元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が新型コロナ陽性 自身インスタを通じて公表

2020.10.26 09:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏が新型コロナウイルス感染を明らかにした。イベント参加で24日からブラジルのベロ・オリゾンテに滞在しているというロナウジーニョ氏は25日、自身インスタグラム(ronaldinho)のストーリー機能を用いて、自らの新型コロナウイルス陽性を報告した。

「新型コロナウイルスの検査を受けてみたら、陽性反応が出た。無症状で、元気だが、イベントを後回しにしないといけなくなってしまった。大きなハグを!」

これを追って報じたブラジル『Globo』によると、ロナウジーニョ氏は今後の検査で陰性反応が示されるまでの間、ベロ・オリゾンテのホテルで隔離措置に入る模様だ。

ブラジル代表通算97試合の出場数を誇り、人々を魅了するスキルで現役時代に一世を風靡したロナウジーニョ氏。最近、パラグアイ入国時の偽造パスポート使用容疑で5カ月ほど拘束されたが、8月に保釈され、ブラジル帰国していた。
コメント
関連ニュース
thumb

東京五輪出場内定のブラジル女子代表がグレミオU-16と対戦するも結果は大敗

2021年に開催予定の東京オリンピックに出場が内定しているブラジル女子代表チームは12日、トレーニングの一環として、グレミオの男子U-16チームと対戦し、0-6で敗れた。イギリス『SPORTbible』が伝えている。 試合は30分ハーフで前後半が行われ、ブラジル女子代表のエースFWマルタ・ビエイラ・ダ・シルバらも出場したものの、ゴールを奪うことはできなかった。 <div id="cws_ad">◆“なでしこの天敵”米女子代表の美女ストライカー、アレックス・モーガンが決めたスパーズ初ゴール(FAWSL 2020)<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjNWlHOTNxTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ブラジル女子代表を率いるピア・スンドハーゲ監督は試合後、次のように振り返っている。 「この練習試合はいくつかの理由で重要です。まず、男子のプレースピードに挑戦すること。スピードがありで大きな相手と対戦する時、私たちはこの種のチャレンジを行います」 「この試合は、選手を個別に評価するためにも重要でした。1対1の状況、ボールプロテクション、およびこれらの状況での迅速な対応です。これは、2021年の挑戦のために、改善する良い方法です」 女子代表チームがスピードと体格に勝る男子とトレーニングを行うことはよくあるが、2017年にアメリカ女子代表チームがFCダラスのU-15チームに2-5で敗れた際など、度々話題になっている。 <div id="cws_ad">◆グレミオの選手とマルタが記念撮影<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Hoje pela manhã teve um jogo BIZARRO entre Gremio sub-16 x Seleção Brasileira Feminina. <br><br>E O JOGO ACABOU 6X0 PRO GRÊMIO <br><br>É us guri (?) <a href="https://t.co/u7uMDzPMUa">pic.twitter.com/u7uMDzPMUa</a></p>&mdash; GRÊMIO DEPRÊ (@GremioFBPADepre) <a href="https://twitter.com/GremioFBPADepre/status/1349066554655256577?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.14 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ルシェンブルゴ氏が2度目のコロナ感染で入院…過去にセレソンやレアル・マドリーを指揮

過去にブラジル代表やレアル・マドリーを率いたヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ氏(68)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことがわかった。『ロイター通信』が伝えている。 今年10月半ばにパウメイラスの指揮官を解任されてフリーのルシェンブルゴ氏は、家族と共にリオデジャネイロの自宅での生活を送っていたという。しかし、コロナウイルスの感染が確認されたことから、現在はサンパウロのシリオ・リバネス病院に入院して治療を受けている。ただ、同氏の代理人によると、健康状態は快方に向かっているとのことだ。 過去にブラジル代表やレアル・マドリーに加え、ブラジル国内の多くの名門クラブの指揮官を歴任してきたルシェンブルゴ氏は、今年7月にもコロナウイルスに感染。ただ、一度目の感染時は無症状で健康状態に問題はなかった。 2020.12.15 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

無所属の元チェルシーMFラミレス、新天地はトルコに決定か

かつてチェルシーでプレーした元ブラジル代表MFラミレス(33)だが、新天地はトルコになるようだ。トルコ『ヒュリエット』など複数メディアが伝えた。 ラミレスは、かつてはベンフィカやチェルシーでもプレーし、2016年1月から中国スーパリーグの江蘇蘇寧でプレー。2019年7月からパウメイラスでプレーしていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpckVYWHl5VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> パウメイラスでは公式戦42試合で1ゴールを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで16試合に出場していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する中、マスクもせずにナイトクラブで遊んでいたことが発覚。自身は謝罪したものの、ファンなど周囲から大きな非難を浴びるとともに、罰金を科されていた。 2023年まで契約を結んでいたラミレスだが退団を要求し、11月27日に退団。フリーエージェントとなっていた。 その後、移籍の噂が浮上した中、現役引退の可能性も報じられていたラミレスだが、新天地はトルコのトラブゾンスポルになるようだ。 『ヒュリエット』によると、ここまでスュペル・リグで13位と低迷するトラブゾンスポルは、来年1月の移籍市場で補強する予定があるとのこと。スポーツ・ディレクター(SD)を務めるアブドラ・アブジュ氏が補強についてコメント。その中でラミレスの獲得で合意に達したとのことで、1月にサインするようだ。 2020.12.12 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコDFロージ、セレソンでのプレーを「大きな誇り」と語る 自身が思う世界最高の左SBとは?

アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFレナン・ロージ(22)は代表チームでプレーできる喜びを感じているようだ。『FIFA.com』が伝えた。 ロージは今季のアトレティコでここまで公式戦7試合に出場。まだ絶対的な主軸になれていないものの、スペイン代表DFマリオ・エルモソと熾烈なポジション争いを演じている。 一方で、代表では10月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第1節のボリビア代表戦から、4試合連続でスタメン出場を飾るなど、存在感を高めている。17日に行われたW杯南米予選第4節のウルグアイ代表戦前に応じたインタビューで、「計り知れないほどの誇りだ」と喜びを露わにした。 「これを夢見てきた選手がどれだけいるか考えてみると、本当に嬉しいよ。ブラジルのシャツを着ることが大好きなんだ。僕は代表の選手、コーチから、自分ができることすべてを学んでいる。ここにいられるのを誇りに思っているし、この時間を愛しているんだ」 「(代表での自分の役割は)もう一人のストライカーみたいなものだよ。クラブと比べて、攻撃の自由が与えられている。チッチ監督からは前に出るよう言われているし、この役割を本当に楽しんでいるけど、守備の責任を放棄しているわけじゃないよ」 また、ロージは自身が好む左サイドバックの選手や、現在世界最高だと考える同ポジションの選手の名前も挙げている。 「ロベルト・カルロスは素晴らしい選手だったが、年齢的に彼のプレーはあまり見られなかった。僕はフィリペ・ルイスやアレックス・サンドロが本当に好きなんだ。彼らの守備の仕方やゲームの読み方をよく研究しているよ。マルセロも良いね」 「リバプールの(アンドリュー・)ロバートソンと、バイエルンのアルフォンソ・デイビスは傑出した選手だね。デイビスは僕より年下だし、ロバートソンだってまだ若い。彼らは素晴らしい選手だし、非常に多くの可能性を秘めていると思うよ」 さらに、ロージはアトレティコについても触れており、「チームは本当にうまくいっている。勝つのが本当に難しいリーグだし、今季は上位がポイントを落としているけど、僕らは懸命に取り組んでいるよ」と、リーグ優勝に向けて意気込んだ。 2020.11.19 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン、自身への踏み付けで退場カバーニに「骨折してたかも。だけど、悪意はなかった…」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、自身への危険な踏み付けで退場処分となったウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについて言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジルは17日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第4節でウルグアイ代表と対戦し、2-0で勝利を飾った。 同試合で先発出場し、チームを勝利に導く貴重な追加点を記録したリシャルリソンだが、同試合の後半半ばにはあわや重傷というアクシデントに見舞われていた。 69分、ピッチ中央でドリブルを仕掛けたリシャルリソンは、後方から追いかけてきたカバーニに右足をスパイクされてピッチでもんどりうった。このファウルに対して主審はイエローカードを掲示したが、オンフィールドレビューの末にウルグアイ代表FWに対してレッドカードを掲示した。 そして、リシャルリソンはこの直後にFWエヴェルトンとの交代を強いられていた。 重傷も懸念されたリシャルリソンだったが、幸いなことに大事には至らず。試合後にはこのプレーに関して自身の見解を示している。 0-2のビハインドによるフラストレーション、近くに味方DFマルティン・カセレスがいたことを考えれば、カバーニのプレーは故意、あるいは行き過ぎたプレーに見えたが、リシャルリソンはプレー自体の危険性は認めながらも、あくまで「ボールの奪い合い」だったと偶発的なプレーであったと考えているようだ。 「個人的には単なるボールの奪い合いだったと思う。ただ、彼の足は少し上に行き過ぎていた感じだったね」 「もし、自分の足が芝に引っかかっていたら、足首を骨折していたかもしれない。だけど、彼に悪意はなかったと思っているよ」 「彼はボールを取ろうと試みていたけど、それがうまくいかなかっただけさ」 ひとつ間違えば、重傷を負う可能性もあったリシャルリソンだが、カバーニに対して非常に寛大な反応を示した。 なお、所属するエバートンではリバプールとのマージーサイド・ダービーでスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラへのアフターチャージで一発退場となっていたリシャルリソンは、3試合の出場停止処分を科されていた。しかし、22日に開催されるフルアム戦で出場停止が明ける。 2020.11.18 22:07 Wed
twitterfacebook