ジエリンスキが決めたロケット砲のような容赦ないボレー【インクレディブル・ゴールズ】

2020.10.25 19:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキが決めたゴールだ。

◆ジエリンスキがアタランタ戦で決めたロケットボレー

ジエリンスキは若くしてポーランドのクラブからウディネーゼの下部組織に引き抜かれ、同クラブでプロデビュー。2016年夏にナポリに加入し、主力として活躍している。

中盤の選手ながら縦への推進力とゴール前での決定的なプレーを得意とするジエリンスキだが、2017年8月27日に行われたセリエA第2節のアタランタ戦では、豪快なボレーシュートを決めている。

前半にアタランタに先制され、0-1とナポリのビハインドで迎えた56分、ナポリに左コーナーキックのチャンスが訪れる。クロスは相手にクリアされてしまうが、こぼれ球をボックスの外でジエリンスキが拾うと。胸トラップでボールをコントロールしてから、豪快なボレーシュート。ドライブ回転のかかった強烈なシュートはゴール右上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。

このゴールで反撃の狼煙を上げたナポリは、その後逆転に成功。3-1で勝利を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

冨安の同僚バロウが決めた、大胆かつエレガントな超ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボローニャのガンビア代表FWムサ・バロウが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バロウが決めたエレガントなロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvSHZlRzNkeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてアタランタの下部組織に入団したバロウは、2020年1月にレンタル移籍で日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャに加入。後半戦からの加入ながら得点を量産し、チームの貴重な得点源となっている。 驚異的な得点能力の高さを見せるバロウだが、2020年12月16日に行われたセリエA第12節のスペツィア戦では、華麗なスーパーゴールを決めている。 1-2とボローニャのビハインドで迎えた92分、このまま敗戦かと思われた土壇場でバロウが魅せる。 前線のFWシモーネ・ラッビにパスが出るものの、相手のタックルに遭い、ルーズボールとなる。このボールをバロウが相手陣内中央左で拾うと、そのまま意表を突くダイレクトシュート。力みのないしなやかなキックから放たれたシュートは、ゴールラインからやや離れていたGKの頭上を越し、ゴール右に決まった。 このロングシュートで2-2とボローニャが追いつき、試合はドローに終わっている。 2021.01.20 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャで躍動する冨安がゴール前で見せた、DFとは思えない冷静沈着なチップシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボローニャの日本代表DF冨安健洋が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆冨安が決めた華麗なチップシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxWEx5M3h0TCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アビスパ福岡でプロデビューした冨安は、2018年1月にシント=トロイデンに移籍し、若くして渡欧。ここでも存在感を示した冨安は、2019年夏にボローニャへ移籍し、セリエAに挑戦している。 本職はセンターバックながら、ボローニャでは右サイドバックでもプレーする冨安だが、2020年12月23日に行われたセリエA第14節のアタランタ戦では、華麗なゴールを記録している。 0-2とボローニャのビハインドで迎えた73分、最終ラインでのボール回しから冨安がセンターサークル付近でボールを受ける。前方に相手があまりいないのを確認すると、冨安はドリブルでボールを相手陣内に運び、FWリッカルド・オルソリーニとの見事なワンツーから一気にボックス内に侵入する。 GKとの1対1の場面になるが、飛び出してきたGKに対し、冨安はその頭上を越えるチップシュート。DFとは思えないゴール前での落ち着きを見せ、見事なゴールを決めてみせた。 このゴールで息を吹き返したボローニャは、その後同点に追いつくことに成功。2-2のドローに持ち込み、貴重な勝ち点1を勝ち取っている。 2021.01.20 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランドの天才ファンタジスタ、ジョー・コールの吸いつくような極上トラップと豪快ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表MFジョー・コール氏がチェルシーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジョー・コールが見せた極上テクニック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxTWJxWnBUVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 育成の名門であるウェストハムのアカデミー出身のコール氏は、17歳でファーストチームデビューを飾ると、若き主将として活躍。2003年夏にはチェルシーに移籍し、多くのタイトルを勝ち取った。 卓越したテクニックとセンスを見せ、珍しいと言われる“英国産のファンタジスタ”として人気を博したコール氏だが、2008年1月23日に行われたEFLカップ準決勝、エバートンとの2ndレグでは、華麗なゴールを決めている。 0-0と拮抗した展開で迎えた69分、MFフローラン・マルダがハーフウェイライン付近でボールを受けると、裏のスペースへ走るコールにロングパスを送る。このパスをDFの裏で受けたコールは、見事なファーストタッチで後ろから飛んできたボールをトラップし、ピタリと足元に収めると、バウンドするボールを豪快なボレーシュート。強烈なシュートをニアポストに突き刺し、見事な先制点を奪った。 試合はこのゴールを守り切ったチェルシーが、1-0で勝利。2-1で勝利した1stレグとの合計スコアを3-1とし、決勝に駒を進めている。 2021.01.19 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシアの快速ウインガー、ゴロビンが長期離脱からの復帰明けファーストタッチで叩き込んだコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモナコのロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ゴロビンが復帰戦ファーストプレーで決めた見事なゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtdlY2UG1INCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 強豪CSKAモスクワで育ったゴロビンは、2018年のロシア・ワールドカップで母国をベスト8に導く活躍を見せ、2018年夏にモナコに移籍。ここまで公式戦69試合で8ゴール9アシストを記録している。 今シーズンは、ハムストリングのケガにより長期離脱を強いられていたゴロビンだが、復帰戦となった2021年1月6日に行われたリーグ・アン第18節のロリアン戦では、見事なゴールで復帰を飾っている。 1-1で迎えた64分、ゴロビンがFWジェウソン・マルティンスに代わってピッチに立つ。すると、そのまま左サイドのショートコーナーからゴロビンに渡り、ボックス左角の手前からシュートを放つ。鋭い弾道のシュートはゴール右に決まり、復帰後のファーストプレーでゴールを決めてみせた。 試合はその後も追加点を重ねたモナコが5-2で勝利している。 2021.01.19 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスの小さき名手ヴァルブエナが決めた美しいピンポイントロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオリンピアコスの元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴァルブエナが決めた美しいロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYdDJzTUl2SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2006年夏にマルセイユに加入したヴァルブエナは、リーグ屈指のMFとして長年に渡りフランスの名門クラブで活躍。代表のタレントひしめく中盤でも、主力の1人としてプレーした。 抜群のテクニックを活かしたドリブルとパスを武器に、攻撃面で違いを生み出すヴァルブエナだが、2008年1月26日に行われたリーグ・アン第23節のカーンでは、見事なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた41分、相手陣内左でヴァルブエナがボールを持つと、中央へ向けてややカットインし、ゴールからまだ距離がある位置からロングシュートを放つ。カーブのかかったシュートは、大外から美しい弧を描きながらゴール右上に決まり、素晴らしい勝ち越しゴールとなった。 ヴァルブエナはこの試合で、このロングシュートを含む2ゴールをマーク。それ以外にもFWジブリル・シセがハットトリックを達成するなど、大量6ゴールを奪ったマルセイユが6-1で大勝を収めている。 2021.01.18 18:00 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly