ルカク3戦連発のインテル、リーグ戦3試合ぶり勝利《セリエA》

2020.10.25 02:52 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは24日、セリエA第5節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。前節ミランとのミラノ・ダービーに敗れて今季初黒星を喫し、2勝1分け1敗スタートとなったインテルは、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦ではルカクの2ゴールがあったものの2-2の引き分けに終わった。そのボルシアMG戦のスタメンから4選手を変更。サンチェス、バレッラ、デ・フライ、コラロフに代えてL・マルティネス、ブロゾビッチ、バストーニ、ラノッキアを起用。コロナ陰性となったハキミがベンチ入りした。

1勝1分け1敗スタートのジェノアに対し、ルカクとL・マルティネスの2トップ、トップ下にエリクセン、右にダルミアン、左にペリシッチを据える[3-5-2]で臨んだインテルが押し込む入りとすると、14分にL・マルティネスのコントロールシュートでゴールに迫る。

その後も押し込み続けるインテルは、33分にL・マルティネスがボレーでゴールを脅かすも、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず。シュート3本に終わった前半はゴールレスで終えた。

後半も押し込むもののアクセントを付けられないインテルは、58分に2枚替えを敢行。エリクセンとペリシッチに代えてバレッラとハキミを投入した。

すると64分に均衡を破る。決めたのは公式戦3戦連発となるルカク。バレッラとのパス交換でボックス右に侵入したルカクが対応したDFを外し、左足でゴールへ蹴り込んだ。

先制後もハーフコートゲームを展開するインテルは、79分にリードを広げる。左CKからラノッキアがヘッドで逸らし、ゴールエリア右にいたダンブロージオが頭で押し込んだ。

終盤にかけてもインテルが危なげなく時間を消化。後半の2ゴールで快勝としたインテルがリーグ戦3試合ぶりの勝利を取り戻している。
関連ニュース
thumb

S・インザーギ体制を楽しみにするルカク「弟からいろいろ聞いたんだ」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが、シモーネ・インザーギ新監督の下で迎える新シーズンへの意気込みを語った。 2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入し、ここまで公式戦95試合に出場し64ゴール16アシストを記録しているルカク。2年目の昨季はリーグ戦24得点を挙げ、チームの11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 財政難による経営規模縮小の影響から恩師のアントニオ・コンテ監督が去り、自身もプレミアリーグ復帰の噂が浮上している中、休暇明けの26日からプレシーズンに参加。その際のクラブ公式インタビューで「僕たち選手は、みんなの夢を叶えるために一生懸命頑張るよ」と忠誠心を示すとともに、新シーズンへ向けた意気込みを語った。 「ワクワクした気分でチームに戻ってきたよ。僕たちは歩み始めた道を進み、勝ち続けられることを願っている」 「休暇は満喫できたよ。ニューヨークで数日過ごしてからマイアミに向かい、母と息子と一緒にタークス・カイコスを楽しんだ後、またマイアミに戻ってきたんだ」 「多少は羽を伸ばすこともできたし、体調を整えて良いスタートが切れるようにトレーニングもした。これから数週間かけてリーグ戦に向けた準備をする。昨季以上に良い結果を出したいと思っているよ」 休暇中にしっかり英気を養えたというベルギー代表FWはまた、S・インザーギ監督についてもコメント。ラツィオで師弟関係にあった弟のジョルダンにも尋ねていたことを明かした。 「彼が新監督に就任することがクラブから発表された日にたくさん話をしたんだ。それからユーロ中にもね」 「(ジョルダンが)監督についていろいろなことを教えてくれたよ。良い監督で、チームが素晴らしい結果を残せるよう力を貸してくれるはずだ。一緒にこの道を歩んでいきたいね」 2021.07.27 18:36 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルが新アウェイユニフォームを発表!ホームに続き“蛇” の姿が

インテルは26日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 白基調のユニフォームには、背中から前面にかけて、インテルの愛称にもなっている“Il Biscione(イル・ビショーネ)”の蛇が青と黒の2色で描かれている。 左胸には4月に新しくなったクラブのエンブレムが採用され、胸スポンサーには22日に契約締結が発表されたばかりの『Socios.com』によるファントークン、「$INTER FAN TOKEN by Socios.com」が入っているほか、背面の下部にはLENOVOのロゴが施されている。 ショーツとソックスは白基調で、シャツの袖口とソックスには青と黒のラインが入っている。 インテルが14日に発表したホームユニフォームも蛇柄が採用されており、統一感のあるデザインとなった。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】蛇が描かれたインテルの新アウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> | MAGLIA<br><br>La nuova pelle di un&#39;icona, made of Milano. Siamo entusiasti di svelare la nostra Away Jersey 2021/22, la prima con il nostro nuovo logo!<a href="https://twitter.com/hashtag/IMInternazionale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IMInternazionale</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/IMMilano?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IMMilano</a> <a href="https://t.co/i7uKlIp8Qz">pic.twitter.com/i7uKlIp8Qz</a></p>&mdash; Inter (@Inter) <a href="https://twitter.com/Inter/status/1419568168016637955?ref_src=twsrc%5Etfw">July 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> ■全盛期の“怪物”ロナウドがインテルで見せたキレキレのハットトリック <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKbnN2NDdMSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | NEW: Inter Milan have released their new away kit, which includes their new crest and The Scudetto <a href="https://t.co/dEkEQS46Cx">pic.twitter.com/dEkEQS46Cx</a></p>&mdash; Football For All (@FootballlForAll) <a href="https://twitter.com/FootballlForAll/status/1419636339318812675?ref_src=twsrc%5Etfw">July 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.27 05:35 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルCEO、ルカク売却を否定 「絶対に売らない」

インテルは、ベルギー代表FWロメル・ルカク(28)をチェルシーに売却する意図はないようだ。イギリス『メトロ』が伝えた。 インテル加入2年目の昨季、セリエAで得点ランキング2位の24ゴールを記録し、チームの11年ぶりとなるスクデット獲得に貢献したルカク。ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)を狙っていたものの、残留の意志が強いと見て獲得をあきらめた古巣チェルシーが関心を示していると言われている。 さらに、チームは現在新型コロナウイルスの影響で財政難に陥っており、経営規模を縮小する方向に舵を切ることに。その結果、リーグ優勝に導いたアントニオ・コンテ氏は退任し、主力選手のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)に放出している。 こうした事情もあり退団の可能性が取り沙汰されているルカクだが、インテルのCEO(最高経営責任者)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がルカクにはオファーを出さないように警告。イタリア『メディアセット』のインタビューで売却を強く否定したようだ。 「ルカクは絶対に売らないと断言できる」 「シモーネ・インザーギが利用できるチェス盤の重要な駒なのだ」 セリエAで3年目を迎える絶対的なストライカーは、新シーズンもインテルでプレーすることになりそうだ。 2021.07.26 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ラウタロ・マルティネス、警告が減った理由を明かす 「心理学者のおかげ」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスは、イエローカードをもらう回数を減らすために心理学者に相談していたことを明かした。 昨季11年ぶりのスクデットを獲得したインテルにおいて、リーグ戦37試合に出場し16ゴール9アシストを挙げる活躍を見せたラウタロ。先日のコパ・アメリカ2021でも3度ゴールネットを揺らしており、母国の28年ぶりの優勝に貢献している。 イタリア『Tuttomercatoweb』のインタビューに答えたラウタロは、好調の理由を明かし、メンタル面でも成長したとコメント。心理学者に相談したことでイエローカードの枚数が減ったと告白した。 「僕はキャリアの中でとても重要な段階にいて、今年はこれまで知らなかった何かを感じている」 「自分のキャリアに満足しているし、インテルでやっていることすべてが代表チームでも役立っている。体力的にも向上しているし、ピーク時の体調を整えるために入念にトレーニングしてきた」 「メンタル面を鍛えるのはもっと大変だったよ。父親になったことで、ピッチの外でも多くのことを解決できるようになった。心理学者に相談したおかげで抗議の回数が減り、イエローカードの枚数も減ったんだ」 「スタッツを見れば、僕が成長したことがわかるはずだ。新しいシーズンが始まり、2022年のワールドカップも目前に迫っているね」 2019-20シーズンは公式戦49試合に出場してイエローカード11枚、レッドカード1枚をもらったラウタロ。審判に猛抗議をしかけて退場したこともあったが、昨シーズンは48試合でイエローカード6枚、レッドカードなしと警告を減らすことに成功している。 2021.07.26 15:03 Mon
twitterfacebook
thumb

エリクセンのセリエA復帰は困難か...伊サッカー連盟の医師が見解

インテルに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは、今後イタリアでプレーできないかもしれない。イタリア『calciomercato.it』が伝えている。 先のユーロ2020で試合中に突如卒倒し、病院へ緊急搬送される事態に見舞われたエリクセン。生死の境を彷徨うほど深刻なものだったものの、容体は安定しすでに退院。心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術も無事に成功した。 だが、それがイタリアでのプレーの妨げになっているという。イタリアサッカー連盟(FIGC)の医療委員会に務めるフランチェスコ・ブラコナーロ氏によると、イタリアでは選手の健康に関して非常に厳格なガイドラインがあるとのこと。ICDを付けた状態では試合に出られないようだ。 「現状、この国でエリクセンがプレーすることは難しい。症状が改善され、ICDが取り除かれた場合はインテルに復帰することができる」 しかし、イタリア以外の国であれば、ICDを付けたままプレーできる可能性はある。アヤックスに所属するオランダ代表DFデイリー・ブリントも過去に心臓病を患い、ICDを装着したままキャリアを続けている選手の一人だ。 インテルもそうしたケースに備え、エリクセンの後釜を探していると言われているが、果たしてエリクセンの去就は…。 2021.07.23 17:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly