C・ロナウドが投稿で炎上、メッシとの対決お預けでPCR検査に不満

2020.10.29 15:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのSNSでの発言が物議を醸しているようだ。C・ロナウドは今月13日に新型コロナウイルスに感染。その後、21日の検査でも陽性反応が確認されると、27日の検査でも三度陽性となっていた。

◆お預けとなったメッシvsC・ロナウド CL決勝T最後の対戦の結末は?


ユベントスは28日にチャンピオンズリーグ(CL)グループG第2節でバルセロナと対戦。C・ロナウドにとってはレアル・マドリーに在籍時にしのぎを削ってきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの2年半ぶりの対決となるはずだったが、欠場を余儀なくされていた。

自宅で隔離生活を送るC・ロナウドは、自身のインスタグラム(Cristiano)を更新。「気分は良く健康だ。頑張れユベントス」と投稿し、自身を欠くチームへのエールを送っていたが、問題となったのは、その後のコメントだ。C・ロナウドは試合を欠場することへの不満からか、「PCR検査なんてでたらめだ」と付け足していた。

すでに追加部分のコメントは削除されているものの、SNS上では投稿時の画面をスクリーンショットした画像が多く出回っている。

体が元気なのにもかかわらず、ピッチに立つことができない不満はよくわかるものの、今回のC・ロナウドの言動はやや軽率だったかもしれない。

C・ロナウドを欠いたユベントスはバルセロナに0-2で敗戦。両チームの次の対戦は12月8日に予定されている。
コメント
関連ニュース
thumb

クアドラードがコロナ陰性に、戦列復帰へ

ユベントスは20日、コロンビア代表MFフアン・クアドラードが新型コロナウイルスの検査で2度にわたり陰性となったため、戦列に復帰することを発表した。 クアドラードは1月5日にコロナ陽性判定を受け、ミラン戦や前節インテル戦を含めて公式戦ここ4試合を欠場していた。 なお、同日行われるナポリとのスーペル・コッパよりクアドラードは出場可能とのことだ。 ユベントスではクアドラードの他、ブラジル代表DFアレックス・サンドロ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトがコロナ陽性により欠場が続いている。 2021.01.21 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベのバッジにキスして炎上のビダル、SNSで弁明「そのつもりはなかった」

インテルのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがユベントス戦での行為について弁明した。『ESPN』が伝えている。 インテルは17日、セリエA第18節でユベントスと対戦し2-0で勝利した。古巣対決となったビダルはこの試合に先発出場すると、13分に先制のゴールを奪い、チームの勝利に貢献していた。 試合では見事なプレーを見せていたビダルだったが、試合前のタイミングで、ユベントスのイタリア代表DFジョルジュ・キエッリーニと挨拶した際、ハグした後に、キエッリーニが着ていた上着のユベントスの胸エンブレム部分にキスをして、一部のインテルサポーターが激怒していた。 ビダルは試合後、自身のインスタグラムを更新。この行為について弁明している。 「他のチームのクレストにキスするという意図はなかった。それは私にサッカーを与えてくれた兄弟への愛情の表れだった。僕たちは一緒に素晴らしい年を過ごし、互いを愛している」 インテルとユベントスの対戦は“イタリア・ダービー”とも呼ばれ、セリエAの中でも最も注目を浴びる試合の1つだ。それだけにビダルの行動はやや軽率だったかもしれない。 <div id="cws_ad">◆ビダルがユーベのクレストにキス?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Vidal accidentally kissed the Juventus badge before kick off <a href="https://t.co/VduftSgVN4">pic.twitter.com/VduftSgVN4</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1350900905659478018?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラがミランとの大一番で披露した華麗なバックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディバラがキエーザに送った華麗なヒールパス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwWmlweUNMayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。 今ではエースの一人としてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のミラン戦では、華麗なアシストでチームメイトのゴールをお膳立てしている。 0-0で迎えた18分、右サイドでボールを持ったFWフェデリコ・キエーザが、中央のディバラにパスを送ると、そのままボックス内に走り込む。相手からのプレスをいなしながらパスを受けたディバラは、ゴールに背を向けた体勢から、華麗な足さばきでヒールパスをキエーザの走路に送った。このパスに抜け出したキエーザがゴール左下に鋭いシュートを決め、見事な先制点が生まれた。 試合はその後ミランが追いつき、同点で前半を折り返したが、後半ユベントスが勝ち越しに成功。先制点を挙げたキエーザが2得点を挙げる活躍を見せ、3-1で大一番に勝利している。 2021.01.20 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル戦完敗のユーベ、「酷い敗北」と苦言の指揮官ピルロが問題視したのは…?

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が敗北を認め、チームに苦言を呈した。 4位のユベントスは17日に行われたセリエA第18節で2位のインテルと対戦。12分にMFアルトゥーロ・ビダルの恩返し弾を食らうと、後半にもMFニコロ・バレッラに追加点を許して、0-2の敗北を喫した。 10連覇を目指すユベントスにとって、重要なインテルとの“イタリア・ダービー”だったが、攻守に覇気なく、散ったユベントス。ピルロ監督は試合後、イタリア『スカイ』を通じて、敗戦の弁を述べた。 「入りから姿勢を間違って、決闘に勝つための闘志もなければ、難しくなる。ピッチに足を踏み入れようとせず、臆病だったよ」 「インテルの攻撃的な姿勢を恐れ、守りしか考えておらず、攻撃的になり切れなかった。インテルに主導権を握らせてしまえば、難しい相手になってしまう」 「個々のクオリティはアグレッシブさと闘志が相手と比例した場合に輝くもの。今日の我々はそうじゃなく、それを示した試合だった」 「酷い敗北だ。これ以上、酷い試合なんてない。予想外だったが、切り替えて、水曜日のナポリ戦、そして、スーペル・コッパに備えていかなければならない」 インテル相手の黒星で順位も5位に後退してしまったユベントスだが、ピルロ監督はスクデット争いに対するスタンスを問われ、「我々の野望は何も変わっていない」と語り、チームの姿勢を問題視した。 「強敵に対しての不手際はあるもの。私ががっかりしているのは姿勢だ。ユベントスのようなチームは自信と野心を持って、ここに来なければならない。試合の主導権を握る部分でも、あまりにも逃げ腰だった」 2021.01.18 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 2-0 ユベントス《セリエA》

セリエA第18節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが17日に行われ、2-0でインテルが完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210118_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 6.0 終盤のキエーザのシュートを好守で凌いだ DF 37 シュクリニアル 6.0 対人の強さを発揮して相手2トップを封じる 6 デ・フライ 6.5 ラインをしっかりと統率し、守備を締めた 95 バストーニ 6.5 終始安定したプレーで守備を締め、正確なロングフィードで追加点をアシスト MF 2 ハキミ 6.5 スピードを生かした突破でカウンターの起点に 23 バレッラ 7.5 先制点をアシストし追加点を挙げる 77 ブロゾビッチ 6.0 つなぎのプレーでミスが少なくビルドアップを助けた 22 ビダル 7.0 古巣相手に先制ゴール。ゴール前への飛び出しが利いていた (→ガリアルディーニ -) 15 ヤング 6.0 守備に重点を置いてキエーザの突破を封じる (→ダルミアン -) FW 9 ルカク 6.5 キエッリーニ相手に大きく上回った 10 L・マルティネス 6.0 ルカクの生み出したチャンスを抜け目なく狙った (→サンチェス -) 監督 コンテ 6.5 古巣ユベントスに完勝。隙が全くなかった ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210118_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 5.0 2失点とも仕方なかったが、好守もなかった DF 13 ダニーロ 5.0 失点場面ではビダルに付ききれなかった 19 ボヌッチ 5.5 正確なフィードで起点になるも、肝心の守備で統率に至らず 3 キエッリーニ 5.0 ルカクの屈強なフィジカルに苦戦 38 フラボッタ 4.5 バレッラとハキミに狙われた。2失点に関与 (→ベルナルデスキ 5.5) 不慣れな左サイドバックに入ってのプレー MF 22 キエーザ 5.0 スペースがなく動きを制限された。ヤングに突破を封じられる 25 ラビオ 5.0 守備への切り替えが遅く穴に (→マッケニー 5.5) 前線への関与が期待されたが、物足りず 30 ベンタンクール 5.5 ゲームを作れず、カウンターへの対応も甘かった 8 ラムジー 5.0 中寄りのプレーでアクセントを付けにかかるも、効果はなかった (→クルゼフスキ 5.5) 右からの仕掛けで打開を狙った FW 9 モラタ 5.0 ディバラに代わってスタメンもボールが足に付いていなかった 7 C・ロナウド 5.0 ミラン戦に続いてビッグマッチ不発 監督 ピルロ 5.0 攻守にインテルを大きく下回った。妥当な完敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! バレッラ(インテル) ビダルと共に攻守に大きく貢献。インテンシティを高く保ちハイパフォーマンスを発揮。ビッグマッチで輝いた。 インテル 2-0 ユベントス 【インテル】 ビダル(前13) バレッラ(後7) 2021.01.18 06:43 Mon
twitterfacebook