シティ、ウェストハムと痛恨ドロー…5試合でわずか2勝のスロースタートに《プレミアリーグ》

2020.10.24 22:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは24日、プレミアリーグ第6節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。今季ここまでのシティは、第3節でレスター・シティ戦に大敗し、第5節では昇格組リーズ・ユナイテッドに不覚をとるなど、決して好スタートとは言えないものとなっている。だが、前節はアーセナルを下し、3日前のチャンピオンズリーグ開幕戦ではポルトに快勝。公式戦3連勝を目指す今節は、そのポルト戦と同じイレブンを起用している。

ファーストシュートはシティ。立ち上がり2分、速攻からスターリングが敵陣中央を持ち上がり、並走するアグエロにラストパス。ボックス左からシュートを狙ったが、相手に当たって枠の外へ。その後も8割近いポゼッションでウェストハムを釘付けにするものの、5バックの守りを崩すことができない。

すると18分、ホームチームは数少ないチャンスをモノにする。右サイドのスローインの流れからコウファルがクロスを上げると、アントニオがルベン・ジアスを背にしながらバイシクルシュート。虚を突かれたGKエデルソンは全く動けないまま、シュートはゴールに吸い込まれた。

ここからウェストハムの守備は鋭さを増し、球際の高いインテンシティで主導権を握らせないまま時間を進めていく。一方、シティは中2日の疲れからか、なかなかキレのある攻撃を見せられず最初の45分が経過。シュート数は相手と同じ4本にとどまった。

そんなシティは後半からアグエロを下げてフォーデンを投入。するとこの交代がすぐに功を奏す。51分、左サイドバックのカンセロが爆発的なスピードでドリブル突破し、ボックス左から折り返しのクロスを供給。これがニアのフォーデンに渡り、トラップはうまくいかなかったものの、反転しながらゴールを打ち抜いた。

同点に追いつかれたウェストハムは、その直後に先制点を挙げたアントニオが負傷交代。代わりにピッチに立ったヤルモレンコは68分、右から切り込んで得意の左足シュートへ。長所を生かしていく。

その後、70分手前でシティはベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、ウェストハムはボーエンを下げてアラーを投入。デ・ブライネはリーズ戦以来の出場となった。

ベルギー代表MFの投入で攻撃力が増したシティはさらにウォーカーを下げてジンチェンコを起用し、最後の交代カードを切る。80分に獲得したFKでは、ボックス手前の絶好の位置からデ・ブライネが直接狙ったが、GKファビアンスキの正面だった。

86分に決定機が訪れる。敵陣中央でマフレズがボールを奪い、デ・ブライネが前進。ボックス左のスターリングにラストパスを供給しビッグチャンスを迎えるが、絶妙なタイミングで飛び出したGKファビアンスキにつかまり、ネットは揺らせなかった。スターリングは89分にもカウンターからボックス左に侵入するが、ここは戻ってきたDFに囲まれてシュートを打てず。

結局、シティの得点は1点にとどまり痛恨のドロー。5試合を消化した時点で2勝のみとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールとの天王山で、シティが反撃の狼煙を上げたサイドアタック【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・ソシエダの元スペイン代表MFダビド・シルバがマンチェスター・シティ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シルバが決めた反撃の狼煙を挙げるチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUYlUyamZwVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にバレンシアからマンチェスター・シティに加入したシルバ。急速に力を付けていたシティの絶対的司令塔として長年活躍し、多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のテクニックとパスセンスで、試合のテンポをコントロールするシルバだが、2014年4月13日に行われたプレミアリーグ第34節のリバプール戦では、見事な連携からゴールを決めた。 ブレンダン・ロジャーズ監督の下、初のプレミアリーグ優勝に向けて首位を走っていたリバプールとの対決となったこの試合。 序盤にリバプールに2点の先制を許し0-2とビハインドで迎えた57分、右サイドから、MFフェルナンジーニョとのワンツーで抜け出したMFジェームズ・ミルナーが、ボックス内右深くから折り返しのパスを入れる。このパスにゴール前でシルバが合わせ、1-2と反撃のゴールを決めた。 このゴールで勢いを取り戻したシティは、直後に2-2と同点に追いついたものの、MFフィリペ・コウチーニョのゴールで勝ち越しを許し、2-3と敗北。リバプールが怒涛のリーグ10連勝を飾っていた。 2020.11.25 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第4節プレビュー②】バイエルン、リバプール、シティに突破の可能性

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節の8試合が25日に開催される。ここではA~Dの第4節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA: 突破の可能性あるバイエルンに奥川が再挑戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 アトレティコ・マドリーvsロコモティフ・モスクワ バイエルンvsザルツブルク 前節はMF奥川がバイエルン相手にCL初ゴールを決めたものの、王者バイエルンが貫禄の3連勝スタートとしたグループA。一方でバイエルンに次ぐ突破候補のアトレティコがロコモティフ・モスクワに引き分け、1勝1分け1敗スタートとやや躓いている。迎える第4節では4連勝を目指すバイエルンに突破の可能性がある。 前節ザルツブルク戦では2点のリードを一時は追い付かれたものの、終わってみれば6発圧勝としたバイエルン。直近のブレーメン戦では代表帰りの選手たちをベンチスタートとしたことで引き分けに終わったが、ブンデスでは首位をキープ。ここでグループステージ突破を決め、リーグに集中できる環境としたい。 対するザルツブルクは奥川のゴールで一時追いつく善戦を見せたが、結果的には大敗となってしまった。ゴールを含め、好プレーを見せた奥川がバイエルン相手に2戦連続ゴールを叩き込めるかにも注目だ。 アトレティコは前節ロコモティフ戦では相手GKギリョルメの躍動と、厳しいVARによるPK被弾で引き分けに持ち込まれた。思うように勝ち点を積み上げられずにいるが、直近のラ・リーガではバルセロナ相手にウノゼロの勝利を飾った。シメオネ体制下でのリーグ戦初勝利を飾って勢いに乗る中、2位キープのための勝利となるか。 ◆グループB:最下位インテル、生き残りを懸けたマドリーとのリターンマッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 ボルシアMGvsシャフタール 《29:00》 インテルvsレアル・マドリー 前節はグループBの突破候補本命と見られながらも未勝利同士の対戦となった中、レアル・マドリーがインテルに競り勝つ結果となった。そしてシャフタールに6発圧勝としたボルシアMGがグループ首位に立っている。迎える第4節、生き残りを懸けた最下位のインテルがマドリーをホームに迎える。 ここまで2分け1敗と苦戦が続くインテル。勝利してもおかしくない試合がありながらも勝ち点を取り損ねている中、直近のトリノ戦では2点のビハインドを負う逆境からFWルカクが4ゴールに絡む活躍を見せて見事な逆転勝利を見せた。この勢いをCLに持ち込めるかに注目したい。 一方、インテル戦では2点のリードを追いつかれながらも最終的にはFWロドリゴの決勝弾で競り勝ったマドリー。初勝利を挙げて1勝1分け1敗とした中、背水の陣で向かってくるインテルを返り討ちにできるか。ラ・リーガでは苦戦が続いているだけにCLグループステージ突破への道筋を付けておきたい。 FWプレアのハットトリックでシャフタールを粉砕したボルシアMG。初勝利を挙げて1勝2分けとし首位に浮上した中、ホームに迎えるシャフタールとの再戦で返り討ちとして首位キープとなるか。 ◆グループC: シティに突破の可能性、2戦連続日本人対決実現なるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 オリンピアコスvsマンチェスター・シティ 《29:00》 マルセイユvsポルト 本命のシティが順当に3連勝スタートとしたグループC。そして日本人対決が実現した中、ポルトがマルセイユに快勝として2位をキープしている。迎える第4節、4連勝を目指すシティに突破の可能性がある。 前節オリンピアコス戦を3-0と快勝したシティは、プレミアリーグでは直近のトッテナム戦を0-2と敗れて現在13位と苦戦が続いている。プレミアリーグに集中するためにもここはオリンピアコスに連勝として一気にグループステージ突破を決めておきたい。 ポルトMF中島が途中出場、マルセイユDF酒井がフル出場した日本人対決は、ポルトに軍配が上がった。ここでポルトが勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできるため、連勝を狙いたいところ。途中出場が続いている中島とマルセイユ不動の右サイドバックである酒井のマッチアップが今度こそ見られるかに注目したい。 ◆グループD: 4連勝目指すリバプールに突破の可能性 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 アヤックスvsミッティラン リバプールvsアタランタ 前節はリバプールが敵地でのアタランタ戦をFWジョタのハットトリックなどで5発圧勝する圧巻の戦いぶりを見せた。そしてアヤックスがミッティランに競り勝って初勝利を挙げ、2位に浮上している。迎える第4節、4連勝を目指すリバプールに突破の可能性がある。 前節アタランタ戦ではリバプールがインテンシティに優れるアタランタの良さを全く出させずに完勝とした。CLとプレミアリーグで好結果を残しているリバプールだが、守備陣を中心にケガ人が続出し、FWサラーもコロナ陽性と欠場者が多数いる。逆境が続く中、アタランタを返り討ちにし、一気にグループステージ突破を決めてプレミアリーグに集中できる環境を手に入れられるか。 対するアタランタはリバプールに粉砕された後、セリエAでは2戦連続ドロー。とりわけ直近のスペツィア戦では低調な内容だった中、難攻不落のアンフィールドから勝ち点を持ち帰ることはできるか。 2020.11.25 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ、致命的な得点力不足に「私の責任、選手は勇敢に戦っている」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ゴール欠如は自分の責任だと話している。クラブ公式サイトが伝えた。 2016-17シーズンの就任以降、自身の代名詞ともいえるポゼッションサッカーでスペイン、ドイツに続き、イングランドでもゴール量産型のクラブを作り上げたグアルディオラ監督。昨季までのプレミアリーグでのシーズン平均は95.7ゴールで、17-18シーズンに叩き出した107得点はリーグ歴代最多記録となっている。 しかし、今季はその爆発的な得点力も鳴りを潜めており、ここまでのリーグ8試合でわずか10得点。エースのFWセルヒオ・アグエロの離脱もあり、各所から今夏の移籍市場でストライカーの獲得に動かなかったクラブへの疑問の声が噴出している。 そんななか、グアルディオラ監督は25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節のオリンピアコス戦前の記者会見で得点力不足についてコメント。改善は自信の手腕にかかっていると責任感を強めた。 「プレーヤーはとても勇敢だ。責任は指揮官にある。私は本来のクオリティが機能する方法を見つけなければならない。彼らにできると感じさせるために、何か工夫する必要がある」 「それは私次第だ。彼らはそれを求めている。これまでの彼らに戻すための解決策を模索中だ。我々にはゴールを決めるのに十分な選手が揃っている」 悲願のCL制覇を目指すシティはここまでのグループステージで全3勝を挙げており、オリンピアコスに勝てば、自力での決勝トーナメント進出が決定する。 2020.11.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの次はシティ? ペップがグリーリッシュ獲得を指示

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がアストン・ビラの主将を務めるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得を切望しているようだ。 今季のプレミアリーグでタイトル奪還を目指しているシティだが、いまいち乗り切れず、開幕から8試合を消化した現時点で1試合未消化分を残すとはいえ、3勝3分け2敗の暫定13位。自慢の攻撃陣もここまで10得点と鳴りを潜め、直近に行われた第9節のトッテナム戦も0-2の完封負けを喫した。 イギリス『インデペンデント』によると、グアルディオラ監督は契約延長に至った交渉でチームのテコ入れを図る必要性を説き、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)やトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)らが候補に挙がったという。 ただ、グアルディオラ監督が最も獲得のチャンスがある選手としてみなしているのはイングランド代表にも活躍の場を広げているグリーリッシュ。今月の代表活動中にイングランド代表と対戦した教え子のベルギー代表MFケビン・デ・ブライネともグリーリッシュについて話し合い、その一戦での活躍を評価する様子だったのことだ。 グリーリッシュは今夏にマンチェスター・ユナイテッドの視線も集まったが、推定移籍金7000万ポンド(約97億6000万円)もネックとなり、アストン・ビラに残留。今年9月に5年契約を結び、1億ポンド(約139億4000万円)の違約金が設定されたといわれている。 今年9月にイングランド代表デビューも果たして世界中からの評価が高まるグリーリッシュだが、グアルディオラ監督の熱視線にどのような反応を示すのだろうか。 2020.11.24 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アグエロ起用に慎重なグアルディオラ「復帰後また負傷することだけは避けたい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チームのエースであるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの起用に慎重な姿勢を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは今季のプレミアリーグでなかなか調子が上がらず、ここまで8試合を消化して暫定13位と苦戦中だ。中でも深刻なのが得点力不足であり、8試合で奪ったゴールは「10」と、トッテナムやリバプールと比べて半分以下の数字になっている。 21日に行われたプレミアリーグ第9節トッテナム戦でも、シティは守りを固める相手を崩すことが出来ないまま、0-2のスコアで敗戦。この試合で注目されたのが、昨季公式戦32試合23ゴールをマークするも、今季は度重なる負傷によって公式戦3試合の出場に留まっているアグエロの扱いだ。 チームが状況打開に苦しんでいるにもかかわらず、グアルディオラ監督はケガから復帰したばかりのアルゼンチン代表FWをピッチに投入することはなかった。試合後、指揮官はその理由について明かしている。 「セルヒオ(・アグエロ)が必要ないとは言わない。しかし、32歳になるセルヒオはこの5カ月間、困難かつ危険なケガを負っていたんだ。彼は危険な場所で負傷し、戻ってきて50~55分プレーした後、また負傷してしまった」 「セルヒオがプレミアリーグで何を成し遂げてきたか知っているからこそ、私は彼にフィットしていて欲しいと思っている。ただ同時に、復帰後また負傷することは避けるため、注意して状態をチェックする必要がある」 「彼を復帰させる適切なタイミングについて、見極めなければならない。彼が戻ってきた後で、レギュラーを維持できるよう願っているよ」 また、グアルディオラ監督はこれから始まる過密日程にも触れており、「どのクラブも同じだが、綿密なトレーニングをすることは不可能だ。とにかく時間がないからね」と嘆いた。 2020.11.23 17:04 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly