったイスタンブール・バシャクシェヒル。この試合で先制点が挙げたのが、プレミアリーグファンにはやや懐かしい元セネガル代表FWデンバ・バだった。35歳になってもなお第一線で活躍を続けるデンバ・バだが、この試合でのゴールはユナイテッド戦で7年ぶりのゴールとなった。

◆デンバ・バ、7年間のユナイテッド戦で魅せたスーパーボレー


前回のゴールはチェルシー時代の2013年4月1日に行われたFAカップ6回戦。デンバ・バはその後、2014年夏にベシクタシュへ移籍。中国の上海申花とギョズテペを経て、2019年1月からイスタンブールBBSKでプレーしている。

デンバ・バは、ニューカッスル時代にもユナイテッド相手に2ゴールを決めており、ウェストハム時代と合計すると9試合で4ゴールを奪っている。

イスタンブールBBSKは24日にグループH第4節でユナイテッドと再戦を迎える。グループHは混戦となっているだけに、この試合でもデンバ・バがゴールを決めて勝ち点を獲得することがあれば、グループステージ通過も夢ではなくなってくる。

◆ユナイテッドのまずい守備もあったデンバ・バの7年ぶり弾
コメント
関連ニュース
thumb

止まらないハーランド、CLでの通算ゴール数が早くもロナウド超え

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが驚異的なペースでゴールを量産している。 ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でクラブ・ブルージュとホームで対戦し、3-0で勝利。ハーランドは2ゴールを奪い、勝利に大きく貢献した。 <div id="cws_ad">◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ハーランドはこれで今季のCL4戦連発となる6ゴール目を記録。CL通算では、昨季と合わせて12試合で16ゴールとなり、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏と元スペイン代表FWロベルト・ソルダードが持っていた19試合15ゴールという記録を超えて、史上最速でのCL15ゴール達成を果たした。 また、イギリス『デイリー・メール』によれば、元ブラジル代表FWロナウド氏(14ゴール)、現レアル・マドリー指揮官のジネディーヌ・ジダン氏(14ゴール)、さらにはヴィッセル神戸でも活躍した元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏(13ゴール)など、錚々たるメンバーの得点数をすでに上回っているとのことだ。 ドルトムント加入後も公式戦31試合33ゴールと得点を量産し続けているハーランド。今後も様々な記録を更新することになるだろう。 <div id="cws_ad">◆ハーランドのCL16ゴール目<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CH_YqIKpnJF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CH_YqIKpnJF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CH_YqIKpnJF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 17:03 Thu
twitterfacebook
thumb

シャフタール粉砕のボルシアMG、指揮官は「まだ何も決まっていない」と慎重な姿勢

ボルシアMGのマルコ・ローゼ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での快勝を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 ボルシアMGは25日、CLグループB第4節でシャフタールと対戦。前回の対戦では6-0のスコアで圧勝しており、今回もホームで勝利が期待される一戦となった。 試合は前半、FWマルクス・テュラムがボックス内で倒され得たPKを、MFラルス・シュティンドルが冷静に決め先制。その後も攻撃の手を緩めず、前半だけで3点を奪ったボルシアMGは、後半にも1点を追加し4-0のスコアで完勝した。 この勝利によって、ボルシアMGはレアル・マドリーやインテルと同じ組でありながら首位をキープ。試合後の会見に臨んだローゼ監督は、チームを称賛している。 「シャフタールはとても優れたクラブで、よく組織化されていると思う。しかし、我々はシャフタールと対戦した2試合で良い時間を過ごせた」 「私のチームは非常によくやってくれた。チームの選手たちは試合をしっかりと受け止めたうえで、結果を重視したプレーをしてくれたよ。全体的に、多くのことが上手くいったと思う」 また、グループステージで有利な状況となっているボルシアMGだが、ローゼ監督は「まだ何も決まっていない」と強調。そのうえで、決勝トーナメント進出に向け勢いに乗れていると語った。 「グループステージここまでで、勝ち点8を獲得できた。これからマドリー、インテルとの最後の2試合が控えていることを考えると、良いスタートを切れたと思うよ」 2020.11.26 16:07 Thu
twitterfacebook
thumb

シティをCLラウンド16に導く決勝弾のフォーデン「アシストのスターリングに感謝」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンは、チャンピオンズリーグ(CL)で決めた得点を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは25日のCLグループC第4節において、オリンピアコスと対戦。立ち上がりから圧倒的にボールを握り続けると、35分にFWラヒーム・スターリングの華麗な落としをフォーデンが豪快にゴールへ突き刺し、先制点を挙げた。その後も試合を支配し続けたシティは、1-0のスコアで勝利している。 これにより、シティはグループステージ4連勝となり、決勝トーナメント進出が決定。試合後のインタビューに応じたフォーデンは、今季プレミアリーグで苦戦しているため喜びも大きいと語った。 「クラブは本当に重要な決勝トーナメントへの出場権を得ることができた。プレミアリーグではベストな状態ではないから、CLで正しい結果を出せているのは素晴らしいと思う」 「オリンピアコスはハーフタイムを経てから良くなり、僕たちを苦しめたね。けど、しっかりと対応して良い結果を得られたよ」 また、フォーデンはインタビューの中で自身のゴールについて話しつつ、今季のシティが得点力不足に陥っていることにも触れており、時間が解決してくれるはずだと語った。 「(得点力不足は)僕たちが取り組む必要のある課題だ。でも、チャンスは作れているし、ゴールはすぐにやってくると思うよ」 「今日の僕のゴールは、ラヒームが素晴らしい選手なのを証明しているね。どういうわけか、彼は僕を見つけて、バックヒールでチャンスを与えてくれた。あのアシストには感謝しているよ」 2020.11.26 15:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ロコモティフと2戦連続ドローのシメオネ監督、決定力不足を嘆く「ゴールへの道を見つけられなかった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がロコモティフ・モスクワ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節でロコモティフ・モスクワと対戦。圧倒的に試合を試合すると、68分コケがゴールネットを揺らしたものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果取り消しに。その後もゴールを奪うことができず、0-0の引き分けに終わった。 1-1に終わった前回対戦に続いてドローに終わったシメオネ監督は、試合後のインタビューで序盤のチャンスを決めきれなかったことを嘆いた。 「力強さとフレッシュが欠けていたが、継続性やインテンシティ、うまくプレーしたいという気持ちがあって、ミドルシュートも打てていたから、20分までにゴールを決めることができたと思う。時間が経っても決めることはできなかった。我々はうまく試合をコントロールしていたが、前後半通じてゴールへの道を見つけることができなかった」 連続ドローとなったアトレティコだが、残り2試合での決勝トーナメント進出が可能な状況。シメオネ監督は、改めて意気込みを語った。 「チャンピオンズリーグは我々にとって少し難しい状況になっている。次の試合でうまくプレーして、決勝トーナメントに進出できることに期待したい」 2020.11.26 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

4連勝で決勝T進出のフリック監督「効率的で非常に満足している」

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ突破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節でザルツブルクと対戦したバイエルン。43分にFWロベルト・レヴァンドフスキが先制点を記録すると、後半にMFマルク・ロカの退場がありながらも、FWレロイ・サネのゴールなどで3-1の勝利を収めた。 グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めたバイエルン。試合を振り返ったフリック監督は、前半のミスを反省をしながらも、目標を達成した選手たちを評価した。 「今日の試合でグループステージを突破することが我々の目標だった。しかし、前半は簡単にボールを失うことが多く、自分たちで試合を難しくしてしまった」 「後半は良くなって、退場者が出ても問題なかった。私は満足している」 「4戦4勝。今日は効率的で非常に満足していて、最後尾は世界クラブのゴールキーパーが守っている」 2020.11.26 13:20 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly