元日本代表監督のアギーレ氏にJクラブからもオファー「日本では2つの可能性がある」

2020.11.04 09:23 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつて日本代表を指揮し、現在はフリーとなっているハビエル・アギーレ氏(61)が、新天地についてコメントした。メキシコ『レコルド』が伝えた。これまで、オサスナ、アトレティコ・マドリー、レアル・サラゴサ、エスパニョールなどスペインクラブで指揮を執った他、メキシコ代表や日本代表、エジプト代表など代表チームでも経験があるアギーレ監督。

2019-20シーズン途中にレガネスの監督に就任するも、チームを立て直しきれず。リーグ戦26戦7勝10分け9敗の成績で、チームはあと一歩のところで降格し、その責任をとって退任していた。

退任後はフリーとなっている中、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)や日本からの興味が寄せられているとされた中、本人もオファーを認めた。

「日本で2つの可能性があると言った。また、スペインでもオファーを待っている。私はスペインに住んでいる」

「そこまで人気はないが、誰もが私を知っている。ここにいるだろう」

先日はロサンゼルス・ギャラクシーがギジェルモ・バロス・スケロット監督(47)を解任。MLSクラブとの交渉も行っているようだ。

「私はすでにMLSチームとの対話を何度か行っている。噂はあるが、正直なところ直接連絡をとったチームは2つしかない」

「話をしに行った。彼らは私の履歴書を持っていた。リーグが終わるまで2、3試合残っていて、そのあとにプレーオフが来る。1月の就任を考えており、時間がまだある」
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪がブラジル1部から191cmの長身DFチアゴが完全移籍で獲得、背番号「6」

セレッソ大阪は21日、ブラジルのセアラーからDFチアゴ(30)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「6」となる。 チアゴは191cm、89kgの大型センターバック。ブラジルのクリシューマやグアラニ、アトレチコ・ミネイロ、バイーアなどでプレーしていた。 チアゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで90試合に出場し8ゴール、セリエBで21試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンは22試合に出場し1ゴールを記録していた。 チアゴは、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約の予定となっている。 2021.01.21 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

最強王者・川崎Fが鬼木達監督との契約合意を発表

川崎フロンターレは21日、鬼木達監督(46)との契約更新を発表した。 鬼木監督は現役時代に鹿島アントラーズと川崎Fとプレー。2017年に風間八宏監督の後任として川崎Fの監督に就任した。 就任1年目に明治安田J1で初優勝を果たすと、2018年は連覇を達成。2019年はリーグ3連覇を逃すものの、YBCルヴァンカップで初優勝していた。 2020シーズンはリーグ12連勝を達成した他、最速優勝や最多勝ち点、最多得点数と歴史に名を残すチームを作り、3度目のJ1優勝を達成。さらに、天皇杯も初優勝するなどした。 2021.01.21 17:44 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が契約更新、昨季はJ1で25試合出場

横浜F・マリノスは21日、DF畠中槙之輔(25)との契約更新を発表した。 畠中は東京ヴェルディの下部組織出身で、FC町田ゼルビアへの期限付き移籍を経験。2018年途中に横浜FMへ完全移籍していた。 2年目の2019年は明治安田J1で34試合に出場。センターバックとして全試合に出場しチームのJ1優勝に貢献していた。 2020年はケガなどもありながら、明治安田J1で25試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖がナイジェリア人FWチコ・オフォエドゥをマッカビ・テルアビブから完全移籍で獲得、背番号は「25」

サガン鳥栖は21日、イスラエルのマッカビ・テルアビブからナイジェリア人FWチコ・オフォエドゥ(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「25」。 チコ・オフォエドゥは、トルコの1461トラブゾンやカルシアカ、サムスンスポル、エスキシェヒルスポルでプレー。2018年7月からマッカビ・テルアビブでプレーしていた。 イスラエル1部では43試合に出場し14ゴール6アシストを記録。トルコ2部では166試合で54ゴール31アシストを記録していた。 右ウイングが主戦場で、左ウイングやセンターフォワードでもプレーが可能。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの予選でもプレー経験がある。 チコ・オフォエドゥはクラブを通じてコメントしている。 「サガン鳥栖ファミリーの一員になれた事を凄く嬉しく思います。ファン・サポーターやチームのために全力を尽くして、今シーズンの目標を達成できるようにがんばります」 2021.01.21 14:46 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の同僚長身FWにJリーグクラブがオファー? 欧州でも注目

本田圭佑が所属しているボタフォゴのブラジル人FWペドロ・ラウール(24)に対して、日本クラブからオファーがあったようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 ベドロ・ラウールは、193cmの長身ストライカー。2020年1月にポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスからフリートランスファーでボタフォゴへと加入。今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、25試合に出場し7ゴール1アシストを記録している。 そのペドロ・ラウールだが、ボタフォゴは保有権の70%を持っており、残りの30%はヴィトーリア・ギマランイスが持っている状況。また給与は150万ユーロ(約1億9000万円)を3回に分けて支払うことが約束されていた。 契約条項では、ペドロ・ラウールが60%の試合で先発出場した場合に150万ユーロを支払い、契約を延長することが保証されていた。 ボタフォゴは2021年6月、2022年1月と6月の3度に分けて50万ユーロずつ支払うこととなっていたが、財政難に陥った場合は、売却する必要がある。 <div id="cws_ad">◆ペドロ・ラウールがインテルナシオナウ戦で先制ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyT25Ea0JXZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ペドロ・ラウールには昨年3月の時点でグレミオから1000万レアル(約1億9500万円)のオファーが来たものの、ボタフォゴは拒否。今シーズンは結果を残すも、チームは結果が伴っていない状況となっていた。 そして、Jリーグのクラブからもレンタル移籍でのオファーがあったものの、そのオファー額が低く、ボタフォゴは前向きに検討していない状況とのことだ。 しかし、ボタフォゴは魅力的なオファーがあればペドロ・ラウールを売却することは問題ないと考えている状況。ヨーロッパのクラブも興味を持っているとされるが、Jリーグのクラブが獲得に本腰を入れるだろうか。 2021.01.21 12:05 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly