エヴェラウドのゴールで広島を下した鹿島、開幕節のリベンジ達成《J1》

2020.10.24 15:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第24節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が24日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。新型コロナウイルスによる中断前の2月に行われた第1節以来の対決となる両チーム。今回はホームに迎え撃つ鹿島は3日前の21日に試合を消化しており、そのヴィッセル神戸戦ではボールを圧倒的に支配されながらも、燃費の良い攻撃で3点を奪い快勝を収めた。一方、中5日の広島も前節の対戦相手は神戸。こちらも2-1で勝利しており、互いに2連勝を懸けた戦いとなる。

過密日程の鹿島だが、神戸戦からのスタメン変更は1人のみ。上田に代わってエヴェラウドが起用された。対する広島の変更は2人。累積警告で出場停止のレアンドロ・ペレイラと野津田に代わり、ドウグラス・ヴィエイラと青山が先発に復帰した。

試合は序盤からビッグチャンスの応酬になる。まずは鹿島、2分にボックス手前のレオ・シルバがエヴェラウドとのパス交換からシュートへ。ここをGK林のセーブで凌いだ広島は4分、カウンターから素早く左に展開し、東のパスを受けたエゼキエウがクロス。ボックス中央で胸トラップしたドウグラス・ヴィエイラがシュートに持ち込むが、相手に当たってGKの手の中へ。

ポゼッションを高める鹿島は、5分過ぎには相手のクリアをひっかけて犬飼がボールを奪取。ファン・アラーノを経由して自らシュートまで運んだが、惜しくも右に外れた。19分の右CKの場面では、ボックス左で折り返したボールを町田がヘディングシュート。これも決定機だったが、GK林が指先で僅かに触れてクロスバーを叩いた。

その後も鹿島主導で試合が進む中、34分に広島が再びカウンターを発動。エゼキエウが左サイドを駆け上がり、ボックス左へ進攻。前に出てきたGK沖をかわすようにループシュートを狙ったが、今度はこちらもクロスバーに嫌われた。さらにアウェイチームは38分にも、ドウグラス・ヴィエイラのクロスを森島がフリーでヘディングシュートを放つシーンがあったが、枠を捉えられなかった。

後半も互いに強みを生かした攻撃が展開される中、先に動いた広島は58分にエゼキエウと茶島を下げて柏と浅野を投入。すすとその直後、スローインからのリスタートで浅野が左サイドを突破。後ろから町田に接触されボックス内で倒れたが、ファウルポイントは残念ながら外。森島のFKはゴール前でクリアされた。

対して鹿島は65分過ぎに3枚交代。永木、遠藤、荒木が投入された。75分にはファン・アラーノを下げて上田をピッチへ。するとその直後、三竿のロングボールを相手DF野上の前で先に触ったエヴェラウドが最終ラインを突破。GKと一対一となり、豪快にシュートを突き刺した。

今季の広島は先制された試合では全敗しており、一方の鹿島は先制した試合は10試合で9勝1分け無敗と、数字上では圧倒的不利な状況に。それでも直近5試合は3勝2分けと心強い成績を残しているアウェイチームは、82分にかけてはチャンスが続くも、川辺のシュートはGK沖に止められた。

結局、試合は鹿島が1-0で制し、0-3で完敗した開幕節のリベンジに成功。2連勝を収めている。

鹿島アントラーズ 1-0 サンフレッチェ広島
【鹿島】
エヴェラウド(後31)
コメント
関連ニュース
thumb

浦和MFエヴェルトンも今季終了後に退団 「胸を張ってみなさんとお別れ」

浦和レッズは3日、ブラジル人MFエヴェルトン(28)の契約満了に伴う今季退団を発表した。 エヴェルトンは2019年にポルトから浦和に期限付き移籍加入したボランチで、初年度から明治安田生命J1リーグ22試合2得点の数字を収めなど、公式戦39試合5得点をマーク。準優勝のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも14試合1得点と活躍した。 今季も27試合の出場で2得点のエヴェルトンだが、今季3試合を残すタイミングで、すでにシーズン終了後の退団が決定している大槻毅監督や元キュラソー代表FWマルティノスとともに浦和を去ることに。クラブ公式サイトにコメントを残した。 「この2年間、浦和レッズの一員として闘ったことを誇りに思います。このビッグクラブ、そして素晴らしいファン・サポーターの名誉のため、1日たりとも努力を惜しまずがんばってきましたので、胸を張ってみなさんとお別れすることができます。そして、その姿勢は今季の残り3試合でも変わりません。いつもの温かい応援に感謝しています。みなさんの存在は、私の心に深く刻まれています。ありがとうございました」 2020.12.03 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】磐田DF小川大貴が大宮戦で出場停止

Jリーグは3日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。 既に発表されていた選手に加え、明治安田J2を戦う2名が追加。ツエーゲン金沢のDF長谷川巧とジュビロ磐田のDF小川大貴が出場停止となる。 明治安田J1では浦和レッズのFWレオナルドが湘南ベルマーレ戦で出場停止に。明治安田J3では6名が出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 FWレオナルド(浦和レッズ) 第32節vs湘南ベルマーレ(12/12) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF小川諒也(FC東京) 第31節vsサンフレッチェ広島(12/12) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 GK高丘陽平(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:1試合停止 DFティーラトン(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF長谷川巧(ツエーゲン金沢) 第39節vsアビスパ福岡(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF小川大貴(ジュビロ磐田) 第38節vs大宮アルディージャ(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 DF宗近慧(Y.S.C.C.横浜) 第31節vsAC長野パルセイロ(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF普光院誠(アスルクラロ沼津) 第31節vsガンバ大阪U-23(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF柳澤亘(FC岐阜) 第31節vsガイナーレ鳥取(12/5) 今回の停止:1試合停止 MF楠美圭史(今治FC) 第31節vsブラウブリッツ秋田(12/5) 今回の停止:1試合停止 DF小笠原佳祐(ロアッソ熊本) 第31節vsいわてグルージャ盛岡(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田辺圭佑(鹿児島ユナイテッドFC) 第31節vs福島ユナイテッドFC(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2020.12.03 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

自主隔離していた横浜FC下平隆宏監督が合流、陰性判定で濃厚接触者から除外

横浜FCは3日、下平隆宏監督がチームに合流したことを発表した。 下平監督は、新型コロナウイルス(COVID-19)の濃厚接触者の疑いがあったため、11月27日より大事をとって自主隔離。11月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節のセレッソ大阪戦では指揮を執っていなかった。 しかし、1日に下平監督が2度目のPCR検査を実施し陰性判定に。保健所より下平監督が濃厚接触者から除外されたため、自主隔離を終えたとのことだ。 横浜FCは公式サイトを通じて「引き続き新型コロナウイルス感染予防対策として、選手・スタッフ全員のマスク着用、手指消毒を徹底して行います。最後にクラブ一同、最前線で対応に当たっている医療従事者の方々へ心から感謝申しあげます」と声明を発表している。 2020.12.03 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

異例の事態!横浜FMが興國高校から4人目、MF南拓都の来季加入内定を発表

横浜F・マリノスは3日、興國高校のMF南拓都(18)の来季加入内定を発表した。 南は三重県出身で、スピードが売りのサイドアタッカーでウイングやサイドバックでプレーしている。 興国高校からは5人目のJリーグ加入内定者がおり、GK田川知樹、DF平井駿助、MF樺山諒乃介は南と同じ横浜FMに加入内定。FW杉浦力斗はツエーゲン金沢に加入内定が発表されていた。 同級生3人とともに横浜FMへの加入が内定した南はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、横浜F・マリノスに加入する事になりました、南拓都です」 「幼い頃からの夢だったプロサッカー選手のスタートを横浜F・マリノスという偉大なクラブで出来る事を嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた家族、育ててくれた監督やコーチの方々、そして自分を心身ともに成長させてくれた興國高校の全ての人達への感謝と謙虚な気持ちを忘れずに、日々成長していきたいと思います」 「そしてチームに貢献出来るよう頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」 2020.12.03 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、今季からHCを務めたクラブOB山口智氏が退団「クラブ10個目のタイトルの力になれれば」

ガンバ大阪は2日、山口智ヘッドコーチが今シーズン限りで契約満了となることを発表した。 山口氏は、現役時代にもG大阪でプレー。宮本恒靖監督と3バックを形成し、J1優勝やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、ナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)、天皇杯など多くのタイトル獲得に貢献していた。 ジェフユナイテッド千葉や京都サンガF.C.でもプレーし、日本代表としても2試合に出場。引退後の2016年にG大阪へ復帰すると、2018年からコーチに就任。今シーズンからヘッドコーチを務めていた。 山口氏はクラブを通じてコメントしている。 「2020シーズンを持ちましてクラブを退団する事になりました。選手時代からこれまでたくさんの人に支えていただきながらたくさんのことを経験させてもらい、いろいろなことを学ばせてもらい感謝しかありません。ありがとうございました」 「今後はこれまでの経験を活かし、糧にし、指導者としてもまた人としても成長していきたいです。またガンバとのご縁がある時まで自分らしく頑張っていければと考えております」 「今年の公式戦残り最大で5試合。クラブ10個目のタイトル、天皇杯を目標に残りのシーズンを悔いのないよう過ごし、チームの力になれればと思っています」 「最後にシーズン途中での発表になってしまって申し訳ありません。本当にありがとうございました」 2020.12.02 15:37 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly