118年の歴史で初! バルサDFデストがクラシコでプレーした初のアメリカ人に

2020.10.25 18:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
118年の歴史を誇る、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”だが、今シーズン最初の対戦では新たな記録が生まれた。

今夏アヤックスからバルセロナに加入したアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)だが、118年を誇る“エル・クラシコ”にて、初めてプレーしたアメリカ人選手となった。


デストはアメリカ人の父とオランダ人の母の間に誕生。アヤックスの下部組織で育ち、2019年9月にファーストチームに昇格。そして、今夏バルセロナへと完全移籍を果たした。

今シーズンはすでにエールディビジで3試合に出場していた中、バルセロナ加入後はマドリー戦を含めてラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ1試合でプレーしていた。

そもそも、バルセロナのファーストチームに所属する初めてのアメリカ人であるデスト。右サイドバックとしての定着が期待されている。

マドリー戦後は「試合に出られたことは嬉しいけど、負けてしまったことは悲しい」とコメント。不可解なPKの判定については「ハッキリとは見ていなかった」とコメントしていた。

関連ニュース
thumb

追い込まれたバルサの救世主に!? 抜群の才能誇る“韋駄天”、ウスマーヌ・デンベレが覚醒か

長らくその能力に疑いの目を向けられ、時には自らの失態によりその評判を大きく落としていた男が、本来の能力を発揮しつつある。 いよいよ、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・2ndレグがスタート。ベスト8を決める大事な一戦が2週にわたって行われる。 その中でも最も注目を集めるカードが、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバルセロナの一戦だろう。2月16日に行われた1stレグでは、バルセロナの本拠地であるカンプ・ノウで1-4とPSGが圧勝。アウェイゴールを4つも奪い、3点差をつけての勝利は、ベスト8進出がほぼ決まっていると言われてもおかしくないスコアだ。 バルセロナは、アウェイで3点を奪い、無失点に抑えても勝ち上がれないのだから、ほぼ不可能と見るのが当然だろう。最低でも4ゴールが必要な上、3点差以上をつけなくてはいけないミッション。成功の確率は限りなく低くなる。 しかし、バルセロナは4年前に同じ状況から這い上がっている。2016-17シーズンのラウンド16。1stレグをアウェイで戦ったバルセロナは4-0で敗戦。誰もが不可能だと感じていた中、ホームでの2ndレグでまさかの6ゴール。PSGの反撃を1点に抑え、6-1で勝利してベスト8に進出していた。 今回もそれと同じレベルの難しいミッションとなるが、そのカギを握りそうな男がいる。それが、ウスマーヌ・デンベレだ。 2017年8月、ドルトムントで名を挙げたデンベレは、1億500万ユーロ(約135億円)の移籍金でバルセロナへと加入。5年契約を結び、4億ユーロ(約515億5000万円)の契約解除金を設定した。 その値段からもわかるように大きな期待が寄せられていたデンベレだが、蓋を開ければまさかの不良債権となってしまった。 加入1年目はハムストリングの負傷が長引き、前半戦をほぼ棒にふる始末。公式戦23試合に出場し4ゴール8アシストの数字に終わった。 期待された2年目は出場機会を増やし公式戦42試合で14ゴール8アシストを記録したが、このシーズンもケガで離脱することに。3年目の昨シーズンはさらに悪化。ハムストリングや筋肉系のケガが相次ぎ、公式戦9試合に出場し1ゴールと最悪のシーズンとなり、“終わった選手”としての烙印を押されることもあった。 さらに、ケガ以外にも私生活や食生活の乱れが指摘。遅刻グセなど、悪いことは重なり、信頼を大きく失い、無駄な買い物になってしまったと揶揄されていた。 両足が使えること、そしてスピードやテクニックにも優れ、その才能はピカイチだった。ブラジル代表FWネイマールがPSGへ移籍した穴を埋めるための補強だったが、全くもって計算外。しかし、そのデンベレが真の実力を発揮しつつある。 ロナルド・クーマン監督が就任した今シーズンは、相変わらずハムストリングの負傷で2週間ほど離脱したが、コンスタントに出場機会を得ており、ここまで公式戦32試合に出場し、8ゴール4アシストを記録。最も結果を残した2年目に近い成績を残している。 右ウイングを主戦場に、左ウイングでもプレー。先日のコパ・デル・レイのセビージャ戦ではFWリオネル・メッシと2トップを組むなど、プレーの幅も広げており、リーグ戦のセビージャ戦に続いてゴール。センターフォワードで起用された試合では2試合連続ゴールを記録している。 コンディションも悪くなさそうなデンベレは、4ゴールが必要な今回のPSG戦においては救世主になる可能性もある。母国での試合。バルセロナでやっと本領を発揮しつつあるデンベレが火付け役になり、奇跡の逆転突破となる可能性もあるだろう。 前回の大逆転劇で貢献したDFセルジ・ロベルトがケガで欠場することが確定しており、新たなヒーローが必要なところ。バルサの大ピンチを救い、これまでの負債を一気に返済する姿が見たいものだ。 2021.03.08 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ新会長のラポルタ氏が選手からの祝福を明かす「メッシ、ピケらは祝福してくれた」

バルセロナの新会長就任が決定したジョアン・ラポルタ会長が、選手たちから祝福を受けたと語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは7日、会長戦を実施。かつて会長を務めていたジョアン・ラポルタ氏が54.28%の支持率で当選していた。 2003年から2010年まで会長を務めていたラポルタ氏が再び会長になることとなったバルセロナ。前会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が絡む汚職事件や、エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団騒動など、クラブを取り巻く問題が多くあった。 <div id="cws_ad">◆メッシは息子のチアゴくんと投票に<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZZnZsSWlGbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> その中で会長就任となったラポルタ氏がスペイン『RAC1』のインタビューに応じ、選手の数人が祝福してくれたとコメント。その中には、去就が注目されるメッシの名前もあった。 「何人かの選手たちは私を祝ってくれた。例えば、レオ・メッシ、ジェラール・ピケ、ジョルディ・アルバ…普通のことだと思う」 「メッシが投票するのを見るのはとても良かった。彼がバルサを愛していることの1つの証拠だと思う」 「彼は留まりたいものだと確信している」 また、メッシについてはしっかりとクラブに留まってもらうためのオファーを出すとコメント。残留のために最善を尽くすとした。 「我々はバルサとレオのために最善を尽くす。彼は私を励まし祝福してくれた。結果が出たら、魅力的なスポーツの提案をさせてもらう。再びチャンピオンズリーグで勝てるだろう。お金には左右されないし、経済の問題にも対応できると確信している」 2021.03.08 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

これが天才メッシのなせる技!国王杯優勝を引き寄せる絶妙浮き球パス/2019-20【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆国王杯優勝を引き寄せる絶妙浮き球パス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJucFBoSkdobyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> サッカー史上最高の選手と呼び声高いバルセロナのメッシは、その天才的なセンスとテクニックを武器にここまで公式戦764試合658ゴール287アシストという圧巻の数字を記録している。 今まで信じられないようなスーパーゴールを数多く決めてきたメッシだが、素晴らしいアシストも多く記録しており、2016年5月22日に行われたコパ・デル・レイ決勝のセビージャ戦では、素晴らしいアシストでトロフィーを引き寄せている。 0-0のまま90分が終了し、延長戦に突入して迎えた97分、自陣に引いて守るセビージャに対し、メッシがセンターサークル内まで降りてきてボールを受ける。そのまま前を確認しながらゆっくりとドリブルすると、左サイドから裏へ走り出すDFジョルディ・アルバを見ると、浮き球のスルーパスを放つ。コース、強さともに絶妙なパスは、アルバの走路にピンポイントで入るとゴール右にシュート。GKのリーチの届かないコースにシュートが決まり、待望の先制ゴールとなった。 先手を取ったバルセロナは、終了間際にも追加点を奪い、2-0で勝利。見事コパ・デル・レイ優勝に輝いている。 <span data-sg-movie-id="920" data-sg-movie-title="【これが天才メッシのなせる技!】国王杯優勝を引き寄せる絶妙浮き球パス"></span> 2021.03.08 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナの新会長はラポルタ氏に決定、11年ぶりに復帰

バルセロナは7日、会長選の結果を発表。ジョアン・ラポルタ氏(58)が新会長に決定した。11年ぶりの復帰となる。 直前に前会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏らクラブ幹部が逮捕されるという事態に見舞われたバルセロナ。予定通り、7日に会長選が実施された。 ラポルタ氏のほか、ビクトル・フォント氏、アントニ・フレイシャ氏が立候補した中で行われた会長選。ラポルタ氏は3万184票を集め、54.28%の支持率で当選することとなった。 なお、フォント氏は1万6679票で29.99%の支持率、フレイシャ氏は4769票で8.58%の支持率だった。なお、351票が空票、3628票が無効票だった。 選挙は6つの会場で行われた他、メールによる投票も行われたという。11万290人が選挙権を持っていたんかあで、50.42%の投票率だったという。なお、バルセロナによると、投票率の高さは史上2番目のだったとのことだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZZnZsSWlGbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ラポルタ氏はバルセロナ出身で本業は弁護士。2003年にデイビッド・ベッカム(当時マンチェスター・ユナイテッド)の獲得を公約に掲げて見事に当選。ベッカムは獲得できなかったが、ロナウジーニョを獲得しチームは成功を果たした。その後、ラ・リーガの連覇やチャンピオンズリーグ優勝などチームは黄金期を迎えるが、2010年6月30日に退任していた。 2015年の会長選に立候補したラポルタ氏だったが、前会長のバルトメウ氏に敗れていた。 前述の通り、バルセロナでは汚職に絡む捜査が入っている状況。さらにコロナ禍によって、チームの財政問題なども抱えており、難しい局面での会長就任となった。 当面はクラブの財政を立て直すこと、そして何よりアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをクラブに留まらせることが大きな仕事となりそうだ。 また、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの獲得を掲げており、こちらの動きも注目が集まる。 2021.03.08 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

大逆転達成!2点ビハインドをひっくり返したブラースヴァイトの劇的ダイビングヘッド/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆大逆転を達成した劇的ダイビングヘッド<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuQUVhUE03VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国のエスビャウでのデビューを経て、トゥールーズで頭角を現したブラースヴァイトは、フランス、イングランド、スペインのクラブを渡り歩いた後、2020年2月にバルセロナに加入した。 ポストプレーの上手さやゴール前での勝負強さが持ち味のブラースヴァイトだが、2021年3月3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝セビージャとの2ndレグでは、劇的なゴールを決めている。 1stレグに0-2で敗れていたバルセロナは決勝進出には3点差以上での勝利が必要となっていた中、後半追加タイムの94分の劇的なゴールで延長戦に持ち込んだバルセロナ。 そして迎えた延長前半の95分、左サイドでボールを受けたDFジョルディ・アルバが、ゴール前にクロスを入れる。このボールに対し、素早くゴール前に動き出したブラースヴァイトがダイビングヘッド。GKの足元を抜いたシュートが決まり、ついに逆転に成功した。 バルセロナは3-0と初戦の点差をひっくり返す大逆転勝利で決勝進出を決めている。 <span data-sg-movie-id="909" data-sg-movie-title="【大逆転達成!】2点ビハインドをひっくり返したブラースヴァイトの劇的ダイビングヘッド"></span> 2021.03.08 10:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly