デ・ブライネ躍動のシティが酒井フル出場のマルセイユに快勝! ポルト中島は途中出場で2点目の起点に《CL》

2020.10.28 07:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節、マルセイユvsマンチェスター・シティが27日にヴェロドロームで行われ、アウェイのシティが0-3で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。久々のCL参戦となったマルセイユはオリンピアコスとの初戦で酒井がCLデビューを飾ったが、試合終了間際の失点によって無念の黒星スタートとなった。週末のロリアン戦を1-0で制してリーグ連勝の形で迎えたホームでの第2戦では優勝候補シティを迎え撃った。この試合では[5-3-2]の守備的な布陣を採用し、酒井は右のウイングバックで先発した。

一方、ポルトとの初戦を3-1の逆転勝利で制したシティだが、直近のリーグ戦ではウェストハム相手に1-1のドローに終わり、なかなか波に乗り切れない序盤戦となっている。CL連勝を目指すこの一戦ではウェストハム戦から先発5人を変更。デ・ブライネが先発復帰を果たし、アグエロの再離脱でストライカー不在の中、フェラン・トーレスが最前線に入り、フォーデンとスターリングと3トップを組んだ。


試合は戦前の布陣からも窺えたようにボールを保持するシティが後方に重心を置くマルセイユを押し込む展開に。立ち上がりからデ・ブライネ、フォーデンとシュートを浴びせかけると、18分には相手陣内ボックス付近でロニエの不用意な横パスを奪ったデ・ブライネの正確なグラウンダーのクロスに反応したフェラン・トーレスがワンタッチで流し込んだ。

良い流れの中で先制に成功したシティはその後も質の高いパスワーク、素早い攻守の切り替えでマルセイユを圧倒。ジンチェンコが2点目に迫るなど、攻勢を続ける。

一方、立ち上がりから守備に追われるマルセイユはなかなか自陣からボールを運ぶことができない。42分にはラドンジッチがようやくファーストシュートを放つが、これはGKエデルソンにがっちりとキャッチされた。

シティの1点リードで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。55分にトヴァンが両チームを通じて最初のシュートを放ったが、依然として試合の主導権はアウェイチームが握る。

すると、後半半ばを過ぎた76分に試合を決定づけるシティの2点目が生まれる。フォーデンが左サイド深くに抜け出して入れたクロスをファーに走り込んだスターリングが頭で折り返すと、フェラン・トーレスに当たってゴール前にこぼれたところをギュンドアンがすかさず右足で蹴り込んだ。

さらに、シティは81分にも右サイドに抜け出したデ・ブライネからの正確な折り返しをスターリングがワンタッチで蹴り込み、トドメの3点目とした。そして、マルセイユを攻守に圧倒したシティが3-0の快勝でグループステージ連勝を飾った。

また、同日行われたグループB第2節のもう1試合、ポルトvsオリンピアコスは、ホームのポルトが2-0で勝利している。なお、ポルトFW中島翔哉は60分から途中出場している。

今大会初勝利を目指すホームのポルトは、前半の11分に相手のビルドアップのミスを突いてファビオ・ヴィエイラが先制点を奪取。さらに、85分に中島の縦パスに抜け出した右サイドのマレガのクロスを、ゴール前に飛び込んだセルジオ・オリヴェイラが頭で合わせ、試合を決定づける2点目とした。

そして、このまま相手の反撃を凌ぎ切ったポルトが今大会初勝利を挙げている。

マルセイユ 0-3 マンチェスター・シティ
【マンチェスター・シティ】
フェラン・トーレス(前18)
ギュンドアン(後31)
スターリング(後36)

ポルト 2-0 オリンピアコス
【ポルト】
ファビオ・ヴィエイラ(前11)
セルジオ・オリベイラ(後40)
関連ニュース
thumb

ヴェンゲル氏、ディ・マリアの退場劇に持論「フェルナンジーニョも退場になるべきだった」

マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)における、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの退場について、アーセン・ヴェンゲル氏が持論を述べている。 4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝での一幕。シティが2試合合計4-1とリードする中で迎えた69分、タッチライン際でMFフェルナンジーニョと小競り合いを起こしたディ・マリアが相手を踏みつけ一発退場処分を命じられた。 さらにその際、ディ・マリアはピッチを去りながらフェルナンジーニョに対して侮辱発言をぶつけるなど、その怒りは頂点に達していた。もちろんその行為は許されるものではないが、ここまで激昂する原因はフェルナンジーニョ側にもあったという意見もある。 ヴェンゲル氏もそのように考える一人で、『beIN SPORTS』の番組に出演した際、フェルナンジーニョも退場になるべきだったとの見解を示した。 「今夜のフェルナンジーニョの行動は、挑発的で好ましくなかった。ディ・マリアを退場させるなら、フェルナンジーニョも退場させなければならないと私は思う」 「彼はディ・マリアに対する挑発行為があったにもかかわらず、イエローカードにすらなっていない。どちらもレッドカードを受けるべきだった」 なお、この試合では、ディ・マリアの退場に抗議したPSGの選手に対し、主審のビョルン・カイペルス氏が不適切発言をしたと、MFアンデル・エレーラやMFマルコ・ヴェッラッティの証言で明らかになっており、後々まで尾を引く一件となりそうだ。 2021.05.05 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ戦退場のディ・マリア、フェルナンジーニョに侮辱発言か

チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦で退場処分となったパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに侮辱発言をした疑いがあるようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 4日に行われたCL準決勝のシティvsPSGの2ndレグ。アウェイでの1stレグで1-2の逆転勝利を収めたシティが、この日はFWリヤド・マフレズのゴールで開始11分に先制。大きく優位に立つと、63分には再びマフレズがネットを揺らして、合計スコア4-1で初の決勝進出を果たした。 2年連続の決勝進出は叶わなかったPSGだが、残念だったのは結果だけではない。試合では69分にディ・マリアがシティMFフェルナンジーニョとの小競り合いの中で相手を踏みつけるという愚行を働き、一発退場となっていた。 さらに『RMC Sport』によると、ディ・マリアはその際、フェルナンジーニョに対して「お前は雌犬から生まれた子供だ」という意味の侮辱発言をしていたことが分かっており、今後の調査次第ではアルゼンチン代表MFに重い罰が与えられることになるかもしれない。 一方で、ディ・マリアを退場に追いやったオランダ人主審のビョルン・カイペルス氏についても疑惑が浮上している。味方の一発退場にPSGの選手らが猛抗議する中、同氏はMFレアンドロ・パレデスに向かって不適切発言をしたことが、MFアンデル・エレーラやMFマルコ・ヴェッラッティの証言で明らかに。 こちらについてもUEFAによる調査が見込まれるが、ディ・マリアの件を含めて、果たしてどのような収束を迎えるのだろうか。 2021.05.05 16:54 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラブと全ての人にとって大きな一歩」キャプテンとして遂にCL決勝へ、シティMFフェルナンジーニョが歓喜

マンチェスター・シティの元ブラジル代表MFフェルナンジーニョが、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝進出を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは4日、CL準決勝2ndレグでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。1stレグで2-1と勝利しており、有利な状況でホームゲームを迎えた。 試合は11分にリヤド・マフレズのゴールでシティが先制。2戦合計3-1とすると、63分にもマフレズが追加点を奪い、2戦合計4-1とする。 PSGはアンヘル・ディ・マリアが一発退場となるなど、シティの前に成す術なく、4-1で敗戦。シティは悲願のCL決勝進出を果たした。 1stレグはベンチで見守ったキャプテンのフェルナンジーニョ。この2ndレグは中盤でフル出場を果たしたが、チームの悲願の決勝進出を喜んだ。 「これはクラブと全ての人にとって大きな一歩だと思う」 「このクラブのためにたくさんのことをしてくれ、一生懸命に働いてくれた全ての人々にとても感謝している」 「これは僕たちにとって大きな成果だ。チャンピオンズリーグ決勝に初めて到達できたことを嬉しく思う」 「誰もが祝福に値するよ」 2021.05.05 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「夢が実現し、ワクワクしている」シティDFウォーカーが悲願のCL決勝進出に歓喜

マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーが、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝進出を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは4日、CL準決勝2ndレグでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。1stレグで2-1と勝利しており、有利な状況でホームゲームを迎えた。 試合は11分にリヤド・マフレズのゴールでシティが先制。2戦合計3-1とすると、63分にもマフレズが追加点を奪い、2戦合計4-1とする。 PSGはアンヘル・ディ・マリアが一発退場となるなど、シティの前に成す術なく、4-1で敗戦。シティは悲願のCL決勝進出を果たした。 ついに決勝へと駒を進めたシティ。ウォーカーは、リーグ戦以上に喜ばしいことだとコメント。地元の子供達にとっても夢が叶うと伝えた。 「プレミアリーグは38試合のタフな試合が続き、勝つことは本当の成果となるけど、これはさらなる喜びだ」 「このクラブを最終的にチャンピオンズリーグ決勝に進出させるために、僕たちは素晴らしいファンだけでなく、オーナーや監督にも感謝している」 「(地元)シェフィールドの男子たち、これは君らが夢見ていることだ」 「1stレグで勝利を収めたとき、それは僕が夢見ていたことだった。夢が実現し、僕はワクワクしている」 また、試合を振り返り、守備陣が奮闘したことを評価。ゴールを決めるのと同じぐらい、クリーンシート達成を喜んだ。 「明らかに最高クオリティの選手たちに対して、僕たちはギアを入れる必要があった」 「ジョン(・ストーンズ)、ルベン(・ジアス)、オレクス(オレクサンドル・ジンチェンコ)は重要な場面でいくつか重要なブロックをした。彼らが持っている才能を考慮し、僕たちはうまくコントロールしたと思っている」 「これはチームの試合だ。僕たちは皆、ゴールを祝いに行く。ゴールを決めた時はハイタッチするが、ディフェンダーとして僕たちにとって重要なことは、クリーンシートを保つことだ」 「今シーズン僕たちはそれをとてもうまくやっており、守備の部分を本当に研ぎ澄ました。シュートをブロックすることは、僕にとってゴールを決めるようなものだよ」 いよいよ残すは決勝のみ。これまでシティ加入後に何度も味わってきた悔しさを果たせたとこれまでのCLでの戦いを振り返った。 「自分たちにプレッシャーをかけている。2018年は、アンフィールドでの1stレグで捨ててしまった」 「2年目の2019年はトッテナムに行ったが、確か1stレグで負けた。戻ってきてすぐに2つのゴールを認めてしまい、追いかけることとなった」 「去年は1試合だけだったしちゃんとしたカップ戦だったが、この種の試合ではなんでも起こる」 「ただついにアウェイで勝利を収め、ここでも彼らを2-0で破り、クリーンシートを保つということはとても嬉しいことだ。完全にチームの功績だよ」 2021.05.05 12:48 Wed
twitterfacebook
thumb

シティのCL決勝進出に歓喜する元守護神「ファンのことを考えると本当に嬉しい」

マンチェスター・シティのレジェンドであり、現在はトッテナムに所属する元イングランド代表GKジョー・ハートが、古巣のチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を喜んでいる。イギリス『BBC』が伝えた。 シティは4日に行われたCL準決勝2ndレグで、パリ・サンジェルマン(PSG)とホームで対戦。1stレグを1-2で勝利し、有利な状況で迎えたこの試合でも2点を先取。その後は相手の反撃を許さず、2-0で勝利した。 この結果、2戦合計4-1となり、クラブ史上初となるCL決勝進出が決定。悲願のタイトル獲得まで、残り1勝という状況になっている。 この勝利には、多くのOBも喜びを露わに。シティで公式戦348試合に出場し、守護神としてチームを44年ぶりのプレミアリーグ優勝に導いた経歴を持つハートも、イギリス『BTスポーツ』に出演した際に喜びのコメントを残した。 「とても大きな瞬間だと思う。このクラブはヨーロッパレベルでは歴史がないと言われてきたね。でも、実際にはそうではない。浮き沈みを経験してきたなかでも、チームには真の魂があった」 「ファンのことを考えても、本当に嬉しいよ。ただ、これは素晴らしい瞬間ではあるものの、当然ながらまだ終わりではない。このクラブは決勝に進出することが目的ではなく、決勝で勝つことが目的だからね」 「成功のためには投資が必要だ。僕は2006年にチームと契約したけど、当時の彼らはトップハーフでのフィニッシュを望んでおり、それが計画だった」 「(タクシン・)シナワトラがクラブにやってきて、その後はアブダビ・グループがやってきた。彼らは正しい方法で基盤を築き、コミュニティを作り、クラブの精神を高めてきたんだ。そのうえで、多くの資金とクオリティをもたらしてくれた」 2021.05.05 11:53 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly