リバプール、重傷ファン・ダイクの代役にトルコ代表カバクをリストアップか

2020.10.26 18:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールが、シャルケのトルコ代表DFオザン・カバク(20)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。リバプールでは、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが先日のエバートン戦でヒザを負傷。右ヒザ前十字靭帯の損傷で手術が決定しており、半年以上の離脱も覚悟しなければならない状況だ。

ファン・ダイクを欠くセンターバックでは本職としている選手がDFジョエル・マティプとDFジョー・ゴメスのみ。MFファビーニョを起用する手段もあるが、それでも極めて手薄となっている。

今冬の補強は必須とみられる中、今回名前が挙がったのはトルコ代表で4キャップを持つカバク。ガラタサライの下部組織出身で、昨年1月にシュツットガルトに移籍、その半年後の昨夏にシャルケと5年契約を結んだ。

『ミラー』によると、元々4000万ポンド(約54億6000万円)の値札を付けていたシャルケだが、現在は新型コロナウイルスによる財政状況の悪化もあり、3000万ポンド(約41億円)まで評価額を下げているという。しかし、リバプールが用意する移籍金は2000万ポンド(約27億3000万円)と見られており、この小さくな差額は今後にも影響しそうだ。

なお、昨夏のシャルケ加入後は主力としてリーグ戦26試合に出場。今季は第2節のブレーメン戦での唾吐き行為で5試合の出場停止処分を受けている。
コメント
関連ニュース
thumb

ハムストリング負傷のアリソン、離脱期間は2週間か

直近の試合を欠場していたリバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーの離脱期間は2週間程度と見込まれているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1日に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦で急遽ベンチから外れていたアリソン。ユルゲン・クロップ監督によると、先月28日のプレミアリーグのブライトン戦でハムストリングに違和感を覚えていたようだ。 代わりに出場したアイルランド人GKカオイムヒン・ケレハーの活躍で勝利した試合後、クロップ監督がアリソンの状態を説明。一部新型コロナウイルス感染の噂もあったが、ケガの問題であることを明かしている。 「コロナではないよ。彼はブライトン戦の60分か70分ぐらいからハムストリングに違和感があったようだ。問題は小さなものだったが、10日から14日間は休養が必要になると思う」 クロップ監督はアヤックス戦でビッグセーブを連発したケーラーを称賛しており、第3GKから一気に次戦の先発候補に浮上。GKアドリアンを押し除けて22歳の若きショットストッパーが今後数試合ゴールマウスに立つ可能性が高くなっている。 2020.12.02 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

CL初ゴールのリバプール19歳カーティス・ジョーンズ「信じられない!」

リバプールのU-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズ(19)がチャンピオンズリーグ(CL)初ゴールを決めた。 ジョーンズは1日に行われたCLグループD第5節のアヤックス戦で、スタメン出場。これでCL3試合連続の先発となった。 <div id="cws_ad">◆南野がリバプール主将ヘンダーソンと華麗なリフティングパスを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3U2V3MFViayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 前半からポスト直撃のシュートを放つなど、得点の匂いの感じさせていたジョーンズだったが、58分、右サイドでボールを持ったDFネコ・ウィリアムズが左足に持ち替えて浮き球のクロスを供給。これに対して相手GKアンドレ・オナナが目測を誤って完全に被ると、ファーに走り込んでいたジョーンズが角度のないところから右足アウトで叩く技ありのフィニッシュで無人のゴールへ流し込んだ。 アカデミー出身コンビで大仕事を果たしたジョーンズにとって、これがCL初ゴール。試合後には自身のツイッター(@curtisjr_10)を更新し、喜びを露わにした。 「今夜は大勝利!チャンピオンズリーグでの初ゴールと決勝トーナメント進出を決めたことは信じられない!トップパフォーマンスだった」 リバプールはジョーンズのゴールを守り切り1-0で勝利。同時刻に行われていたアタランタとミッティランの試合がドローで終了したこともあり、1試合を残してのグループステージ首位通過が決定している。 <div id="cws_ad">◆カーティス・ジョーンズの技ありCL初ゴール!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIRSdiAF75z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIRSdiAF75z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIRSdiAF75z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.02 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールのワイナルドゥムを絶賛するファーディナンド「完全に過小評価された選手」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムを称賛している。イギリス『ミラー』が伝えた。 ワイナルドゥムは2016年夏にニューカッスルからリバプールへ移籍すると、ここまで公式戦203試合に出場。故障者の多いリバプールにあって常に安定した稼働を誇り、クラブのプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)優勝に計り知れない貢献を果たしている。 1日に行われたCLグループD第5節アヤックス戦でもフル出場しており、決勝トーナメント進出を決めたチームの原動力となった。 ユルゲン・クロップ監督からも非常に高い評価を受けるオランダ代表MFについては、イギリス『BTスポーツ』に出演したファーディナンド氏も、手放しに称賛の言葉を送っている。 「正直に言って、私はワイナルドゥムが大好きなんだ。彼は非常に無欲であり、知性を備え、中盤のあらゆるポジションでプレーすることができる。完全に過小評価されている選手だと思うよ」 「彼はオランダ代表では10番の役割を務めている一方、リバプールでは守備的な役割をしっかりこなしている」 古巣のライバルクラブに所属しているにもかかわらず、ファーディナンド氏はワイナルドゥムを絶賛し続け、ファンよりも選手からより評価されるタイプだと語った。 「キャリアの中で一緒にプレーしたいと思える選手だ。ファンからは、あまり評価されない選手かもしれない。しかし、ピッチの上に立つ選手なら、彼がどれだけの仕事をしているか、どれだけの価値があるかを分かっているはずだ」 リバプールとワイナルドゥムの契約は来夏で切れるにもかかわらず、いまだに契約延長の話は進んでいない。ファーディナンド氏も絶賛するワイナルドゥムが、今後どのようなキャリアをたどるか注目だ。 2020.12.02 16:39 Wed
twitterfacebook
thumb

同僚のサポート明かすCL殊勲のGKケレハー、クロップのハグは「最高!」

リバプールのアイルランド人GKカオイムヒン・ケレハーが、チャンピオンズリーグ(CL)デビュー戦での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ケレハーは1日に行われたCLグループD第5節のアヤックス戦で、スタメン出場。守護神を務めるGKアリソン・ベッカーが負傷し、2番手のGKアドリアンは今季批判を浴びるパフォーマンスに終始していたことから、チャンスが回ってくる形となった。 初めての大舞台となったケレハーだが、32分にDFヌサイル・マズラウィのミドルシュートをセーブするなど、前半から安定感あるパフォーマンスを披露。後半にも何本かのシュートを的確に処理すると、88分にはFWクラース=ヤン・フンテラールの強烈なヘディングシュートを見事な反応で枠外に弾き出し、チームの1-0での勝利に大きく貢献した。 リバプールはこの勝利によって、残り1試合を残した状態でグループステージ首位通過が決定。試合後のインタビューに応じたケレハーは、日々の努力が報われたことを大いに喜んだ。 「自分にとって、そしてチームにとって、勝利とグループステージ通過ができたことは本当に幸せだよ。僕はただただ喜んでいる」 「(今夜のスタメンは)昨日スタッフに言われて知ったんだ。それを知ったときは明らかに興奮したし、そこからは試合に集中しようとした。毎日トレーニングに励み、チャンスが来る日を信じて準備してきたんだ。嬉しいことに、その努力が実を結んだよ」 「前半のセーブが、明らかに自分を落ち着かせてくれたと思う。自分ならできるという自信がついたんだ。ありがたいことに、他のシーンでもチームに貢献するプレーができた。勝ち点3が得られて嬉しいよ。チームを助けることができて感謝している」 また、ケレハーはインタビュー内で、試合前にチームの同僚GK2人からの助けがあったことや、ユルゲン・クロップ監督とのハグについても語っている。 「アリソンには会えなかったけど、試合前に『頑張ってね』ってメールが来たよ。アドリアンは本当に素晴らしいサポートをしてくれた。『100%一緒にいる。何があっても応援しているよ』と言ってくれたんだ。彼は本当に優しかった」 「監督が僕のところに来て、ハグしてくれたのは最高だった。彼は僕が完全に報われたと言ってくれたし、本当に良い瞬間だったよ」 2020.12.02 12:08 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷者続出でもGS首位通過のリバプール、クロップは殊勲の若手GK称賛「この夜を楽しめるはず」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、チームがチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ首位通過を決めたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 1日に行われたCLグループD第5節で、リバプールはアヤックスと対戦。前節アタランタに0-2のスコアで敗れはしたものの、今節勝利すれば他会場の結果次第で、グループステージ首位通過が決まる状況だった。 <div id="cws_ad">◆南野がリバプール主将ヘンダーソンと華麗なリフティングパスを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3U2V3MFViayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 多くの負傷者を抱え、この試合ではGKアリソン・ベッカーも欠場するなど厳しいチーム状況のリバプールだったが、後半にDFネコ・ウィリアムズのクロスをMFカーティス・ジョーンズが決め先制。守備ではアリソンの代わりにゴールマウスを守ったGKカオイムヒン・ケレハーがビッグセーブを連発し、1-0のスコアで勝利した。 同時刻に行われていたアタランタとミッティランの試合がドローで終了したこともあり、リバプールは1試合を残してのグループステージ首位通過が決定。試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、久しぶりに満面の笑みを浮かべながらチームを称賛した。 「とてもとても大きな結果だ。今夜チームが見せてくれた態度とキャラクターには、本当に感激している。早い段階で得点できたと思うが、それもフットボールの一部だ。後半はカウンターのチャンスがあり、素晴らしいゴールを決め、すべてを懸けて守った」 「アヤックスにとってはオール・オア・ナッシングな状況だったと思うし、最後にはストライカー全員をピッチに立たせていたんじゃないかな。だから、我々が置かれている状況を考えれば今夜のパフォーマンスには、とても満足しているよ。本当に素晴らしい」 「(ゴールシーンは)ネコ(・ウィリアムズ)からの良いクロスがあった。GKにとっては難しい状況だったと思う。通常、こういうボールに反応する選手はいないと思うが、カーティス(・ジョーンズ)は凄いね。ゴールを見るのに最適な場所に居なかったから、後で見返すよ」 「若手たちは並外れたプレーを、3トップはあらゆる方向から悪魔のようなディフェンスを、センターバックの2人は必要なときそこにいてくれた。最終的に、5節を終えた時点でグループのトップだ。これは初めてのことだし、我々にとって信じられないほど良かったよ」 また、クロップ監督はアリソンが欠場となったこの試合、本来2番手のGKアドリアンではなく、ケレハーを起用したことにも言及。ケレハーを称賛するとともに、アドリアンのこれまでの貢献についても触れている。 「トップ、トップ、トップなパフォーマンスだった。起用することは簡単な決断だったよ。ただ、アドリアンのことを思うと難しい判断でもあった。彼は昨シーズン多くの貢献を果たしてくれたからね。でも、今夜はケレハーの力が必要だったんだ」 「アヤックスのプレッシングに対応する必要があったし、ハーフスペースへのフィードも必要だった。今夜はぐっすり眠れるか、眠れないかのどちらかになると思うけど、どちらにしても楽しめるはずだ」 <div id="cws_ad">◆試合後のクロップ監督がケレハーに駆け寄ってハグ!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIRZW80Kg9Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIRZW80Kg9Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIRZW80Kg9Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.02 11:28 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly