30秒で天国から地獄へ…!試合終了間際、決死の攻撃参加から劇的ゴールを決めたGKを悲劇が襲う!

2020.11.05 13:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
勝負は最後まで分からないというよく言うが、そんな言葉を象徴するような出来事がスペインで起きた。スペイン6部にあたるバレンシア地域リーグのビナロスFCは1日、ACDペニスコラと対戦。試合はペニスコラが0-1と1点をリードしたまま終盤に入る。すると、後半アディショナルタイム、ビナロスのGKカルロス・アグアジョ・トーレスが決死の攻撃参加。ペナルティーアーク付近で味方のクロスのこぼれ球を拾うと、豪快なミドルシュートを放つ。低めの鋭い弾道のシュートはカーブしながらゴール右下に決まり、土壇場で劇的な同点弾を決めてみせた。

◆GKが決めたゴールと言えばこれ!

これには味方も大盛り上がりで、チームメイト全員と喜びを分かち合ったGKは、興奮冷めやらぬまま自陣のゴールに走って帰っていく。自陣ボックス内に帰ってきたタイミングで少し安心したのか、一瞬ボールに背を向けてゴールへ歩いていると、GKの隙を見た相手選手がキックオフ直後にロングシュート。虚を突かれたGKは必死に後ろ走りでゴールラインへ戻り、ジャンプしながら必死に手を伸ばすも、シュートはGKの頭上を越えてゴールインしてしまった。

これには歓喜の声を上げていた実況者も言葉を失い、GKも地面に倒れたまましばらく動けない様子となってしまった。この悲劇はSNSで拡散されており、イギリス『ガーディアン』やアメリカ『ESPN』など、大手メディアでも取り上げられている。

GKながら劇的なスーパーゴールを決めたところまでは良かったが、一瞬の油断が招いてしまったこの悲劇。まさに30秒の間に天国と地獄を味わうこととなってしまった。

◆劇的AT同点弾を決めた30秒後に失点…!
コメント
関連ニュース
thumb

スペインの名手ダビド・シルバが、韓国相手に完璧な直接FKを突き刺す!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・ソシエダの元スペイン代表MFダビド・シルバがスペイン代表で決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆名手シルバが韓国戦で決めた完璧なFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkdGxKM1QyWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バレンシアで頭角を現し、マンチェスター・シティで長らく活躍したシルバ。スペイン代表でも2006年にデビューを飾ると、タレント豊富なチームの中でも主力として活躍した。 抜群のパスセンスで試合のテンポを支配するシルバだが、FKも得意としており、2016年6月1日に行われた国際親善試合の韓国代表戦では、完璧なFKを決めている。 0-0で迎えた30分、ボックス外ゴール正面の位置でスペインがFKを獲得すると、キッカーのシルバが狙いすました一撃を放つ。スピードを持ちながらゴール右上の完璧なコースに飛んだシュートは、ポストに跳ね返りながらゴールに決まり、見事な先制ゴールとなった。 このゴールでペースを握ったスペインは、次々とゴールを決め、6-1の大勝を収めている。 2020.12.22 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタがスペイン代表で見せた極上のビジョン&パス精度!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペイン代表で決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆イニエスタが代表戦で見せた完璧なスルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJbTBqWjE2MiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナユース出身のイニエスタは、2018年夏に退団するまで、世界屈指のMFとして同クラブで輝かしいキャリアを送った。 2010年の南アフリカワールドカップ(W杯)優勝など、スペイン代表としても素晴らしい功績を達成したイニエスタだが、2018年3月23日に行われたドイツ代表との国際親善試合では、素晴らしいアシストで味方のゴールをお膳立てしている。 0-0で迎えた6分、相手陣内左サイドでイニエスタがボールを受けると、前線に走り出すFWロドリゴ・モレノの動きを捉え、ボックス内に完璧なスルーパスを出す。完全に相手DFマッツ・フンメルスの裏を取り、タイミング、パスコース、どちらも完璧なパスを受けたモレノは、トラップする必要もなく、ランニングしたままダイレクトでシュートを放つと、見事な先制ゴールを決めてみせた。 強豪ドイツ相手に素晴らしいゴールを挙げたスペインだったが、その後追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.12.03 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バスク代表が今後、公式戦参加? 選手市場価値は欧州17位

将来的にバスク代表の公式戦参加が認められることになるかもしれない。 スペインとフランスにまたがるバスク地方では以前からスペインからの独立を求める運動が続いており、フットボール界においても、1988年に設立されたバスクサッカー連盟の下でバスク代表として活動している。 国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)への加盟が認められていないため、公式戦に参加することはできないが、今月のインターナショナルマッチウィークにはコスタリカ代表と非公式のトレーニングマッチを行い、2-1で勝利を収めている。 そのバスク代表は2018年12月にFIFAとUEFA加盟を目指していたが、スペインサッカー連盟(RFEF)が強硬に拒否したことで、このタイミングでの加盟は実現しなかった。 しかし、バスクサッカー連盟のルイス・マリ・エルストンド会長は中長期的に公式戦への参加が認められる可能性があると考えている。スペイン『マルカ』が伝えている。 エルストンド会長は先日にバスクのスポーツチームの国際大会への参加に向け、スペイン中央政府とバスク政府の間で予備的な合意があったとの注目の発言を行っていた。 しかし、今回のインタビューでは「自分の表現が悪かった」とその発言を訂正。ただ、「中長期的には別のチームとして受け入れられる可能性がある」と、バスク代表の公式戦出場に向けて楽観的な態度を示している。 また、FIFAとUEFA加盟に向けて最大の障壁となるRFEFのネガティブな反応に関しても、両政府による交渉が進んでいることを理由に、「正式なステータスにどれだけ近づいているかはわからない。だが、我々は近づいている」と同じく楽観的な姿勢を貫いている。 なお、ドイツ『transfermarkt』が伝えるところによれば、現時点でバスク代表のUEFA加盟が認められた場合、代表招集資格がある選手の市場価値はUEFA内で17位にランクインすることになり、スイス代表(現17位)やウェールズ代表(18位)よりも上に入るという。 さらに、現在スペイン代表で活躍するFWミケル・オヤルサバルやMFアンデル・エレーラが加わった場合、代表チームとしての市場価値はさらに上がるという。 ちなみに『transfermarkt』が現時点で選出したバスク代表のスタメン候補は以下の通り。 GK ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) DF セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド) ジェライ・アルバレス(アスレティック・ビルバオ) イニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ) ユーリ・ベルチチェ(アスレティック・ビルバオ) MF アンデル・エレーラ(パリ・サンジェルマン/フランス) イゴール・スベルディア(レアル・ソシエダ) ミケル・メリノ(レアル・ソシエダ) FW イケル・ムニアイン(アスレティック・ビルバオ) イニャキ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ) ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ) 2020.11.25 00:25 Wed
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のセルヒオ・ラモスが右ハムストリングの裂傷で最大2週間の離脱へ…

レアル・マドリーは19日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの負傷を報告した。 セルヒオ・ラモスは、17日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦(6-0で勝利)に先発出場。だが、前半終了間際に右足を痛めて43分に負傷交代を強いられていた。 クラブの声明によると、同日に行われた検査の結果、セルヒオ・ラモスの右ハムストリングに筋肉の裂傷が見つかったとのこと。 なお、クラブは具体的な治療期間は明かしていないものの、スペイン『アス』は10日~2週間の離脱と伝えており、21日に行われるラ・リーガ第10節のビジャレアル戦と25日に行われるチャンピオンズリーグ・グループB第4節のインテル戦は欠場する見込みだ。 現在マドリーでは、DFダニエル・カルバハル、DFナチョ・フェルナンデス、DFアルバロ・オドリオソラと最終ラインに負傷者が続出中。さらにフランス代表に参加していたDFラファエル・ヴァランも17日のUEFAネーションズリーグのスウェーデン代表戦でハムストリングの違和感を訴えており、現時点で負傷の程度は不明だが、数試合を欠場する可能性が出てきている。 2020.11.20 03:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ相手にハットのトーレス、チームメイトが粋なプレゼント!

スペイン代表で初となるハットトリックを達成したMFフェラン・トーレスに仲間が粋な計らいをした。 スペインは17日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4最終節のドイツ代表戦に望んだF・トーレスは、1点リードで迎えた33分に、味方のシュートのこぼれ球を押し込んで得点を記録。さらに、55分にはチーム4点目となる自身2点目を決めると、71分にMFファビアン・ルイスのラストパスを流し込んでハットトリックを達成した。 <div id="cws_ad">◆チームメイトが記念ボールに寄せ書き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0WWRsYURjbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツ相手に6発大勝も大きな話題となったが、フェラン・トーレスのハットトリックも話題に。得点力不足が叫ばれていたスペイン代表において大きな起爆剤となったフェラン・トーレスは、今シーズンから加入したマンチェスター・シティでもプレミアリーグでこそゴールはないが、チャンピオンズリーグ(CL)では3試合3ゴールを記録するなど、得点力を発揮していた。 ハットトリックを記録したフェラン・トーレスは記念に試合球を持ち帰ったが、スペイン代表のチームメイトが寄せ書きで祝福した。 「素晴らしいストライカー!」(セルヒオ・カナレス/レアル・ベティス) 「初めての達成おめでとう!」 (ケパ・アリサバラガ/ チェルシー) 「フォイオス(出身地)の少年たちのために」(パウ・トーレス/ビジャレアル) 「おめでとう、バグ」(ジェラール・モレノ/ビジャレアル) 「グラン・フェル」(ホセ・ルイス・ガヤ/バレンシア) 昨シーズンまで過ごしたバレンシア時代のチームメイトなどからも祝福を受けたフェラン・トーレス。試合後には「全ての選手にとってハットトリックすることは夢だよ。それをドイツ戦でやってチームを助けることができたんだ。本当に嬉しいよ」とコメントしていたが、スペイン、シティでさらにゴールを量産するのか楽しみだ。 2020.11.19 20:35 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly