グループE突破候補のチェルシーとセビージャの激突は互いに譲らずドロー決着!《CL》

2020.10.21 06:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のチェルシーvsセビージャが20日に行われ、0-0の引き分けに終わった。

一昨季前のヨーロッパリーグ(EL)王者であるチェルシーが、昨季のEL王者であるセビージャを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎えた一戦。

直近のサウサンプトン戦では2-0とリードしながら3-3の引き分けに持ち込まれたチェルシーは、その試合から先発を3人変更。GKケパやアスピリクエタ、 A・クリステンセンに代えて負傷明けのGKメンディやチアゴ・シウバ、R・ジェームズが先発に名を連ねた。

一方、直近のグラナダ戦(0-1で●)でラ・リーガ初黒星を喫したセビージャは、その試合から先発を4人変更。ムニルやカルロス・フェルナンデス、エスクデロらに代えてL・デ・ヨングやオカンポス、グデリらが先発で起用された。

グループE突破の本命同士の一戦は強豪対決らしく一進一退の攻防が続く。そんな中、セビージャがセットプレーから最初の決定機を迎える。19分、左サイドで獲得したFKからスソがクロスを供給すると、ファーサイドのグデリがヘディングシュート。これが相手DFに当たりコースが変わったが、好反応を見せたGKメンディが左手一本で弾き出した。

対するチェルシーは、セビージャの素早い攻守の切り替えに手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。

良い流れを掴みかけていたセビージャだったが、33分にアクシデント。右モモ裏を痛めたセルジ・ゴメスがピッチに座り込み、そのままジョルダンとの交代を強いられた。

それでもセビージャは、前半終了間際の45分にスソ、46分にオカンポスと立て続けにチェルシーゴールに迫ったが、GKメンディの牙城は崩せず。前半はゴールレスで終了した。

迎えた後半、積極的な入りを見せたチェルシーは48分、チルウェルの左CKからズマがヘディングシュート。さらに56分には、ボックス左手前でパスを受けたヴェルナーがカットインからミドルシュートでゴールを狙ったが、共にシュートはGKブヌがキャッチした。

流れを変えたいセビージャは、58分にスソを下げてオリベル・トーレスを投入。対するチェルシーは、62分にマウントを下げてツィエク、65分にジョルジーニョを下げてコバチッチをピッチに送り出した。

この交代後、先にチャンスを迎えたのはセビージャ。67分、ラキティッチの左CKをファーサイドのジョルダンが右足ボレーで合わせたが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。

膠着状態のまま終盤に差し掛かると、セビージャは80分にラキティッチとL・デ・ヨングを下げてフランコ・バスケスとエン=ネシリを投入。一方のチェルシーは、後半アディショナルタイムにヴェルナーとプリシッチを下げてエイブラハムとハドソン・オドイを送り出したが、互いに決定機を作り出せず。

試合はゴールレスドローでタイムアップ。グループ突破候補の対決は勝ち点1を分け合う結果となった。

また、もう一試合のレンヌvsFCクラスノダールは、1-1の引き分けに終わった。試合は後半立ち上がりの56分にレンヌがギラシーのPKで先制したが、FCクラスノダールは直後の59分にC・ラミレスのゴールで追いつく。結局、その後は得点が動かず、1-1で試合終了となった。

チェルシー 0-0 セビージャ

関連ニュース
thumb

「私もメディアで読んだだけ」 バイエルン指揮官がリュディガー関心噂にコメント

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が関心囁かれるチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)にコメントした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 フランク・ランパード前体制下から一転して、トーマス・トゥヘル監督がチームを率いるようになってから守備の柱として君臨するリュディガー。今季もここまで公式戦全試合にフル出場し、チーム内での序列を揺ぎないものにしている。 だが、そんなドイツ人センターバックの現行契約は今季最終年。契約も残り12カ月を切るなか、チェルシーも交渉に乗り出しているが、いまだ合意に至らず、水面下でバイエルンが選手の代理人に接触して獲得を狙っているともいわれる。 そのなか、ナーゲルスマン監督が24日に敵地で行われるブンデスリーガ第6節のグロイター・フュルト戦前会見に登場すると、リュディガーに関する質問も。「私はまず他のクラブと契約を結ぶ選手の話をするのは好きじゃない。そして、今は移籍時期外だ」と前置きした上で返答した。 「彼はドイツ代表の選手だし、私もいちフットボールファンとして彼のことを話している。彼は素晴らしい成長を遂げたね。トーマスが彼のことを非常にうまく扱っていると思う。1年前までチェルシーで傍観者のような扱いが続いた彼が今や最も不可欠な選手のひとりになっているのだからね」 「彼は信じられないような攻撃力もある非常に秀でた守備者だ。ブラッゾ(ブラッゾ(ハサン・サリハミジッチ)とは彼のことについての話をしておらず、仮に話をしても、明かしたりなんてしない。私もメディアで読んだだけ。契約がいつ切れるのかを見て、財布の中身をチェックしないとね!」 2021.09.24 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカクが人種差別への対処法に見解を示す 「全員が一体になって、話し合いの場を設けるべき」

チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクが、人種差別への向き合い方について自身の見解を語った。 プレミアリーグでは19-20シーズンの途中から、キックオフ前に選手が片膝をつくことによって人種差別への抗議を示すアクションが続けられている。しかし、昨季にはクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが「膝をつこうが立っていようが差別を受ける人は存在する」という理由で、このポーズを拒否。「ただのパフォーマンスと化してしまっている」と苦言を呈していた。 先日はチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソも、このジェスチャーの持つ力が失われつつあるとして、今後は片膝をつく代わりにユニフォームの袖にプリントされた「No Room For Racism」のバッジを指し示すようにすると発言。 そんな中、ルカクはアメリカ『CNN』のインタビューで自身の考えを告白。選手だけでなく、サッカー協会やSNS企業の責任者たちで話し合うべきだと持論を述べた。 「僕らが膝をつくと、みんなが拍手をしてくれる。でも試合後には別の侮辱を目にすることもあるんだ」 「すべてのチームのキャプテンと、4、5人の大物選手たちが、Instagramや政府、FA(イングランドサッカー協会)、PFA(イングランドプロサッカー選手協会)のCEOと会議を開くべきだ」 「男女ともに、どうやって直ちに抗議するかが大事なんだ」 「選手だけでなく、ファンやプロサッカー選手になりたいと思っている若い人々を守るためにも、全員が一体になって、対策を考えるための話し合いの場を設けるべきだと思う」 2021.09.23 21:18 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがデ・リフトをターゲットに? クラブレコードの更新が必須に

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)をターゲットに設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強に失敗したチェルシー。パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョスや、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデとの交渉が伝えられていたが、前者は移籍に関心を示さず、一方後者は前向きだったものの、セビージャの要求額を満たすことができなかった。 クンデに関しては今後も動向を注視していくとみられているが、新たに獲得リストに挙がったのがデ・リフトのようだ。 同選手は2019年夏にユベントス史上最高額となった7500万ユーロの移籍金でアヤックスから加入。DFレオナルド・ボヌッチとDFジョルジョ・キエッリーニという2人の大ベテランが鎮座していたものの、キエッリーニがケガによる離脱が少なくなかったことから、1年目から主力としてプレーを続けている。 伝えられるところによると、デ・リフトには今季終了時に発動するリリース条項があり、1憶ポンドを超える契約解除金が設定される模様。そうなると、チェルシーでは今夏にベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に支払った9750万ポンドの現クラブレコードを超える必要がある。 現状でユベントスに売却の意思はないため、値切りは難しい状況だが、果たしてチェルシーが獲得に動くことはあるのだろうか。 2021.09.23 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン関心のリュディガー、チェルシーと契約延長へ

チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)は契約延長に向かっているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 トーマス・トゥヘル監督の下、守備の柱として君臨するリュディガー。今季もここまで公式戦全試合にフル出場し、チーム内での序列を揺ぎないものにしている。 そんなリュディガーの現行契約は2022年6月まで。チェルシーは交渉に取り掛かっているが契約延長にはいまだこぎ着けられておらず、バイエルンが同選手の代理人であるサー・セネシエ氏に接触して獲得を狙っているとも報じられている。 しかし、『ビルト』によるとリュディガーは現在、クラブとの新契約を結ぶ方向に傾いているとのこと。給与アップを要求するリュディガーに対して、チェルシーは現在の週給13万ポンド(約2000万円)から大幅に昇給させる見込みがあるという。 3月には契約延長を熱望していたリュディガー。果たして両者はうまい落としどころを見つけることはできるだろうか。 2021.09.23 19:04 Thu
twitterfacebook
thumb

PK戦で再びケパ躍動、トゥヘル監督は守護神を称賛「集中してベストを尽くしていた」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、PK戦までもつれ込んだ試合での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のチェルシーvsアストン・ビラが行われ、1-1で90分間が終了。PK戦にもつれ込んだなか、4-3でチェルシーが勝利した。 11日にはプレミアリーグ第4節で対戦していた両者。3-0でチェルシーが勝利していたが、この試合は難しい展開となる。 それでも54分にティモ・ヴェルナーが今季初ゴールを記録。しかし65分にキャメロン・アーチャーがゴールを決め同点に。その後PK戦にもつれ込んだ。 そのPK戦では得意とするGKケパ・アリサバラガが活躍。アストン・ビラは2選手が失敗し4-3でチェルシーが勝利した。 試合を振り返ったトゥヘル監督は素晴らしい戦いだったとコメント。観ている人にとっても良い試合だったとコメント。また、チームが新たなシステムで戦ったと明かした。 「全てを勝ち取ろうとした2つのチーム間で、エネルギーに満ちた、互いにチャンスのあった良いゲームだった」 「アストン・ビラは10日前も今日も、とても力強くプレーした。我々もとても良かった」 「観ているのも、スタジアムにいるのも良い試合だった。これも我々の仕事の一部であり、エンターテインメントだ。難しい試合だったが、勝ったことは嬉しいし、これで多くの選手が試合に出られるようになった」 「我々は多くの変更を行ったが、チームはこのシステムでプレーしたことがなかった」 「まだピッチ上で少し時間が必要だが、チャンスの作り方についてはあまり期待しすぎないことが大事だ。エネルギーとチームワークを期待したが、その通りになった。1分ごとに自信がついていった」 PK戦ではビジャレアルとのUEFAスーパーカップに続いて活躍したケパを評価した。 「ケパはPKにとても強い。彼はPK戦の経験が豊富であり、集中してベストを尽くしていた」 「選手たちが冷静さを保ってくれたことは嬉しい。タフな試合、ハードなカップ戦だったので、勝てて良かったし、嬉しい」 2021.09.23 12:07 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly